十字架

十字架の画像・ジャケット写真

十字架 / 小出恵介

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「十字架」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

重松清の小説を小出恵介と木村文乃主演で映画化した人間ドラマ。中2の秋、いじめを受けていた藤井俊介が自殺した。遺書で“親友”にされた真田佑、誕生日が彼の命日になった中川小百合らは、背負った十字架の重みに葛藤しながら人生を歩き始める。

「十字架」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: 日本

「十字架」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 五十嵐匠
製作: 嶋田豪
出演: 小出恵介木村文乃富田靖子永瀬正敏

関連作品

関連作品

ファンシー

BeRLiN

連続ドラマW 石の繭

ハルチカ

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

忘れないことが、供養なのでしょうか?

投稿日:2016/08/16 レビュアー:カマンベール

14歳の俊介がイジメを苦に自殺した。
遺書で「親友」と名指しされた祐(小出恵介)と、俊介が思いを寄せていた小百合(木村文乃)
ふたりのその後の20年間と、残された父親(永瀬正敏)と、母親(富田靖子)の20年間を描きます。
葬式で始まり、落雷の20年後で終わる・・・・十字架(後悔や思い残し)を背負う人々の重い日々に共感を持ちました。

ただひとつ、自分だったら、こうはしなかった・・・という事柄がありました。
俊介は自宅の庭の一本の大木で自殺したのです。
その木を毎日、毎日、眺めて暮らすのは、辛くなかったのでしょうか?
20年後に父親が泣きながら木を切るのです。
私なら、葬式前に木を切りますね。
そして引越しをします。
覚えているのが供養だとしても、
忘れてあげて、新しく「生きている人」のために生きることも、
「また、供養だ」と、思います。
映画は、真面目で誠実な人々の物語です。
良心の代弁者・・・重松清の吉川英治文学賞受賞作の
映画化作品です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

切ない

投稿日:2017/02/16 レビュアー:onon1215

静かに静かに心に響いていき、深い悲しみを感じました。虐めの時は見ていられませんでした。

たくさんのいい役者さんが出ていました。

ただ、中学生の役は無理があったかな?

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

切ない

投稿日:2016/09/25 レビュアー:ゆか

すごく切なく考えさせられる映画でした
いじめのシーンはあまりにもリアルで今もこれよりも酷いことをされている子がいるんだ
もしも愛する我が子が受けていたら……と考えたら胸が張り裂けそうでした

中学高校の授業でこの映画を見せ今一度いじめや命の重さを教えて欲しいと思った
もういじめで命をなくす者が現れないように

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

十字架

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

忘れないことが、供養なのでしょうか?

投稿日

2016/08/16

レビュアー

カマンベール

14歳の俊介がイジメを苦に自殺した。
遺書で「親友」と名指しされた祐(小出恵介)と、俊介が思いを寄せていた小百合(木村文乃)
ふたりのその後の20年間と、残された父親(永瀬正敏)と、母親(富田靖子)の20年間を描きます。
葬式で始まり、落雷の20年後で終わる・・・・十字架(後悔や思い残し)を背負う人々の重い日々に共感を持ちました。

ただひとつ、自分だったら、こうはしなかった・・・という事柄がありました。
俊介は自宅の庭の一本の大木で自殺したのです。
その木を毎日、毎日、眺めて暮らすのは、辛くなかったのでしょうか?
20年後に父親が泣きながら木を切るのです。
私なら、葬式前に木を切りますね。
そして引越しをします。
覚えているのが供養だとしても、
忘れてあげて、新しく「生きている人」のために生きることも、
「また、供養だ」と、思います。
映画は、真面目で誠実な人々の物語です。
良心の代弁者・・・重松清の吉川英治文学賞受賞作の
映画化作品です。

切ない

投稿日

2017/02/16

レビュアー

onon1215

静かに静かに心に響いていき、深い悲しみを感じました。虐めの時は見ていられませんでした。

たくさんのいい役者さんが出ていました。

ただ、中学生の役は無理があったかな?

切ない

投稿日

2016/09/25

レビュアー

ゆか

すごく切なく考えさせられる映画でした
いじめのシーンはあまりにもリアルで今もこれよりも酷いことをされている子がいるんだ
もしも愛する我が子が受けていたら……と考えたら胸が張り裂けそうでした

中学高校の授業でこの映画を見せ今一度いじめや命の重さを教えて欲しいと思った
もういじめで命をなくす者が現れないように

1〜 3件 / 全3件