珍遊記

珍遊記の画像・ジャケット写真

珍遊記 / 松山ケンイチ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「珍遊記」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

漫☆画太郎の人気コミックを、松山ケンイチ主演で実写化したコメディ。天竺を目指して旅を続ける玄奘は、偶然出会った老人に不良少年・山田太郎の更生を頼まれる。太郎の恐るべき妖力を封印した玄奘は、なぜか彼を引き取ることになってしまい…。

「珍遊記」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「珍遊記」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

白い船

七人のコント侍 第2期 BEST SELECTION

特命係長 只野仁 スペシャル’06 〜高級レストランとおふくろの味〜

誘拐ラプソディー 特別版

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

実写映画化はこうなるよ。という御大の痛烈な風刺。

投稿日:2016/08/11 レビュアー:Dama_Darma

漫画界の巨匠であり鬼才でもある画太郎御大の映画化。
そもそも映像化できるのか?と不安していましたが、懸念が当たってしまったようで残念。
しかしながら、それこそが映画化の意図であり、実写化にGOサインをだした御大の深いお考えだった。

原作実写化においてはかなり頑張った方だと思います。
冗長にも近い原作さながらの緩急や、太郎のふてぶてしさ、その他大勢のハマり度合い。
御大がジャケットを手掛けたホルモンを起用するなど、原作への敬意は随所に感じられます。

かなり頑張った方ですが、なにぶん原作の完成度が高すぎた。
映画館で見るよりも、ジャンプを読むが如く自宅で屁をこきながら寝そべって見るくらいが丁度いい出来。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

珍遊記 ネタバレ

投稿日:2016/11/30 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 お坊さんと不良少年の旅の話。

 ギャグ漫画の実写化でぶっ飛んだ内容ではありますが、ぶっ飛び具合がいかんとも中途半端で笑えるものも笑えなくなってしまっているようでした。しかもそれが最初から最後まで同じテンションで続くので、最初でハマらないとずっとキツイ100分間になりました。

 お坊さんが老夫婦から不良少年の更生を頼まれて、彼との戦いが描かれる冒頭。ここからバカバカしい展開とぶっ飛んだキャラクターたちが下品なギャグをやったりノリだけのセリフのやりとりが続きます。

 中盤までは何とか集中して見れましたが、後半からは普通のバトルものになってしまうし、ただカタキ役の宗教の教祖さまがかつてのいじめっ子である主人公に復讐しようとするだけで、それに余裕で対応する主人公の構図もこれといったエモーションを動かされることはなかったです。

 バカバカしさに笑って軽く楽しみたいモチーフの映画でしたが、個人的には残念な作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱりね…

投稿日:2016/08/15 レビュアー:がんも

つまらない…漫画の楽しさが全然出せてない、やっぱり漫画やアニメを実写化は失敗だよ

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

珍遊記の面白さは、あの絵あってこそ!!

投稿日:2016/08/07 レビュアー:カマンベール

原作のように、お腹抱えて笑えるものを期待すると、
ウーン・・となってしまいます。役者さんはハマっていて面白かった。
じじいと、ばばあと、キンコメ今野と、温水洋一さんくらいだけど。
外人軍団が出なかったのも残念ポイント。
エンドロールで映画の冒頭部の原作マンガが流れるけど、
絵がこれでなきゃダメなんだよね。
ここが1番楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2019/06/19 レビュアー:einondff

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全16件

珍遊記

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

実写映画化はこうなるよ。という御大の痛烈な風刺。

投稿日

2016/08/11

レビュアー

Dama_Darma

漫画界の巨匠であり鬼才でもある画太郎御大の映画化。
そもそも映像化できるのか?と不安していましたが、懸念が当たってしまったようで残念。
しかしながら、それこそが映画化の意図であり、実写化にGOサインをだした御大の深いお考えだった。

原作実写化においてはかなり頑張った方だと思います。
冗長にも近い原作さながらの緩急や、太郎のふてぶてしさ、その他大勢のハマり度合い。
御大がジャケットを手掛けたホルモンを起用するなど、原作への敬意は随所に感じられます。

かなり頑張った方ですが、なにぶん原作の完成度が高すぎた。
映画館で見るよりも、ジャンプを読むが如く自宅で屁をこきながら寝そべって見るくらいが丁度いい出来。

珍遊記

投稿日

2016/11/30

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 お坊さんと不良少年の旅の話。

 ギャグ漫画の実写化でぶっ飛んだ内容ではありますが、ぶっ飛び具合がいかんとも中途半端で笑えるものも笑えなくなってしまっているようでした。しかもそれが最初から最後まで同じテンションで続くので、最初でハマらないとずっとキツイ100分間になりました。

 お坊さんが老夫婦から不良少年の更生を頼まれて、彼との戦いが描かれる冒頭。ここからバカバカしい展開とぶっ飛んだキャラクターたちが下品なギャグをやったりノリだけのセリフのやりとりが続きます。

 中盤までは何とか集中して見れましたが、後半からは普通のバトルものになってしまうし、ただカタキ役の宗教の教祖さまがかつてのいじめっ子である主人公に復讐しようとするだけで、それに余裕で対応する主人公の構図もこれといったエモーションを動かされることはなかったです。

 バカバカしさに笑って軽く楽しみたいモチーフの映画でしたが、個人的には残念な作品でした。

やっぱりね…

投稿日

2016/08/15

レビュアー

がんも

つまらない…漫画の楽しさが全然出せてない、やっぱり漫画やアニメを実写化は失敗だよ

珍遊記の面白さは、あの絵あってこそ!!

投稿日

2016/08/07

レビュアー

カマンベール

原作のように、お腹抱えて笑えるものを期待すると、
ウーン・・となってしまいます。役者さんはハマっていて面白かった。
じじいと、ばばあと、キンコメ今野と、温水洋一さんくらいだけど。
外人軍団が出なかったのも残念ポイント。
エンドロールで映画の冒頭部の原作マンガが流れるけど、
絵がこれでなきゃダメなんだよね。
ここが1番楽しめました。

投稿日

2019/06/19

レビュアー

einondff

1〜 5件 / 全16件