ブリッジ・オブ・スパイ

ブリッジ・オブ・スパイの画像・ジャケット写真
ブリッジ・オブ・スパイ / トム・ハンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

43

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ブリッジ・オブ・スパイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演によるサスペンス。アメリカとソ連が一触即発の冷戦状態にあった1950年から60年代。弁護士のジム・ドノヴァンは、ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界平和を左右する任務を委ねられる。※一般告知解禁日:3月1日

「ブリッジ・オブ・スパイ」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ/ドイツ/印
原題: BRIDGE OF SPIES

「ブリッジ・オブ・スパイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ブリッジ・オブ・スパイの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
142分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR64746 2016年05月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
199枚 27人 25人

【Blu-ray】ブリッジ・オブ・スパイ(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
142分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR64746 2016年05月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
130枚 23人 14人

ブリッジ・オブ・スパイ <字幕/吹替パック>の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2017年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全43件

平凡な男が重大任務に挑む

投稿日:2016/04/21 レビュアー:ミルクチョコ

冷戦時代に互いの国に捕えられたアメリカのパイロットとソ連のスパイを交換する交渉に挑んだ弁護士の戦いを描くエンタメ大作です。民間人がたった一人で複雑怪奇な謀略の世界に飛び込むという、あまりにもドラマチックでスリリングなストーリーが展開されますが、なんと冷戦の時代に起きた事件を基にしています。

ドノヴァンは実在のアメリカ人弁護士で保険が専門分野。生まじめにキャリアを重ねてきた良き市民が、時の大統領ジョン・F・ケネディからミッションを与えられます。
トム・ハンクス演じる弁護士の自分の信念を貫く姿、銃の腕前ではなく、交渉能力だけでやっかいな相手である、ソ連や東ドイツと渡り歩く姿はたのもしいです。マーク演じるスパイの静かで芯のある佇まいがいいです。
緊迫した対決の中での友情、銃弾による脅迫を受けてもドノヴァンがアベルの弁護を引き受けたのは、「誰でも法の下公正な裁判が受けられる」という正義の信念があったから。その思いがアベルに伝わり、心を通わせていく姿は胸を打ちます。

東ベルリンの橋での捕虜交換のスリリングな交渉劇にぐっと引き込まれます。142分を全く感じさせない不屈の男ドノヴァンの胆力に圧倒されました。

このレビューは気に入りましたか? はい 25人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

硬貨な保険

投稿日:2016/03/20 レビュアー:裸足のラヴァース

冒頭から どうやらアカデミー助演賞を獲ったらしい人物の鏡と
自画像の描写により ダブルの主題をはっきりと打ち出している
一応 橋が重要なのだろうから 当然シネマスコープになるだろう

アカデミー賞演技はともかくとして 何よりもこの映画は顔の映画だ
これ程 見事に多彩な顔揃えた映画はそうはないではないか いかにも
な 豪華極まるスピルバーグの趣味丸出しの贅沢 オーデションで興奮
するスピルバーグの顔が思い浮かんでしまう であるからして 堂々
たる スターの顔を持つトムハンクスがメインに君臨するわけだ

前半はアメリカの理念をめぐる戦いだろう 王道 正論の世界観だ
しかしロシアを仮想敵国としたアメリカがファシズムに傾くのは
戦後10年を待たない アメリカの理念的存在の崩壊はすでにこの頃
から始まり 現在はそれはテーマたり得ないだろう スピルバーグは
「アメリカンスナイパ」に絶対不満な筈だ この映画は何よりも
イーストウッド的 思わぬ発想映画になっていないだろうか

それは前半50分を過ぎて 突然 捕虜交換の思い付きのような提案へ
話がシフトするところに現れていて 一人TPPな展開はコーエン兄弟
の面目躍如な脚本の功績 彼等こそアカデミー賞だ 何気な一言が
物語を映画を方向転換してしまう! しかも図々しくもう一人の捕虜
までおまけにつけてしまうのだから ここでの現代映画の条件は
職業:弁護士 技術:ネゴチエーション 違法性はまさに超法規なるもの
カールシュミット的政治外交だ

ここでトムハンクスはいかにもスピルバーグ映画的人物としてどこか
超越的に描かれる 娯楽映画はこう来るのだ 実際はCIAとKGBの暗躍
があったろうはず ある意味どこまでもリアル政治に踊らされた
主人公であるかもしれない

この滑らかな語り 軽みへの転換が 重っ苦しい「アメリカスナイパ」
と違い 国家の側にアメリカの理念を回収されてしまう罠を巧妙に
回避し 個人が各自のスキルを持ってサバイバルしてゆかねばならぬ
現代社会を描けるのだ 今作はスピルバーグの聡明な現代世界解釈
としての現代アメリカ映画ど真ん中なのだ

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ブリッジ・オブ・スパイネタバレ

投稿日:2016/03/05 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ソ連のスパイがアメリカで捕まって死刑確実な流れだけど、それの弁護につくことになった弁護士の交渉劇の話。

 冒頭でソ連のスパイの日常と彼を追いかけるCIAたちの動きがあって、何やら諜報活動しているぞと逮捕される。主人公の弁護士は保険専門だったけど、突然上司にソ連のスパイの弁護を依頼されちゃって…。

 国民感情はアメリカを危険な目に遭わせたと全員から恨まれて裁判長も裁判は形式的なものでギルティーにすべし! と自分以外全員敵の四面楚歌状態。それでもスパイの弁護をやって、死刑になっちゃうのかそうじゃないのか。それと同時進行でソ連上空を偵察飛行するパイロットが描かれていきます。140分という長さでしかもほとんどが会話劇ですが、退屈せずに見ることができました。それもアメリカもソ連も更には東ドイツも自分たちの有利に進めようとしようとする交渉劇で、前半はソ連のスパイの弁護を行って、後半はソ連に捕まったパイロットと東ドイツに捕まったアメリカの学生さんをどうやって取り戻すかというものでハラハラドキドキしながら見ることができました。それでいて緊張の話だけどユーモアもあってニヤリとしながら見られるのもよかったです。

 主人公の心の内側まで入らずに出来事だけを映し出していくのに、主人公を応援してしまって彼としだいに友情が芽生えていくソ連のスパイにも感情移入できちゃうのがさすがでした。

 ただいかにして1対2の人質交換を成功させるのか? と楽しみに見ていたら、結構な強行突破で成功しちゃうので、もう少し無理な状況からいかにして人質交換を成功させたか。というカタルシスが欲しかったです。全員が2人を救出するのは無理と言っていたのに、最後の最後で逆転するカタルシス。

 とはいえ、やっぱり実話で結末がわかっていてもクライマックスの人質交換では感動できる話で140分楽しめた映画でした。そして最後にキューバで何百人だか何千人を救出したみたいなクレジットが出てきますが、そっちのほうが映画化したら派手で面白そうだなと思ってしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

静かな情熱と信念の物語

投稿日:2016/07/08 レビュアー:hinakksk

 交渉とはかくあるべしという、まるで交渉術のお手本のような映画。交渉相手からどんなに揺さぶりをかけられようと、譲らないと決めた条件はリスクを賭して最後まで守り抜く。このために必要なのは、与えられた任務に対する情熱と責任感であり、また人間らしさでもあって、決してプロの合理性と非情さではないというのがとても印象的だ。

 弁護士のジム・ドノヴァン(トム・ハンクス)とソ連スパイのアベル(マーク・ライランス)のふたりが飄々としていながら、どんな事態に直面しようと冷静に対処し、プロに徹して決して動じない、そして同時に人としての優しさ、人間らしさを失わない姿は、ひたひたと静かな感動を呼ぶ。

 いくらでも派手にドラマティックに仕立てることのできる素材を、あくまでも冷静に抑えた筆致で、まるでドキュメンタリーのように淡々と描いたスピルバーグ監督の手腕は、むしろサスペンスや緊迫感を一層際立たせて、見事に成功していると思う。また、主演のふたりだけでなく、すべての登場人物それぞれの人物像がくっきりと描かれ、優れた群像劇になっている。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

重厚なドラマの中に人間性をみる

投稿日:2016/07/01 レビュアー:飛べない魔女

東ベルリン〜西ドイツに向かう汽車に乗るドノヴァン。
ふと、窓の外に目をやる。
そこはベルリンの壁の場所に差し掛かっていた。
何人かの男たちが壁をよじ登ろうとしていた。
激しい銃撃の音。
撃たれて壁から崩れ落ちる男たち。
オーマイゴット!
でも、これが、この国の日常であり現実。

スパイ交換を無事終えて帰国し、バスに乗っているドノヴァン。
ふと、窓の外に目をやると、遊ぶ子供たちがフェンスを乗り越えていく。
はっとするドノヴァン。
平和な光景。
ここはアメリカ。

この光景の対比が非常に印象的だった。

そして、スパイ容疑で逮捕されたアベルと彼を弁護するドノヴァンとの間に生まれる連帯感と友情がいい。
『帰国しても殺される不安はないのか?』と問うドノヴァンに対して
『それが何になる?重要か?』と答えるアベルは、常に落ち着いた物腰の絵を描くことを愛する普通のおじさん。
実物の写真をみると、マーク・ライアンスによく似ている。
というか、マークが似せているのだが・・
そして不思議なことに、この二人が同じような時期に死亡していることも、何か運命の繋がりのようなものを感じずにはいられない。

事実に忠実に、重厚なドラマを描いているが、二人の人間性に心打たれた。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全43件

ブリッジ・オブ・スパイ

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。