1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏の画像・ジャケット写真

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏 / ピーター・ディンクレイジ

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

7つの王国からなる大陸を舞台に、全土争覇をめぐる王家同士の壮絶な戦いを描いたアクションスペクタクル第5章の第5巻。ジョン・スノウと野人たちは“壁”に到着する。サンスピア宮では、ドーランがジェイミーを迎え…。第9話と最終第10話を収録。※R-15

「ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

アメリカ

原題:

GAME OF THRONES

「ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

X−MEN:アポカリプス

ピクセル

ザ・パシフィック

ダークネス

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏 ネタバレ

投稿日:2016/10/02 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 相変わらず鉄の玉座を巡って、みんな大変なことになっていく話。

 メインの登場人物たちがバラバラに同時進行で進んで行くので、脇役とかになってくると誰が誰だかわかんなかったりもしちゃってますが。メインどころのキャラクターも波瀾万丈で気が気でないシリーズっぷりは相変わらずでした。

 スターク家もサンサは酷いところに嫁に行っちゃうし、アリアもかなりスピリチュアルな世界に突入しちゃうし、ブランとリコンはどうなっちゃったのかな。憎かったラニスター家が人間っぽさを発揮して魅力的になってきちゃってます。ティリオンは最初からですが、ジェイミーなんか嫁入りしたサーセイの長女を救いに行っちゃったりするのがカッコいいです。それに従うブロンもこれまたカッコいい。サーセイも息子のお嫁さんとの権力争いで有利かと思いきや宗教の怖さをまじまじと体感されられてかわいそうでした。けどスタイルがいいのでラストのある辱めは自信をもって街を練り歩いてもいいくらいのスタイルの良さでした。バラシオン家のスタニスも王様っぷりがサマになっていたけど、魔女のメリサンドルの言うこと聞いちゃって、あんな可愛らしい娘さんまで…。それによって兵の士気もだださがりで…。ターガリエン家のデナーリスはドラゴン言うこと聞かないし、天下ご政道をするのがなかなかうまくいかないしで騎士のバリスタンがあんなことになっちゃたり、ジョラーモーモントもグラディエーターになってもデナーリスに忠誠を誓ってえらいことになっちゃうし。ナイツウォッチたちもえらい目に遭っていきます。北の野人たちと手を組もうとするジョン・スノウ。いよいよ総帥にまで上り詰めちゃいます。そして【ワールドウォーZ】なゾンビ軍団の大群との戦いの第8話なんてものすごい迫力でした。そして最後の最後の10話でみなさん大変な状態になって終わっていくという。

 こんな状態で次のシーズンまで待ち。というのが地獄の精神状態になってしまうくらい中毒性の高いドラマで最高でした。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

*☆止まらない人間の野望☆*

投稿日:2016/04/27 レビュアー:ポメのまぁち

シーズン5になり、

止まない人間の醜さ・愛といった、とっても人間くさく、やられたらやり返すといったことを繰り返す。でも実はこれは最も人間らしいのではと感じるシーンが増えてきた。

特に、

ラニスター家!

嫌い!

嫌いだったはずなのに、魅力が出てきたシーズンだった...。自分が流されやすく、キャラに麻痺したのかと思って心配になってしまうぐらい(´・ω・`)ジェイミー実はちょっといい人(シーズン4からのその傾向アリ)やったんや...なんて感じる場面が多い。ティリオンはコンプレックスあったせいで、弱い人を気に掛けるといった感情が更に増したように見て取れ、それを裏切らなかったこのシーズンに感謝。

登場人物が多くてちょっと難しく感じるけど、相関図を見ながら整理しじっくり観ると快感・観やすい(^◇^)

シーズン6の第一話観ました。
サンサ、アリア、ジョン、ブラン、とスターク家の子供たちが更に注目です☆
リーク...てか、シオンも何とか頑張って!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

面白すぎる・・・

投稿日:2019/10/26 レビュアー:勇光

次から次へと急展開の連続! ずっと観つづけているためか頭痛を発しているのだが、面白すぎてやめられない。話の流れ方からして、最後のヒーローはジョン・スノウだなと思っていたらまさかの展開。が、ここにあの赤い魔女の魔術がでてきてさらに予想外の展開・・・おっとこれはシーズン6だったか・・。
王都では徹底的に悪役だったサーセイが悲惨な目にあう。自分がテコ入れして兵力をもたせた宗教団体が暴走しててんやわんやの大騒ぎ。北に逃げたサンサはまたもや罠にかかって大変大変。同じく北を目指したサンサの弟のブランは意識を他人やオオカミに乗り移らせる術を身につけてゾンビと戦うし、ブランの姉のアリアは妖術師みたいなのの弟子になってスゴイ技を身につけるようだ。また、ドラゴンの母として8千の兵士を従えたデナーリス・ターガリエンはひとつの都市国家を乗っ取って自分の王国にしたのはいいのだが、その統治がうまくいかなくて四苦八苦する。
細かな起承転結が次々と連結されていてとにかく面白い。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

またまた怒涛の第5章!えええええ?X 5的な衝撃のラスト

投稿日:2018/05/07 レビュアー:飛べない魔女

えええええ?
えええええ?
えええええ?
嘘でしょ?????
誰か嘘だと言ってぇぇぇーーーー!
ラストの衝撃に、ずっと心の中で叫んでた!
(ていうのは、タブレットで電車の中で観終わったので)
何であの人を?信じられん!
このドラマの展開は本当に予測不可能だ。
絶対無いであろうと思っていた人が消える。

そしてこの第6章は、さらに戦闘シーンが増し
その迫力と見事なCG映像が相まって、手に汗握るシーンが多かった。
そしてやり過ぎなハイ・スパロウ率いる七神正教って何?
宗教団体があんなに力を持っていてるってどういうこと?
ここらあたりはよく判らなかったが、憎らし過ぎて大嫌いだったサーセイに対する
仕打ちがあまりにも厳しくて目を覆うものがあった。
憎らしいからいい気味って最初は思ったけど、宗教が政治を超える?なんて
こんなことやり過ぎでしょ。

ああ、もうあっちも、こっちも、東西南北全く目が離せない展開。
そういや、今回ブランがほとんど出なかったけど、どうなっちゃったんだろ?

はい、はい、次は第6章!
完全に本ドラマの中毒に陥っている私です。
そういや、エログロシーンについても、もはや何も気にならなくなっている自分がいます(笑)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

続々と登場人物がフェイドアウトするドラマ ネタバレ

投稿日:2016/11/29 レビュアー:ちょこりん♪

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前のシーズンのラストが衝撃的な終わり方だったのですが、このシーズンも衝撃的でした
一番引き込まれたのは、やはり壁の向こうでのシーンかな。。。
ジョンと野人軍団VSホイトウォーカーの戦いは壮大で凄まじかった
いやー、映画を見ているようですよね、どこからがCGなんだか分かりません
そして、ネタバレで分かってはいたけど、ジョンが死んじゃったーーー(ノω;`)
ホイトウォーカーとの闘いじゃなく、ナイツウォッチに殺されるとは!!
ジョンって結構な主役級の登場人物だと思うのですが、この「ゲームオブスローン」では
そういうの一切関係ありません、もうね、バサバサいっちゃいますよー(´・д・`)ボソッ
そして、今まで好き勝手していたサーセイですが、あれは可哀そう!!!
あそこまでしなくてもと、同情してしまいました ギャァー!(ll゚Д゚ノ)ノ
そして、女優さん凄い!役とはいえ、いやー、女優さんって大変ですね、あっぱれです
今までのキングズランディングの平和は、ヴァリスやリトルフィンガーがいてこそだったのかも
ぅん((´д`*)ぅん
ここにきてデナーリスとティリオンがやっとご対面!( *’ vw ’)b はじめまして♪
この二人、うまくいくのか、さて、如何に!?
ファンタジー要素満載の中にいるアリアは、一体どこへ向かっていくのでしょう。。。
うーん、個人的には早くサンサたちと再会を果たしてほしいと願います!
ファンタジーと言えば、今回出番がなかったブランは何処へ???
オシャと一緒に消えたリコンも生きているのか、どうなのか。。。
そして私が一番ヤキモチするのはレッドウーマン!ヽ(`Д´)ノコラァー
スタニスが、分が悪くなったと思ったらすかさず逃亡!ε=ε=ε=┌(;゚д゚)┘
あんなに素直でいい子だったシリーンを無残に生贄にするとはなんで非道な女なのぉ!
(`┴´)ムッ
あのシーンはどんでん返しがないかと、本当に願っていましたよー
シーズン7の制作が決まったのでまだまだ楽しめそうですが
サンサとアリアたちが幸せになる日はくるのだろうか。。。
アタフタヽ(´゚д゚`;≡;´゚д゚`)ノアタフタ


このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏

投稿日

2016/10/02

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 相変わらず鉄の玉座を巡って、みんな大変なことになっていく話。

 メインの登場人物たちがバラバラに同時進行で進んで行くので、脇役とかになってくると誰が誰だかわかんなかったりもしちゃってますが。メインどころのキャラクターも波瀾万丈で気が気でないシリーズっぷりは相変わらずでした。

 スターク家もサンサは酷いところに嫁に行っちゃうし、アリアもかなりスピリチュアルな世界に突入しちゃうし、ブランとリコンはどうなっちゃったのかな。憎かったラニスター家が人間っぽさを発揮して魅力的になってきちゃってます。ティリオンは最初からですが、ジェイミーなんか嫁入りしたサーセイの長女を救いに行っちゃったりするのがカッコいいです。それに従うブロンもこれまたカッコいい。サーセイも息子のお嫁さんとの権力争いで有利かと思いきや宗教の怖さをまじまじと体感されられてかわいそうでした。けどスタイルがいいのでラストのある辱めは自信をもって街を練り歩いてもいいくらいのスタイルの良さでした。バラシオン家のスタニスも王様っぷりがサマになっていたけど、魔女のメリサンドルの言うこと聞いちゃって、あんな可愛らしい娘さんまで…。それによって兵の士気もだださがりで…。ターガリエン家のデナーリスはドラゴン言うこと聞かないし、天下ご政道をするのがなかなかうまくいかないしで騎士のバリスタンがあんなことになっちゃたり、ジョラーモーモントもグラディエーターになってもデナーリスに忠誠を誓ってえらいことになっちゃうし。ナイツウォッチたちもえらい目に遭っていきます。北の野人たちと手を組もうとするジョン・スノウ。いよいよ総帥にまで上り詰めちゃいます。そして【ワールドウォーZ】なゾンビ軍団の大群との戦いの第8話なんてものすごい迫力でした。そして最後の最後の10話でみなさん大変な状態になって終わっていくという。

 こんな状態で次のシーズンまで待ち。というのが地獄の精神状態になってしまうくらい中毒性の高いドラマで最高でした。

*☆止まらない人間の野望☆*

投稿日

2016/04/27

レビュアー

ポメのまぁち

シーズン5になり、

止まない人間の醜さ・愛といった、とっても人間くさく、やられたらやり返すといったことを繰り返す。でも実はこれは最も人間らしいのではと感じるシーンが増えてきた。

特に、

ラニスター家!

嫌い!

嫌いだったはずなのに、魅力が出てきたシーズンだった...。自分が流されやすく、キャラに麻痺したのかと思って心配になってしまうぐらい(´・ω・`)ジェイミー実はちょっといい人(シーズン4からのその傾向アリ)やったんや...なんて感じる場面が多い。ティリオンはコンプレックスあったせいで、弱い人を気に掛けるといった感情が更に増したように見て取れ、それを裏切らなかったこのシーズンに感謝。

登場人物が多くてちょっと難しく感じるけど、相関図を見ながら整理しじっくり観ると快感・観やすい(^◇^)

シーズン6の第一話観ました。
サンサ、アリア、ジョン、ブラン、とスターク家の子供たちが更に注目です☆
リーク...てか、シオンも何とか頑張って!

面白すぎる・・・

投稿日

2019/10/26

レビュアー

勇光

次から次へと急展開の連続! ずっと観つづけているためか頭痛を発しているのだが、面白すぎてやめられない。話の流れ方からして、最後のヒーローはジョン・スノウだなと思っていたらまさかの展開。が、ここにあの赤い魔女の魔術がでてきてさらに予想外の展開・・・おっとこれはシーズン6だったか・・。
王都では徹底的に悪役だったサーセイが悲惨な目にあう。自分がテコ入れして兵力をもたせた宗教団体が暴走しててんやわんやの大騒ぎ。北に逃げたサンサはまたもや罠にかかって大変大変。同じく北を目指したサンサの弟のブランは意識を他人やオオカミに乗り移らせる術を身につけてゾンビと戦うし、ブランの姉のアリアは妖術師みたいなのの弟子になってスゴイ技を身につけるようだ。また、ドラゴンの母として8千の兵士を従えたデナーリス・ターガリエンはひとつの都市国家を乗っ取って自分の王国にしたのはいいのだが、その統治がうまくいかなくて四苦八苦する。
細かな起承転結が次々と連結されていてとにかく面白い。

またまた怒涛の第5章!えええええ?X 5的な衝撃のラスト

投稿日

2018/05/07

レビュアー

飛べない魔女

えええええ?
えええええ?
えええええ?
嘘でしょ?????
誰か嘘だと言ってぇぇぇーーーー!
ラストの衝撃に、ずっと心の中で叫んでた!
(ていうのは、タブレットで電車の中で観終わったので)
何であの人を?信じられん!
このドラマの展開は本当に予測不可能だ。
絶対無いであろうと思っていた人が消える。

そしてこの第6章は、さらに戦闘シーンが増し
その迫力と見事なCG映像が相まって、手に汗握るシーンが多かった。
そしてやり過ぎなハイ・スパロウ率いる七神正教って何?
宗教団体があんなに力を持っていてるってどういうこと?
ここらあたりはよく判らなかったが、憎らし過ぎて大嫌いだったサーセイに対する
仕打ちがあまりにも厳しくて目を覆うものがあった。
憎らしいからいい気味って最初は思ったけど、宗教が政治を超える?なんて
こんなことやり過ぎでしょ。

ああ、もうあっちも、こっちも、東西南北全く目が離せない展開。
そういや、今回ブランがほとんど出なかったけど、どうなっちゃったんだろ?

はい、はい、次は第6章!
完全に本ドラマの中毒に陥っている私です。
そういや、エログロシーンについても、もはや何も気にならなくなっている自分がいます(笑)

続々と登場人物がフェイドアウトするドラマ

投稿日

2016/11/29

レビュアー

ちょこりん♪

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前のシーズンのラストが衝撃的な終わり方だったのですが、このシーズンも衝撃的でした
一番引き込まれたのは、やはり壁の向こうでのシーンかな。。。
ジョンと野人軍団VSホイトウォーカーの戦いは壮大で凄まじかった
いやー、映画を見ているようですよね、どこからがCGなんだか分かりません
そして、ネタバレで分かってはいたけど、ジョンが死んじゃったーーー(ノω;`)
ホイトウォーカーとの闘いじゃなく、ナイツウォッチに殺されるとは!!
ジョンって結構な主役級の登場人物だと思うのですが、この「ゲームオブスローン」では
そういうの一切関係ありません、もうね、バサバサいっちゃいますよー(´・д・`)ボソッ
そして、今まで好き勝手していたサーセイですが、あれは可哀そう!!!
あそこまでしなくてもと、同情してしまいました ギャァー!(ll゚Д゚ノ)ノ
そして、女優さん凄い!役とはいえ、いやー、女優さんって大変ですね、あっぱれです
今までのキングズランディングの平和は、ヴァリスやリトルフィンガーがいてこそだったのかも
ぅん((´д`*)ぅん
ここにきてデナーリスとティリオンがやっとご対面!( *’ vw ’)b はじめまして♪
この二人、うまくいくのか、さて、如何に!?
ファンタジー要素満載の中にいるアリアは、一体どこへ向かっていくのでしょう。。。
うーん、個人的には早くサンサたちと再会を果たしてほしいと願います!
ファンタジーと言えば、今回出番がなかったブランは何処へ???
オシャと一緒に消えたリコンも生きているのか、どうなのか。。。
そして私が一番ヤキモチするのはレッドウーマン!ヽ(`Д´)ノコラァー
スタニスが、分が悪くなったと思ったらすかさず逃亡!ε=ε=ε=┌(;゚д゚)┘
あんなに素直でいい子だったシリーンを無残に生贄にするとはなんで非道な女なのぉ!
(`┴´)ムッ
あのシーンはどんでん返しがないかと、本当に願っていましたよー
シーズン7の制作が決まったのでまだまだ楽しめそうですが
サンサとアリアたちが幸せになる日はくるのだろうか。。。
アタフタヽ(´゚д゚`;≡;´゚д゚`)ノアタフタ


1〜 5件 / 全7件