野火

野火の画像・ジャケット写真
野火 / 塚本晋也
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

23

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「野火」 の解説・あらすじ・ストーリー

第2次世界大戦、フィリピン・レイテ島の惨状を描いた大岡昇平の原作を●塚本晋也が映画化した戦争ドラマ。日本軍の敗戦が色濃い中、結核を患った田村一等兵。病気と食糧難で部隊も野戦病院も追い出された彼は、レイテ島を彷徨うことを余儀なくされる。※PG12

「野火」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本
原題: FIRES ON THE PLAIN

「野火」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

野火の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
87分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DB9878 2016年05月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
49枚 7人 9人

野火の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:27:14
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2030年05月11日 23:59
レンタル:2030年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

野火ネタバレ

投稿日:2016/03/05 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 太平洋戦争末期のレイテ島で、ひたすら人間の極限状態を描いていく話。

 手足が飛び散り内臓がぶちまけられる描写はなかなかの凄惨さで見てるのが辛い映画でこれが見られるだけで戦争って怖い。という反戦映画だと思いました。
 戦争映画に塚本監督色が散りばめられていて、高速で揺れるカメラワークに耳をつんざく爆音で圧倒されてしまいました。

 主人公の兵隊がただ歩き続けていくロードムービーで、その中で主演の塚本晋也監督自身が痩せこけて目をぎょろぎょろさせて演じていて緊張感いっぱいで、リリー・フランキーさんがいつものようにひょうひょうとしたお芝居をしているのもよかったし、中村達也さんの伍長役もよかったです。

 敗走兵たちの狂気の日常とそんな異常事態の中でも関係のない綺麗な景色。あの大自然の前で意味のない殺し合いをしていて、戦争は人間ではなくなってケダモノになっていってしまうということ。生き残ってから家人が目を疑う行動をしてしまって心に重度の傷を負ってしまう。

 戦闘シーンも迫力あって、低予算とは思えない本当に怖い映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

超低予算ですが観る価値あり

投稿日:2016/05/23 レビュアー:CLIMBER

観初めてすぐ感じたこと。
デジタル撮影の画像に対する違和感。
すべてがパキッと映り過ぎ、情緒が入り込む隙間がない。
劇場用映画の絵とは思えない。

あぁ、やっぱり超低予算の自主製作映画だから、しかたないのかな...........

そう思いながら観ていくうちに、逆に、この画質で良かったのでは、と思い始める。
突然戦場に放り込まれた自分が、ホームビデオカメラで撮ってる絵を見せられてるような気分。臨場感がはんぱない。

画質以外にも予算がなかったんだろうなと思わせる点は多々ある。しかし、呆れて失笑してしまうような場面などひとつもない。敵がまったく見えない戦闘シーンも迫力満点だ。どんなに金がなかろうと、工夫と熱意で凄い映画が作れるってことだ。
(逆に、お金がなくてもできることがなされてないんじゃないかと思った点もある。日本兵全員、もっと痩せこけてていんじゃないか? 人肉を喰らうくらいの飢餓に苦しめられているんだから......... )

いままで自分が観てきたどの戦争映画とも違う、戦争映画だった。戦場の理不尽さ、残酷さ、滑稽さが何の飾りもなく描かれている。極限まで追い込まれた人間が何を感じ、どんな行動に
出るのか、皮膚感覚で教えてくれるお話だった。
けっして気持ちの良い作品ではない。
けれど、一度は観るべき価値のある映画だと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

火と自由

投稿日:2016/05/20 レビュアー:裸足のラヴァース

最初に画面が出て 予算とロケのせいか 塚本にしては絵が弱いと
感ずる 緑のジャングルが視界に入って「プレデター」を超えるかと
期待が高まる 2分半でユーモアなき「グリーンインフェルノ」へと
戦争映画の記憶として「シンレッドライン」てな印象を呼ぶか

昔ながらの塚本のシンプルな構成 彼のセンスと迫力ある画面が続く
しかしどうもすっきり殺菌された画面なのだ また塚本他 みな健康
そうで逞しいw 塚本が塚本の顔をしてないのは良いが 顔の映画で
良いのか?まあ真っ黒だけど リリーフランキーはいつもの彼の演技
でOKだろうか? 物語のテーマを外して見ないといけないかもしれぬ

1時間で漸く 人喰いの主題が出て来る しかしどうもピンと来ないな
観客もそう感じないだろうか 石川忠と言う人の音楽が良い

「野火」は奇妙に読了感のしない不気味な小品で ほんらいは重厚
長大な「レイテ戦記」などと併せて読まれるべきものなのだろう
ところで そこに展開される人間の極限状態における 獣性の露呈
などは 現代人の問題意識を如何様に惹起するものなのだろうか

リヴィングで缶ビール片手にポテトチップやら海鮮のつまみでDVD
を楽しむ君は 苦悩の教養として享受するのか 「野火」の人喰いは
食物がない場所で起こる因果だが 我等は逆に有り余る食物を放射能
汚染等によって 人工的政治的に食物を枯渇させている訳で 逆で
あっても 同じ事態を反復しているのだ それもケセラセラで
戦争状況下での食の問題はいささかも過去の出来事では無いのだ
現代ではこの問題は 外部のドラスティックなグローバル化が産む
弱肉強食の世界の方に連動しているはずだ

黒沢清や塚本晋也は 元々都市の物語 そこに生態する非人間や機械種
ハイブリッドを主人公にしていたのが 3・11以降は大きく変わって
より人間臭い人間の物語指向に 仕切り直さざるを得なくなったのだが
塚本のこの最新作は これに関しどこか提出の仕方を間違えていると
感ずるわけだけど どうでしょうか




このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「野火」【3】 俳人・金子兜太の談話と俳句 その一

投稿日:2017/05/27 レビュアー:ちゅく

金子兜太(1919年)。大岡昇平(1909年生、1988年没)。10年の年の差がある。

金子は、1943年、東京帝大を繰り上げ卒業し、日本銀行に勤めたあと、海軍経理学校に通い、海軍の主計中尉に任官され、
トラック島(当時の日本領。現在ミクロネシア連邦のチューク州)に着任。将校として、200人の部下を率いる、
トラック島は、フィリピンのレイテ島よりは、もっと南方だ。
金子は、餓死者が相次ぐなか、「戦闘で、戦死の危機」を経て、生還する。
1946年、捕虜として春島(旧・日本領。現在ミクロネシア連邦のチューク州モエン)で、米軍航空基地建設に従事。同年11月、帰国。

大岡は、1932年、京都帝大を卒業。国民新聞社、帝国酸素、川崎重工での勤務を経て、1944年、「教育召集」(補充召集)で、陸軍の東部第二部隊に入営、
フィリピンのマニラに着き、ミンドロ島警備のため、暗号手としてサンホセに赴いた。彼の階級は、最下級の二等兵であった。
1945年3月、米軍の捕虜となり、レイテ島の俘虜収容所に行く。同年12月、帰国。

海軍と陸軍。現役将校と予備役の二等兵。違いはある。

96歳の金子兜太は、インタビューで次のように語っている。「日刊ゲンダイ・デジタル」(2016年5月30日)。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/18
2167/2

【以下、引用始】→文単位での前略・中略・後略と、改行を、引用者が行っている。
=============================================
着任したのが25歳、1944年3月だった。海軍経理学校を出て、1カ月の訓練を終えると、志望を聞かれる。
行く以上は、と思って「南方第一線で戦いたい」と答えたら、「よし行ってこい」となったわけです。
私は秩父の山の中の育ち。養蚕で生計を立てる家庭が多かったのですが、昭和恐慌で繭価が暴落してしまった。
年頃になると、郷里の人たちが「兜太さん、あんた戦争に行ってくれ。戦争に勝ってくれ。そうしたら俺たちは楽になるだろう」と言う。
当時は青年でしたから、雄々しい気持ちというか、励まされる気持ちを感じましてね。郷里の人を何とか救ってあげたいという思いが湧き上がるわけです。
(中略)
30人くらいの人間の手足がバラバラになり、首からストーンと吹っ飛ぶ。男根まで妙にハッキリとポーンと飛んで行く。実に残酷な状態、
あるいは笑うべき状態、悲しむべき状態、いろんなものが錯綜した風景は耐えられないものでした。
(中略)
腹が減る、拾って食う、腹を壊す。トラック島の周辺はサンゴ環礁なので、工員さんがポンポン船で漁をする。手榴弾をブッ込んで、浮き上がった魚を捕るんです。
フグが上がって、工員さんが横に捨てても、別の工員さんが拾って食う。周りが毒があるからと止めても食う。餓死の状況は悲惨だと言うしかない。
部隊の5、6人で代わる代わる山の上に遺体を担ぎ上げて、掘っておいた大きな穴にポンポン放り込んだね。最後は何人死ねば何人生き残るとか、そういう計算もしたな。
(中略)
44年にトラック島が大空襲に遭い、病院船で女性たちを内地に帰したんです。病院の看護婦さん、施設群の電話交換手、タイプライター。売春の女性たちも帰した。
島にいるのはカナカ族の女性だけ。それで、忍び込むんですよ。だけど、カナカ族の男はヤシの木を切る大きなナタのようなものを持って歩いている。
後ろから切り付けられ、日本人はかなり死にましてね。
男だけの社会ですから、男が男と一緒になる。約1カ月半くらいで、私のいた部隊が男色の世界になったんですね。
それを見た時、こう思いましたね。これはもう普通の人間じゃない、生の人間だと。
=============================================

「野火」の世界を解釈するうえで、示唆のあるコメントである。別のインタビュー記事であるが、金子兜太の「手りゅう弾」の話がある。
「日経新聞」の「トップ > 特集 > 戦後70年 > 証言 」(2015年8月15日)。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89788200X20C15
A7000000/

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「野火」【4】 俳人・金子兜太の談話と俳句 その二

投稿日:2017/05/27 レビュアー:ちゅく

金子兜太(1919年)。大岡昇平(1909年生、1988年没)。

10歳下の海軍の、金子兜太の言葉を聴こう。

【以下、引用始】→前略・後略を、改行を、引用者が行っている。

=============================================

戦況が悪化すると、トラック島では武器も弾薬も補給できなくなる。そこで、工作部が手りゅう弾を作って実験するという事があり、これが私の戦争に対する
 考えを一変させました」
「実験は兵隊ではなくて民間人の工員にやらせました。失敗して工員は即死、指導役の落下傘部隊の少尉が心臓に破片を受けて死にました」
「心に焼き付いたのはその直後のことです。10人ほどの工員たちが倒れた仲間を担ぎ上げ、2キロ離れた病院へ走り出した。腕が無くなり、背中は白くえぐれて、
死んでいることは分かっています。でも、ワッショイワッショイと必死で走る。その光景を見て、ああ人間というのはいいものだとしみじみ思いました」
「ところが落下傘部隊に少尉の死を知らせると、隊長の少佐以下、皆笑っているんです。彼らは実戦を通じて死ぬということをいくつも体験してきた。
 だから死に対して無感動というか、当たり前なんですね」
「工員たちの心を打つ行動があって、今度は死を笑う兵士がいる。置かれた状況が人間を冷酷に変えるんです。戦争とは人間のよさを惜しげも無くつぶしてしまう
 酷薄な悪だと痛感しました。あの出来事は私にとって衝撃であり、今から思えば収穫でもあります。あれ以来、戦争を憎むという姿勢は一貫しています」

=============================================

最後に、金子兜太の俳句を、二句、引用する。

===============================

海に青雲(あおぐも)生き死に言わず生きんとのみ   

背高泡立草(せいたかあわだちそう)は自滅する花驕るなよ

===============================

「海に青雲」の句の前には、「トラック島にて」という詞が添えられている。
「驕るなよ」の句は、2001年9月11日の米国での同時多発テロ以降に書かれたものである。

大岡、金子の向かうところは、似ているようで、なにか異なるような気がする。

世代の違いと言えば、それで片付くかもしれない。

次は、市川崑(1915〜2008)の「野火」について考えたいと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全23件

野火

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。