トレジャースカウト 封印されし魔境の聖剣

トレジャースカウト 封印されし魔境の聖剣の画像・ジャケット写真

トレジャースカウト 封印されし魔境の聖剣 / アピサリット・アディサスララク

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「トレジャースカウト 封印されし魔境の聖剣」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

伝説のお宝をめぐるアクションアドベンチャー。キャンプにやって来たボーイスカウトの少年たちは、村の寺院に残る失われた宝物の伝説を知る。こっそりキャンプを抜け出して宝探しに出掛けた少年たちは、月食の時だけ姿を現す秘密の洞窟に進入するが…。

「トレジャースカウト 封印されし魔境の聖剣」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: タイ
原題: SCOUT

「トレジャースカウト 封印されし魔境の聖剣」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ラスト・アナコンダ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

どらえもん、のびたくん、しずかちゃん、じゃいあん

投稿日:2018/11/25 レビュアー:みなさん(退会)

タイの子供向け冒険アクション映画。ビミョーな感じもするが日曜日の昼間にタラタラと観る分には何の不満もない作品だった。(笑)

――キャンプに遣って来たボーイスカウトの子供たちは、石の寺院に伝わる伝説について教えられる。
昔、人間の守り神であった大蛇《ナーガ》は、血の味を覚え、村人たちを襲うようになった。そこに現れた高僧は、聖剣でナーガを石に変えると、洞窟の奥深くに聖剣とともに封印する。
「聖剣を台座から抜くとナーガは復活する。だから、誰も洞窟に入ってはならない」
そう伝説は伝えていた。
けれど、月食の夜、わずかな時間だけ洞窟に続く秘密の扉が開くと言う。
ひょんなことで、その洞窟に迷い込んでしまった4人の子供たち、オッドと頭のいいバル、行動派の女の子のミニー、イジメっ子のバームは、ナーガから逃げながら洞窟からの脱出を試みることになる。
……というお話し。

主人公の子供たちが、人気アニメのドラえもん・のび太くん・しずかちゃん・ジャイアンの4人に見えて仕方なかった。(笑)
勿論、各々の性格設定は異なるが、子供の世界を描こうとすると、こういう人物配置になるのは避けられないことなのかも知れない。

ナーガや翼の生えたカエルのようなモンスターも出て来るが、すべてCGで描かれている。タメが欲しいところだが、まずまずの出来映え。
タイの映画は、ここ十年くらいで飛躍的にクオリティを上げて来たような気がする。映像面だけなら、日本映画のモヤっとした映像よりも遥かにキレイだ。(何だって日本映画は微妙にソフトフォーカスがかかったようなスッキリしない映像が多いのだろう)

あまりタイの映画に馴染みがないので出演している子役たちのことは知らない。でも、オッド役の子は凛凛しいし、ミニー役の子は可愛い。バル役の子はいかにも頭が良さげでイイ雰囲気を出していたし、バーム役の子も存在感があった。何と言うかキャスティングの規準が上がって、マーケットを意識したルックスや演技の評価が重要になったように見える。20年くらい前のタイ製のホラー映画や怪獣映画のクオリティがヒドかったので、余計にそう思えるのだ。
ちなみに、本作品は、2010年のタイ国際映画協会最優秀ヴィジュアル・エフェクト賞を受賞したとのこと。それもまぁ納得である。

なお、中盤以降に登場するウィリアム博士を演じるのは、日本人俳優の矢野カズキさん。ナーガの伝説を研究しており、聖剣に執着する変な学者役。ちょっとビミョーな感じもするが、子供向けには、これくらいの方が良いのかも知れない。(笑)
矢野さんは、タイ在住で、タイの映画に何本も出ている。こういう方に頑張って欲しいなぁとつくづく思う。(タレントがハリウッド映画の端役に出るだけなのに「ハリウッド進出!」みたいな記事を恥ずかしげもなくネットにUPする幼稚な日本のマスメディアには理解出来ないか……)

まどろみながら観てもストーリーが分からなくなることはないので、のんびりゴロゴロして休日を過ごしたい方にオススメ!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

トレジャースカウト 封印されし魔境の聖剣

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

どらえもん、のびたくん、しずかちゃん、じゃいあん

投稿日

2018/11/25

レビュアー

みなさん(退会)

タイの子供向け冒険アクション映画。ビミョーな感じもするが日曜日の昼間にタラタラと観る分には何の不満もない作品だった。(笑)

――キャンプに遣って来たボーイスカウトの子供たちは、石の寺院に伝わる伝説について教えられる。
昔、人間の守り神であった大蛇《ナーガ》は、血の味を覚え、村人たちを襲うようになった。そこに現れた高僧は、聖剣でナーガを石に変えると、洞窟の奥深くに聖剣とともに封印する。
「聖剣を台座から抜くとナーガは復活する。だから、誰も洞窟に入ってはならない」
そう伝説は伝えていた。
けれど、月食の夜、わずかな時間だけ洞窟に続く秘密の扉が開くと言う。
ひょんなことで、その洞窟に迷い込んでしまった4人の子供たち、オッドと頭のいいバル、行動派の女の子のミニー、イジメっ子のバームは、ナーガから逃げながら洞窟からの脱出を試みることになる。
……というお話し。

主人公の子供たちが、人気アニメのドラえもん・のび太くん・しずかちゃん・ジャイアンの4人に見えて仕方なかった。(笑)
勿論、各々の性格設定は異なるが、子供の世界を描こうとすると、こういう人物配置になるのは避けられないことなのかも知れない。

ナーガや翼の生えたカエルのようなモンスターも出て来るが、すべてCGで描かれている。タメが欲しいところだが、まずまずの出来映え。
タイの映画は、ここ十年くらいで飛躍的にクオリティを上げて来たような気がする。映像面だけなら、日本映画のモヤっとした映像よりも遥かにキレイだ。(何だって日本映画は微妙にソフトフォーカスがかかったようなスッキリしない映像が多いのだろう)

あまりタイの映画に馴染みがないので出演している子役たちのことは知らない。でも、オッド役の子は凛凛しいし、ミニー役の子は可愛い。バル役の子はいかにも頭が良さげでイイ雰囲気を出していたし、バーム役の子も存在感があった。何と言うかキャスティングの規準が上がって、マーケットを意識したルックスや演技の評価が重要になったように見える。20年くらい前のタイ製のホラー映画や怪獣映画のクオリティがヒドかったので、余計にそう思えるのだ。
ちなみに、本作品は、2010年のタイ国際映画協会最優秀ヴィジュアル・エフェクト賞を受賞したとのこと。それもまぁ納得である。

なお、中盤以降に登場するウィリアム博士を演じるのは、日本人俳優の矢野カズキさん。ナーガの伝説を研究しており、聖剣に執着する変な学者役。ちょっとビミョーな感じもするが、子供向けには、これくらいの方が良いのかも知れない。(笑)
矢野さんは、タイ在住で、タイの映画に何本も出ている。こういう方に頑張って欲しいなぁとつくづく思う。(タレントがハリウッド映画の端役に出るだけなのに「ハリウッド進出!」みたいな記事を恥ずかしげもなくネットにUPする幼稚な日本のマスメディアには理解出来ないか……)

まどろみながら観てもストーリーが分からなくなることはないので、のんびりゴロゴロして休日を過ごしたい方にオススメ!

1〜 1件 / 全1件