SHIROBAKO

SHIROBAKOの画像・ジャケット写真

SHIROBAKO

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

「SHIROBAKO」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

アニメ業界で夢を追う5人の女の子の日常を描いた青春サクセスストーリー第13巻。終盤を迎えた「第三飛行少女隊」の制作。ベテランたちも、頼もしくなった新人たちも、全員が団結して苦境に立ち向かう。最終第24話とOVA第1話「第三飛行少女隊」を収録。

「SHIROBAKO」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「SHIROBAKO」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 水島努水島努

関連作品

関連作品

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

げんしけん二代目

ケメコデラックス!

ベスト・オブ・おおきく振りかぶって〜夏のスコアブック〜

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

アニメ業界を描いた傑作

投稿日:2015/07/29 レビュアー:タイチョー

これを見ればアニメ業界の現状がよくわかる。
製作進行の宮森あおいを中心に話が進むが、あおいちゃんのかわいさがたまらない。毎週あおいちゃんの顔芸という名の多彩な表情を楽しみにしていました。
どこの業界でもある人間関係の複雑さ、面倒さがここにありって感じです。というか製作進行のつらさはここにありって感じです。それを苦悩しながらもうまく切り抜ける宮森あおいの高スペックさには脱帽せざる得ない。
アニメーターはアニメータなりの苦労があり、若手のアニメーター安原絵麻ちゃんが苦労するシーンがあったり、さりげなくアドバイスという名の名言をすらすら出す杉江さんがすごい。杉江三日伝説的な展開が見れる第12話は必見です。
 
アニメ制作会社側の視点だけでなく、CG製作会社の藤堂美沙のしたい仕事ができないという苦悩とか、したい仕事が来ない若手声優の坂木しずかの不憫さとか、脚本家志望の大学生の今井みどりちゃんが一番いいところを持って行ってたりと多様な職業の立場からの視点で描かれているのが好印象です。
 
全体的にコミカルに描かれていますが、実際の現場はこんなもんじゃないでしょう。実際は中途採用の平岡が新人時代に受けた仕打ちのような場面が多数あるんだろうな。
宮森をはじめとする高校のアニメーション同好会出身のメンバーだけでなく、武蔵野アニメーション社長とか総務の興津さんとか、監督など周りのキャラが個性的で魅力的であるのがこの作品の良さではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

万策尽きたぁ〜‼

投稿日:2015/03/30 レビュアー:マサヤ

アニメーション製作サイドのお話。

ファンタジーや学園モノと違って、珍しい題材だと思います。

とにかく登場人物が多い!!
声優さんがひとり何役もやってるのがクレジットでわかります。

ムサニで一緒に働いている気持ちにさせられました。

2期あるんで、たっぷり楽しめます。


『万策尽きたぁ〜ッ‼』自分的には流行語大賞です。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

鬱陶しい

投稿日:2019/12/09 レビュアー:暇人野郎

演出で音や声が大きくなったり小さくなったりする。
他の作品なら小さく聞こえて普通になるのが
普通から大きな音になるので耳がやられるわ!
1話目のラジオの音量変更でイラツイてみるのやめた。
鬱陶しい!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

FALLING ANGEL 【13】

投稿日:2018/03/23 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 TVアニメ『SHIROBAKO』の最終巻。

 本編は最終話。あの怒涛の納品のエピソードです。そこからの打ち上げは、やっぱり感動的。

 それは本編を見た人はわかっている事なのでいいですよね。
 TVシリーズを見た人も、この巻だけは見ないといけない。
 なぜなら、あの『第三飛行少女隊』の第1話が収録されているから。これは見ないといけない。

 第1話だけなので、続きが気になってしょうがないのですが、本編のよさもさることながら、やっぱり製作過程を見ているわけで、なんとも感慨深い。

 そして、この作品ならではなのがスタッフロール。
 現実のスタッフ版とは別に、武蔵野アニメーション版もあるんです。
 スタッフを見比べるという、他ではあり得ない楽しみが出来ます。
 作中のキャラの名前がスタッフロールとして載っている。なんだか不思議だけど素敵です。他の作品では出来ない楽しみ方。
 是非ともこの感動を味わわないと。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

出 トーキョー 【7】

投稿日:2018/03/22 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 TVアニメ『SHIROBAKO』7巻。

 新年になり三女の制作が決まりスタートする巻。
 このスタートが、あんな展開になり、窮地に陥り……そしてあんな結末に。
 それはこれからの楽しみという事で。

 ここから、まだ大学生のみどりちゃんがグイグイ関わってきますね。
 しずかにも希望の兆しが。


 そんな本編はもちろんですが、やっぱりここは『えくそだすっ!』でしょ。
 気になるよ、これだけじゃ。
 やっぱり、本格制作してもらわないと。
 どこがどうなって、あの展開になるのか……気になってしょうがない。

 そして、この作品ならではなのがスタッフロール。
 現実のスタッフ版とは別に、武蔵野アニメーション版もあるんです。
 スタッフを見比べるという、他ではあり得ない楽しみが出来ます。
 作中のキャラの名前がスタッフロールとして載っている。なんだか不思議だけど素敵です。他の作品では出来ない楽しみ方。
 是非ともこの感動を味わわないと。スタッフロールは、やっぱり作中キャラ名で見ると熱いよね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

SHIROBAKO

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

アニメ業界を描いた傑作

投稿日

2015/07/29

レビュアー

タイチョー

これを見ればアニメ業界の現状がよくわかる。
製作進行の宮森あおいを中心に話が進むが、あおいちゃんのかわいさがたまらない。毎週あおいちゃんの顔芸という名の多彩な表情を楽しみにしていました。
どこの業界でもある人間関係の複雑さ、面倒さがここにありって感じです。というか製作進行のつらさはここにありって感じです。それを苦悩しながらもうまく切り抜ける宮森あおいの高スペックさには脱帽せざる得ない。
アニメーターはアニメータなりの苦労があり、若手のアニメーター安原絵麻ちゃんが苦労するシーンがあったり、さりげなくアドバイスという名の名言をすらすら出す杉江さんがすごい。杉江三日伝説的な展開が見れる第12話は必見です。
 
アニメ制作会社側の視点だけでなく、CG製作会社の藤堂美沙のしたい仕事ができないという苦悩とか、したい仕事が来ない若手声優の坂木しずかの不憫さとか、脚本家志望の大学生の今井みどりちゃんが一番いいところを持って行ってたりと多様な職業の立場からの視点で描かれているのが好印象です。
 
全体的にコミカルに描かれていますが、実際の現場はこんなもんじゃないでしょう。実際は中途採用の平岡が新人時代に受けた仕打ちのような場面が多数あるんだろうな。
宮森をはじめとする高校のアニメーション同好会出身のメンバーだけでなく、武蔵野アニメーション社長とか総務の興津さんとか、監督など周りのキャラが個性的で魅力的であるのがこの作品の良さではないでしょうか。

万策尽きたぁ〜‼

投稿日

2015/03/30

レビュアー

マサヤ

アニメーション製作サイドのお話。

ファンタジーや学園モノと違って、珍しい題材だと思います。

とにかく登場人物が多い!!
声優さんがひとり何役もやってるのがクレジットでわかります。

ムサニで一緒に働いている気持ちにさせられました。

2期あるんで、たっぷり楽しめます。


『万策尽きたぁ〜ッ‼』自分的には流行語大賞です。

鬱陶しい

投稿日

2019/12/09

レビュアー

暇人野郎

演出で音や声が大きくなったり小さくなったりする。
他の作品なら小さく聞こえて普通になるのが
普通から大きな音になるので耳がやられるわ!
1話目のラジオの音量変更でイラツイてみるのやめた。
鬱陶しい!

FALLING ANGEL 【13】

投稿日

2018/03/23

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 TVアニメ『SHIROBAKO』の最終巻。

 本編は最終話。あの怒涛の納品のエピソードです。そこからの打ち上げは、やっぱり感動的。

 それは本編を見た人はわかっている事なのでいいですよね。
 TVシリーズを見た人も、この巻だけは見ないといけない。
 なぜなら、あの『第三飛行少女隊』の第1話が収録されているから。これは見ないといけない。

 第1話だけなので、続きが気になってしょうがないのですが、本編のよさもさることながら、やっぱり製作過程を見ているわけで、なんとも感慨深い。

 そして、この作品ならではなのがスタッフロール。
 現実のスタッフ版とは別に、武蔵野アニメーション版もあるんです。
 スタッフを見比べるという、他ではあり得ない楽しみが出来ます。
 作中のキャラの名前がスタッフロールとして載っている。なんだか不思議だけど素敵です。他の作品では出来ない楽しみ方。
 是非ともこの感動を味わわないと。

出 トーキョー 【7】

投稿日

2018/03/22

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 TVアニメ『SHIROBAKO』7巻。

 新年になり三女の制作が決まりスタートする巻。
 このスタートが、あんな展開になり、窮地に陥り……そしてあんな結末に。
 それはこれからの楽しみという事で。

 ここから、まだ大学生のみどりちゃんがグイグイ関わってきますね。
 しずかにも希望の兆しが。


 そんな本編はもちろんですが、やっぱりここは『えくそだすっ!』でしょ。
 気になるよ、これだけじゃ。
 やっぱり、本格制作してもらわないと。
 どこがどうなって、あの展開になるのか……気になってしょうがない。

 そして、この作品ならではなのがスタッフロール。
 現実のスタッフ版とは別に、武蔵野アニメーション版もあるんです。
 スタッフを見比べるという、他ではあり得ない楽しみが出来ます。
 作中のキャラの名前がスタッフロールとして載っている。なんだか不思議だけど素敵です。他の作品では出来ない楽しみ方。
 是非ともこの感動を味わわないと。スタッフロールは、やっぱり作中キャラ名で見ると熱いよね。

1〜 5件 / 全6件