攻殻機動隊 新劇場版

攻殻機動隊 新劇場版の画像・ジャケット写真

攻殻機動隊 新劇場版

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「攻殻機動隊 新劇場版」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

人気SFアクション「攻殻機動隊」25周年記念作品。2029年3月、総理大臣暗殺という戦後最大の事件が発生。寄せ集めのメンバーと共に捜査を始めた“攻殻機動隊”のリーダー・草薙が掴んだ手掛かりは、自身の秘められた生い立ちにも繋がっていた。

「攻殻機動隊 新劇場版」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: 日本

「攻殻機動隊 新劇場版」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 野村和也

関連作品

関連作品

戦国BASARA弐

劇場版 戦国BASARA−The Last Party−

ROBOTICS;NOTES

ジョーカー・ゲーム

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

音楽は相変わらずダメだけど、今まで生意気言ってすいませんしたっ!

投稿日:2015/12/26 レビュアー:ひゅう助

今まで散々「駄作だ」「駄作だ」と私が非難してきた「arise」シリーズの長編劇場版。「そんなに言うなら見るな!」という声は耳に届きません。だって私の大好きな「攻殻機動隊」だもん。そりゃ期待感持って見るよ。

さて、本作はどうだったかと言うと。

今までの「arise」シリーズはとにかくわからなかった。専門用語の羅列に、盛り上がらないストーリー&音楽。正直言って、「駄作」の烙印を押されても仕方ない作品でした。

それが本作ではどうです!?今までと比べて「非常にわかりやすい」(笑)。

まだまだ攻機初心者には理解できないだろうが、ライトユーザーには理解可能なストーリーでした。まして、ヘビーユーザーの私にとっては、おちゃのこさいさい♪。

これもひとえに、監督が変わったおかげでしょう。よかったね、最後の最後で巻き返せて。そして野村監督、ありがとう。


あと、シリーズを総括する意味で言いたいのは、声優問題。

押井、神山版攻機からキャストを一新した「arise」シリーズでは批判も多かっただろう。実際私も非難ごうごうだった。

しかし本作の「新劇場版」を見終わった後で、あえて言いなおそう。「このキャストはOKだ」と。

最初は耳障りにしか聞こえなかったキャストの声も、border1~4、そして番外編を見て聞いたおかげか、耳になじんできた。

一番重要な「少佐」の声を担当する坂本真綾の声も、これはこれでアリだと思うようになった。前シリーズで担当した田中敦子さんは、割と人間臭い一面を持つ「少佐」だったが、坂本版「少佐」は、怜悧冷徹、とにかく人間味が無い、新たな「少佐像」を作り上げたと思う。

変わるべきは、我々、視聴者の側だったのかもしれませんね。変化に対応できない者は、変わろうとしない者だ、って感じですかね。

まあでも、キャストにはやっと馴染めたけど、音楽を担当するコーネリウスには結局なじめませんでした(笑)。ドンマイドンマイ!

予想の少し上を行く劇場版だったので、☆は甘めの4つで!

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

IoT+AIの近似値的世界観が恐ろしい。

投稿日:2016/07/17 レビュアー:オテラ

すべてのものがインターネットで繋がろうというIotの時代がやってきている。
囲碁でさえ人間を負かすAIがディープシンキングの先に描こうとする世界とは
このような世界ではないかと思うと、ヒトが義体化の果てに行き着くところは
人間を超え神の領域に達したAIの奴隷ということなのだろうか?

哲学的なアニメになってきましたね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

雑然としていたかな・・・ ネタバレ

投稿日:2016/05/28 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

攻殻機動隊は原作が難解で、映像化されて面白さが倍増になった作品だと思います。
今までにも様々な作品が作られていてそれなりに面白かった。
本作も面白かったんですが・・・攻殻機動隊ARISEの公安9課設立の経緯を放映した後にこの作品はどうなんだろう?
せめて時系列で内容が踏襲されていれば良かったんですが、整合性が無くて残念。

サイバーパンクSFとしての出来も秀逸だし、世界観もすごい。
最終的には人間とは何かの定義みたいなところにつながる奥深いテーマが作品に深みを与えているように私はとらえています。

本作も様々な思惑が複雑に絡み合い、素子たちを翻弄します。
どんな展開になっても、クールな素子とメンバーたちが粛々と戦い解決していくシーンは圧巻です。

もう少しまとまっていると良かったんですが・・・
でも、まあそれなりに面白かったです。



このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

見たことあるのようなシーンがたくさん ネタバレ

投稿日:2021/09/04 レビュアー:hrm

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一旦解散
実はみんな独自に活動

亡命予定→知らねーって素子が狙撃

その他もろもろ
なんかパロディかしらと思うような

声はその人を識別する重要なファクターと聞いてます
主要声優ほぼ全とっかえで
見た事あるようなシーンばかりでは
ほんとやる意味がよくわからんかった。。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

丁寧さは感じます

投稿日:2019/09/08 レビュアー:とーと

忠実そうな雰囲気です。しかし、ドクンとしたものを感じません。
受け手にも忠実さが求められてるのかな?
私的には満足度79%

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全12件

攻殻機動隊 新劇場版

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

音楽は相変わらずダメだけど、今まで生意気言ってすいませんしたっ!

投稿日

2015/12/26

レビュアー

ひゅう助

今まで散々「駄作だ」「駄作だ」と私が非難してきた「arise」シリーズの長編劇場版。「そんなに言うなら見るな!」という声は耳に届きません。だって私の大好きな「攻殻機動隊」だもん。そりゃ期待感持って見るよ。

さて、本作はどうだったかと言うと。

今までの「arise」シリーズはとにかくわからなかった。専門用語の羅列に、盛り上がらないストーリー&音楽。正直言って、「駄作」の烙印を押されても仕方ない作品でした。

それが本作ではどうです!?今までと比べて「非常にわかりやすい」(笑)。

まだまだ攻機初心者には理解できないだろうが、ライトユーザーには理解可能なストーリーでした。まして、ヘビーユーザーの私にとっては、おちゃのこさいさい♪。

これもひとえに、監督が変わったおかげでしょう。よかったね、最後の最後で巻き返せて。そして野村監督、ありがとう。


あと、シリーズを総括する意味で言いたいのは、声優問題。

押井、神山版攻機からキャストを一新した「arise」シリーズでは批判も多かっただろう。実際私も非難ごうごうだった。

しかし本作の「新劇場版」を見終わった後で、あえて言いなおそう。「このキャストはOKだ」と。

最初は耳障りにしか聞こえなかったキャストの声も、border1~4、そして番外編を見て聞いたおかげか、耳になじんできた。

一番重要な「少佐」の声を担当する坂本真綾の声も、これはこれでアリだと思うようになった。前シリーズで担当した田中敦子さんは、割と人間臭い一面を持つ「少佐」だったが、坂本版「少佐」は、怜悧冷徹、とにかく人間味が無い、新たな「少佐像」を作り上げたと思う。

変わるべきは、我々、視聴者の側だったのかもしれませんね。変化に対応できない者は、変わろうとしない者だ、って感じですかね。

まあでも、キャストにはやっと馴染めたけど、音楽を担当するコーネリウスには結局なじめませんでした(笑)。ドンマイドンマイ!

予想の少し上を行く劇場版だったので、☆は甘めの4つで!

IoT+AIの近似値的世界観が恐ろしい。

投稿日

2016/07/17

レビュアー

オテラ

すべてのものがインターネットで繋がろうというIotの時代がやってきている。
囲碁でさえ人間を負かすAIがディープシンキングの先に描こうとする世界とは
このような世界ではないかと思うと、ヒトが義体化の果てに行き着くところは
人間を超え神の領域に達したAIの奴隷ということなのだろうか?

哲学的なアニメになってきましたね。

雑然としていたかな・・・

投稿日

2016/05/28

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

攻殻機動隊は原作が難解で、映像化されて面白さが倍増になった作品だと思います。
今までにも様々な作品が作られていてそれなりに面白かった。
本作も面白かったんですが・・・攻殻機動隊ARISEの公安9課設立の経緯を放映した後にこの作品はどうなんだろう?
せめて時系列で内容が踏襲されていれば良かったんですが、整合性が無くて残念。

サイバーパンクSFとしての出来も秀逸だし、世界観もすごい。
最終的には人間とは何かの定義みたいなところにつながる奥深いテーマが作品に深みを与えているように私はとらえています。

本作も様々な思惑が複雑に絡み合い、素子たちを翻弄します。
どんな展開になっても、クールな素子とメンバーたちが粛々と戦い解決していくシーンは圧巻です。

もう少しまとまっていると良かったんですが・・・
でも、まあそれなりに面白かったです。



見たことあるのようなシーンがたくさん

投稿日

2021/09/04

レビュアー

hrm

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一旦解散
実はみんな独自に活動

亡命予定→知らねーって素子が狙撃

その他もろもろ
なんかパロディかしらと思うような

声はその人を識別する重要なファクターと聞いてます
主要声優ほぼ全とっかえで
見た事あるようなシーンばかりでは
ほんとやる意味がよくわからんかった。。

丁寧さは感じます

投稿日

2019/09/08

レビュアー

とーと

忠実そうな雰囲気です。しかし、ドクンとしたものを感じません。
受け手にも忠実さが求められてるのかな?
私的には満足度79%

1〜 5件 / 全12件