ピクセルの画像・ジャケット写真

ピクセル / アダム・サンドラー
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ピクセル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

“パックマン”や“ドンキーコング”といった懐かしゲームキャラに扮して地球侵略を開始したエイリアンと、それに対抗すべく集められたかつてのビデオゲーム・チャンピオンたちが繰り広げる攻防を描く3Dアドベンチャー・コメディ。主演はアダム・サンドラー、監督は「ハリー・ポッターと賢者の石」のクリス・コロンバス。1982年。NASAは宇宙に向けて友好のメッセージを送った。その中には、当時大流行していたゲームの映像も含まれていた。やがてメッセージを受け取ったエイリアンは、それを宣戦布告と誤解し、地球侵略に乗り出した。彼らはゲームキャラを模した謎の兵器で各地を襲撃し始めた。そこで米国大統領ウィルは、かつてのゲーム仲間を集めて、この恐るべき破壊力のゲームキャラたちに果敢に闘いを挑むのだったが…。 JAN:4547462101860

「ピクセル」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

アメリカ

原題:

PIXELS

「ピクセル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ホーム・アローン2

トムとトーマス

REDリターンズ

子連れじゃダメかしら?

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全35件

ピクセル ネタバレ

投稿日:2015/12/06 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ゲーム型のエイリアンが襲ってきて、かつてのゲームのチャンピオンたちが立ち向かう話。

 カラフルでピクセル状のエイリアンの造形が面白くてああいう形が崩れていくのは見てるだけで快感で気持ちのいいものなんだと知ることができました。
 子どもの時にゲームセンターでゲームにハマって世界大会に出るまでの主人公たちが大人になって…。という1幕目から面白くて、主人公の親友の設定とか初登場から笑えました。どうやってその地位にのぼりつめたんだという。そしてダメダメという。
 もう1人のオタクの親友もボクの笑いのツボにドハマりして出てるだけでニヤニヤしてしまいました。

 80年代のゲームを知っていれば背景で動いているゲームキャラクターたちにノスタルジーな気持ちになれたりすること間違いなさそうですが、そのゲームを全く知らないボクでも十分に楽しめました。
 くだらないコメディですが、ちゃんと笑えて良いくだらなさが心地のいい映画だったと思います。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

映画のことよりもこのツタヤのサイトについて・・

投稿日:2016/02/25 レビュアー:勇光

もしかして、ツタヤさんは、このレビューのサイトをやめたがってるのではないだろうか・・?
近年のSNSのどこを見ても、投稿した記事の表示にこんなに時間がかかるところはない。ずっと、サーバーの設備をけちってるのかと思っていたが、その手の設備にそんなにカネがかかるとは思われない。メモリの割り当てなどの問題ではないような気がしている。
実は、わざと時間がかかるように設定してるのではないだろうか?
でもって、このサイトにレビューを投稿する人をどんどん減らし、レビューランキングなどもきれいさっぱり削除したい・・ということなのではないだろうか? 正確なデータは出していないが、5年前と現在を比較すると、いまだにここにレビュー投稿をしている人の数は100分の1くらいにまで減ってるような気がする。
思うに、このレビュー投稿は、ツタヤさんの売上げにはなんの足しにもなっていない。作品をコキおろす話は映画をレンタルする客を減らすだけのことで、商売の邪魔になっているのだ・・(笑)。

で、この「ピクセル」であるが、まったく面白くない。リアリティーはゼロ。子どもだましにもなっていない。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

レトロゲーム

投稿日:2016/06/15 レビュアー:oyoyo

CGが綺麗。
レトロゲームオタクが地球を救うSFコメディ。

レトロなゲームがいっぱい出てくる。
年齢的にどストライクなはずなのだが、
パックマンとドンキーコングは苦手だったため、
あまりプレイしたことは無かったので、そんなに
懐かしいとは思えなかった。
個人的にはギャラガやインベーダー、テトリスの出番がもっとほしかった。
しかし楽しいことには違いない。
下ネタの無い、良質のコメディで、観ていて心地よいといえば言い過ぎか?
(アメリカのコメディは下ネタ多いですからね〜。(笑))

戦闘シーンがとにかく明るく楽しい。
もっと色んなパターンの戦いを観てみたい。

70点

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ボクは疲れている

投稿日:2019/06/04 レビュアー:ビンス

仕儀とから帰り
ゴハンやら何やらを済ませて
ソファでくつろぎながら
テレビを観ていると
徐々に意識が薄れていくことありませんか?
さっきまで全くもって大丈夫だったのに
意識もっていかれて今日という日を
強制シャットダウンさせられそうになったことありませんか?
その原因はなんだ?
そう、眠気だ
映画を観ていると襲ってくる
ドラマを観ていると襲ってくる
集中すると襲ってくる
あの感覚だ
そう、眠気だ
バラエティーを観てるときは訪れない
だからバラエティーに走っちゃう
映画観たくても
バラエティーに走っちゃう
そんな理由で
映画館からも足が遠のいているこの頃
果たしてこの作品はどうだろうか
観る
観る
観る
観終わった
襲ってこない例のヤツ
例のヤツこそ眠気でダウンか?
アダム・サンドラーがイメージ通りに
理想的なグッジョブかまして
荒唐無稽なストーリーが繰り広げられ
レトロゲームというキーワードに誘われて
昔デパートの最上階や
友達の家で
見知らぬハイパーテクニシャンの人たちや
友達のプレイするゲームの数々を
楽しそうに観ていたあの頃の自分が
脳内と心に登場する
それがパックマンじゃなくとも
それがドンキーコングじゃなくとも
紐づけされたゲームの数々の記憶が蘇り
ふたりで一緒に楽しい時間に浸る
結果「面白かった」でフィニッシュ
例のヤツは寝坊だろう



このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

気楽に楽しめます。

投稿日:2021/10/22 レビュアー:アーモンド

2015年。監督:クリス・コロンバス。
(あらすじ)
1982年にNASAが送った友好のメッセージを、エイリアンは宣戦布告と誤解し、
エイリアンはゲームの映像のキャラクターに扮して地球侵略を開始する。
エイリアンに対抗するのはかつてのゲームオタク。
ゲームは、「パックマン」に「ギャラガ」「ドンキーコング」
など30年前の懐かしのゲーム。
アーケードゲームの世界を思い出します。

ゲーマーはアダム・サンドラー+2人。
エイリアンに対抗できるスキルを持つ3人は大統領の特命でパットン中佐(ミシェル・モナハン)と力を合わせて立ち上がります。

ゲームオタクは昔はスターでチャンピオン。
三人三様に落ちぶれていて、寂しい状況。
そんな彼らが「生き甲斐」や「夢」を取り戻すのは、気持ちがいい。
果たして《オタクに世界は救えるか!》

まぁ「ゴーストバスターズ」とか、「ソニック・ザ・ムービー」みたいなコンセプトの映画ですね。
なあんにも考えずに、ボケーっと観るのに最適。
オタク3人がガールフレンドをゲットできるかも、お楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全35件

ピクセル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

ピクセル

投稿日

2015/12/06

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ゲーム型のエイリアンが襲ってきて、かつてのゲームのチャンピオンたちが立ち向かう話。

 カラフルでピクセル状のエイリアンの造形が面白くてああいう形が崩れていくのは見てるだけで快感で気持ちのいいものなんだと知ることができました。
 子どもの時にゲームセンターでゲームにハマって世界大会に出るまでの主人公たちが大人になって…。という1幕目から面白くて、主人公の親友の設定とか初登場から笑えました。どうやってその地位にのぼりつめたんだという。そしてダメダメという。
 もう1人のオタクの親友もボクの笑いのツボにドハマりして出てるだけでニヤニヤしてしまいました。

 80年代のゲームを知っていれば背景で動いているゲームキャラクターたちにノスタルジーな気持ちになれたりすること間違いなさそうですが、そのゲームを全く知らないボクでも十分に楽しめました。
 くだらないコメディですが、ちゃんと笑えて良いくだらなさが心地のいい映画だったと思います。

映画のことよりもこのツタヤのサイトについて・・

投稿日

2016/02/25

レビュアー

勇光

もしかして、ツタヤさんは、このレビューのサイトをやめたがってるのではないだろうか・・?
近年のSNSのどこを見ても、投稿した記事の表示にこんなに時間がかかるところはない。ずっと、サーバーの設備をけちってるのかと思っていたが、その手の設備にそんなにカネがかかるとは思われない。メモリの割り当てなどの問題ではないような気がしている。
実は、わざと時間がかかるように設定してるのではないだろうか?
でもって、このサイトにレビューを投稿する人をどんどん減らし、レビューランキングなどもきれいさっぱり削除したい・・ということなのではないだろうか? 正確なデータは出していないが、5年前と現在を比較すると、いまだにここにレビュー投稿をしている人の数は100分の1くらいにまで減ってるような気がする。
思うに、このレビュー投稿は、ツタヤさんの売上げにはなんの足しにもなっていない。作品をコキおろす話は映画をレンタルする客を減らすだけのことで、商売の邪魔になっているのだ・・(笑)。

で、この「ピクセル」であるが、まったく面白くない。リアリティーはゼロ。子どもだましにもなっていない。

レトロゲーム

投稿日

2016/06/15

レビュアー

oyoyo

CGが綺麗。
レトロゲームオタクが地球を救うSFコメディ。

レトロなゲームがいっぱい出てくる。
年齢的にどストライクなはずなのだが、
パックマンとドンキーコングは苦手だったため、
あまりプレイしたことは無かったので、そんなに
懐かしいとは思えなかった。
個人的にはギャラガやインベーダー、テトリスの出番がもっとほしかった。
しかし楽しいことには違いない。
下ネタの無い、良質のコメディで、観ていて心地よいといえば言い過ぎか?
(アメリカのコメディは下ネタ多いですからね〜。(笑))

戦闘シーンがとにかく明るく楽しい。
もっと色んなパターンの戦いを観てみたい。

70点

ボクは疲れている

投稿日

2019/06/04

レビュアー

ビンス

仕儀とから帰り
ゴハンやら何やらを済ませて
ソファでくつろぎながら
テレビを観ていると
徐々に意識が薄れていくことありませんか?
さっきまで全くもって大丈夫だったのに
意識もっていかれて今日という日を
強制シャットダウンさせられそうになったことありませんか?
その原因はなんだ?
そう、眠気だ
映画を観ていると襲ってくる
ドラマを観ていると襲ってくる
集中すると襲ってくる
あの感覚だ
そう、眠気だ
バラエティーを観てるときは訪れない
だからバラエティーに走っちゃう
映画観たくても
バラエティーに走っちゃう
そんな理由で
映画館からも足が遠のいているこの頃
果たしてこの作品はどうだろうか
観る
観る
観る
観終わった
襲ってこない例のヤツ
例のヤツこそ眠気でダウンか?
アダム・サンドラーがイメージ通りに
理想的なグッジョブかまして
荒唐無稽なストーリーが繰り広げられ
レトロゲームというキーワードに誘われて
昔デパートの最上階や
友達の家で
見知らぬハイパーテクニシャンの人たちや
友達のプレイするゲームの数々を
楽しそうに観ていたあの頃の自分が
脳内と心に登場する
それがパックマンじゃなくとも
それがドンキーコングじゃなくとも
紐づけされたゲームの数々の記憶が蘇り
ふたりで一緒に楽しい時間に浸る
結果「面白かった」でフィニッシュ
例のヤツは寝坊だろう



気楽に楽しめます。

投稿日

2021/10/22

レビュアー

アーモンド

2015年。監督:クリス・コロンバス。
(あらすじ)
1982年にNASAが送った友好のメッセージを、エイリアンは宣戦布告と誤解し、
エイリアンはゲームの映像のキャラクターに扮して地球侵略を開始する。
エイリアンに対抗するのはかつてのゲームオタク。
ゲームは、「パックマン」に「ギャラガ」「ドンキーコング」
など30年前の懐かしのゲーム。
アーケードゲームの世界を思い出します。

ゲーマーはアダム・サンドラー+2人。
エイリアンに対抗できるスキルを持つ3人は大統領の特命でパットン中佐(ミシェル・モナハン)と力を合わせて立ち上がります。

ゲームオタクは昔はスターでチャンピオン。
三人三様に落ちぶれていて、寂しい状況。
そんな彼らが「生き甲斐」や「夢」を取り戻すのは、気持ちがいい。
果たして《オタクに世界は救えるか!》

まぁ「ゴーストバスターズ」とか、「ソニック・ザ・ムービー」みたいなコンセプトの映画ですね。
なあんにも考えずに、ボケーっと観るのに最適。
オタク3人がガールフレンドをゲットできるかも、お楽しみです。

1〜 5件 / 全35件