ピノキオ

ピノキオの画像・ジャケット写真

ピノキオ / イ・ジョンソク

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「ピノキオ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ピノキオ」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「ピノキオ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・ネゴシエーション

君の声が聞こえる

君に泳げ!

恋の一撃 ハイキック

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

イ・ジョンソク君のお陰で面白いドラマを見損なわずに済みました

投稿日:2015/11/28 レビュアー:chenwen

他人のしゃっくりを聞き続けなければならないのは、私にはかなり不快なこと。なので、このドラマの最初の3話くらいは相当、我慢が必要だった。嘘をつくとしゃくりが出る「ピノキオ症候群」という架空の病気を視聴者に定着させるための演出措置で仕方ないことだというのは理解できるが、その、しゃっくりをし続けるのが、私の苦手なパク・シネ嬢だったので、不快指数3割増しくらいになり、3話辺りではマジで、もうこのドラマは諦めようかと思ったりもししたが、イ・ジョンソク君を諦め切れず、頑張って見続けた結果…面白かったぁ!ジョンソク君、ありがとう!パク・シネ嬢のしゃっくりも、中盤以降は、時々、効果的に使用されるだけになり、気にならなくなった。重いテーマを扱いながらも、メロやコミカルなシーンをバランス良く挟みつつ進む、先の気になるストーリー展開!着地点も妥当で、質の高いドラマに仕上がったと思う。それにしても、ジョンソク君のカッコ良さと言ったら!8等身だか9等身だか知らないが、小さな頭に、広い肩幅、長い脚、全身のバランスの良さは芸術品の域に達している。目の下の小さなほくろも、よくぞ、その位置に、その大きさで、その濃さで、と神の絶妙な御業を称えるばかり。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

脇役も魅力的

投稿日:2016/02/21 レビュアー:サキ

主役はもちろんですが、脇を固める人が、みんな良かった。
YGNキャップ役のイ・ピルモさん、素敵だなー、見たことあるなーと思って調べたら、ソル薬局のテプン氏ではないですか。雰囲気違いすぎて気づかなかったです。
タルボの養父でイナの祖父役の方も、ソル薬局のおじいさん。とぼけた感じが大好きです。イナのお父さん役の方は、ジェジュンの映画「ファルコン」の田舎の刑事さんでは?今回も味があって良かったです。いちゃもん先輩も良かった。
ジェミョン役の方も、「神医」で気になってました。「カプトンイ」にも出ていたけど、大きな役を獲得できて良かったと思います。
とても書ききれない!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

報道被害

投稿日:2017/01/06 レビュアー:ビーン

報道被害と報道の意図的な歪曲,それに,ラブライン。
重いテーマをまじめに取り上げているのに面白く見れました。
日本のテレビ局では,こんなテーマの番組は作れないだろうなあ。
なにしろテレビ局のトップが「政府が『右』と言っているのに我々が『左』と言うわけにはいかない」なんて公然と言うのだから。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

魅力たっぷりの作品 ネタバレ

投稿日:2015/12/20 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ピノキオ症候群」という面白い仕掛けが効いて、序盤から引き込まれ、テンポよく見ていかれる話題作。あまり予備知識を入れずにご覧になった方が面白いのではないでしょうか。

流石に魅力的なキャストが揃っていますが、贔屓の「イ・ピルモ」が出来る社会部キャップ役で相変わらず素敵でした。また主人公ダルポ「イ・ジョンソク」の兄役「ユン・ギュンサン」が存在感があって印象に残りました。これからの活躍が楽しみな俳優さんだと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ダルポからキ・ハミョンへ、正しき記者のあるべき姿 ネタバレ

投稿日:2015/11/28 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『君の声が聞こえる』の制作陣だからこその、粋な演出。。。総出演陣の登場にテンションもあがります。
昔、自分の家族を吊るし上げ、幸せだった家族を奪ったマスコミ。
その報道という世界に入り、嫌っていた記者になったダルポ。
やっと再会した兄ジェミョンが父の事件で嘘の証言をした関係者を殺し、間違った復讐をしていると気づいたダルポはジェミョンに自首するように訴えます。
このシーンはダルポが兄に代わって、暴力ではなく記者として復讐すると心に誓い宣言するとても心に残る所です。
正しき記者のあるべき姿とは何なのか、心にどんな葛藤があろうとも記者に徹するハミョンの勇気がカッコ良く見える。
このジェミョンがとてもいい人なのはわかっているので、殺人まで犯してしまってるのは本当にショックでした。
もっと早くに兄を探し出していれば・・・イナの傍を離れたくなくて。。。この家族と暮らす幸せを失いたくなくて。。。と自分をせめるダルポに涙止まらず。。。
兄の犯した殺人事件をテレビニュースで伝えるダルポはこの時、初めて自分の本当の名前、キ・ハミョンと名乗ります。
言葉にならない感動とともに、これから彼の戦いが始まるのです。
それは、イナとの切ない愛の始まりでもあるとともにさらに愛する家族との別れでもあります。
諦められない愛なのに無理やり気持ちを押し殺すふたり、切なさ100%。
毎回、毎回ラブラインにはキュンキュンさせられます。
パク・シネさん演じるイナが超愛らしくてたまらない。(ドラマ中のフードの使い方が超受けた^^)
一生懸命にハミョンのために奔走する彼女が愛おしくなります。
兄の住む家に越してきたハミョンが深酒をして酔っ払ってイナの家に帰ってしまうシーンがあるのだけどこの泥酔したハミョンが超可愛い酔っ払いになってます。
ジェミョンに面会して今の状況を毎回報告するハミョンに『お前が記者になって良かった』という最高の褒め言葉には胸がぐっとつまります。
さらにダルポを育ててくれたおじいちゃんがジェミョンを訪れ、今までどんな風にダルポが育ってきたのかを来るたびに話すこの優しい気持ちにも泣かされます。みんながみんな家族思いでもうたまらない。
本当の家族になるのを心待ちにしてた私です。。。

イナから送られてくるメールを13年間も見続けてイナに恋する財閥2世ソ・ボムジョ。
さらにイ・ユビさん演じるちょっと変わり者のユン・ユレ。
この新人記者たちが集うシーンは見ててとても楽しいものがありました。
シネさんがジョンソクさんにつけたあだ名は“絹豆腐”だって^^

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

ピノキオ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

イ・ジョンソク君のお陰で面白いドラマを見損なわずに済みました

投稿日

2015/11/28

レビュアー

chenwen

他人のしゃっくりを聞き続けなければならないのは、私にはかなり不快なこと。なので、このドラマの最初の3話くらいは相当、我慢が必要だった。嘘をつくとしゃくりが出る「ピノキオ症候群」という架空の病気を視聴者に定着させるための演出措置で仕方ないことだというのは理解できるが、その、しゃっくりをし続けるのが、私の苦手なパク・シネ嬢だったので、不快指数3割増しくらいになり、3話辺りではマジで、もうこのドラマは諦めようかと思ったりもししたが、イ・ジョンソク君を諦め切れず、頑張って見続けた結果…面白かったぁ!ジョンソク君、ありがとう!パク・シネ嬢のしゃっくりも、中盤以降は、時々、効果的に使用されるだけになり、気にならなくなった。重いテーマを扱いながらも、メロやコミカルなシーンをバランス良く挟みつつ進む、先の気になるストーリー展開!着地点も妥当で、質の高いドラマに仕上がったと思う。それにしても、ジョンソク君のカッコ良さと言ったら!8等身だか9等身だか知らないが、小さな頭に、広い肩幅、長い脚、全身のバランスの良さは芸術品の域に達している。目の下の小さなほくろも、よくぞ、その位置に、その大きさで、その濃さで、と神の絶妙な御業を称えるばかり。

脇役も魅力的

投稿日

2016/02/21

レビュアー

サキ

主役はもちろんですが、脇を固める人が、みんな良かった。
YGNキャップ役のイ・ピルモさん、素敵だなー、見たことあるなーと思って調べたら、ソル薬局のテプン氏ではないですか。雰囲気違いすぎて気づかなかったです。
タルボの養父でイナの祖父役の方も、ソル薬局のおじいさん。とぼけた感じが大好きです。イナのお父さん役の方は、ジェジュンの映画「ファルコン」の田舎の刑事さんでは?今回も味があって良かったです。いちゃもん先輩も良かった。
ジェミョン役の方も、「神医」で気になってました。「カプトンイ」にも出ていたけど、大きな役を獲得できて良かったと思います。
とても書ききれない!

報道被害

投稿日

2017/01/06

レビュアー

ビーン

報道被害と報道の意図的な歪曲,それに,ラブライン。
重いテーマをまじめに取り上げているのに面白く見れました。
日本のテレビ局では,こんなテーマの番組は作れないだろうなあ。
なにしろテレビ局のトップが「政府が『右』と言っているのに我々が『左』と言うわけにはいかない」なんて公然と言うのだから。

魅力たっぷりの作品

投稿日

2015/12/20

レビュアー

ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ピノキオ症候群」という面白い仕掛けが効いて、序盤から引き込まれ、テンポよく見ていかれる話題作。あまり予備知識を入れずにご覧になった方が面白いのではないでしょうか。

流石に魅力的なキャストが揃っていますが、贔屓の「イ・ピルモ」が出来る社会部キャップ役で相変わらず素敵でした。また主人公ダルポ「イ・ジョンソク」の兄役「ユン・ギュンサン」が存在感があって印象に残りました。これからの活躍が楽しみな俳優さんだと思います。

ダルポからキ・ハミョンへ、正しき記者のあるべき姿

投稿日

2015/11/28

レビュアー

snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『君の声が聞こえる』の制作陣だからこその、粋な演出。。。総出演陣の登場にテンションもあがります。
昔、自分の家族を吊るし上げ、幸せだった家族を奪ったマスコミ。
その報道という世界に入り、嫌っていた記者になったダルポ。
やっと再会した兄ジェミョンが父の事件で嘘の証言をした関係者を殺し、間違った復讐をしていると気づいたダルポはジェミョンに自首するように訴えます。
このシーンはダルポが兄に代わって、暴力ではなく記者として復讐すると心に誓い宣言するとても心に残る所です。
正しき記者のあるべき姿とは何なのか、心にどんな葛藤があろうとも記者に徹するハミョンの勇気がカッコ良く見える。
このジェミョンがとてもいい人なのはわかっているので、殺人まで犯してしまってるのは本当にショックでした。
もっと早くに兄を探し出していれば・・・イナの傍を離れたくなくて。。。この家族と暮らす幸せを失いたくなくて。。。と自分をせめるダルポに涙止まらず。。。
兄の犯した殺人事件をテレビニュースで伝えるダルポはこの時、初めて自分の本当の名前、キ・ハミョンと名乗ります。
言葉にならない感動とともに、これから彼の戦いが始まるのです。
それは、イナとの切ない愛の始まりでもあるとともにさらに愛する家族との別れでもあります。
諦められない愛なのに無理やり気持ちを押し殺すふたり、切なさ100%。
毎回、毎回ラブラインにはキュンキュンさせられます。
パク・シネさん演じるイナが超愛らしくてたまらない。(ドラマ中のフードの使い方が超受けた^^)
一生懸命にハミョンのために奔走する彼女が愛おしくなります。
兄の住む家に越してきたハミョンが深酒をして酔っ払ってイナの家に帰ってしまうシーンがあるのだけどこの泥酔したハミョンが超可愛い酔っ払いになってます。
ジェミョンに面会して今の状況を毎回報告するハミョンに『お前が記者になって良かった』という最高の褒め言葉には胸がぐっとつまります。
さらにダルポを育ててくれたおじいちゃんがジェミョンを訪れ、今までどんな風にダルポが育ってきたのかを来るたびに話すこの優しい気持ちにも泣かされます。みんながみんな家族思いでもうたまらない。
本当の家族になるのを心待ちにしてた私です。。。

イナから送られてくるメールを13年間も見続けてイナに恋する財閥2世ソ・ボムジョ。
さらにイ・ユビさん演じるちょっと変わり者のユン・ユレ。
この新人記者たちが集うシーンは見ててとても楽しいものがありました。
シネさんがジョンソクさんにつけたあだ名は“絹豆腐”だって^^

1〜 5件 / 全8件