ナイトクローラーの画像・ジャケット写真

ナイトクローラー / ジェイク・ギレンホール

全体の平均評価点: (5点満点)

49

ナイトクローラー /ダン・ギルロイ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ナイトクローラー」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホールが、刺激的なスクープ映像を求めるあまりモラルのタガが外れていくフリーランスのニュース・カメラマン役で鬼気迫る怪演を披露し、高い評価を受けたサスペンス・ドラマ。監督は「ボーン・レガシー」などの脚本を手がけ、本作が監督デビューのダン・ギルロイ。ロサンゼルスで定職もなくその日暮らしの日々を送る孤独な中年男ルイス・ブルーム。ある日、偶然通りかかった事故現場で、ニュース映像専門のパパラッチ、通称“ナイトクローラー”と遭遇する。事件、事故の悲惨な映像がテレビ局に売れると知り、さっそくビデオカメラと無線傍受器を手に入れると、見よう見まねでナイトクローラーとしての活動を開始するルイスだったが…。 JAN:4532612119284

「ナイトクローラー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2014年

原題:

NIGHTCRAWLER

「ナイトクローラー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

世界にひとつのロマンティック

2ガンズ

U.S.プラトーン

ヘレンとフランクと18人の子供たち

ラブ&ドラッグ

ユーザーレビュー:49件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全49件

モラルなき報道パパラッチ

投稿日:2016/02/06 レビュアー:ミルクチョコ

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

面白いけど

投稿日:2015/12/26 レビュアー:よふかし

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

ジェイク・ギレンホールの出ている映画にハズレがない説 ネタバレ

投稿日:2016/01/24 レビュアー:カサブランカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この主人公ルイス・ブルームという男はとにかく謎の自信に満ちている。
うらやましいぐらい。
自分が有能な人間で、ビッグになれる人間だと信じている。
何か実績があるわけでもないし、訓練を積んできたわけでもないどころか、軽い犯罪にはすでに手を染めている。しかしそれも「社会が自分にチャンスを与えてくれないからしょうがないよね」ぐらいにしか考えていない。
面接で落とされても落ち込む様子はない。謎の笑みを浮かべて帰っていく。
報道パパラッチになったのも、別にカメラマンになりたかったわけでも、報道に興味があったわけでもない。
ただこの仕事なら、学歴や資格や職歴など関係なく、誰にも指図されずに手っ取り早く、自分の能力を生かしてビッグになれそうだと思ったから始めたにすぎない。

映画が進むうちに、たしかに彼がタダモノではないことが分かってくる。
ある種の才能をたしかに持っている。
しかしそれを最低な方法で発揮させる。
ちょっと頭のヨワイ部下を適当な言葉で丸めこんでこき使ったり、年増の女性ディレクターの弱い所を突いて仕事と彼女(ただの性欲の捌け口としか考えてない)を同時にゲットしたり。
ライバルよりも“優れた”仕事をするためなら簡単に一線を越えて、ギリギリの所を歩きながらも自滅せず、ちゃんと報酬を獲得してしまうのは一つの恐ろしい才能だと思う。
そういう最低なアイデアが主人公の頭に閃いて、実際に行動を起こす時に必ずバックでちょっとカッコよさげな音楽が流れるのが印象的。
起きていることは最低だけど、間違いなくその瞬間ルイスは自分の才能と技術を駆使して状況を打開して、“いい仕事”をしようとしている。
この仕事に出会うまでは発揮する場所がないためくすぶっていた彼の能力が輝いた瞬間。
そう考えるとヒーローっぽい音楽が使われているのも納得がいく。
とはいえそのカッコよさげな音楽はほんとにカッコイイわけではない。
重厚なオーケストラではなくどこか安っぽいギターの音だし、ボリュームも小さめで遠くで鳴っている感じがいいバランス。

この報道パパラッチという仕事の、過激であればあるほどお金になるという仕組みが日本に住む自分にとっては違和感があった。
一昔前なら日本のテレビ報道にも同じような生々しさや過激さがあったのかもしれないが、今の日本のテレビはそういう生々しいモノをなるべく隠した、清潔で真面目な内容になっている。
そんなテレビに代わって今はもっぱらネットが刺激的なモノを提供している。
このルイスは仕事でネットを使いはするものの、あくまで舞台はテレビ。
なので映画を観ていてどこか古さというか80〜90年代的なものを感じたけど、たぶんアメリカでは今でもテレビが過激さを競い合っていて、パパラッチは今でもいい稼ぎになるのかもしれない。

そうやって最低なことを繰り返し段々とエスカレートしていくルイスだが、なぜか憎めない。ちょっと応援すらしてしまう。
家でアイロンをかけながら一人でテレビを見る様子は哀愁を誘うし、ネットで読んだ仕事術のようなものを真顔で熱く語るルイスはなんかカワイイ。
それにジェイク・ギレンホールの魅力も大きい。
彼の演技がスゴイ。「キングオブコメディ」のロバートデニーロを思い出す。
鏡を割って叫ぶのとかはちょっとやりすぎかなと思わないでもないけどそれは監督の判断の問題で、ジェイク・ギレンホールは完璧に役になりきっていた。ほんと怖いくらい。

ラストの切れ味がちょっと弱いような気がする。
警察署を余裕な顔で颯爽と立ち去る所で終わっていてもよかったのかなー?とも思うけど、たしかに彼のその後の動向も気になるし。難しい。
でもなんか中途半端な小会社の社長になってるルイスは見たくなかったというか、魅力がなくなったような気がする。
「トレーニングデイ」のデンゼルのように、最後は派手に散ってもよかったのかなと思う。
と同時に、そんなに簡単には死なず、狡猾にコツコツと出世していくこの映画のラストのほうがルイスらしいのかな?とも思う。難しい。

それにしても頭のオカシイ奴が主人公の映画って、本当にイイものですねぇ・・(笑)

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ナイトクローラー=ハイエナ

投稿日:2016/01/28 レビュアー:け−な

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

もっともっと

投稿日:2016/09/27 レビュアー:ビンス

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全49件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:49件

モラルなき報道パパラッチ

投稿日

2016/02/06

レビュアー

ミルクチョコ

面白いけど

投稿日

2015/12/26

レビュアー

よふかし

ジェイク・ギレンホールの出ている映画にハズレがない説

投稿日

2016/01/24

レビュアー

カサブランカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この主人公ルイス・ブルームという男はとにかく謎の自信に満ちている。
うらやましいぐらい。
自分が有能な人間で、ビッグになれる人間だと信じている。
何か実績があるわけでもないし、訓練を積んできたわけでもないどころか、軽い犯罪にはすでに手を染めている。しかしそれも「社会が自分にチャンスを与えてくれないからしょうがないよね」ぐらいにしか考えていない。
面接で落とされても落ち込む様子はない。謎の笑みを浮かべて帰っていく。
報道パパラッチになったのも、別にカメラマンになりたかったわけでも、報道に興味があったわけでもない。
ただこの仕事なら、学歴や資格や職歴など関係なく、誰にも指図されずに手っ取り早く、自分の能力を生かしてビッグになれそうだと思ったから始めたにすぎない。

映画が進むうちに、たしかに彼がタダモノではないことが分かってくる。
ある種の才能をたしかに持っている。
しかしそれを最低な方法で発揮させる。
ちょっと頭のヨワイ部下を適当な言葉で丸めこんでこき使ったり、年増の女性ディレクターの弱い所を突いて仕事と彼女(ただの性欲の捌け口としか考えてない)を同時にゲットしたり。
ライバルよりも“優れた”仕事をするためなら簡単に一線を越えて、ギリギリの所を歩きながらも自滅せず、ちゃんと報酬を獲得してしまうのは一つの恐ろしい才能だと思う。
そういう最低なアイデアが主人公の頭に閃いて、実際に行動を起こす時に必ずバックでちょっとカッコよさげな音楽が流れるのが印象的。
起きていることは最低だけど、間違いなくその瞬間ルイスは自分の才能と技術を駆使して状況を打開して、“いい仕事”をしようとしている。
この仕事に出会うまでは発揮する場所がないためくすぶっていた彼の能力が輝いた瞬間。
そう考えるとヒーローっぽい音楽が使われているのも納得がいく。
とはいえそのカッコよさげな音楽はほんとにカッコイイわけではない。
重厚なオーケストラではなくどこか安っぽいギターの音だし、ボリュームも小さめで遠くで鳴っている感じがいいバランス。

この報道パパラッチという仕事の、過激であればあるほどお金になるという仕組みが日本に住む自分にとっては違和感があった。
一昔前なら日本のテレビ報道にも同じような生々しさや過激さがあったのかもしれないが、今の日本のテレビはそういう生々しいモノをなるべく隠した、清潔で真面目な内容になっている。
そんなテレビに代わって今はもっぱらネットが刺激的なモノを提供している。
このルイスは仕事でネットを使いはするものの、あくまで舞台はテレビ。
なので映画を観ていてどこか古さというか80〜90年代的なものを感じたけど、たぶんアメリカでは今でもテレビが過激さを競い合っていて、パパラッチは今でもいい稼ぎになるのかもしれない。

そうやって最低なことを繰り返し段々とエスカレートしていくルイスだが、なぜか憎めない。ちょっと応援すらしてしまう。
家でアイロンをかけながら一人でテレビを見る様子は哀愁を誘うし、ネットで読んだ仕事術のようなものを真顔で熱く語るルイスはなんかカワイイ。
それにジェイク・ギレンホールの魅力も大きい。
彼の演技がスゴイ。「キングオブコメディ」のロバートデニーロを思い出す。
鏡を割って叫ぶのとかはちょっとやりすぎかなと思わないでもないけどそれは監督の判断の問題で、ジェイク・ギレンホールは完璧に役になりきっていた。ほんと怖いくらい。

ラストの切れ味がちょっと弱いような気がする。
警察署を余裕な顔で颯爽と立ち去る所で終わっていてもよかったのかなー?とも思うけど、たしかに彼のその後の動向も気になるし。難しい。
でもなんか中途半端な小会社の社長になってるルイスは見たくなかったというか、魅力がなくなったような気がする。
「トレーニングデイ」のデンゼルのように、最後は派手に散ってもよかったのかなと思う。
と同時に、そんなに簡単には死なず、狡猾にコツコツと出世していくこの映画のラストのほうがルイスらしいのかな?とも思う。難しい。

それにしても頭のオカシイ奴が主人公の映画って、本当にイイものですねぇ・・(笑)

ナイトクローラー=ハイエナ

投稿日

2016/01/28

レビュアー

け−な

もっともっと

投稿日

2016/09/27

レビュアー

ビンス

1〜 5件 / 全49件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ナイトクローラー