ジングル・オール・ザ・ウェイ2

ジングル・オール・ザ・ウェイ2の画像・ジャケット写真

ジングル・オール・ザ・ウェイ2 / ラリー・ザ・ケイブル・ガイ

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ジングル・オール・ザ・ウェイ2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

アーノルド・シュワルツェネッガー主演でヒットしたクリスマスコメディの続編。おっちょこちょいのラリーは娘・ノエルと過ごす時間を大切にしていた。しかし、元妻・トリッシュが大富豪のビクターと再婚し、ノエルと過ごす時間がなくなり…。

「ジングル・オール・ザ・ウェイ2」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: JINGLE ALL THE WAY 2

「ジングル・オール・ザ・ウェイ2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ビバリーヒルズ・チワワ2

GO!GO!ガジェット 2

エア・ハッカー 異常接近

処刑岬

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

残念仕様。特典映像に日本語字幕なし

投稿日:2017/01/02 レビュアー:ゴンベ

トップ画面で中華語やタイ語、ポルトガル語などが選択できます。

しかし日本語バージョンのメニューを選択すると、特典映像へのリンクが消されていて再生すらできないようになっている……という手抜き仕様でした。

どういう経緯でこうなったのか判りませんが、他国のメニーにはきちんと「EXTRAS」という項目があり、未公開映像やインタビューなど、たっぷり特典映像が収録されています。

英語の理解できる方は楽しめるでしょう。日本語しか理解できない私には、残念で悔しい仕様です。

ユニバーサルでは以前から「セル版でさえ特典映像に字幕なし」で、「USJへようこそ」PR映像が収録というムカつく仕様でしたが、20世紀フォックスもいよいよそうなったかなという感じであります。

ちなみに、日本版DVDはポルトガル版をベースに作られたのでしょうか、たとえばTOP画面でタイのメニューを選択しても、特典映像の字幕だけはポルトガル語しか収録されていません。

映画はどうもビデオスルーだったようですが、内容はファミリー向けのアットホーム・コメディーということで家族で楽しめるものでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

観るなら、シュワちゃん主演作は忘れてね!

投稿日:2015/12/03 レビュアー:哲郎

完全にファミリー向けのアットホームコメディ(ビデオ作品)で、テレビ2時間ドラマのレベル。
まあ、シュワちゃん主演の1作目ほど面白くはないだろうとは思っていたけど、やっぱりの後味。
人気のクリスマスプレゼントをめぐっての争奪戦という流れは踏襲してるんだけど、こちらは娘への愛情を競ってお互いライバル視する実父と継父のコミカルなソフトバトルがメインになっている。
日本では、離婚後に妻の旧夫と新夫が頻繁に接触するなんてまず無く、子は引き取った方のものになるみたいな封建的空気がまだ残っているので、アメリカ映画でよく描かれるこの親子関係、夫婦関係の様子はとても新鮮に感じられる。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ジングル・オール・ザ・ウェイ2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

残念仕様。特典映像に日本語字幕なし

投稿日

2017/01/02

レビュアー

ゴンベ

トップ画面で中華語やタイ語、ポルトガル語などが選択できます。

しかし日本語バージョンのメニューを選択すると、特典映像へのリンクが消されていて再生すらできないようになっている……という手抜き仕様でした。

どういう経緯でこうなったのか判りませんが、他国のメニーにはきちんと「EXTRAS」という項目があり、未公開映像やインタビューなど、たっぷり特典映像が収録されています。

英語の理解できる方は楽しめるでしょう。日本語しか理解できない私には、残念で悔しい仕様です。

ユニバーサルでは以前から「セル版でさえ特典映像に字幕なし」で、「USJへようこそ」PR映像が収録というムカつく仕様でしたが、20世紀フォックスもいよいよそうなったかなという感じであります。

ちなみに、日本版DVDはポルトガル版をベースに作られたのでしょうか、たとえばTOP画面でタイのメニューを選択しても、特典映像の字幕だけはポルトガル語しか収録されていません。

映画はどうもビデオスルーだったようですが、内容はファミリー向けのアットホーム・コメディーということで家族で楽しめるものでした。

観るなら、シュワちゃん主演作は忘れてね!

投稿日

2015/12/03

レビュアー

哲郎

完全にファミリー向けのアットホームコメディ(ビデオ作品)で、テレビ2時間ドラマのレベル。
まあ、シュワちゃん主演の1作目ほど面白くはないだろうとは思っていたけど、やっぱりの後味。
人気のクリスマスプレゼントをめぐっての争奪戦という流れは踏襲してるんだけど、こちらは娘への愛情を競ってお互いライバル視する実父と継父のコミカルなソフトバトルがメインになっている。
日本では、離婚後に妻の旧夫と新夫が頻繁に接触するなんてまず無く、子は引き取った方のものになるみたいな封建的空気がまだ残っているので、アメリカ映画でよく描かれるこの親子関係、夫婦関係の様子はとても新鮮に感じられる。

1〜 2件 / 全2件

同シリーズ作品を借りる