天皇の料理番

天皇の料理番の画像・ジャケット写真

天皇の料理番 / 佐藤健

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「天皇の料理番」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

直木賞作家・杉森久英の同名小説を佐藤健主演でTVドラマ化したヒューマンドラマ第1巻。何をしても長続きしない秋山家の次男・篤蔵の将来を案じた父・周蔵は、鯖江の昆布問屋・松前屋(高浜家)の婿養子の話を取り付けてくるが…。第1話を収録。

「天皇の料理番」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: 日本

「天皇の料理番」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演: 佐藤健佐藤健黒木華桐谷健太小林薫

関連作品

関連作品

プリンセス・プリンセスD

難波金融伝 ミナミの帝王スペシャルVer.50 金貸しの掟

大河ドラマ おんな城主 直虎 総集編

キツイ奴ら

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

熱中して観ました。

投稿日:2015/11/15 レビュアー:oyoyo

海産物問屋の婿養子、秋山篤蔵は、ある日軍隊の厨房で働くコックの田辺と出会う。
そこで食べたカツレツの味に衝撃を受けた篤蔵は、その日からこっそり田辺の所に通い、
料理を習い始める。篤蔵の妻である俊子の父は激怒するが、料理人の夢を捨てきれない
篤蔵は家を飛び出して東京に行ってしまう。

宮内省大膳職司厨長(料理長)を務めた秋山徳蔵の実話を脚色して作られた、
同名小説の3回目のドラマ化である。
秋山の実際の経歴を軸としているが、細部はフィクションらしい。

いや〜 、このドラマはハマった。
毎週、放映日が待ち遠しかったです。
ハマった原因は、僕が調理員をやっていた事があるからかもしれないが。

主人公、篤蔵が魅力的だ。
そのやんちゃな性格は、次に何を始めるのかとハラハラさせられる。
最初は下働きだった篤蔵が、だんだんと認められていく様は観ていて楽しい。
妻の俊子も奥ゆかしくて素敵だ。
時代は明治、大正、昭和にまたがって、その風景も見事に作られている。
時間の関係か、時折「○年後・・・」と言う風に年月が飛ぶのが少し残念だが。
全過程を残らず観たいというのはワガママか(笑)

90点

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

永久保存版でしょう☆

投稿日:2021/10/02 レビュアー:はな

天皇制とか見方によって様々な議論はあるでしょうが、その時代その時代で精いっぱい信じるものを信じて生きる姿は何とも人間らしい。
一人の夢でない。大勢の仲間、恩人に支えられて、信頼されて、みんなの夢になる。リアルタイム視聴もしていましたが、改めて出会えて本当に良かった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

明治時代の時代背景がよく表現されています

投稿日:2020/06/12 レビュアー:きらら

脚本が面白い。家族、兄弟愛がメインで夢を持つことの大切さが伝わりました。主役も斬新な表現力でよかった。数年年前のTV作品ですが数年後にまた見たくなる作品です。郷ひろみさんのフランス語トレビアン。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

天皇の料理番

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

熱中して観ました。

投稿日

2015/11/15

レビュアー

oyoyo

海産物問屋の婿養子、秋山篤蔵は、ある日軍隊の厨房で働くコックの田辺と出会う。
そこで食べたカツレツの味に衝撃を受けた篤蔵は、その日からこっそり田辺の所に通い、
料理を習い始める。篤蔵の妻である俊子の父は激怒するが、料理人の夢を捨てきれない
篤蔵は家を飛び出して東京に行ってしまう。

宮内省大膳職司厨長(料理長)を務めた秋山徳蔵の実話を脚色して作られた、
同名小説の3回目のドラマ化である。
秋山の実際の経歴を軸としているが、細部はフィクションらしい。

いや〜 、このドラマはハマった。
毎週、放映日が待ち遠しかったです。
ハマった原因は、僕が調理員をやっていた事があるからかもしれないが。

主人公、篤蔵が魅力的だ。
そのやんちゃな性格は、次に何を始めるのかとハラハラさせられる。
最初は下働きだった篤蔵が、だんだんと認められていく様は観ていて楽しい。
妻の俊子も奥ゆかしくて素敵だ。
時代は明治、大正、昭和にまたがって、その風景も見事に作られている。
時間の関係か、時折「○年後・・・」と言う風に年月が飛ぶのが少し残念だが。
全過程を残らず観たいというのはワガママか(笑)

90点

永久保存版でしょう☆

投稿日

2021/10/02

レビュアー

はな

天皇制とか見方によって様々な議論はあるでしょうが、その時代その時代で精いっぱい信じるものを信じて生きる姿は何とも人間らしい。
一人の夢でない。大勢の仲間、恩人に支えられて、信頼されて、みんなの夢になる。リアルタイム視聴もしていましたが、改めて出会えて本当に良かった。

明治時代の時代背景がよく表現されています

投稿日

2020/06/12

レビュアー

きらら

脚本が面白い。家族、兄弟愛がメインで夢を持つことの大切さが伝わりました。主役も斬新な表現力でよかった。数年年前のTV作品ですが数年後にまた見たくなる作品です。郷ひろみさんのフランス語トレビアン。

1〜 3件 / 全3件