ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオの画像・ジャケット写真
ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ / タイッサ・ファーミガ
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ホラー映画の物語に入り込んで繰り広げられるホラーコメディ。女優の母を亡くしたマックス。ようやく立ち直った彼女は母が出演していた映画を見ることに。しかし、映画館が火災に見舞われ、気付くとマックスはホラー映画の世界に入り込んでいた。※一般告知解禁日:9月25日

「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: THE FINAL GIRLS

「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD80640 2015年12月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

つまらなさそうなタイトルとパッケージにだまされないで…

投稿日:2016/03/14 レビュアー:chicchi

【あらすじ】
20年前のカルトスラッシャー映画「血まみれのキャンプ場」に出演したが、その印象が強くて近年はあまりいい映画に恵まれていないお母さん。娘のマックスはそんな陰気をぶっ飛ばすとにかく明るいお母さんがむちゃくちゃ大好きだったんだけど、脇見運転が引き起こした交通事故で自分を残して死んでしまう。

3年後、心を閉ざし続けるマックスのもとに親友の兄(ホラーマニア)が「お前の母ちゃんが出てる『血まみれのキャンプ場』を映画館で追悼リバイバル上映するから見にきてよ!宿題やってあげるから」とのお誘いが。お母さんを思い出しちゃうから見たくはなかったけど、宿題やってくれるなら…と参加することに。もやもやしながらも久しぶりにスクリーン上でお母さんに会えて嬉しいやら悲しいやら…で見ていたら、観客のタバコが酒に引火して館内がいきなり火事に!出入り口にも火の手が回って逃げられないので上映中のスクリーンをやぶって裏から避難する…!

で、混乱にまみれて逃げていくうちに、気がついたらどこかのキャンプ場で目覚めてしまった。えー!ここってさっき見てた映画の中のキャンプ場やんーー!!とはいえ20年前のお母さんにも会えてめっちゃ嬉しいーーー!!あれ、でもこの映画…「キャンプ場に来た若者が謎の殺人鬼に殺されまくる」というストーリーだから、お母さんも死んじゃう!?やだやだやだー!お母さんも死なせずにここから脱出するにはどうしたらいいのー!?という話

【感想】
80年代のカルトスラッシャー映画の中に入り込んでしまった若者と、その中で3年ぶりに再会を果たした母と娘の絆を描いたDVDスルー作で、一見めちゃめちゃつまんなさそうなタイトルとパッケージなんだけど、片時も目が離せない展開がとんでもなく面白く、魂揺さぶられるほど感動したんですけど!!!これマジで最高に面白いですわ!!!今すぐ借りてきて!!!!

「セックスした人から殺されるからお母さんはしないで!」とか「この映画は最後にポーラが生き残る(=ファイナルガール)から、彼女にピッタリついてれば生き延びれるかもしれないぞ!」など、劇中劇の流れやホラー映画の定石を巧みに利用して危機を回避するのも楽しいんだけど、それに加えて映画の中に入り込んでるので「回想シーンに入ると色が消えていって白黒になる」「テロップも見える」「スタッフロールまで空に浮かび上がってくる」といった見たこともない映画ギミックがふんだんに詰め込まれています。この演出、映画に詳しくない人でも「映画の中あるある」としてすごい楽しめるのではないかしら。「殺人鬼に殺される寸前、回想シーンに入るセリフを唱えて回想シーンにワープして逃げる」というとんでもない危機回避も美しすぎる!

そんな映画の世界に迷い込んでしまったマックスたちは、脱出したいという気持ちもありつつ、劇中ではお母さんは死んでしまう役どころなので、ストーリーを変えてでももう死なせたくない!また失うのは嫌なの!とあがき続けるんですよ。この娘の姿がめちゃくちゃ泣かせる!!スラッシャー映画を題材にしているけど残虐描写はほとんどなくコメディとして安全に楽しめて、さらに母を慕う娘の愛に涙できるという、おいしいところが少しも無駄なく凝縮したマジの傑作だと思いました。なんで映画館で上映しなかったんだこれ…。

映画らしい色彩感覚・殺人鬼と対峙するシーンでの大胆なカメラワーク・美しい引きの画と、映像演出も非常によく練りこまれた飽きさせない作りになっているし、結末からスタッフロールのNG集も本当に最高。主演のタリッサ・ファーミガさんも、折れてしまいそうほど華奢だけど泣かせる演技で応援したくなるので、もーダメなところない!マジで最高!今すぐTSUTAYA西五反田レンタル館に走れーーーーーー!!!!!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

母の命日

投稿日:2016/10/04 レビュアー:裸足のラヴァース

原題もファイナルガルズかよな 今時ずれてる 自己言及型ホラー

映画と現実が融合して お 火事が起きて デモンズなスクリーン
引き裂きの後 映画の中に入ってしまう ジョンマクティアナンかよ

ダイアローグも悪くなく少し凝りすぎ しかし画面の強度の問題と
して 耐えられるのは主演のどっかで見たことのある華奢な女の子
だけってのが辛いとこで 40分で早送り 40分も僕朕に見せたのは
立派だよ

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画の中に入って恐怖の、スプラッターホラーコメディ

投稿日:2016/05/14 レビュアー:カマンベール

母親の出演したカルト映画『血まみれのキャンプ場』
娘役のタイッサ・ファーミガンは、3年前に交通事故で母親を亡くしています。
『血まみれのキャンプ場』のリバイバル上映に招かれた娘は、
劇場が炎に包まれ、そのまま『血まみれのキャンプ場』の映画の出演者と同じ時間軸に入って、なんと映画を眺めつつ、自分たちも、
恐怖のスプラッターホラーを体験することに・・・

とても凝った設定の学園ホラー・コメディです。
映像的には中々スプラッターホラーの雰囲気が出ていて、
面白い実験的映画だと思います。
母親への『愛』や『絆』そして、会えたとの喜びと、
言い残した思い、言えなかった言葉を言えたりします。
若者向け、スプラッターホラー好きの方向き映画かと思います。
主演のタイッサ・ファーミガンは、
『記憶探偵と鍵のかかった少女』で印象的だった彼女です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画ファンにはたまらない仕掛けがたくさん。楽しい!

投稿日:2016/04/30 レビュアー:ポッシュ

これは楽しい!

個人的にちょっとトラブルを抱えていて鬱々としてた時だったので、
なんだか救われた気分・・・
って、ホラーコメディに救われる程度のトラブルなのが、なんとも小物な自分(汗)。

ともあれ。
あらすじはchicchiさんの熱いレビューにお任せします。
(こちらのレビューを読んでリストインしたんですよね)

「スラッシャーもの」のパロディというか、この手のホラー映画をちゃかしている
メタ視点で新しさを出そうというのは、すでに20年前に「スクリーム」シリーズが
やってることではありますが。
本作はキャンパス・スラッシャーの常套、「セックスしてる奴から順番に殺される」みたいな
筋書きがどーのって「内容」だけでなく、画面に現れる文字が実際に
オブジェのごとく置かれていたり、エンドクレジットが空中に映し出されたり、
回想シーンに移るときにドロドロっと透明の液体が空から降ってきたり・・・(笑)
といった、映画の「仕様」「効果」の部分までパロディにしてるのが面白い。
映画ファンにはたまらない「仕掛け」が次から次へと飛び出して、ホント楽しかった♪

ヒール(悪役)の女の子のキャラがやや中途半端でさほどビッチじゃなかったりと、
リアル世界の登場人物たちのキャラ造形には、ちょっと不満も残るのですが。

その分、映画内映画『血まみれのキャンプ場』の登場人物たちが、妙に濃くて(苦笑)
印象的なので、プラマイゼロですかね。
中でも「ピッチ・パーフェクト」シリーズにも出てるアダム・ディヴァインのウザさは必見かと。
「リアル・プーさん」な、ほのぼの系ビジュアルなのに暑苦しい“上から目線”トーク・・・
というギャップが笑える。すごく気になる俳優さん。

ラストのオチも「なるほど〜」とにんまりしましたね。
エログロも控えめで見やすい、おばさんも楽しめる青春ホラーでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオネタバレ

投稿日:2016/03/06 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 映画館で亡くなってしまった女優をしていた母親が出演しているホラー映画を上映している映画館に来ていた娘さんたちが火事で逃げたら、そのホラー映画の世界に入り込んでしまって殺人鬼に襲われる話。

 80年代ホラー映画のオマージュいっぱいの作品で作り手たちがその手のジャンル映画を愛しているのが伝わってきて好感が持てる作品でした。母と娘の物語として死を乗り越える物語としてクライマックスでは感動できるものでした。

 ホラー映画のお約束を利用して戦う主人公たちの姿が面白く、そしてコメディとしても面白くてタイムリープものとして笑えました。

 コメディ映画なのでホラー映画としてのゴア描写があまりなかったり、クライマックスで雷鳴がとどろく中での演出がずっと画面がチカチカして目が痛くて直視できなかったです。

 映画の中にいるという自覚があって「回想だ」「スローモーションだ」「心の声だ」と映画の世界を利用して戦うのも面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

月額課金で借りる

都度課金で借りる