ホーンズ 容疑者と告白の角

ホーンズ 容疑者と告白の角の画像・ジャケット写真
ホーンズ 容疑者と告白の角 / ダニエル・ラドクリフ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

13

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ホーンズ 容疑者と告白の角」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ主演のファンタジーサスペンス。恋人殺しの容疑者となったイグ。ある日突然、彼の頭に人に真実を語らせる力を持つ角が生える。その力で恋人を殺した真犯人の手掛かりを追うイグだったが…。※R15+

「ホーンズ 容疑者と告白の角」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ/カナダ
原題: HORNS

「ホーンズ 容疑者と告白の角」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ホーンズ 容疑者と告白の角の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DZ9556 2015年11月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 0人

【Blu-ray】ホーンズ 容疑者と告白の角(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 SHBR9344 2015年11月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

真犯人は?

投稿日:2015/10/16 レビュアー:ミルクチョコ

恋人メリン(ジュノー・テンプル)を何者かに殺害された上に、容疑者にされてしまったイグ(ダニエル・ラドクリフ)。苦しい日々を過ごす中、彼の額に突如として角が生え出します。次第に太く大きくなっていく角に恐れおののくものの、その角にどんな相手であろうとも真実を語らせてしまう不思議な力があることに気付きます。

スティーヴン・キングの息子のジョー・ヒルの原作の映画化。
サスペンススリラーな映画を想像しましたが、ダークコメディ風でした。
恋人殺害の容疑をかけられつつ、角のパワーで恐るべきキャラへ変貌していくイグ。
イグは角の力を借りて、真犯人を見つけようと決意を固めます。
病院の医師や看護婦、ダイナーのウエイトレスまでもが、イグにいきなり内に秘めていた欲望や本音を語り出す姿はダーク・コメディーっぽいです。
回想で挿入される少年時代のイグと仲間たちとの友情や、切ないラブストーリーと、真犯人捜しのサスペンスもブレンドされ、信じがたい展開が用意されたクライマックスへ。
不必要とも思える過剰なシーンが突如出て来るのが気にならなければ、楽しめると思います。
日本版は、ショッキングな部分を一部カットされているらしいです。
何より角の生えたラドクリフ君に違和感感じないところが凄いですね。


このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画マニアなら、外せない面白さ。

投稿日:2015/11/12 レビュアー:カマンベール

ファンタァジー(純愛)・・サスペンス(犯人探し)・・ミステリー・・
果ては・・ホラー・・。

ダニエル・ラドクリフ君が、最愛の恋人殺しの犯人と警察からも、友達、親からさえ、疑われています。
彼は真犯人をみつけようと、動きますが、小さな町です。
でも海があって、すごい素敵な森があって、町中知り合いだらけ・・
幼馴染は警官だし、弁護士だったり・・・狭いです。

飲んだくれた朝、ラドクリフ君のオデコに突如、角がはえます。
これが「告白の角」何ですね。
みんなが、本音で話し始めます。
ボロボロと、言います。
実母さえ、ラドクリフ君に
「ベトナムでも、アフリカでも行っちゃって・・顔を見たくない・・」とか・・。

ホラーにファンタジーに、サスペンス?
監督、原作、脚本、そしてラドクリフ君。
みんな優秀ですね。
ちなみに監督は、「ミラーズ」「ピラニア3D」の、アレクサンドル・アジャ。
原作、脚本はジョー・ヒル。スティーブン・キングの息子さんとは??
(びっくり!!)
ともかく、切なくて、なのに笑える、面白さてんこ盛り。
観て損はないです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダークファンタジー的ラブストーリー。楽しめました。

投稿日:2015/11/29 レビュアー:みなみ

「ハイテンション」のアレクサンドル・アジャ監督作なので楽しみにしていましたが、
ホラーというより、ダークファンタジー的なラブストーリーでした。
(残酷シーンもありますが…)

原作はスティーヴン・キングの息子、ジョー・ヒルの小説だったのですね。

主人公イグ(ダニエル・ラドクリフ)は、恋人(ジュノー・テンプル)の殺害容疑をかけられる。
序盤で犯人の予想がつくから、サスペンス的な魅力は少ないけど
映像が美しくて、印象的。
それに「主人公にツノが生えてきて、それを見た人は本音を言ってしまう」という設定が斬新。
結構ブラックで笑える。
イグと仲間たちの子供時代の思い出シーンもすごくいい感じで
それぞれがこう成長したんだ〜と感慨深い。

不思議な感じの映画で、私は楽しめました。
ダニエル・ラドクリフくんは正統派じゃないというか、
ちょっと変わった方向に進みつつありますね。
ツノが似合ってた!(胸毛は意外でびっくりですが…)
難しい役をよくこなしてたなあと思います。
ジュノー・テンプルは危うい役をやらせたらピカイチですね♪

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ホーンズ 容疑者と告白の角ネタバレ

投稿日:2015/11/24 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 恋人を殺害されて自分に濡れ衣がかかっている主人公の頭にある日角が生えてきて、その角があると周りの人たちみんなが本音を喋るようになるという状況になったので、真犯人を探そうとする話。

 何とも不思議な映画でいろんなジャンルがごった煮になっている映画でした。恋人が殺害されてみんなが自分を犯人だと思っている。そして角がいきなり生えてきて、周りの人間がいきなり深層心理を話し始めて…。という序盤は何だか下ネタ全開のブラックなコメディな展開で笑えました。みんな相手を罵倒したりエロいことばかり考えてたり。

 そして、いきなり主人公の少年時代に回想シーンになってそこからスタンドバイミー的なノスタルジーな少年少女の淡い恋愛が描かれて、かと思えば宗教な話になってとどういうスタンスで見ればいいのか戸惑いながら見てしまいました。

 事件の真相自体は登場人物も少なく自分を信じてくれる良い人、怪しい人、自分を憎んだる人とミステリーのステレオタイプなわかやすい配置なので驚きみたいなのは少なかったです。それよりも主人公の能力のほうに驚いてしまうという。
 殺人事件の真相とかも犯人の人格が突然変わりすぎだし角の意味が終盤で一気にまとめられちゃうあたりとかは、ちょっと弱いように思えました。

 とはいえ、ダニエル・ラドクリフくんの毛深さを楽しめる映画になっていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

傑作やんか

投稿日:2017/01/13 レビュアー:たんたかたん

なぜ今まで観てなかったのかというくらいの傑作。
まあまあのサスペンス映画を下敷きに告白の角のアクセント。
下地がしっかりしているのでファンタジーのアクセントが効果的。
本音を喋らせる角は映画のご都合的に事件の解決に速攻で役立ちはしないが、
主人公の現状の悲惨さをめちゃくちゃ面白くするという離れ業をやってのける。
人それぞれの本音が本当に最低で聞かされる主人公は悲惨。
でも笑ってしまうのは、げんなりとしたラドクリフの演技が秀逸。
冷静に考えて渋滞すること間違いなしの映画をきっちりと交通整理した、
監督はハイテンション、ピラニアでセンスを見せたが腕を着実に上げており、
今後も十分に期待できる才人であることを証明した。
ダークホラーファンタジーサスペンスラブコメディ映画。
という冗談のようなジャンルでそれぞれが成立しているだけでも、一見の価値があり。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全13件

ホーンズ 容疑者と告白の角