水の声を聞く

水の声を聞くの画像・ジャケット写真

水の声を聞く / 玄里

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「水の声を聞く」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

巫女として崇められる女性と、彼女にまつわる人たちの人間模様を描いたドラマ。軽い気持ちで巫女を始めた在日韓国人のミンジョン。だが救済を乞う信者や様々な思惑を持つ人たちが集まり、宗教団体が設立されるほどの規模に肥大し後戻りができなくなる。

「水の声を聞く」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「水の声を聞く」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

東京の日

麻雀プロリーグ 2013モンド杯 予選セレクション1

あゝ、荒野

四神降臨 2015 王座決定戦 下巻

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

哀しみの声をきけ

投稿日:2015/10/15 レビュアー:TETSUYA

新興宗教の教祖となった在日韓国人の女性の葛藤と苦悩。シネマインパクトというワークショップの中から発展した作品の為無名のキャストが多いがその分説得力がある(因みにエキストラとして私も少しだけお手伝いしました)。遊び半分で始めたビジネス宗教が、巨大化して行く様のリアル感などゾクゾクさせるが、後半から結末に向けての展開がやや短絡的な転落なのが惜しい。物語をまとめ上げる上で仕方の無い展開なのかもしれ無いが、いっそ途中で放り投げてしまった方が、作品の内容的にリアリティーがあったのではとも思ってしまったが、山本政志監督久々の力作である事は間違いない。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

絶望のこ

投稿日:2015/10/15 レビュアー:TETSUYA

新興宗教の教祖となった在日韓国人の女性の葛藤と苦悩。シネマインパクトというワークショップの中から発展した作品の為無名のキャストが多いがその分説得力がある(因みにエキストラとして私も少しだけお手伝いしました)。遊び半分で始めたビジネス宗教が、巨大化して行く様のリアル感などゾクゾクさせるが、後半から結末に向けての展開がやや短絡的な転落なのが惜しい。物語をまとめ上げる上で仕方の無い展開なのかもしれ無いが、いっそ途中で放り投げてしまった方が、作品の内容的にリアリティーがあったのではとも思ってしまったが、山本政志監督久々の力作である事はまちか

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

水の声を聞く

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

哀しみの声をきけ

投稿日

2015/10/15

レビュアー

TETSUYA

新興宗教の教祖となった在日韓国人の女性の葛藤と苦悩。シネマインパクトというワークショップの中から発展した作品の為無名のキャストが多いがその分説得力がある(因みにエキストラとして私も少しだけお手伝いしました)。遊び半分で始めたビジネス宗教が、巨大化して行く様のリアル感などゾクゾクさせるが、後半から結末に向けての展開がやや短絡的な転落なのが惜しい。物語をまとめ上げる上で仕方の無い展開なのかもしれ無いが、いっそ途中で放り投げてしまった方が、作品の内容的にリアリティーがあったのではとも思ってしまったが、山本政志監督久々の力作である事は間違いない。

絶望のこ

投稿日

2015/10/15

レビュアー

TETSUYA

新興宗教の教祖となった在日韓国人の女性の葛藤と苦悩。シネマインパクトというワークショップの中から発展した作品の為無名のキャストが多いがその分説得力がある(因みにエキストラとして私も少しだけお手伝いしました)。遊び半分で始めたビジネス宗教が、巨大化して行く様のリアル感などゾクゾクさせるが、後半から結末に向けての展開がやや短絡的な転落なのが惜しい。物語をまとめ上げる上で仕方の無い展開なのかもしれ無いが、いっそ途中で放り投げてしまった方が、作品の内容的にリアリティーがあったのではとも思ってしまったが、山本政志監督久々の力作である事はまちか

1〜 2件 / 全2件