クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞の画像・ジャケット写真

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 / 水樹奈々

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

旧作

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

旧作

解説・ストーリー

サンライズ制作によるSFアニメ第8巻。エンブリヲによる新世界の創造が始まり、ふたつの世界の崩壊が進む。時空融合を阻止すべくサラとヒルダは手を組む。一方、大切な人を失ったアンジュは絶望の中にいた。第22話「Necessary」から最終第25話を収録。

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」 の作品情報

作品情報

製作年:

2014年

製作国:

日本

原題:

CROSSANGE

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

いっしょにおどろう ハッピーステップ

桃華月憚

ひぐらしのなく頃に解

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

借りれない…

投稿日:2015/06/29 レビュアー:緋野 真人

1巻の事前登録から定額リストに入れているのですが…借りれません、書いてる時点で半年待ちです。
結果的に需要の読み違いでしょう、入荷在庫の数。
改善して欲しいですね。
水樹奈々、田村ゆかり、堀江由衣の人気声優『御三家』揃い踏みを甘く見過ぎです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

湯気が残ってる…

投稿日:2015/11/06 レビュアー:JPC

ハードな世界観やヒロインの魅力、メカの格好良さについては、他のレビューに譲るとして…。
セル版はどうか知りませんが、レンタル版ではご都合主義的な湯気が健在です!
最近の肌色比率が高いアニメ群の中では、異色の扱いです。
さすが『ガンダム』劇場版で、あこぎな商売をしてくれたサンライズらしいやり口?
どうしても見たい人はBD版を買えってことなんでしょうね…。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ひでえ話、だけどすごく面白い

投稿日:2017/01/16 レビュアー:kingshow

 深そうなハッタリ設定やカッコ良い要素をちりばめているが、物語はあくまで明快。

 最初は、わざとやってるバカバカしい演出や極端なキャラ設定、ゲスな展開を笑って観ていられる。中盤以降はブレないキャラ描写を軸にして、ストーリー自体を楽しめる。

 主役の毒舌がいいね。普通言うかね、ここまで。あと、敵ボスが清々しいくらい、どうしようもないゲス。
 それと、あんたら相撲取りかってぐらい女キャラが脱ぐ。まあこれは春先の路面を貫くタンポポに「ほう、もうこんな季節か」と心を温めるような気持ちで見ていられる。

 残念だったのは、誰が裏切るのか分からないっていう状況を、もっと活かして欲しかったぐらいかな。あと、ヴィルキスのプラモは欲しくなるよね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

借りれない…

投稿日

2015/06/29

レビュアー

緋野 真人

1巻の事前登録から定額リストに入れているのですが…借りれません、書いてる時点で半年待ちです。
結果的に需要の読み違いでしょう、入荷在庫の数。
改善して欲しいですね。
水樹奈々、田村ゆかり、堀江由衣の人気声優『御三家』揃い踏みを甘く見過ぎです。

湯気が残ってる…

投稿日

2015/11/06

レビュアー

JPC

ハードな世界観やヒロインの魅力、メカの格好良さについては、他のレビューに譲るとして…。
セル版はどうか知りませんが、レンタル版ではご都合主義的な湯気が健在です!
最近の肌色比率が高いアニメ群の中では、異色の扱いです。
さすが『ガンダム』劇場版で、あこぎな商売をしてくれたサンライズらしいやり口?
どうしても見たい人はBD版を買えってことなんでしょうね…。

ひでえ話、だけどすごく面白い

投稿日

2017/01/16

レビュアー

kingshow

 深そうなハッタリ設定やカッコ良い要素をちりばめているが、物語はあくまで明快。

 最初は、わざとやってるバカバカしい演出や極端なキャラ設定、ゲスな展開を笑って観ていられる。中盤以降はブレないキャラ描写を軸にして、ストーリー自体を楽しめる。

 主役の毒舌がいいね。普通言うかね、ここまで。あと、敵ボスが清々しいくらい、どうしようもないゲス。
 それと、あんたら相撲取りかってぐらい女キャラが脱ぐ。まあこれは春先の路面を貫くタンポポに「ほう、もうこんな季節か」と心を温めるような気持ちで見ていられる。

 残念だったのは、誰が裏切るのか分からないっていう状況を、もっと活かして欲しかったぐらいかな。あと、ヴィルキスのプラモは欲しくなるよね。

1〜 3件 / 全3件