イントゥ・ザ・ウッズ

イントゥ・ザ・ウッズの画像・ジャケット写真
イントゥ・ザ・ウッズ / メリル・ストリープ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

47

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「イントゥ・ザ・ウッズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

『シカゴ』のロブ・マーシャル監督が同名ブロードウェイミュージカルを映画化。シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきんなど、おとぎ話の主人公たちのその後を描く。魔女役のメリル・ストリープやジョニー・デップをはじめ、豪華キャストが共演。

「イントゥ・ザ・ウッズ」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: INTO THE WOODS

「イントゥ・ザ・ウッズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イントゥ・ザ・ウッズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDR6136 2015年07月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
104枚 16人 10人

【Blu-ray】イントゥ・ザ・ウッズ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR6136 2015年07月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

ハッピーエンドのその後

投稿日:2015/07/13 レビュアー:ミルクチョコ

赤ずきん、シンデレラといったおとぎ話の主人公たちのその後を描いたブロードウェイの人気ミュージカルを、ディズニーが実写映画化。
魔女にかけられた呪いのせいで子どもに恵まれなかったパン屋の夫婦は、子どもを授かりたければ「赤いずきん」「黄色い髪」「白い牛」「黄金の靴」の4つのアイテムを森から持ち帰れと魔女に命じられ、森へ向かいます。
パン屋夫婦に「赤ずきん」「シンデレラ」「ジャックと豆の木」「ラプンツェル」が絡み、物語は意外な方向へと展開。

ディズニーは、ハッピーエンドで終わるのが常ですが、その後が描かれ、驚きました。
赤ずきんやシンデレラなど、お馴染みのキャラの「裏の顔」に切り込み、「願い」が叶ってからの新たな物語を紡いでいきます。
ピュアな心で楽しめる前半と打って変わって、後半はダークな人間性や、現代の世界情勢の繋がり、と言ったシビアなテーマが浮かんで来ます。
登場人物の性格も皆微妙に歪んでいて、「人は願いを叶えるためにどこまでしようとするのか?」「正直者はバカをみるだけ・・」などなど。

後半の転換に、少々夢が壊れる展開。
裏切りや、命の危機など彼らが迎える運命は、ほろ苦い現実。あくまで人間とはこんなものという達観が皮肉のように感じました。
ジョニー・デップは5分間だけの登場です。

このレビューは気に入りましたか? はい 25人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イントゥ・ザ・ウッズネタバレ

投稿日:2015/06/05 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 子どもの恵まれないパン屋夫婦が呪いを解くために「赤ずきん」「シンデレラ」「ジャックと豆の木」「塔の上のラプンツェル」のキャラクターたちのアイテムを集めるよう言われて頑張る話。

 有名なディズニーの寓話がたくさん出てくる前半から中盤は知られている話の展開で楽しめますが、どうにもテンポが悪くてしかも歌も印象に残るものではないのでイマイチ乗り切れなかったです。
 音楽で乗れないのがミュージカル映画で1番キツいことだったと思います。そのためすべてが淡々と過ぎ去って行ってしまう印象。

 中盤からハッピーエンドのその後が描かれますが、ここが1番辛かったです。シンデレラと結ばれた王子がパン屋の奥さんと浮気、シンデレラはパン屋と成り行きで……。ジャックは赤ずきんに振り回された挙句。。
 この映画の登場人物全員が自己中心的な考えで責任転嫁するキャラクターなのが狙っているとは思っても見てて腹が立つキャラクターたち。

 イケメン兄弟王子の歌唱シーンが笑えたり、シンデレラの靴を履くためにいじめっ子の姉妹がスプラッターなことをするシーンとかは笑えましたが、窃盗をしても反省せず、悪いことは何もしていない巨人たちが可哀想な映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

独りよがりな願いは周りを不幸にするってこと?

投稿日:2015/08/04 レビュアー:飛べない魔女

ディズニーが贈るおとぎ話のその後ということで
期待して観たのですが
思ったほど面白くなかったです。
途中でだれて飽きてしまいました。
ディズニーだからといって、子供と一緒に見たりしたら、
おそらく5分で飽きるでしょうね。
おとぎ話にその後は必要ありません。
ハッピーエンドのままで良いのでは?
だって、現実の世界と同じじゃ、あまりにも過酷ではないですか!
夢も希望も感じられないおとぎ話なんて、おとぎ話とは言えないではないですか!

そうそう、兄弟王子が歌うシーンは、いきなりコメディ?
あのシーンだけ違和感で笑えました。
それにしても、どの俳優さんも歌うまいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

4つのおとぎ話

投稿日:2015/09/08 レビュアー:oyoyo

「赤ずきん」「シンデレラ」「ジャックと豆の木」「ラプンツェル」
この4つのおとぎ話のアナザーストーリー。
4つの話が同時進行するので、最初ちょっと混乱しました。

出演俳優は豪華メンバーです。
原作はミュージカルとの事で、映画も全編ミュージカル仕立て。
みんな歌が上手い。

実のところ、面白かったとは言えないかな?
4つのストーリーを無理やり絡ませている感があり、ゴチャゴチャしている。
それでも中盤は楽しめた。
後半は、夢を崩された気持ちに・・・。
TVCMは明るかったのに、実際は中途半端にダーク。
どうせダークにするならもっと思い切りやってほしかった。

55点

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最初から歌いっぱなしのミュージカル映画♪(≧∀≦)

投稿日:2015/07/19 レビュアー:MOMO

『シンデレラ』、『赤ずきん』、『ジャックと豆の木』のジャック、『ラプンツェル』と
ディズニーでもおなじみの童話の主人公達がこぞって出演するミュージカル映画です♪

ミュージカル映画といえば、ストーリーパートと歌パートが
はっきりと分かれているイメージがあったのですが、
冒頭からほぼ歌いっぱなしだったのにびっくり!

新しいミュージカル映画の形を見た気がします。(≧∀≦)/


歌の中で1番印象に残ったのは、
シンデレラが最後の舞踏会の夜に大階段で歌った
『オン・ザ・ステップス・オブ・ザ・パレス』です。

『I'm still standing stuck In the stuff on these steps.』の歌詞の部分の
スタンディング!スタック!スタッフ!ステップ!と
流れるような韻が小気味良かったです♪


ストーリーは意外とダークでした。

またまた、『シンデレラ』の話になってしまいますが、
シンデレラの原典には、継母の娘の二人が、
サイズの合わない靴を履くために、かかとを切り落とすという残酷描写があって
本作では、それをしっかりと再現しています。(,, ゚Д゚)

最近見た、実写版『シンデレラ』の方では
それらの要素は完全に排除されていただけに
まるでセルフパロディみたいで興味深かったです。

そうしたダークな世界観を通して伝えるメッセージが、
一貫して『人生のままならなさ』だったりするのも
ディズニー映画らしくなくて不思議な感じ。。。


傑作かと問われると、ちょっと違う気もしますが、
ありきたりな童話を題材にしながらも、
とにかく独創的な作風が話題に事欠かないので
映画好きなら、一度は見ておきたい作品です。(*´∀`*)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全47件

イントゥ・ザ・ウッズ