ベアリー・リーサル

ベアリー・リーサルの画像・ジャケット写真

ベアリー・リーサル / ヘイリー・スタインフェルド
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ベアリー・リーサル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ヘイリー・スタインフェルド、ジェシカ・アルバ、サミュエル・L・ジャクソンの共演で描くレディスアクション。幼い頃から暗殺者養成学校で厳しい訓練を受けてきたメーガンは、自らの死を偽装し、交換留学生として高校生活を送ろうとするが…。※一般告知解禁日:7月4日

「ベアリー・リーサル」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: BARELY LETHAL

「ベアリー・リーサル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アイズ

大脱出2

砂上の法廷

ディープ・ブルー

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

学園ものです(ラブコメ+アクション)

投稿日:2015/08/14 レビュアー:カマンベール

出出しは『007』張りの空中アクションから始まり大いに期待させる・・・
のですが・・・
中身は学園ラブコメディー。

暗殺養成学校の優等生メーガン(ヘイリー・スタインフェルド)は、
訓練中にまんまと逃亡に成功します。

そして交換留学生を装い一般家庭の子に。
憧れの学園生活をスタートさせます。

メーガンちゃん、ハイスクール生活楽しそう!
恋にケンカ(素性がバレそう〜おっとっと!)
バンドで学園のスーパースターの彼氏と、
真面目で洒落の通じる彼氏の両天秤〜モテマクリます。

暗殺養成所が奪還に来たり(ジェシカ・アルバとのアクション・シーン
とかもあります)
が、緊張感薄く、終始ヌルいです(笑)

スパイ・アクションなど期待せず、アメリカ高校生のヌルい学園コメディを、
若い方または、気持ちの若い方にオススメです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

女子高生アサシンvs武器売人!て騙しやん… ネタバレ

投稿日:2018/06/09 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

暗殺者として育てられた女子高生vs美人殺人マシーン ジェシカ・アルバという図式の単純アクション映画だと思っていました。

なんとなくコミカル風なオープニングに?となりながら見ていると、何〜!?学園物ではないですか!?
ターゲット的には、次女辺りのティーンエイジャーがど真ん中ではないだろうか。

親も知らず、殺人マシーンとして教育された年頃の女の子が、家族、学校、恋愛等の普通の生活に憧れて飛び込んでいく設定。
で、世間知らず的なギャップの笑いの中で、友情やら家族愛やら恋愛やら模様が展開されるみたいな。
ミュージシャン&長髪のイケメンやら、金髪大人しく優しいオタクやら、野獣系本当はイイ奴やら、意地悪女友達やらetc、学園物人物設定に例外なし。

主人公メーガン役のヘイリー・スタインフェルドが、まあ健康的で!!
無敵の女子高生としては、身体のゴツさ的に申し分ないのではないでしょうか。
個人的には、リズ役ダヴ・キャメロンが可愛かったなぁ。
とはいえ、ジェシカ・アルバの美しさはダントツです!!

そんな感じの学園コメディなので、肩肘張らずに息抜き鑑賞できますよ〜。

そろそろ孫がいても可笑しくない夫婦が揃って鑑賞する映画ではなかったかなぁ…(^^;

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

40点のアクションが唯一にして最高の要素

投稿日:2018/04/17 レビュアー:ノーザンダーク・ボム

あまりにもつまらないので始まって5分くらいで早々に早送りをした。

アクションシーンだけ見たが、アクションだけはそこそこ40点くらいのクオリティで、それがせいぜいこの映画の唯一にして一番のよい点だったところからも、この映画がいかに酷いか推し量れられよう。

サミュエル・L・ジャクソンとかジェシカ・アルバとか、よくこんな映画に出たもんだ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

意外とファミリー向け

投稿日:2015/12/27 レビュアー:よふかし

懐かしいRKOマークにおおっと思ったけど、スパイキッズ年長版といった他愛ない映画。もっと暗殺者女子高生ならではの笑いとアクションを学校内で展開してほしかったが肩透かし。キックアス2にも届かないけれど、下ネタクスリネタグロは控え目でファミリーでも安心。30点。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ちゃんちゃらおかしいコメディー

投稿日:2015/11/05 レビュアー:勇光

可愛い女の子が出てくるのであきないが、話はつまらない。
格闘シーンはちゃんちゃらおかしい。
ただ、スパイと忍者を同類項でくくっているところは興味深い。スパイというのは親のいない者の仕事であるが、忍者というのも、司馬遼太郎に言わせると、人里でさらってきた赤ん坊を訓練して仕立てたものであるそうだ。愛情などというものを感じたことがないまま、生き延びるために厳しい訓練に耐えるのだが、一緒に訓練を受ける同世代の子は訓練の途中でどんどん死んでいく。無事に1人前となっても、ひたすら里親である忍者の統領の小遣い稼ぎのためにコキ使われ、怪我や加齢で働けなくなると若い忍者と対戦させられて殺される・・その境遇を抜け出そうとすると裏切り者として殺される・・それが忍者のさだめなのだそうで、そこにできあがる人物は通常の暮らしを楽しんでいる我々とは似ても似つかない者であり、人格はほぼ破綻しているらしい。おそらく、暗殺者の訓練を受けて1人前となったスパイなども、人格的には破綻しているだろう。ショーン・コネリーやピアース・ブロスナンやマット・デイモンのような男ではないはずだ。
この映画もそういう路線でリアルなスパイを描いてくれたらヘイリー・スタインフェルド主演でも面白かったと思う。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

ベアリー・リーサル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

学園ものです(ラブコメ+アクション)

投稿日

2015/08/14

レビュアー

カマンベール

出出しは『007』張りの空中アクションから始まり大いに期待させる・・・
のですが・・・
中身は学園ラブコメディー。

暗殺養成学校の優等生メーガン(ヘイリー・スタインフェルド)は、
訓練中にまんまと逃亡に成功します。

そして交換留学生を装い一般家庭の子に。
憧れの学園生活をスタートさせます。

メーガンちゃん、ハイスクール生活楽しそう!
恋にケンカ(素性がバレそう〜おっとっと!)
バンドで学園のスーパースターの彼氏と、
真面目で洒落の通じる彼氏の両天秤〜モテマクリます。

暗殺養成所が奪還に来たり(ジェシカ・アルバとのアクション・シーン
とかもあります)
が、緊張感薄く、終始ヌルいです(笑)

スパイ・アクションなど期待せず、アメリカ高校生のヌルい学園コメディを、
若い方または、気持ちの若い方にオススメです。

女子高生アサシンvs武器売人!て騙しやん…

投稿日

2018/06/09

レビュアー

Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

暗殺者として育てられた女子高生vs美人殺人マシーン ジェシカ・アルバという図式の単純アクション映画だと思っていました。

なんとなくコミカル風なオープニングに?となりながら見ていると、何〜!?学園物ではないですか!?
ターゲット的には、次女辺りのティーンエイジャーがど真ん中ではないだろうか。

親も知らず、殺人マシーンとして教育された年頃の女の子が、家族、学校、恋愛等の普通の生活に憧れて飛び込んでいく設定。
で、世間知らず的なギャップの笑いの中で、友情やら家族愛やら恋愛やら模様が展開されるみたいな。
ミュージシャン&長髪のイケメンやら、金髪大人しく優しいオタクやら、野獣系本当はイイ奴やら、意地悪女友達やらetc、学園物人物設定に例外なし。

主人公メーガン役のヘイリー・スタインフェルドが、まあ健康的で!!
無敵の女子高生としては、身体のゴツさ的に申し分ないのではないでしょうか。
個人的には、リズ役ダヴ・キャメロンが可愛かったなぁ。
とはいえ、ジェシカ・アルバの美しさはダントツです!!

そんな感じの学園コメディなので、肩肘張らずに息抜き鑑賞できますよ〜。

そろそろ孫がいても可笑しくない夫婦が揃って鑑賞する映画ではなかったかなぁ…(^^;

40点のアクションが唯一にして最高の要素

投稿日

2018/04/17

レビュアー

ノーザンダーク・ボム

あまりにもつまらないので始まって5分くらいで早々に早送りをした。

アクションシーンだけ見たが、アクションだけはそこそこ40点くらいのクオリティで、それがせいぜいこの映画の唯一にして一番のよい点だったところからも、この映画がいかに酷いか推し量れられよう。

サミュエル・L・ジャクソンとかジェシカ・アルバとか、よくこんな映画に出たもんだ。

意外とファミリー向け

投稿日

2015/12/27

レビュアー

よふかし

懐かしいRKOマークにおおっと思ったけど、スパイキッズ年長版といった他愛ない映画。もっと暗殺者女子高生ならではの笑いとアクションを学校内で展開してほしかったが肩透かし。キックアス2にも届かないけれど、下ネタクスリネタグロは控え目でファミリーでも安心。30点。

ちゃんちゃらおかしいコメディー

投稿日

2015/11/05

レビュアー

勇光

可愛い女の子が出てくるのであきないが、話はつまらない。
格闘シーンはちゃんちゃらおかしい。
ただ、スパイと忍者を同類項でくくっているところは興味深い。スパイというのは親のいない者の仕事であるが、忍者というのも、司馬遼太郎に言わせると、人里でさらってきた赤ん坊を訓練して仕立てたものであるそうだ。愛情などというものを感じたことがないまま、生き延びるために厳しい訓練に耐えるのだが、一緒に訓練を受ける同世代の子は訓練の途中でどんどん死んでいく。無事に1人前となっても、ひたすら里親である忍者の統領の小遣い稼ぎのためにコキ使われ、怪我や加齢で働けなくなると若い忍者と対戦させられて殺される・・その境遇を抜け出そうとすると裏切り者として殺される・・それが忍者のさだめなのだそうで、そこにできあがる人物は通常の暮らしを楽しんでいる我々とは似ても似つかない者であり、人格はほぼ破綻しているらしい。おそらく、暗殺者の訓練を受けて1人前となったスパイなども、人格的には破綻しているだろう。ショーン・コネリーやピアース・ブロスナンやマット・デイモンのような男ではないはずだ。
この映画もそういう路線でリアルなスパイを描いてくれたらヘイリー・スタインフェルド主演でも面白かったと思う。

1〜 5件 / 全7件