アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日

アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日の画像・ジャケット写真

アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日 / スティーヴ・カレル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

ジャンル :

「アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

解説・ストーリー

ある家族の最悪な1日を描いたハートウォーミングコメディ。12歳の誕生日を迎える少年・アレクサンダーは、自分ばかりが災難に遭っていると感じ、家族にも災いが起こるよう願いごとをする。すると翌日、想像もできないようなトラブルが家族に起こり…。

「アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: ALEXANDER AND THE TERRIBLE, HORRIBLE, NO

「アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バッド・チェイサー

アルビン4 それいけ!シマリス大作戦

エイリアス〜2重スパイの女 シーズン1

メリンダとメリンダ

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

動物好きには嬉しいシーンがたっぷり

投稿日:2015/08/07 レビュアー:ポッシュ(休眠中)

ディズニーらしい健全な(?)コメディ。安心して観られます。

両親と3人の子どもたちがボロッボロの車に乗って帰宅する異様な姿から物語は始まる。
一体、彼らに何が起きたの・・・?
っと、開巻すぐからグイグイ引っ張られ、
クーパー家の「ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日」の回想が始まる。

ハチャメチャと言えばハチャメチャだけど、どのエピソードも下品ではなく
バカバカしくも微笑ましいという、お行儀のよいもので見やすい。
スティーブ・カレルの演技もディズニー仕様で(?)、やり過ぎてない。
個人的にはクドくてしょーもない、いつもの芸が好きなんだけど(苦笑)。

それにしても。
アメリカ映画にはよく出てくる子どもの「誕生日パーディ」ってホントにみんな、
あんなゴージャスなんだろか。
だとしたら親は大変だ。
アメリカ人には「質素」を「美徳」とする精神性なんか皆無なんだろなと、うなだれてしまう。

まぁ、いいや。

動物好きには嬉しいシーンがたっぷりなのが良かった。うん、それが1番!
ワラビーかわいいよ〜♪私も触りたい〜!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ディック・ヴァン・ダイクが本人役で登場!

投稿日:2015/07/17 レビュアー:パープルローズ

僕にとってはサイアクの一日だったのに、
パパもママも、お兄ちゃんもお姉ちゃんも、とてもいい日を過ごしてたなんて!
みんなにも、サイテーでサイアクな気分を味わってほしい!!
12歳の誕生日にそんな願いごとをしてしまったアレクサンダー。

ディズニーのファミリー向け映画ですが、意外と楽しめました。

両親役はスティーヴ・カレルとジェニファー・ガーナー。
カレルは相変わらず体を張って頑張ってます。レストランのシーンはすごかったです。
ディック・ヴァン・ダイクが本人役で登場してたり、
ジェニファー・クーリッジもチョイ役で登場。
アレキサンダーの弟役の赤ちゃんは双子だったんですね。すっごくかわいかったです。

家族でサックリと観るには最適だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

動物好きには嬉しいシーンがたっぷり

投稿日

2015/08/07

レビュアー

ポッシュ(休眠中)

ディズニーらしい健全な(?)コメディ。安心して観られます。

両親と3人の子どもたちがボロッボロの車に乗って帰宅する異様な姿から物語は始まる。
一体、彼らに何が起きたの・・・?
っと、開巻すぐからグイグイ引っ張られ、
クーパー家の「ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日」の回想が始まる。

ハチャメチャと言えばハチャメチャだけど、どのエピソードも下品ではなく
バカバカしくも微笑ましいという、お行儀のよいもので見やすい。
スティーブ・カレルの演技もディズニー仕様で(?)、やり過ぎてない。
個人的にはクドくてしょーもない、いつもの芸が好きなんだけど(苦笑)。

それにしても。
アメリカ映画にはよく出てくる子どもの「誕生日パーディ」ってホントにみんな、
あんなゴージャスなんだろか。
だとしたら親は大変だ。
アメリカ人には「質素」を「美徳」とする精神性なんか皆無なんだろなと、うなだれてしまう。

まぁ、いいや。

動物好きには嬉しいシーンがたっぷりなのが良かった。うん、それが1番!
ワラビーかわいいよ〜♪私も触りたい〜!

ディック・ヴァン・ダイクが本人役で登場!

投稿日

2015/07/17

レビュアー

パープルローズ

僕にとってはサイアクの一日だったのに、
パパもママも、お兄ちゃんもお姉ちゃんも、とてもいい日を過ごしてたなんて!
みんなにも、サイテーでサイアクな気分を味わってほしい!!
12歳の誕生日にそんな願いごとをしてしまったアレクサンダー。

ディズニーのファミリー向け映画ですが、意外と楽しめました。

両親役はスティーヴ・カレルとジェニファー・ガーナー。
カレルは相変わらず体を張って頑張ってます。レストランのシーンはすごかったです。
ディック・ヴァン・ダイクが本人役で登場してたり、
ジェニファー・クーリッジもチョイ役で登場。
アレキサンダーの弟役の赤ちゃんは双子だったんですね。すっごくかわいかったです。

家族でサックリと観るには最適だと思います。

1〜 2件 / 全2件