海月姫

海月姫の画像・ジャケット写真
海月姫 / のん
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

26

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「海月姫」 の解説・あらすじ・ストーリー

TVアニメ版も好評を博した東村アキコの同名人気少女コミックスをTV「あまちゃん」の能年玲奈主演で実写映画化した痛快シンデレラ・ストーリー。女子力ゼロのオタクなヒロインが、突如現われた女装美男子と童貞エリートの兄弟と繰り広げる大騒動の行方をコミカルに綴る。監督は「映画 ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐。イラストレーターを目指して鹿児島から上京したクラゲ命の女子、倉下月海。彼女の住む男子禁制のアパート“天水館”は一癖も二癖もあるオタク女子の巣窟。男は不要と、己のオタク道に邁進する彼女たちとともに楽しい毎日を過ごす月海。そんなある日、ひょんなことから美しい女装男子・鯉淵蔵之介と出会い、彼にされるがままに女子力を磨かれていく月海だったが…。 JAN:4907953055971

「海月姫」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「海月姫」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

海月姫の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80DRJ30367 2015年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
34枚 2人 2人

【Blu-ray】海月姫(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80XRJ20070 2015年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

女性より綺麗な蔵之介

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ミルクチョコ

幼いころからクラゲに憧れて生きてきたオタク女子・月海は、男を必要としない人生を目指すオタク女子集団「尼〜ず」が暮らす男子禁制のアパート「天水館」で、それなりに楽しい毎日を送っていた。ある日、行きつけのペットショップでひとりの美女と出会った月海は、その正体が女装趣味のイケメン・蔵之介であることを知ります。月海の心配をよそに、蔵之介は自分が男であることを隠して天水館に出入りするように。

能年玲奈のクラゲ大好きなオタク女子も良かったけれど、もっとはまり役の美しすぎる女装男子、菅田将暉に目が釘づけでした。
ジャージ&メガネ姿の能年玲奈が恋する乙女に鮮やかに変身する姿も見ものでしたが、すっかり菅田将暉に主役を奪われた映画でもあったように思います。
脚は細くてスタイル良いし、優雅なモデル歩きで、徹底した役作りをした菅田君も大したものです。
男子禁制のアパート天水館では、人生において男性は必要ない!と一癖も二癖もあるオタク女子たちが「尼〜ず」と名乗り、それぞれのオタクを極めながら和気藹々と過ごしています。そこに女装美男子と童貞エリート(長谷川博己)の兄弟が出現することによって、事件が巻き起こります。
エンドクレジットでようやく出演を知った誰だか分からないような池脇千鶴や篠原ともえ、には驚きでした。
クラゲをモチーフにしたファッションショーでは、魔法に頼らずに、自分でドレスを作るところが現代的でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

菅田くんの女装がかわいすぎる!!

投稿日:2015/05/22 レビュアー:パープルローズ

「そこのみにて光り輝く」ではまった菅田将暉くんが女装に挑戦してるってことで、映画館に観にいきました。
いや〜、菅田くんかわいかった〜!!
なんですか?あの細くてきれいな足は!
かわいい衣装を何種類も着てくれているので楽しめました。
主役は能年玲奈なんですが、彼女が地味なオタクの役だということもあって、菅田くんが完全に主役を食ってましたね。
(ところで一部週刊誌によると、「あまちゃん」で大ブレイクしたのに仕事が来ないらしいですが、
大丈夫なんでしょうか?映画もこれと「ホットロード」しか出てないですよね。)
オタク女子集団の中に、「そこのみにて・・・」で菅田くんの姉役だった池脇千鶴も出演。
アフロヘアで顔が半分くらいかくれてるせいで、気づくのにすごく時間がかかりました。
コミックが原作だそうなので、まあこんなもんでしょう。
天水館の主の正体が結局明かされないで終わってしまったのが気になりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

海月姫ネタバレ

投稿日:2015/05/14 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いろんなオタクが住む下宿先に女装美男子が現れて、住人たちわちゃわちゃしたり再計画で立ち退きさせられそうになるピンチを突破していく話。

 漫画のようなデフォルメされた人物たちがハイテンションなキャラクターで推し進める映画で無茶苦茶な展開が続きますが、見れちゃう120分でした。
 ただ120分の間に男禁止の下宿先に男がやってきちゃって、主人公がそれをみんなにバレないようにするハラハラなんかもあってないようなものだけど、そこで引っ張ったり。政治家の息子兄弟と主人公の恋愛もなんだか中途半端だし、立ち退き問題で揺れる住民たちがファッションショーで危機を突破するというクライマックスも何だか盛り上がらず、すべてが中途半端な印象でした。

 恋愛を知らない主人公が初恋をするドキドキなのか。主人公をなめてる相手役が恋をしちゃって戸惑うのか。恋愛を知らないお兄ちゃんが恋愛をしてどう動き始めるのか? と思ったらそこも動かないまま終わって、これだったら別にいらないキャラクターだったのではなかろうか? とか元も子もないことを思ったりもしました。
 オタク仲間たちもコメディリリーフとして描かれますが、彼女たちの活躍でピンチを乗り越えるという気持ちよさもあんまり感じられなかったです。そのため立ち退き問題をどうやって突破していく面白さで見ていくのもイマイチでした。

 とはいえ、のーねんちゃん可愛いし。女装男子がしだいに本当に可愛く見えてくる不思議な映画で面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クラゲで天水館を救うのだ

投稿日:2015/07/25 レビュアー:kazupon

原作は知らないけれど、全編漫画チックでとても楽しかった。
倉下月海が住む天水館は、オシャレや男性とは無縁な自称“尼〜ず”たちの男子禁制の館だった。
月海はクラゲオタク。
ペットショップのクラゲの間違った飼育方法を見て、店員に注意をするも上手く伝えられず、通りすがりの女性に助けてもらったことから、月海や尼〜ずのメンバーたちが新しい世界に触れるきっかけとなる。
まあ色々あって、月海の描いたクラゲのイラストがドレスへと変身していくのだけれど、それを着るモデルが蔵子(実は鯉淵蔵之助という女装男子)であり、それを演じる菅田 将暉君の美しいこと!
女装メイクもその辺の女の子以上に綺麗だし、スタイルもいい。
天水館でのクラゲドレスのファッションショーも素敵。
ところが、本物の真珠を飾った青いドレスが大ピンチ!
でも、そこは何とか危機を回避して、多分、月海ちゃんが着ることになるんだろうなあと思っていたら、私の予想は外れてしまって、ちょっと残念だった。
あれじゃ、菅田 将暉君がいいとこ取りで主役の能年ちゃんが霞んじゃうよ〜。
尼〜ずでは、馬場園ちゃん以外全く分からず、池脇千鶴がばんばさんで篠原ともえがジジさまだったなんて、ただただ驚き。
まやや役の太田莉菜って、松田龍平の奥さんなのね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実写化しなくても良かったのに・・・

投稿日:2015/07/04 レビュアー:静かなる海

原作が好きでレンタルしました。
コミックの間というか雰囲気がどう表現されているのか興味がありました。

期待していなかったのですが、やはりその想像を裏切らない残念さ。
この手の実写ものはしょうがないのかな・・・
アニメだけで良かったのに。

かなり原作に近づけて作っているんですが、それがかえって現実味を無くしています。
そこに一工夫あると良かった。

菅田さんの女装はキレイでした。
その部分の頑張りがもったいない作品になってしまっています。

惜しい作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全26件

海月姫