シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイアの画像・ジャケット写真

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア / タイカ・ワイティティ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

各地の映画祭で人気を博したニュージーランド発の痛快ホラー・コメディ。何百年も生き続けているヴァンパイアたちがシェアハウスをしながら現代社会の中でお気楽な毎日を送っているさまをコミカルに描く。監督・主演はマルチに活躍するニュージーランドの人気コメディアン、タイカ・ワイティティとジェマイン・クレメント。陽気な379歳のヴァンパイア、ヴィアゴは、1軒の屋敷をヴァンパイア仲間4人でシェアして暮らしていた。彼らは夜になると外へ繰り出して遊び歩く愉快な日々を過ごしていた。そんなある日、長老ヴァンパイアのピーターが大学生のニックにうっかり噛みつきヴァンパイアに変えてしまう。こうしてシェアハウスに新たな仲間として加わった新米ヴァンパイアのニックだったが…。 JAN:4988105970373

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: ニュージーランド
原題: WHAT WE DO IN THE SHADOWS

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

男ゴコロはマンガ模様

メン・イン・ブラック 3

ジョジョ・ラビット

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

ゆる〜い感じのモキュメンタリー、笑えます!

投稿日:2015/06/07 レビュアー:飛べない魔女

現代のニュージーランドの首都ウェリントンが舞台。
379歳のヴィアゴ(タイカ・ワイティティ)、183歳のディーコン(ジョナサン・ブロー)、
862歳のヴラド(ジェマイン・クレメント)、そしてなんと8000歳のピーター(ベン・フランシャム)
彼らははシェアハウスで共同生活しながら穏やかに暮らす心優しい(?笑)ヴァンパイアです。
吸血鬼ですから当然昼間は寝ていて、夜になると行動開始。
パブに行ったりダンスをしたり、そして時々生き血を頂いたりと、楽しい共同生活をおくる4人。
379歳のヴィアゴは紳士的で穏やかな生活。かつて恋していた人間の女性が今も忘れられません。
183歳のディーコンはまだ反抗期の思春期(?)。で、編み物が得意。
862歳のヴラドは16歳のときにピーターに噛まれてヴァンパイアになり、以来ピーターとは親友。
そのピーター、さすがに8000歳という年齢はヴァンパイア年齢でも超高齢らしく日々寝てばかり。
ある日、人間のニックをピーターがうっかり噛みついてヴァンパイアにしてしまったことから
4人の穏やかな生活がかき乱されることに・・・
オオカミ男との対峙や、ゾンビたちとのパーティー、人間を小間使いとして支配しながらも
特定の人間には友情を感じて決して噛みついたりしない、ヴァンパイア同志は絶対に殺さない、など
洒落の効いた新しい感覚のヴァンパイア映画。
楽しくて、くすっと笑えて、気軽に観れるモニュメンタリータッチのコメディです。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

平坦な流れだが退屈しなかった。

投稿日:2016/04/02 レビュアー:oyoyo

仲良く一軒家で暮らす吸血鬼たちの日常をドキュメンタリー風に仕上げています

平穏に、楽しく暮らしていた4人のヴァンパイア。
ある日、おバカな人間を仲間に引き入れてしまったことから次々と事件が起こり・・・。

ゆる〜い笑いの吸血鬼あるあるネタです。
くだらない。でも、そのくだらなさが面白い。不思議な映画。
そんなに盛り上がる所も無いが、なぜか最後まで退屈せずに観れました。

70点

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

死ねない吸血鬼達。現代社会をどう生きる?

投稿日:2015/06/23 レビュアー:BJORK

孤独で呪われた永遠の命。

でも、みんなで暮らせば楽しいよね!って、始まったかは知りませんが、4人(鬼?)の吸血鬼達のシェアライフを追う、ドキュメンタリーです。スタッフはみんな十字架を付けて自身の安全を保障されていますって(笑)

4人(鬼?)の中では若手の183歳のディーコンが進行役で、興味深い吸血鬼の共同生活を案内してくれます。

私達も知ってる吸血鬼のお約束。例えば「鏡に映らない」それなら、お互いお出かけの時はファッション・チェックするとか。その他、色々コミカルに捻ってあって楽しいです。

穏やかな4人(鬼)の生活もあるキッカケで変化が起きます。人間と関わったり、情報化社会に目覚めたりと。どう順応して行くのか、結構面白いですよ。ニュージーランドって、人間に混ざって結構色々なのが居るんですね。皆さん苦労もあるようです(苦笑)

海外でのレビューは結構いいですよ。80%くらい。私も結構楽しみました。

単独で借りるのはもちろん、お店で5枚1000円キャンペーン時、「あと一枚どうする?」って、思ったらどうぞ。おススメです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

吸血鬼映画の変化球

投稿日:2015/06/08 レビュアー:カプチーノ

ニュージーランドの都会で、家をシェアしながら住むヴァンパイアの生活を似非ドキュメンタリーで追ったもの。
ドキュメンタリー風に作っていますが、ドキュメンタリーっぽさは薄いです。
ヘルツォーク監督のノスフェラトウを想起させる長老吸血鬼のピーター、ルーマニアの吸血大王ヴラド・トウペシュ、
そして恋人を追いかけてそのまま数十年恋心を募らせる吸血鬼に新米吸血鬼と、
個性的な登場人物の生き生き?した生活ぶりが描かれます。
トワイライ」をパロった狼男軍団との対決シーンもあったり、オバカ警官のオマヌケぶりににやにやしたり、
ゆるーいお話ながら、吸血鬼たちの友情に、ついつい共感してしまう怪作。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ヴァンパイアの日常を描いたシリアスコメディ。(*´∀`*)

投稿日:2015/06/07 レビュアー:MOMO

戦隊ヒーローの日常を描いたコメディがよくありますが、
海外だと吸血鬼になるんだぁ。なヴァンパイアコメディです♪

シェアハウスとありますが、そんなオシャレな感じではなく、
古い屋敷で同居生活をしている、むさ苦しいおじさん達4人。

ディーコン(183歳)、ヴィアゴ(379歳)、ヴラド(862歳)、
ピーター(8000歳)に加えて、なぜか映画の撮影クルーが
密着しているというおかしな設定がウケました。(≧∀≦)/

ドラキュラ公と呼ばれたヴラドは有名だから知ってるけど、
他のキャラクターもモデルがいたりするのかなぁ?


5年間、流しの皿を洗ってないとか、
カーテンを開けたまま居眠りしそうになって
日光を浴びる所だったと怒られたり、
ヴァンパイアならではのあるあるネタにクスっとなります。(*´∀`*)

一方、ニンニクに弱いとか、水が流れる場所を渡れないとか、
日本ではおなじみのあるあるネタが無かったのも
お国柄を感じられて、逆に興味深かったです♪


ただ、さすがにヴァンパイアだけだと
バラエティ性に欠けるというか(一応、狼男やゾンビも出るけど)、
終始、笑いが止まらない。という感じではなかったかも。

血がたくさん出てくるのも、ちょっと苦手だったり。(;´д`)


そんなの気にしないというヴァンパイア好きの方にはオススメです!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全12件

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

ゆる〜い感じのモキュメンタリー、笑えます!

投稿日

2015/06/07

レビュアー

飛べない魔女

現代のニュージーランドの首都ウェリントンが舞台。
379歳のヴィアゴ(タイカ・ワイティティ)、183歳のディーコン(ジョナサン・ブロー)、
862歳のヴラド(ジェマイン・クレメント)、そしてなんと8000歳のピーター(ベン・フランシャム)
彼らははシェアハウスで共同生活しながら穏やかに暮らす心優しい(?笑)ヴァンパイアです。
吸血鬼ですから当然昼間は寝ていて、夜になると行動開始。
パブに行ったりダンスをしたり、そして時々生き血を頂いたりと、楽しい共同生活をおくる4人。
379歳のヴィアゴは紳士的で穏やかな生活。かつて恋していた人間の女性が今も忘れられません。
183歳のディーコンはまだ反抗期の思春期(?)。で、編み物が得意。
862歳のヴラドは16歳のときにピーターに噛まれてヴァンパイアになり、以来ピーターとは親友。
そのピーター、さすがに8000歳という年齢はヴァンパイア年齢でも超高齢らしく日々寝てばかり。
ある日、人間のニックをピーターがうっかり噛みついてヴァンパイアにしてしまったことから
4人の穏やかな生活がかき乱されることに・・・
オオカミ男との対峙や、ゾンビたちとのパーティー、人間を小間使いとして支配しながらも
特定の人間には友情を感じて決して噛みついたりしない、ヴァンパイア同志は絶対に殺さない、など
洒落の効いた新しい感覚のヴァンパイア映画。
楽しくて、くすっと笑えて、気軽に観れるモニュメンタリータッチのコメディです。

平坦な流れだが退屈しなかった。

投稿日

2016/04/02

レビュアー

oyoyo

仲良く一軒家で暮らす吸血鬼たちの日常をドキュメンタリー風に仕上げています

平穏に、楽しく暮らしていた4人のヴァンパイア。
ある日、おバカな人間を仲間に引き入れてしまったことから次々と事件が起こり・・・。

ゆる〜い笑いの吸血鬼あるあるネタです。
くだらない。でも、そのくだらなさが面白い。不思議な映画。
そんなに盛り上がる所も無いが、なぜか最後まで退屈せずに観れました。

70点

死ねない吸血鬼達。現代社会をどう生きる?

投稿日

2015/06/23

レビュアー

BJORK

孤独で呪われた永遠の命。

でも、みんなで暮らせば楽しいよね!って、始まったかは知りませんが、4人(鬼?)の吸血鬼達のシェアライフを追う、ドキュメンタリーです。スタッフはみんな十字架を付けて自身の安全を保障されていますって(笑)

4人(鬼?)の中では若手の183歳のディーコンが進行役で、興味深い吸血鬼の共同生活を案内してくれます。

私達も知ってる吸血鬼のお約束。例えば「鏡に映らない」それなら、お互いお出かけの時はファッション・チェックするとか。その他、色々コミカルに捻ってあって楽しいです。

穏やかな4人(鬼)の生活もあるキッカケで変化が起きます。人間と関わったり、情報化社会に目覚めたりと。どう順応して行くのか、結構面白いですよ。ニュージーランドって、人間に混ざって結構色々なのが居るんですね。皆さん苦労もあるようです(苦笑)

海外でのレビューは結構いいですよ。80%くらい。私も結構楽しみました。

単独で借りるのはもちろん、お店で5枚1000円キャンペーン時、「あと一枚どうする?」って、思ったらどうぞ。おススメです。

吸血鬼映画の変化球

投稿日

2015/06/08

レビュアー

カプチーノ

ニュージーランドの都会で、家をシェアしながら住むヴァンパイアの生活を似非ドキュメンタリーで追ったもの。
ドキュメンタリー風に作っていますが、ドキュメンタリーっぽさは薄いです。
ヘルツォーク監督のノスフェラトウを想起させる長老吸血鬼のピーター、ルーマニアの吸血大王ヴラド・トウペシュ、
そして恋人を追いかけてそのまま数十年恋心を募らせる吸血鬼に新米吸血鬼と、
個性的な登場人物の生き生き?した生活ぶりが描かれます。
トワイライ」をパロった狼男軍団との対決シーンもあったり、オバカ警官のオマヌケぶりににやにやしたり、
ゆるーいお話ながら、吸血鬼たちの友情に、ついつい共感してしまう怪作。

ヴァンパイアの日常を描いたシリアスコメディ。(*´∀`*)

投稿日

2015/06/07

レビュアー

MOMO

戦隊ヒーローの日常を描いたコメディがよくありますが、
海外だと吸血鬼になるんだぁ。なヴァンパイアコメディです♪

シェアハウスとありますが、そんなオシャレな感じではなく、
古い屋敷で同居生活をしている、むさ苦しいおじさん達4人。

ディーコン(183歳)、ヴィアゴ(379歳)、ヴラド(862歳)、
ピーター(8000歳)に加えて、なぜか映画の撮影クルーが
密着しているというおかしな設定がウケました。(≧∀≦)/

ドラキュラ公と呼ばれたヴラドは有名だから知ってるけど、
他のキャラクターもモデルがいたりするのかなぁ?


5年間、流しの皿を洗ってないとか、
カーテンを開けたまま居眠りしそうになって
日光を浴びる所だったと怒られたり、
ヴァンパイアならではのあるあるネタにクスっとなります。(*´∀`*)

一方、ニンニクに弱いとか、水が流れる場所を渡れないとか、
日本ではおなじみのあるあるネタが無かったのも
お国柄を感じられて、逆に興味深かったです♪


ただ、さすがにヴァンパイアだけだと
バラエティ性に欠けるというか(一応、狼男やゾンビも出るけど)、
終始、笑いが止まらない。という感じではなかったかも。

血がたくさん出てくるのも、ちょっと苦手だったり。(;´д`)


そんなの気にしないというヴァンパイア好きの方にはオススメです!

1〜 5件 / 全12件