1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 邦画のDVDレンタル
  4. TVドラマのDVDレンタル
  5. オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件の画像・ジャケット写真

オリエント急行殺人事件 / 野村萬斎

全体の平均評価点:(5点満点)

9

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「オリエント急行殺人事件」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

アガサ・クリスティーの原作小説を三谷幸喜脚本、野村萬斎主演で贈る、寝台特急で起きた殺人事件を描いたミステリー第1巻。名探偵・勝呂が乗る下関と東京を結ぶ寝台付き列車・特急東洋で、実業家・藤堂が他殺体で発見され…。原作に忠実な第1夜を収録。

「オリエント急行殺人事件」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

日本

「オリエント急行殺人事件」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

理想の息子

池中玄太80キロ スペシャル

山河燃ゆ 総集編

俺の家の話

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

三谷幸喜流オリエント急行殺人事件、面白かったが長いですよ

投稿日:2015/04/03 レビュアー:飛べない魔女

今年の1月に、フジTV開局55周年記念の特番として二夜連続放送。
ご存知アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」を三谷流にアレンジ。
舞台を昭和初期の日本に移して、あの有名な殺人事件をオリジナルの内容を損なうことなく
且つ日本風にアレンジして、三谷流に料理しています。

前半は、オリジナルに忠実にストーリーは進みます。
下関から東京に向かう列車の中で起こった殺人事件。
たまたま列車に乗り合わせた、ポアロならぬ日本一の名探偵・勝呂(スグロ)が
一見なんの繋がりもない一等車両の乗客たちの中から犯人を特定していくまでのお話。
後半はここからが三谷流とばかり、犯人の視点から更に事件を掘り下げていきます。
どうして、犯人がこの犯行に及ぶことになったのかを、原作以上により深く、よりドラマチックに描いていきます。

冬の夜に、コタツに入りながら見るにはうってつけでした。
面白かったです。
ただ、勝呂役の野村萬斎さん、ポアロを意識しての演技なのでしょうが、ちょっとやり過ぎ感が(笑)
この事件の前に「いろは殺人事件」を解決したばかり・・っていうのは、アガサの「ABC殺人事件」のことで、
ちょっとした洒落が効いています。

まあ、すごーく、長いですから時間があるときに・・って感じでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

特急東洋殺人事件

投稿日:2015/10/16 レビュアー:kazupon

今年(2015年)のお正月に2夜連続でやっていたのを観ました。
アガサ・クリスティ原作の小説もオリジナルの映画も有名なので、あらすじや犯人を知っている方が多いと思います。
そんな有名な殺人事件を三谷幸喜はどのように日本を舞台に描いてくれたのでしょう。
事件は、下関から東京に向かう「特急東洋」の列車内で起こります。
完全犯罪を目論んだ犯人でしたが、運悪く名探偵の勝呂が同じ列車に乗車していたのと、大雪で列車が立ち往生したために計画にほころびが出てしまいます。
原作のポワロに相当するのが、野村萬斎演じる名探偵勝呂なのですが、その役作りが「何もそこまで・・・」と思ってしまいました。(特に勝呂の声色が・・・)
萬斎さんの演技力なら、普通に演じても十分に名探偵ぶりを発揮できたと思います。
放送1夜目の事件と謎解きの部分は、1974年のオリジナルに割と忠実な作りでした。
特急東洋が下関を発車する場面は、オリジナルによく似せてありました。
2夜目の放送は、オリジナルにはない部分で、事件の背景や犯人の気持ちを犯人の告白の形で描いていました。
ミステリーとしてなら1夜目の放送だけで十分だと思いますが、2夜目で犯人側の事情と心情を描いたところに三谷幸喜らしさを込めたのだと思います。(とは言え、ちょっと長過ぎです。)
お時間と興味のある方は、オリジナルとの見比べも是非。(本作がオリジナルに忠実なのが分かります)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

三谷幸喜作品は面白い。

投稿日:2016/01/20 レビュアー:ゆか

最近、つまらない映画にばかりあたってしまっていたので、安心して観られる三谷幸喜作品をまとめて借りてみましたが、やはり面白いですね。
それにしても豪華キャストなのにまず驚きました。

ストーリーも内容わかっていたとしても面白いし、第一夜だけで完了するのかと思いきや、第二夜で話は深まりそうなので、第二夜も楽しみです(*^^*)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

特急東洋殺人事件の全貌

投稿日:2018/06/07 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 アガサ・クリスティの名作を三谷幸喜さんが見事に日本風にしましたね。

 ポアロを真似た探偵、勝呂がなんとも独特で耳障りだが、まあそういうキャラという事で。


 事件の解決までを描く前半、同じ時間をかけて犯人の動機となった事件から計画、実行までを描いた後半。
 なかなかの長編です。
 しかし、面白い掛け合いで楽しめます。


 やはり結末が秀逸。

 犯人視点から描くというのは初のようですし、これはかなり楽しめます。
 裏でなにが行われていたのか。この犯人の行動は感嘆の一言です。
 予期せぬ出来事からのあの結末。計画の発案から実行。結末へ向かっていく過程が素晴らしいです。


 原作を知らないと純粋に楽しめます。知っていてもニヤニヤできるんじゃないでしょうか。

 この翻案作品は名作です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

俳優の演技力を・・・ ネタバレ

投稿日:2018/04/28 レビュアー:que sera sera

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

野村萬斎さんは大変好きな役者さんですが、このポアロは最悪です。
演技力のある役者さんなのに
BBCのデビッド・スーシェ版と比べるのは酷だとしても、せめて「真犯人が分かっていながら敢えて見逃がす」苦悩を出すべきだったと思います。
「カーテン」まで映像化するつもりは無いかもしれないけど…原作ファンとしては、もうしないでほしいです。
日本版を全否定するつもりはありません。
沢村一樹さんが演じてられるノンタイトル(?!)の「そして誰もいなくなった」は、すごく良いと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全9件

オリエント急行殺人事件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:9件

三谷幸喜流オリエント急行殺人事件、面白かったが長いですよ

投稿日

2015/04/03

レビュアー

飛べない魔女

今年の1月に、フジTV開局55周年記念の特番として二夜連続放送。
ご存知アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」を三谷流にアレンジ。
舞台を昭和初期の日本に移して、あの有名な殺人事件をオリジナルの内容を損なうことなく
且つ日本風にアレンジして、三谷流に料理しています。

前半は、オリジナルに忠実にストーリーは進みます。
下関から東京に向かう列車の中で起こった殺人事件。
たまたま列車に乗り合わせた、ポアロならぬ日本一の名探偵・勝呂(スグロ)が
一見なんの繋がりもない一等車両の乗客たちの中から犯人を特定していくまでのお話。
後半はここからが三谷流とばかり、犯人の視点から更に事件を掘り下げていきます。
どうして、犯人がこの犯行に及ぶことになったのかを、原作以上により深く、よりドラマチックに描いていきます。

冬の夜に、コタツに入りながら見るにはうってつけでした。
面白かったです。
ただ、勝呂役の野村萬斎さん、ポアロを意識しての演技なのでしょうが、ちょっとやり過ぎ感が(笑)
この事件の前に「いろは殺人事件」を解決したばかり・・っていうのは、アガサの「ABC殺人事件」のことで、
ちょっとした洒落が効いています。

まあ、すごーく、長いですから時間があるときに・・って感じでしょうか。

特急東洋殺人事件

投稿日

2015/10/16

レビュアー

kazupon

今年(2015年)のお正月に2夜連続でやっていたのを観ました。
アガサ・クリスティ原作の小説もオリジナルの映画も有名なので、あらすじや犯人を知っている方が多いと思います。
そんな有名な殺人事件を三谷幸喜はどのように日本を舞台に描いてくれたのでしょう。
事件は、下関から東京に向かう「特急東洋」の列車内で起こります。
完全犯罪を目論んだ犯人でしたが、運悪く名探偵の勝呂が同じ列車に乗車していたのと、大雪で列車が立ち往生したために計画にほころびが出てしまいます。
原作のポワロに相当するのが、野村萬斎演じる名探偵勝呂なのですが、その役作りが「何もそこまで・・・」と思ってしまいました。(特に勝呂の声色が・・・)
萬斎さんの演技力なら、普通に演じても十分に名探偵ぶりを発揮できたと思います。
放送1夜目の事件と謎解きの部分は、1974年のオリジナルに割と忠実な作りでした。
特急東洋が下関を発車する場面は、オリジナルによく似せてありました。
2夜目の放送は、オリジナルにはない部分で、事件の背景や犯人の気持ちを犯人の告白の形で描いていました。
ミステリーとしてなら1夜目の放送だけで十分だと思いますが、2夜目で犯人側の事情と心情を描いたところに三谷幸喜らしさを込めたのだと思います。(とは言え、ちょっと長過ぎです。)
お時間と興味のある方は、オリジナルとの見比べも是非。(本作がオリジナルに忠実なのが分かります)

三谷幸喜作品は面白い。

投稿日

2016/01/20

レビュアー

ゆか

最近、つまらない映画にばかりあたってしまっていたので、安心して観られる三谷幸喜作品をまとめて借りてみましたが、やはり面白いですね。
それにしても豪華キャストなのにまず驚きました。

ストーリーも内容わかっていたとしても面白いし、第一夜だけで完了するのかと思いきや、第二夜で話は深まりそうなので、第二夜も楽しみです(*^^*)

特急東洋殺人事件の全貌

投稿日

2018/06/07

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 アガサ・クリスティの名作を三谷幸喜さんが見事に日本風にしましたね。

 ポアロを真似た探偵、勝呂がなんとも独特で耳障りだが、まあそういうキャラという事で。


 事件の解決までを描く前半、同じ時間をかけて犯人の動機となった事件から計画、実行までを描いた後半。
 なかなかの長編です。
 しかし、面白い掛け合いで楽しめます。


 やはり結末が秀逸。

 犯人視点から描くというのは初のようですし、これはかなり楽しめます。
 裏でなにが行われていたのか。この犯人の行動は感嘆の一言です。
 予期せぬ出来事からのあの結末。計画の発案から実行。結末へ向かっていく過程が素晴らしいです。


 原作を知らないと純粋に楽しめます。知っていてもニヤニヤできるんじゃないでしょうか。

 この翻案作品は名作です。

俳優の演技力を・・・

投稿日

2018/04/28

レビュアー

que sera sera

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

野村萬斎さんは大変好きな役者さんですが、このポアロは最悪です。
演技力のある役者さんなのに
BBCのデビッド・スーシェ版と比べるのは酷だとしても、せめて「真犯人が分かっていながら敢えて見逃がす」苦悩を出すべきだったと思います。
「カーテン」まで映像化するつもりは無いかもしれないけど…原作ファンとしては、もうしないでほしいです。
日本版を全否定するつもりはありません。
沢村一樹さんが演じてられるノンタイトル(?!)の「そして誰もいなくなった」は、すごく良いと思いました。

1〜 5件 / 全9件