テスター・ルーム

テスター・ルームの画像・ジャケット写真

テスター・ルーム / ジャレッド・ハリス

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「テスター・ルーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「テスター・ルーム」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「テスター・ルーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

マッドメン シーズン7−THE FINAL−【ノーカット完全版】

GOTHAM/ゴッサム <セカンド・シーズン>

17歳の処方箋

コードネーム U.N.C.L.E.

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

どっちでもいいし。(^_^;

投稿日:2015/04/29 レビュアー:MOMO

オックスフォード大学で超常現象を研究する教授が
ポルターガイスト現象は精神疾患を抱えている人間の
ネガティブな感情エネルギーによって引き起こされると主張し、
ジェーンという少女を被験者として、
学生達と持論を検証するというホラーです。


つまり、ポルターガイストが
心霊や悪魔によるものだなんて馬鹿馬鹿しいと
彼らは言っているのですが、超常現象そのものは認めているわけで
観ている方からすれば『どっちでもいいよ!』と思ってしまうのが
この作品の残念なところです。(;´д`)

むしろ子供のイタズラだと主張する教授が
やり込められていく内容だったりしたら、
まだちょっと興味が持てたかなぁ。(^_^;


その後の展開も想像した通りだし、
ショッキングなシーンはあるものの、
直接的な描写は少なく、今時のホラーにしては
ずいぶん表現が抑えめな気がします。

ホラーは好きだけど、グロいのは苦手。
という人にはオススメかも。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

70年代の超常現象ブームの臭い ネタバレ

投稿日:2015/05/18 レビュアー:土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

地味な事もあり、巷の評価はイマイチよろしくありませんが、
時代設定も含め自分としては、全体を包む「ヘルハウス」っぽい設定・ストーリーが結構好きです。
舞台がイギリスってところも有りますが、あのハマーフイルムが作っているって事でもポイントは高いです。

1974年のイギリス(グラムロックが全盛です。)、大学で真面目にポルターガイストを科学的に究明しようとする
教授と手伝う学生、そして被験者の美少女で、治療を兼ねた合宿(?)を行います。
主人公は記録係なので、POV風の画像が70年代の16ミリ(?)の映像が随所に盛り込まれています。
被験者の少女、まるで収監されている様な状況ですが、自分の中の別人格と対峙しようと実験治療に望みます。
教授は目的の為には手段を選ばないって感じで、ポルターガイストの原因を精神的な負のエネルギーが起こす事を証明しようと
躍起になります。
その為、少女に負担を掛ける事になり、主人公は研究に疑問を持ち始める。

懐かしいキルリアン写真なんかが取られ、エネルギー体(?)の写真の中に顔が...
(これが、つのだじろうの漫画に出てくる様な顔...。)
だんだんと現象が激しくなってくるのですが、だんだんと人間関係が崩れ出します。

フリーセックスの時代だったからか、
この教授、メンバー女学生や被験者の少女とも情交を重ねていて、メンバー内の三角関係。
又、被験者に思いを寄せる主人公と教授の対立があって、雲行きが怪しい方向へ。

被験者の身近で起こると考えられていた怪現象が、其々の自宅でも起こり出して、
教授の学説が破綻しかける。
主人公が被験者の過去を調べると、火事で焼け死んだカルト教団の行き残りが判明。
最後は暴走する教授と主人公の対決、そして自分の成り立ちを理解した少女が能力に目覚めて...。
って感じで、エンディングを迎えます。

何となく70年代の超常現象ブームの臭いが懐かしかった作品です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

予告はおもしろそうだったのに

投稿日:2015/10/17 レビュアー:才谷屋

しょーもなー
一言
なんかエンドロールでこれノンフィクションなんだと知って
ますます胡散臭い
しょーもない映画でした
怖いの観たいなーって思う人にも物足りず
悪魔払い系が好きな人にも物足りず
ノンフィクション映画が好きな人に物足りず
大事なことなので3回言ってみました
まーそんな映画

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ヒマがあれば

投稿日:2015/05/07 レビュアー:にも

主人公はオックスフォードの学生さん。
”超常現象は精神疾患の一つであり治療可能です!”と宣う教授主催の実験チームに参加。
実験自体は怪しい感じ。どこかで見たことあるような降霊術っぽいものをしてみたり。
思うような結果が得られずエスカレートしていく実験。
被験者女性に惹かれていく主人公。
どうなるんでしょうね?というお話。

良くも悪くもあっさりした感じで、ごくありがちな作品という印象。
(ある意味ダメフラグな)”実際の出来事から着想を得た”という文言に、
不安を感じながら観たものの、実際の出来事臭も軽め。
ヒマがあればという作品かと。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ヒロインがかわいい

投稿日:2015/12/04 レビュアー:ヤブ医者どんべえ

内容はつまらん。蘇生が非科学的。まあ娯楽映画だからええじゃないか、とはいっても、話の中心が眉唾だからこそ周辺はしっかり科学的に作った方が面白いと思うけど。ヒロインは好みでした。エロティシズムもうまいこと表現してたし。☆2.5で。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

テスター・ルーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

どっちでもいいし。(^_^;

投稿日

2015/04/29

レビュアー

MOMO

オックスフォード大学で超常現象を研究する教授が
ポルターガイスト現象は精神疾患を抱えている人間の
ネガティブな感情エネルギーによって引き起こされると主張し、
ジェーンという少女を被験者として、
学生達と持論を検証するというホラーです。


つまり、ポルターガイストが
心霊や悪魔によるものだなんて馬鹿馬鹿しいと
彼らは言っているのですが、超常現象そのものは認めているわけで
観ている方からすれば『どっちでもいいよ!』と思ってしまうのが
この作品の残念なところです。(;´д`)

むしろ子供のイタズラだと主張する教授が
やり込められていく内容だったりしたら、
まだちょっと興味が持てたかなぁ。(^_^;


その後の展開も想像した通りだし、
ショッキングなシーンはあるものの、
直接的な描写は少なく、今時のホラーにしては
ずいぶん表現が抑えめな気がします。

ホラーは好きだけど、グロいのは苦手。
という人にはオススメかも。

70年代の超常現象ブームの臭い

投稿日

2015/05/18

レビュアー

土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

地味な事もあり、巷の評価はイマイチよろしくありませんが、
時代設定も含め自分としては、全体を包む「ヘルハウス」っぽい設定・ストーリーが結構好きです。
舞台がイギリスってところも有りますが、あのハマーフイルムが作っているって事でもポイントは高いです。

1974年のイギリス(グラムロックが全盛です。)、大学で真面目にポルターガイストを科学的に究明しようとする
教授と手伝う学生、そして被験者の美少女で、治療を兼ねた合宿(?)を行います。
主人公は記録係なので、POV風の画像が70年代の16ミリ(?)の映像が随所に盛り込まれています。
被験者の少女、まるで収監されている様な状況ですが、自分の中の別人格と対峙しようと実験治療に望みます。
教授は目的の為には手段を選ばないって感じで、ポルターガイストの原因を精神的な負のエネルギーが起こす事を証明しようと
躍起になります。
その為、少女に負担を掛ける事になり、主人公は研究に疑問を持ち始める。

懐かしいキルリアン写真なんかが取られ、エネルギー体(?)の写真の中に顔が...
(これが、つのだじろうの漫画に出てくる様な顔...。)
だんだんと現象が激しくなってくるのですが、だんだんと人間関係が崩れ出します。

フリーセックスの時代だったからか、
この教授、メンバー女学生や被験者の少女とも情交を重ねていて、メンバー内の三角関係。
又、被験者に思いを寄せる主人公と教授の対立があって、雲行きが怪しい方向へ。

被験者の身近で起こると考えられていた怪現象が、其々の自宅でも起こり出して、
教授の学説が破綻しかける。
主人公が被験者の過去を調べると、火事で焼け死んだカルト教団の行き残りが判明。
最後は暴走する教授と主人公の対決、そして自分の成り立ちを理解した少女が能力に目覚めて...。
って感じで、エンディングを迎えます。

何となく70年代の超常現象ブームの臭いが懐かしかった作品です。

予告はおもしろそうだったのに

投稿日

2015/10/17

レビュアー

才谷屋

しょーもなー
一言
なんかエンドロールでこれノンフィクションなんだと知って
ますます胡散臭い
しょーもない映画でした
怖いの観たいなーって思う人にも物足りず
悪魔払い系が好きな人にも物足りず
ノンフィクション映画が好きな人に物足りず
大事なことなので3回言ってみました
まーそんな映画

ヒマがあれば

投稿日

2015/05/07

レビュアー

にも

主人公はオックスフォードの学生さん。
”超常現象は精神疾患の一つであり治療可能です!”と宣う教授主催の実験チームに参加。
実験自体は怪しい感じ。どこかで見たことあるような降霊術っぽいものをしてみたり。
思うような結果が得られずエスカレートしていく実験。
被験者女性に惹かれていく主人公。
どうなるんでしょうね?というお話。

良くも悪くもあっさりした感じで、ごくありがちな作品という印象。
(ある意味ダメフラグな)”実際の出来事から着想を得た”という文言に、
不安を感じながら観たものの、実際の出来事臭も軽め。
ヒマがあればという作品かと。

ヒロインがかわいい

投稿日

2015/12/04

レビュアー

ヤブ医者どんべえ

内容はつまらん。蘇生が非科学的。まあ娯楽映画だからええじゃないか、とはいっても、話の中心が眉唾だからこそ周辺はしっかり科学的に作った方が面白いと思うけど。ヒロインは好みでした。エロティシズムもうまいこと表現してたし。☆2.5で。

1〜 5件 / 全8件