アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ

アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリの画像・ジャケット写真

アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ / アンナ フリエル

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

バンパイア伝説のモデルになったエリザベート・バートリの生涯を描いた歴史スペクタクル。若くしてハンガリー軍司令官・フェレンツと結婚したエリザベートは、不安定な精神状態から次第に残虐な性格を現し始め…。※販売:竹書房/ビクタE

「アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: イギリス/ハンガリー/チェコ
原題: BATHORY/BATHORY: COUNTESS OF BLOOD

「アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

真昼の用心棒

ロックアウト

テロリスト・黒い九月 ミュンヘン

プッシング・デイジー〜恋するパイメーカー〜 〈セカンド・シーズン〉

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

中世キテレツ歴史ロマン

投稿日:2017/06/14 レビュアー:colonpan博士

タイトルに反して恋愛色の強い内容。いかにもスロバキアの監督らしい辺境ファンタジー感溢れる伝記映画であり歴史スペクタクルであった。ハリウッド作とはかなり趣きが異なるので、チェコ映画的なヘンテコ感が好きなマニア向け。セルビア映画風でもある。途中で何度もホドロフスキー監督に似た変態的な妄想描写が挟まれるのでわかけがわからなくなる。ストーリーを追っていると混乱するので、感覚的に楽しむしかない。はちゃめちゃではあるが、中世の映像はリアリティがあるし、幻想的なシーンも美しい。色々濃厚すぎて途中からどうでもよくなってくるので50点。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

エリザベート・バートリー

投稿日:2015/08/22 レビュアー:はね

面白い作品でした。
猟奇的な映画かと覚悟しましたが
立派な歴史スペクタクルでした

主人公のエリザベート・バートリー、というと
ベルサイユのバラの外伝「黒衣の伯爵夫人」のモデルになった人。
神秘的な人格を期待しておりましたが
真面目な方で、そのところが少し残念


このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

血の伯爵夫人

投稿日:2020/08/14 レビュアー:モモイチゴ

の真実を描こうとしているが、事実かは疑問。嵌められたとする解釈では、迫力に欠ける。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

面白いし美術もいい

投稿日:2016/04/23 レビュアー:outi

美術も衣装も丁寧で細かく
昔の人の暮らしぶりや息遣いが伝わってくるようで
面白い映画でした。
エリザベート・バートリーは吸血鬼のモデルになったそうですが
この映画を見て本国では愛されているのかなと感じました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

中世キテレツ歴史ロマン

投稿日

2017/06/14

レビュアー

colonpan博士

タイトルに反して恋愛色の強い内容。いかにもスロバキアの監督らしい辺境ファンタジー感溢れる伝記映画であり歴史スペクタクルであった。ハリウッド作とはかなり趣きが異なるので、チェコ映画的なヘンテコ感が好きなマニア向け。セルビア映画風でもある。途中で何度もホドロフスキー監督に似た変態的な妄想描写が挟まれるのでわかけがわからなくなる。ストーリーを追っていると混乱するので、感覚的に楽しむしかない。はちゃめちゃではあるが、中世の映像はリアリティがあるし、幻想的なシーンも美しい。色々濃厚すぎて途中からどうでもよくなってくるので50点。

エリザベート・バートリー

投稿日

2015/08/22

レビュアー

はね

面白い作品でした。
猟奇的な映画かと覚悟しましたが
立派な歴史スペクタクルでした

主人公のエリザベート・バートリー、というと
ベルサイユのバラの外伝「黒衣の伯爵夫人」のモデルになった人。
神秘的な人格を期待しておりましたが
真面目な方で、そのところが少し残念


血の伯爵夫人

投稿日

2020/08/14

レビュアー

モモイチゴ

の真実を描こうとしているが、事実かは疑問。嵌められたとする解釈では、迫力に欠ける。

面白いし美術もいい

投稿日

2016/04/23

レビュアー

outi

美術も衣装も丁寧で細かく
昔の人の暮らしぶりや息遣いが伝わってくるようで
面白い映画でした。
エリザベート・バートリーは吸血鬼のモデルになったそうですが
この映画を見て本国では愛されているのかなと感じました。

1〜 4件 / 全4件