25 NIJYU−GO

25 NIJYU−GOの画像・ジャケット写真

25 NIJYU−GO / 哀川翔
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「25 NIJYU−GO」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

哀川翔主演で贈る東映Vシネマ25周年記念作品。Vシネで活躍してきた豪華キャストたちが扮する、悪徳刑事コンビや横領公務員、老舗ヤクザ、半グレ集団、チャイナマフィアなどの極悪人たちが25億円をめぐって激しい争奪戦を繰り広げるクライムアクション。※R15+※一般告知解禁日:11月24日

「25 NIJYU−GO」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「25 NIJYU−GO」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

学校の怪談 たたりスペシャル

修羅のみち 5 東北(みちのく)殺しの軍団

殺しの挽歌 完結編

リトル・フォレスト 冬・春

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

25 NIJYU-GO ネタバレ

投稿日:2015/02/06 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 25億円を巡って悪徳刑事、ヤクザ、半グレ、殺し屋とかいろんな人たちがドンパチする話。

 主人公が半グレ集団の売り上げを不当に横領したりしてるけど、250万が必要になって困ってたら、たまたま25億横領した男を車で轢いてそのまま誘拐する。25億を狙ってヤクザとかいろいろな集団が出てきて殺し合いをしていく。
 爆破の量、火薬の量が凄くてずっと銃撃戦している印象でした。
 冒頭のその刑事と横領した官僚との出会いからもう真面目に見るのではなく目の前の出来事を楽しむスタイルの映画だと思いました。

 何で隠れてる人たちの居場所がわかるんだろう? とか気になってしまいますが、出会ったらすぐに刑事だろうが何だろうが銃撃していってアクションスタート。ターミネーターのような撃たれても死なない殺し屋とか誰に雇われてるんだろうとかも気になっちゃいました。
 刑事、ヤクザ、半グレ、殺し屋、チャイニーズマフィア。それぞれがクライマックスでバトルロイヤルをしますが、必然的に合わさっていくのではなくて、誰かがその場にいると何故かみんなそこに集合して殺し合いが始まるので、正直25億が誰の元にいこうが知ったこっちゃないと思ってしまいました。

 25億を巡ってのハラハラドキドキで引っ張ってほしかったです。
 官僚の温水洋一さんがひたすら叫んで、ちょっとうるさいなと物語に入り込めないまま終わってしまいました。 

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

大人の遊びは終わらない

投稿日:2016/06/05 レビュアー:ビンス

東映Vシネマ25周年記念作品として制作されたのがこちら「25」
現金25億円をめぐり
25人の悪党が登場するという
まさに25周年にふさわしい設定です。
で、結論から言うと
めでたくというかなんというか
25点ぐらいの作品でした。
しっかり「オチ」決めてますね。
ま、25周年
言わばお祭りってことでしょうから
遊べや遊べって感じで
大人が悪ふざけしたんでしょうね
出来不出来関係なく
パ〜〜〜〜〜っと言っちゃいましょう精神で
遊んじゃったんでしょうね
そうじゃなければ説明がつきません
派手なドンパチ
弾が当たらないドンパチ
弾が当たらなすぎるドンパチ
その距離で当たらないかね・・・
もちろんギャグですよね
わかってます
まさか、実際銃を撃つと
中々的に当たらないという
リアリティーの追求じゃないですよね?
そんなハズはない
マフィアの幹部、ジョニー・ウォンの登場からのくだりなんて
ギャグ以外あり得ない世界観
いい大人がお金を使って遊んでるんです
はしゃいでるんです
うらやましい限りです

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

お店で借りれなかったので ネタバレ

投稿日:2016/03/30 レビュアー:小豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

記念作品としての哀川翔祭りは良いのでは。ヤクザにマフィア、半グレや悪徳警察など入り乱れて
大金を奪い合うのはありがちだけど、出ているキャストが好きなら楽しめるかなと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

意味もなくドンパチ

投稿日:2015/04/05 レビュアー:じゃじゃまる

押収したお金を着服したりしている悪徳刑事コンビ桜井と日影。ある日、着服した250万の弁済のため、公金横領した九十九のもつ25億円に目を付ける。
しかしそのお金を巡って、半グレ集団、やくざが入り乱れ、25億円争奪戦が始まる。


まあ、筋はこんなけ。あとは、ドンパチ。次から次へと主要キャストがやられていくんですな。

しかし、半グレのリーダー、めっちゃ怖い。

不死身の殺し屋とか、あっさり仁義深いやくざが兄貴を殺す、組長コロス、もう、なんでもあり。

ラストは予想がつきますが、まあ、こんなもんですね。



このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

一人っきりの映画館で観たマイナー作

投稿日:2014/12/31 レビュアー:カーヴ

劇場鑑賞時のレビュー

突っ込み所満載、だけどお祭りにふさわしい楽しさは感じる。

そういうものだと思って観れば気も納まるが、闇鍋のようにいろいろブチ込んでみたけどあまりおいしくならなかった、
というのが総合的な評価だ。

話や演技には言及しないが、アクションがショボいのはとても残念。

小沢氏の弟やガキのボス井上君などは、とても良かった。

最後に哀川翔・・・みのもんたに似てる・・・

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

25 NIJYU−GO

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

25 NIJYU-GO

投稿日

2015/02/06

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 25億円を巡って悪徳刑事、ヤクザ、半グレ、殺し屋とかいろんな人たちがドンパチする話。

 主人公が半グレ集団の売り上げを不当に横領したりしてるけど、250万が必要になって困ってたら、たまたま25億横領した男を車で轢いてそのまま誘拐する。25億を狙ってヤクザとかいろいろな集団が出てきて殺し合いをしていく。
 爆破の量、火薬の量が凄くてずっと銃撃戦している印象でした。
 冒頭のその刑事と横領した官僚との出会いからもう真面目に見るのではなく目の前の出来事を楽しむスタイルの映画だと思いました。

 何で隠れてる人たちの居場所がわかるんだろう? とか気になってしまいますが、出会ったらすぐに刑事だろうが何だろうが銃撃していってアクションスタート。ターミネーターのような撃たれても死なない殺し屋とか誰に雇われてるんだろうとかも気になっちゃいました。
 刑事、ヤクザ、半グレ、殺し屋、チャイニーズマフィア。それぞれがクライマックスでバトルロイヤルをしますが、必然的に合わさっていくのではなくて、誰かがその場にいると何故かみんなそこに集合して殺し合いが始まるので、正直25億が誰の元にいこうが知ったこっちゃないと思ってしまいました。

 25億を巡ってのハラハラドキドキで引っ張ってほしかったです。
 官僚の温水洋一さんがひたすら叫んで、ちょっとうるさいなと物語に入り込めないまま終わってしまいました。 

大人の遊びは終わらない

投稿日

2016/06/05

レビュアー

ビンス

東映Vシネマ25周年記念作品として制作されたのがこちら「25」
現金25億円をめぐり
25人の悪党が登場するという
まさに25周年にふさわしい設定です。
で、結論から言うと
めでたくというかなんというか
25点ぐらいの作品でした。
しっかり「オチ」決めてますね。
ま、25周年
言わばお祭りってことでしょうから
遊べや遊べって感じで
大人が悪ふざけしたんでしょうね
出来不出来関係なく
パ〜〜〜〜〜っと言っちゃいましょう精神で
遊んじゃったんでしょうね
そうじゃなければ説明がつきません
派手なドンパチ
弾が当たらないドンパチ
弾が当たらなすぎるドンパチ
その距離で当たらないかね・・・
もちろんギャグですよね
わかってます
まさか、実際銃を撃つと
中々的に当たらないという
リアリティーの追求じゃないですよね?
そんなハズはない
マフィアの幹部、ジョニー・ウォンの登場からのくだりなんて
ギャグ以外あり得ない世界観
いい大人がお金を使って遊んでるんです
はしゃいでるんです
うらやましい限りです

お店で借りれなかったので

投稿日

2016/03/30

レビュアー

小豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

記念作品としての哀川翔祭りは良いのでは。ヤクザにマフィア、半グレや悪徳警察など入り乱れて
大金を奪い合うのはありがちだけど、出ているキャストが好きなら楽しめるかなと思います。

意味もなくドンパチ

投稿日

2015/04/05

レビュアー

じゃじゃまる

押収したお金を着服したりしている悪徳刑事コンビ桜井と日影。ある日、着服した250万の弁済のため、公金横領した九十九のもつ25億円に目を付ける。
しかしそのお金を巡って、半グレ集団、やくざが入り乱れ、25億円争奪戦が始まる。


まあ、筋はこんなけ。あとは、ドンパチ。次から次へと主要キャストがやられていくんですな。

しかし、半グレのリーダー、めっちゃ怖い。

不死身の殺し屋とか、あっさり仁義深いやくざが兄貴を殺す、組長コロス、もう、なんでもあり。

ラストは予想がつきますが、まあ、こんなもんですね。



一人っきりの映画館で観たマイナー作

投稿日

2014/12/31

レビュアー

カーヴ

劇場鑑賞時のレビュー

突っ込み所満載、だけどお祭りにふさわしい楽しさは感じる。

そういうものだと思って観れば気も納まるが、闇鍋のようにいろいろブチ込んでみたけどあまりおいしくならなかった、
というのが総合的な評価だ。

話や演技には言及しないが、アクションがショボいのはとても残念。

小沢氏の弟やガキのボス井上君などは、とても良かった。

最後に哀川翔・・・みのもんたに似てる・・・

1〜 5件 / 全5件