イン・ザ・ヒーロー

イン・ザ・ヒーローの画像・ジャケット写真
イン・ザ・ヒーロー / 唐沢寿明
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「イン・ザ・ヒーロー」 の解説・あらすじ・ストーリー

唐沢寿明と福士蒼汰共演による、スーツアクターの生き様を描くアクションドラマ。スーツアクターの本城渉は新人・一ノ瀬リョウの台頭によって追い詰められていた。ある日、本城にチャンスが舞い込むが、その仕事は命を落としかねないスタントだった。※一般告知解禁日:2014年12月19日

「イン・ザ・ヒーロー」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「イン・ザ・ヒーロー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イン・ザ・ヒーローの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63940 2015年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
85枚 3人 1人

【Blu-ray】イン・ザ・ヒーロー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR63940 2015年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

名も無きヒーロー

投稿日:2015/03/28 レビュアー:ミルクチョコ

唐沢寿明が「20世紀少年」以来5年ぶりに映画主演を務めたオリジナル作品。
特殊スーツに身を包み、映画やドラマでヒーローや怪獣の役割を演じるスーツアクターの主人公・本城渉を、下積み時代に「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」シリーズでスーツアクターを務めた経験のある唐沢が演じました。素顔で役を演じることのないスーツアクターの多くは、いつかアクション俳優として主役を演じることを夢見ています。

唐沢寿明が実際にスーツアクター出身だということを初めて知りました。
あまり日の目を見る機会がなかった「スーツアクター」に初めてスポットを当てたところが面白いです。
展開は最初から最後まで予想通りですが、映画愛に満ちた物語には、胸が熱くなります。

数年ぶりに映画出演の機会がやってきて喜ぶ本城。けれど若手人気俳優の一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)に役をとられてしまいます。
しかも、リョウのマネージャーからは、殺陣をお願いされ、仕方なく引き受けることに。
イヤなヤツだったリョウが本城を通じて人間的に成長していく姿がいいです。
主人公を影ながら支える元妻役の和久井映見や寺島進らが扮するスーパーアクターの仲間たちも味があって魅力的でした。
彼らがいなければ、ドラマや映画が成り立たないのに、表舞台に立てなくとも、肉体の鍛錬を欠かさず熱い志を持ち、仲間のために働く人たちが、とっても格好良かったです。
影ながらの映画人が織り成す人間ドラマから映し出される生き様は、我々も見習わなければならない所も多々ありました。

劇中劇という設定も見ていて面白く、アクションシーンは、ワイヤーなし、ワンショットで撮影するというこだわりようでしたが、あまりにも危険なシーンは実際の撮影ではそういう訳にはいかなかったようです。ワンカットで撮っているようには見えませんでした。これは仕方がないと思います。
クライマックスの忍者100人斬りシーンは鳥肌ものです。
唐沢寿明も50歳ですか?悲哀を感じました。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スーツアクター

投稿日:2015/05/02 レビュアー:oyoyo

「スーツアクター」にスポットをあてた異色作。
ヒーローを生み出す舞台裏や表舞台に出ることのない人々の姿を描いている。
唐沢寿明の魅力満載ですね。
福士蒼汰もいい味出してる。
吉川晃司の主題歌も映画に合ってていい感じ。

主人公・本城の熱い思いがカッコいい。
態度の悪い若者・一之瀬が、だんだん本当のイイ男に成長してゆくのも面白い。
アクターたちの、身体づくりや、影の努力、舞台裏を描いていて興味深い。
スーツアクターを題材にしてるだけあってアクションは一流だ。

ラストの撮影では熱いものが込み上げてきました。
ただ、「ワイヤーを使わない撮影」のシーンで実際はワイヤーを
使っていたのが残念。

80点

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒーローの中の人が主人公! 超王道のヒーロー物でした!!ネタバレ

投稿日:2015/01/26 レビュアー:テレビマン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画館で観ました。

ヒーロー特撮物の着ぐるみに入るスタントマン・スーツアクターの物語。
かつてJACに所属し、『仮面ライダースペシャル10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』では、
ライダーマンのスーツアクターを担当した唐沢寿明を主演に迎えた中年オヤジのヒーロー・サクセス・ヒストリー。

いわゆる『ロッキー』的な展開が超王道で、先が読めてしまうのだが、そこをツッコムのは野暮。
概ね満足して楽しめる。のだが・・・特撮マニアには気にかかる部分は多い。

主人公はアクションには定評があるが、俳優としては全くと評価されていない。
本人もいつか顔出しで・・・と目標を持っている。
何より家族に負い目があり、顔出しで成功してこそ本物なんだ!的な言動が多い。
実際には、プロフェッショナルな人で成り立つ現場で、
スーツアクターを目指す人も多い昨今…スーツアクターは日陰者。を前提にした物語に違和感。
もちろん、その前提がないと物語として盛り上げにくいのは理解できるが…。
そこが気にならなければ十分楽しめると思う。

クライマックスは、1カット長回し、合成もワイヤーも使わない、高所飛び降り、火だるまありの100人斬り!
ハリウッド俳優も逃げ出すような危険なアクションを買って出る主人公。
命がけで撮影に挑戦!するのだが…

本作では、撮影シーンを客観的に撮影しているので、
主人公を撮影している「劇中劇」の映像と、
撮影しているカメラが映っている客観的カメラアングルとが、カット編集されている。
「あぁ。1カットでは観れないのね」って、ちょっとガッカリ。

さらに、あきらかに「ワイヤー使ってますよね?」ってアクションもあるので、ちょっと興冷め。
ただ、そこを差し引いてもアクションは素晴らしい!
ので、もう少し編集に頑張っていただきたかった。

福士蒼汰が特撮ヒーローを踏み台にしてハリウッドにも挑戦する新人として出演しているが、
フォーゼを観ていたものとしては複雑…。
まぁ、彼にも事情があり、師弟モノとしても盛り上がりもあるので、良いスパイスにはなってます。

松方弘樹が本人役でゲスト出演。と、思ったら鳥肌物の展開が!

あと、ハリウッド進出経験のある加藤雅也が「ハリウッドは甘くないんだ!」的なセリフがツボでした。

エンディングも、スタントマン愛が感じられます。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

好きなことで食べていけるのは幸せなこと

投稿日:2015/03/24 レビュアー:飛べない魔女

知らなかった!
唐沢寿明さんて、「東映アクションクラブ」出身で、自身もスーツアクターやっていたんですって!
どうりで、アクションや決めポーズが樣になってると思った。
肉体改造したとかで、体の引き締まり具合もいい塩梅で、やたらかっこいいんですけど!
50歳だなんて到底思えないほどの身のこなしと軽さ。

夢を諦めずにいることが、果たしていいのか、悪いのか?
家族に心配と迷惑をかけてまで止めないのは、男としてどうなのか?
でもね、本城には信念があって、男気があって、こだわりがあって、
そういうのって、悪くないなって思う。
私が奥さんでも、やっぱり離婚するかもしれないけど(笑)
決してエンドロールに名前を出してもらいないスーツアクターたち。
でも彼らの思いは熱く、そのアクションは命がけ。
決して顔を見せることはなくても、アクションに手抜きはない。
ラストのアクションシーンは凄かった!
これもアクション一筋に頑張ってきたアクターたちが演じているかと思うと
胸に熱いものがこみ上げてきた。
たとえ、日の目をみることなく終わっても、好きなことで食べていけるのなら、それは凄く幸せなことなんだと思う。

アクションあり、人間ドラマあり、福士蒼汰あり(笑)、
楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

安心して観られる

投稿日:2015/06/11 レビュアー:ちびた

主人公は
昔かたぎ(と言っていいのかな?)のスーツ・アクター…
スーツ・アクター って何? という方も多いはず
それを世に広めるだけでも いや 広めるだけのために
作られた と言ってしまえば身もふたもない

物語の骨格は 蒲田行進曲と同じ

見どころはなんといっても最後の殺陣
切れの良い 美しい殺陣を十二分に楽しめます
やっぱり松方弘樹の貫録と存在感はすごい
群を抜いている

で 評価
思ったように物語は進み
思ったように終わるので
安心して観ていられる
映画界の内幕も垣間見られ
よほどのモチベーションを持たなければ
芸能人にはなれないというのもわかってしまう
芸能人 なめんなよ
という声が聞こえてきそう
この映画を見た後
素直な人はリスペクトが湧き上るに違いない
ポイントはプラスマイナス0で星三つ

ちびたのブログ 「ご隠居通信」は
こちらのアドレスへ
http://ameblo.jp/chibita5554141

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全25件

イン・ザ・ヒーロー