ドクター・フー ニュー・ジェネレーション

ドクター・フー ニュー・ジェネレーションの画像・ジャケット写真

ドクター・フー ニュー・ジェネレーション / マット・スミス

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ドクター・フー ニュー・ジェネレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

イギリスの人気SFドラマの続編シリーズ第19巻。新たな体を手に入れたドクターは、地球で出会った少女、エイミー・ボンドと共に犯罪者、プリズナー・ゼロを捕まえるため宇宙へと旅立つ。マット・スミスが11代目ドクターを好演。第37話と第38話を収録。

「ドクター・フー ニュー・ジェネレーション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: イギリス
原題: DOCTOR WHO

「ドクター・フー ニュー・ジェネレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ウィズネイルと僕

ギャング・オブ UK

LOGAN/ローガン

スペースボール

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

途中でくじけるな

投稿日:2015/01/29 レビュアー:ひとこと言いたい

正直言いますが、実は私はエクルストンやテナント・ドクターに比べて、初めてマット・スミスドクターを観た時には えっ?
と思いました。 おでこ・目ん玉引っ込み、若い頃の岡八郎氏(あ、若い人はご存じないでしょうね)みたいな奥目かと。
(しかし、ローズ・タイラーに比べていつもミニスカ・タイツルックで御み足を見せてるエイミーは美人ですな)

観ましょ観ましょ。とにかく前半のエピソードは14巻に収束されていきます。途中で飽きた人もどうか我慢してVOL.14まではお付き合いください。
これぞ連続ドラマ! よぉ〜く先まで伏線が練られています。 (個々のエピソードの良し悪しはありますが)
ま、とりあえずそれを素直に楽しみましょか

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

小ネタ

投稿日:2015/02/27 レビュアー:ひとこと言いたい

同行者が変わった後半 第19巻

イギリスらしい幽霊館奇談。こういうの、英国は好きですね。とうぜん、ドクター・フーですから一ひねり。
よくある「謎のXX」がXXではなく盛りのついたネコだった、と。

ドクターがわざわざ会いに来た女性霊能力者の名前が「エマ」。 
なんだか聞き覚えがあるので映画「ヘルハウス」や手塚真さんの著書やらを調べなおしてヒット!
英国に実在した有名な霊媒の名前でした〜〜〜〜!
あ。「ヘルハウス」もこの手のお話の傑作ですね。

 それにしても、、、
ドクターが床にチョークで書いた白い丸印。
昔のホラー映画好きなわたくしは、もちろんあのソ連製ホラーの 「妖婆 死棺の呪い/ヴィー」 を連想しちゃいましたよ。
これも傑作ですね

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ドクター・フー ニュー・ジェネレーション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

途中でくじけるな

投稿日

2015/01/29

レビュアー

ひとこと言いたい

正直言いますが、実は私はエクルストンやテナント・ドクターに比べて、初めてマット・スミスドクターを観た時には えっ?
と思いました。 おでこ・目ん玉引っ込み、若い頃の岡八郎氏(あ、若い人はご存じないでしょうね)みたいな奥目かと。
(しかし、ローズ・タイラーに比べていつもミニスカ・タイツルックで御み足を見せてるエイミーは美人ですな)

観ましょ観ましょ。とにかく前半のエピソードは14巻に収束されていきます。途中で飽きた人もどうか我慢してVOL.14まではお付き合いください。
これぞ連続ドラマ! よぉ〜く先まで伏線が練られています。 (個々のエピソードの良し悪しはありますが)
ま、とりあえずそれを素直に楽しみましょか

小ネタ

投稿日

2015/02/27

レビュアー

ひとこと言いたい

同行者が変わった後半 第19巻

イギリスらしい幽霊館奇談。こういうの、英国は好きですね。とうぜん、ドクター・フーですから一ひねり。
よくある「謎のXX」がXXではなく盛りのついたネコだった、と。

ドクターがわざわざ会いに来た女性霊能力者の名前が「エマ」。 
なんだか聞き覚えがあるので映画「ヘルハウス」や手塚真さんの著書やらを調べなおしてヒット!
英国に実在した有名な霊媒の名前でした〜〜〜〜!
あ。「ヘルハウス」もこの手のお話の傑作ですね。

 それにしても、、、
ドクターが床にチョークで書いた白い丸印。
昔のホラー映画好きなわたくしは、もちろんあのソ連製ホラーの 「妖婆 死棺の呪い/ヴィー」 を連想しちゃいましたよ。
これも傑作ですね

1〜 2件 / 全2件