るろうに剣心 伝説の最期編

るろうに剣心 伝説の最期編の画像・ジャケット写真
るろうに剣心 伝説の最期編 / 佐藤健
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

52

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「るろうに剣心 伝説の最期編」 の解説・あらすじ・ストーリー

和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演で映画化したアクション大作の後編。日本征服を企む志々雄を倒すため、剣心は師匠の比古清十郎に奥義の伝授を懇願する。一方、剣心が生きていることを知った志々雄は政府に圧力を掛け、剣心の公開処刑を命じる。※一般告知解禁日:11月26日

「るろうに剣心 伝説の最期編」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「るろうに剣心 伝説の最期編」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

るろうに剣心 伝説の最期編の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分 1.日本語音声字幕 1.オリジナル日本語(5.1ch)
2.オリジナル日本語(2.0ch)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000534140 2015年01月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
454枚 24人 12人

【Blu-ray】るろうに剣心 伝説の最期編(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分 1.日本語音声字幕 1.日本語(PCM 5.1ch)
2.日本語(PCM 2.0ch)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000534079 2015年01月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
190枚 7人 8人

関連作品

ユーザーレビュー:52件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全52件

生きるための闘いがカッコいい

投稿日:2015/01/16 レビュアー:ミルクチョコ

「るろうに剣心」シリーズの完結編。
日本征服を狙う志々雄(藤原竜也)は、砲艦で伊藤博文を脅し、剣心を指名手配にさせます。
一方、かつての師匠・清十郎(福山雅治)に助けられた剣心は、志々雄に立ち向かうため、師匠に奥義の教えを請います。そして、志々雄の計画を阻止するために東京へ向かうものの、蒼紫が行く手を阻みます。

前編より一層アクションが激しさを増し、殺陣シーンが盛りだくさんでビックリしました。
師・清十郎の奥義は、真の強さとは、死を恐れない覚悟ではなく、生きようとする意志だ。生への渇望によってこそ強さを得ると教えられます。
剣心を厳しく鍛える師匠ですが、激しく動き回る剣心に対して、どちらかというと緩やかでどっしり構えるスタイルが印象的でした。
福山雅治のカッコよさを堪能できます。

ラストの志々雄とのバトルは圧巻です。ラストにふさわしい凄みを増した殺陣と藤原竜也の圧倒的存在感は必見の価値有り。
志々雄の哀しみを感じさせる心理描写が伝わって来るようでした。
生きるための闘いがやっぱりカッコいい。

このレビューは気に入りましたか? はい 20人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カンフーへの傾斜。

投稿日:2015/03/08 レビュアー:ぴよさん


 前作『京都大火編』で語っておくべきことを消化せずに、この『最期編』に持ち込んだことで、映画的に
バランスを欠いてしまったように見えた。第一作よりも原作の再現度を下げた脚本は、それならそれで
もいいのだが、漫画的要素を排しただけの効果を得られたとは思えない。
 例えば漫画的でもいいから描写すべきだったのは、奥義「天翔龍閃」の体得、もしくは披露のシーン。
最後の最後に志士雄を倒す場面で、あのアッサリ描写はいただけない。歌舞伎の「見得」ではないが
あの場面だけはもっと何か見せ方が無かったろうかと思う。

 もちろんアクション映画としての満足度は、非常に高い。三作通じてのアクション監督、谷垣健治の
見事なる仕事だ。特に印象に残るのは宗次郎戦。「縮地」も「瞬天殺」も実写では描きにくいものの、
リアルなスピード感は表現されていた。膝をつき気味で戦う場面のアクション設計など、相変わらず
すばらしい。

 同様に最終決戦での四対一の乱戦も、苦心の場面だったと思う。四者四様の技が入り乱れる中、
それらを捌きながら、圧倒してみせる志々雄の凄みを見せつけた。贅沢を言うなら、スピード感を重視
しすぎてか、攻撃に重みを感じられなかったこと。それを感じさせられるはずの左之助が「二重の極み」
を体得していないのが痛い。安慈とのエピソードをなんとか前半、比古との修行部分を削ってでも滑り
こませられなかったものか。
 十本刀のザコっぷりは泣く泣く諦めるしかないが、盲剣の宇水vs斎藤のシークエンスはあんまりだ。
あんな扱いなら、凝ったコスチュームなんかさせないで欲しい。 

 そしてやっぱり最後まで消化不良だったのが四乃森蒼紫の存在だ。取ってつけたような設定のせいで、
大火編からずっと、この人の行動原理がしっくりこない。だから最終決戦の場に現れた時に、パッション
が生まれなかった。熱演の伊勢谷が可哀想。
 福山雅治(比古清十郎)にしろ、藤原竜也(志々雄)にしろ、よくもこれだけの殺陣をやれるものと
感心するが、見せすぎると少々飽きてしまうのも事実。一作目の綾野剛(外印)が短い時間で強烈な
印象を残したのが、良い見本だったと思う。

 アクションのリズムといい、そのシークエンスの長さといい、これはもはやカンフー映画だ。それは、
谷垣の香港映画ブラッドによるものだろう。(一作目はまだそれでも「時代劇」だった)
 そのことは成功もしているが、失敗してもいると思う。カンフーは畳みかけてなんぼだが、時代劇は
静と動、緩と急で空気を作る。それは谷垣の言う、「自分のDNAにあるドメスティックなもの」への
こだわりに繋がることだと思うのだが。


 …まあしかし、そんなのは古い見方なのかもしれない。世界に通用するアクションを志向するなら、
この手法は正解なのだろう。であれば大友×谷垣で(原作に縛られない)オリジナルなアクション映画
を観てみたいものだ。徹底的に“和”のアクション、たとえば宮本武蔵とか。(おっと、バガボン…) 




このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラストサムライの話なのであったネタバレ

投稿日:2014/12/29 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作『京都大火編』から間髪要れずにロードショーとなった『伝説の最期編』。
1作目を凌ぐスケールとアクションになった『京都大火編』だったのですが、福山雅治を迎えて、どのようなアクションになるのかが見物でもあり、不安要素でした。

いきなり始まる、師匠・比古清十郎vs剣心の白熱のお稽古!福山さんも全開のアクションで見ごたえ充分!冒頭から不安解消です。
福山雅治さん、美味しすぎるでしょう。

前回までのモヤモヤ部分の解消もひとつ紹介。
作品を観る前に息子に言ってたんです「牙突」の成功が観たいと。
遂にその時がやって来ました!江口's斉藤が、牙突の構えを決めた瞬間、私をチラリと観た息子を感じましたよ!ここだと!
やっと!やっと!斉藤一の牙突が!日の目を見たのです!
一瞬ではありますが、少しショボかろうが、よいのです。あれ以上は表現のしようがないでしょう。牙突!良かったぁ♪

期待しながらも残念だった事も紹介。
安慈と左之助の絡み。左之助が、二重の極みを伝授されるハズなのですが…う〜ん無かったぁ。ここ残念。

蒼紫と剣心、宗次郎と剣心の絡みもOK!
蒼紫はねぇ、もう少し欲しかったけど我慢我慢。
あまり拘っていても、ただでさえ2時間を超える大作。全て網羅するには5時間を超えてしまうでしょう…

藤原竜也。はい、志々雄真実です。
その容貌含め、濃い立ったキャラでもあり、描き方が非常に難しかったと思います。
演じる方ももちろんだったと思いますが、完璧だったのではないでしょうか。
佐藤健の剣心はもちろんカッコよく、主役だったのですが、対する敵役・藤原志々雄、最凶にして最高のキャラは、バットマンのジョーカーに引けを取らないのでは!?と思う次第でして、言い過ぎかもしれませんが悪しからず。

突っ込みどころは、沢山あるでしょう。
元々が空想の世界。衣装にしても、必殺技にしても、実写化にはリスクが伴います。
しかし、漫画やアニメでしか描けない迫力やスピード感を、このシリーズは出来うる限りの実写化に成功している数少ない成功例だと思います。
役者の方々の稽古の苦労を思うだけで、さぶイボが立つくらいに感動してしまうのであります。

新時代を築くには、あまりにも多くの犠牲を払った幕末。
関係の無い命の犠牲も問わない、非情な明治政府ですが、それは現代社会にも言えるところ。
非情な采配を振るった伊藤博文が、最期に見せた侍達への「敬礼」。
トム・クルーズの『ラストサムライ』で、憲兵達が見せた「座礼」が、それに近い意味なのかもしれません。少し違うけど…

侍の時代が終わり、新たな時代の始まりを告げた瞬間なのかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実写化成功ネタバレ

投稿日:2016/05/29 レビュアー:oyoyo

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

漫画の実写化では大成功の「るろうに剣心」シリーズ第3弾!

佐藤健に武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介、藤原竜也、伊勢谷友介に福山雅治!
なんと豪華な顔ぶれ!

原作は知らないけど、
今作では、剣心が、あまり強く思えない。
師匠との特訓シーンは、いつも師匠にかなわないし、
ラストバトルは志々雄1人に対し、こっちは数人がかり、
○○レンジャーじゃないんだから(笑)
師匠や志々雄が強すぎて、剣心が弱く見えてしまう。

とはいえ殺陣は迫力があり、戦い方やアングルも飽きさせない工夫がされている。
ストーリーも深みがあり、しっかり作られている。
福山雅治カッコいい。
佐藤健の表情にも注目。剣心そのものだ。
アクション映画としては一級品だ。

85点

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

さすがに剣心も「おろっ」なんて言ってる場合じゃない

投稿日:2014/12/18 レビュアー:飛べない魔女

こちらも早くもDVD化ですか!
最近まで映画館でかかっていたのに、あっというまにDVD発売されるから
DVDレンタルでいいや・・なんていう人が増えて
映画館はいつもガラガラなんですかねぇ?
それとも、うちの方が田舎だからなんですかねぇ?

京都大火編からの続きです。
いよいよ、剣心の師匠である比古清十郎(福山雅治)の登場です。
師匠とはいろいろあって、師匠のもとを離れた剣心が志々雄真実との対決には
飛天御剣流の奥義を極める必要があり、原作では師匠を訪ねる剣心ですが
映画では師匠が海に流れ着いたひん死の剣心を助けます。
心も体も傷つきぼろ雑巾のようになってしまった剣心。
育ての親でもあった師匠からの愛のムチを受けることになるわけです。
さあ、志々雄との死闘が始まりますよ。

映画では志々雄真実の配下である十本刀の面々のそこに至るまでのエピソードなどは省かれていることから
ラストは単純にバトルを楽しむことになりますね。
本当は彼らのドラマにも深いものがあるのですが。
四乃森蒼紫にしても、なぜあそこまで剣心との戦いにこだわるのか、映画だけではわかりませんね。
これは原作を読んでいただくと、すごく納得なのです。

とはいえ、映画としては良くまとまっていたと思います。
後半は剣心の「おろっ」は完璧封印されて(笑)、最大の山場である志々雄真実との死闘を
じっくり描きこみ、剣心の中に潜む「緋村抜刀斎」といかに別れを告げるのかが見ものです。

ここまで映画を作り込んだからには、剣心の十字傷の秘密が明かされる「人誅編」も
作ってくれるんですよねぇ?
原作では人誅編はどうも人気が無いようなのですが(話が暗いので)
剣心がどうして不殺になったのかが判る重要な編ですので、ぜひ作って欲しいです。

そういえば、映画館には「時代劇」と間違えていたのか、ジジ&ババがけっこう見に来ていたのには驚きでした。
激しいアクションシーンに驚きを隠せなかったのではないでしょうか?(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全52件

るろうに剣心 伝説の最期編