余命90分の男

余命90分の男の画像・ジャケット写真

余命90分の男 / ロビン・ウィリアムズ

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「余命90分の男」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

急逝した名優、ロビン・ウィリアムズ最後の主演作となったコメディドラマ。常に不機嫌で世の中に対して怒っているヘンリー。ある日病院に行った彼は、同じように鬱憤を抱えていた研修医・シャロンの診察を受け「余命90分」と告げられる。※一般告知解禁日:12月1日

「余命90分の男」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: THE ANGRIEST MAN IN BROOKLYN

「余命90分の男」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

エクスカリバー 聖剣伝説<ノーカット完全版>

ペネロピ

タイニー・ラブ

奇蹟の輝き

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

ロビンの表情には翳りがあった

投稿日:2015/03/20 レビュアー:ポッシュ

自殺してしまったロビン・ウィリアムス主演ということで、そう思って観たせいか、なんだか痛々しかった。
たぶん脚本は「笑って泣けるヒューマン・コメディ」って線で書かれていたんだろうと思えるけど、
よふかしさんのレビューにもある通り、演出がどっちつかずで狙いどころが見えなくなってしまった。
何より気になったのは画質の汚さ。冒頭、若かりし頃のシーンで「ああ、古い感じが出てるなー」と思ったら、
現代になっても同じ画調でびっくり。こんなザラついた画面で、重病人(という設定)のロビン・ウィリアムスが
渋面で怒鳴りまくってたら、なんだか気が滅入ってしまう。
ロビン自身のその後を知っているだけに、「死にゆく人」のドキュメンタリーを見てるみたいで・・・(苦笑)。
いや、真面目にそんな気がする。ロビンの表情には翳りがあったように思う。
目に光がないと言うか。
だから、筋書きとしては「おかしな」シーンでも笑えなかったのだ。

その昔、精神を病んでしまった友人と撮った写真が、そんな風だった。
楽しいハズの外出先での1枚だったのに、彼女があまりにも暗い陰鬱な表情で映っていたのでビックリした。
一緒にいた時は気付かなかっただけに、余計にショックだった。
写真は時に、目には見えない「真実」を写し取ってしまうことがある。
この作品も、ロビン・ウィリアムスの何らかの「真実」が映ってしまったんじゃないかなぁという気がする。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

ジャンルが『コメディ』?

投稿日:2016/01/06 レビュアー:飛べない魔女

これ、コメディに分類されていますが、笑う要素はあまり無く、
かなりシリアスものですよ。
確かに、間違って余命90分を宣告されてしまった主人公が
今までどうしても果たせなかった家族との修復を、90分間という短い間に何とか果たそうとして、
ドタバタと街中を走り回るのですが、その姿は哀れで悲しく、とても笑えるという様なものではありません。
というのは、やはり私たちは、この後に起こったロビン・ウィリアムスの行く末を知っているからでしょうか?
ポッシュさんが書かれているように、まさに『「死にゆく人」のドキュメンタリーを見てるみたい』という表現がしっくりいくのです。
ロビンの表情は本物の病人のように沈んでおり、輝いている部分は一つも無いように見えました。
何より、目が死んでいるのですよ。
覇気が全く感じられないのですよ。
だから、笑わせようとしているシーンでも、笑うことは出来ないのです。
穏やかで幸せな最期を迎えることになる主人公を見ても、何だか、とても空しくて、悲しくなる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ロビンらしい、とんだ笑いが少ない

投稿日:2015/03/11 レビュアー:Yohey

ロビン・ウィリアムズの最期の作品?みたいな感じで紹介されていたので観てみました。病院行ったら「余命90分です」と言われた男のドタバタ劇。とのことで、なんかそれだけで、だいたい話が分かってしまいそうな感じでしたが、そのまんまでした。

ものすごいドタバタ劇や、ちょっとした風刺があれば良かったんだけど、あんまり無かったです・・・もう枯れちゃっていたのかなぁ・・・哀しい。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

最後の主演作はロビン・ウィリアムズらしい映画でした

投稿日:2015/02/08 レビュアー:ひゅう助

最後の主演作はロビン・ウィリアムズらしい、マシンガントーク連発で、ほろりと泣ける映画でした。

あらすじ

余命90分と宣告されたヘンリー(R・ウィリアムズ)が残された時間をどう過ごすか四苦八苦する話。ちなみに90分というのは誤診でした。


ロビン・ウィリアムズの最期の主演作と言うことで、ここでの評価は高いようだけれども、ここは公平に私は評価しますよ。

けっこう退屈な映画でした。主人公がとる行動も予想の範囲内で意外性が無い。

見る人を無理やり泣かせようとする演出もミエミエで、どうにも泣けない。

笑えるところも確かにあったが、それも少しだけ。

最後の主演作にふさわしくない映画でしたね。今さら言ってもしょうがないことだけど。

☆3つ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

人生の挽回

投稿日:2016/06/15 レビュアー:こうさま

評価72点(100点満点)
ロビン・ウィリアムスの最後となった作品、原題の「ブルックリンで最も怒れる男」主人公のヘンリーはともかく怒っている、短気で周囲から疎まれており妻や息子からも相手にされない。
そんな自分が腹立たしくそれが更に怒りを増幅させているよう。
検査結果を病院に聞きに行くが主治医の代理で対応した女医のシャロンの態度に聞く耳持たぬと怒りをぶつける。
脳動脈瘤ならば余命はどれだけだと迫られ「余命90分」と医者にあるまじき対応をしたことからドタバタがはじまる。
余命90分はオーバーにしても人間人生の最後に何をしたいと考えるのだろう。
ヘンリーはまず妻とよりを戻すために最後のセックスをしようと考える、そして友人知人を招いての生前葬、疎遠になっている息子との関係修復、しかしどれもうまく行かない。
責任を感じてヘンリーを探しまわるシャロン、コメディータッチの流れの中に男の孤独さがうきぼりになる。今まで周囲の人間関係を無視し続けてきた彼に、最終回での人生挽回のチャンスが訪れるのかというお話なのであるが、
誰しも人生の最後に思ったことができる人はどれほどいるのだろう。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

余命90分の男

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

ロビンの表情には翳りがあった

投稿日

2015/03/20

レビュアー

ポッシュ

自殺してしまったロビン・ウィリアムス主演ということで、そう思って観たせいか、なんだか痛々しかった。
たぶん脚本は「笑って泣けるヒューマン・コメディ」って線で書かれていたんだろうと思えるけど、
よふかしさんのレビューにもある通り、演出がどっちつかずで狙いどころが見えなくなってしまった。
何より気になったのは画質の汚さ。冒頭、若かりし頃のシーンで「ああ、古い感じが出てるなー」と思ったら、
現代になっても同じ画調でびっくり。こんなザラついた画面で、重病人(という設定)のロビン・ウィリアムスが
渋面で怒鳴りまくってたら、なんだか気が滅入ってしまう。
ロビン自身のその後を知っているだけに、「死にゆく人」のドキュメンタリーを見てるみたいで・・・(苦笑)。
いや、真面目にそんな気がする。ロビンの表情には翳りがあったように思う。
目に光がないと言うか。
だから、筋書きとしては「おかしな」シーンでも笑えなかったのだ。

その昔、精神を病んでしまった友人と撮った写真が、そんな風だった。
楽しいハズの外出先での1枚だったのに、彼女があまりにも暗い陰鬱な表情で映っていたのでビックリした。
一緒にいた時は気付かなかっただけに、余計にショックだった。
写真は時に、目には見えない「真実」を写し取ってしまうことがある。
この作品も、ロビン・ウィリアムスの何らかの「真実」が映ってしまったんじゃないかなぁという気がする。

ジャンルが『コメディ』?

投稿日

2016/01/06

レビュアー

飛べない魔女

これ、コメディに分類されていますが、笑う要素はあまり無く、
かなりシリアスものですよ。
確かに、間違って余命90分を宣告されてしまった主人公が
今までどうしても果たせなかった家族との修復を、90分間という短い間に何とか果たそうとして、
ドタバタと街中を走り回るのですが、その姿は哀れで悲しく、とても笑えるという様なものではありません。
というのは、やはり私たちは、この後に起こったロビン・ウィリアムスの行く末を知っているからでしょうか?
ポッシュさんが書かれているように、まさに『「死にゆく人」のドキュメンタリーを見てるみたい』という表現がしっくりいくのです。
ロビンの表情は本物の病人のように沈んでおり、輝いている部分は一つも無いように見えました。
何より、目が死んでいるのですよ。
覇気が全く感じられないのですよ。
だから、笑わせようとしているシーンでも、笑うことは出来ないのです。
穏やかで幸せな最期を迎えることになる主人公を見ても、何だか、とても空しくて、悲しくなる作品でした。

ロビンらしい、とんだ笑いが少ない

投稿日

2015/03/11

レビュアー

Yohey

ロビン・ウィリアムズの最期の作品?みたいな感じで紹介されていたので観てみました。病院行ったら「余命90分です」と言われた男のドタバタ劇。とのことで、なんかそれだけで、だいたい話が分かってしまいそうな感じでしたが、そのまんまでした。

ものすごいドタバタ劇や、ちょっとした風刺があれば良かったんだけど、あんまり無かったです・・・もう枯れちゃっていたのかなぁ・・・哀しい。

最後の主演作はロビン・ウィリアムズらしい映画でした

投稿日

2015/02/08

レビュアー

ひゅう助

最後の主演作はロビン・ウィリアムズらしい、マシンガントーク連発で、ほろりと泣ける映画でした。

あらすじ

余命90分と宣告されたヘンリー(R・ウィリアムズ)が残された時間をどう過ごすか四苦八苦する話。ちなみに90分というのは誤診でした。


ロビン・ウィリアムズの最期の主演作と言うことで、ここでの評価は高いようだけれども、ここは公平に私は評価しますよ。

けっこう退屈な映画でした。主人公がとる行動も予想の範囲内で意外性が無い。

見る人を無理やり泣かせようとする演出もミエミエで、どうにも泣けない。

笑えるところも確かにあったが、それも少しだけ。

最後の主演作にふさわしくない映画でしたね。今さら言ってもしょうがないことだけど。

☆3つ。

人生の挽回

投稿日

2016/06/15

レビュアー

こうさま

評価72点(100点満点)
ロビン・ウィリアムスの最後となった作品、原題の「ブルックリンで最も怒れる男」主人公のヘンリーはともかく怒っている、短気で周囲から疎まれており妻や息子からも相手にされない。
そんな自分が腹立たしくそれが更に怒りを増幅させているよう。
検査結果を病院に聞きに行くが主治医の代理で対応した女医のシャロンの態度に聞く耳持たぬと怒りをぶつける。
脳動脈瘤ならば余命はどれだけだと迫られ「余命90分」と医者にあるまじき対応をしたことからドタバタがはじまる。
余命90分はオーバーにしても人間人生の最後に何をしたいと考えるのだろう。
ヘンリーはまず妻とよりを戻すために最後のセックスをしようと考える、そして友人知人を招いての生前葬、疎遠になっている息子との関係修復、しかしどれもうまく行かない。
責任を感じてヘンリーを探しまわるシャロン、コメディータッチの流れの中に男の孤独さがうきぼりになる。今まで周囲の人間関係を無視し続けてきた彼に、最終回での人生挽回のチャンスが訪れるのかというお話なのであるが、
誰しも人生の最後に思ったことができる人はどれほどいるのだろう。

1〜 5件 / 全10件