サスペクト 哀しき容疑者

サスペクト 哀しき容疑者の画像・ジャケット写真

サスペクト 哀しき容疑者 / コン・ユ

全体の平均評価点:(5点満点)

13

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「サスペクト 哀しき容疑者」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「トガニ 幼き瞳の告発」のコン・ユが、妻子を奪われ復讐に執念を燃やす元北朝鮮工作員役で壮絶なアクションに挑んだサスペンス・アクション。共演は「依頼人」のパク・ヒスン。監督は「セブンデイズ」のウォン・シニョン。ソウルの片隅で孤独に暮らす元北朝鮮特殊部隊のエリート工作員、チ・ドンチョル。愛する妻子を殺された彼は、韓国へ逃げ延びた同郷の犯人への復讐を誓い、その行方を追っていた。そんなドンチョルの唯一の理解者が、今は韓国財界の大物となっている元脱北者のパク会長だった。ところが、そのパク会長が何者かに暗殺されてしまう。その現場に偶然居合わせたばかりに、絶命寸前の会長からある品を託される一方、会長殺しの容疑者にもなってしまうドンチョルだったが…。

「サスペクト 哀しき容疑者」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 韓国
原題: THE SUSPECT

「サスペクト 哀しき容疑者」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

密偵

100日の郎君様

コン・ユの二十歳

インシャラ

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

韓国版ボーン

投稿日:2015/01/12 レビュアー:ミルクチョコ

祖国・北朝鮮から見捨てられた特殊部隊の元エリート工作員チ・ドンチョル(コン・ユ)。愛する妻子を殺害され復讐を心に誓った彼は、現在は韓国で運転代行業をしながら犯人を探す日々を送っています。そんなある日、ドンチョルは親身にしてくれていたパク会長の殺害現場に遭遇。容疑者の濡れ衣を着せられてしまいます。

冒頭のコメントでもありましたが、ボーンを彷彿とさせる生身のアクションシーンをふんだんに投入。圧倒的なスピード感で考える暇を与えず、壮絶なアクションに、複雑な策略が絡み合い、脳と視覚がフル回転するようなサスペンス活劇になっていました。
優しい眼差しが印象的なコン・ユが、今までのイメージを覆す寡黙な男を演じています。感情を殺して生きる彼の目が哀しいです。

祖国のために厳しい訓練に耐え抜き任務を遂行していたにもかかわらず、上層部の方針転換を機に祖国から抹殺されそうになるドンチョル。
絞首台でその時がきても、過酷なサバイバル訓練を耐え抜き、強靭な肉体と精神力で死をも克服してしまいます。これは人間の域を超えています。
また、追う側でありながら上司ソッコ室長の陰謀を知ってしまうセフン大佐も重大な決断を強いられます。政府に対する不信感を根底に、いつの間にか相通じていくドンチョルとセフン大佐の男のサバイバルな友情も見どころでした。
ソウル市内を舞台に繰り広げられる派手なチェイスで、狭い路地や階段を使ったカーアクションは迫力満点でした。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

アクションが凄すぎる!

投稿日:2021/02/04 レビュアー:飛べない魔女

コン・ユが見たくての鑑賞です。
1分1秒目が離せないほどのアクションの連続。
いやはや、このアクションシーンは一体どうやって撮ったんだ?というような
激しいシーンがメジロ押しです。
肝心のコン・ユssiは、この役どころのためにかなり体を鍛え絞ったということで
9頭身のスタイルがよりシュッとしてクールでした。

北朝鮮の元工作員のドンチョル。
愛する妻子を殺され、無常にも祖国から切り捨てられた彼は
脱北して静かに韓国で生きていたのです。
心にあるのは復讐心だけ。
その瞳は常に悲し気なドンチョルが、今度は韓国で殺人の容疑者にされてしまいます。
ドンチョルを追うセフン大佐との壮絶なカーチェイスシーンは
アイデア満載、大迫力で見ものです。

そしてここでも悪は権力者たち。
腐っています!
人を殺してまでも彼らが手に入れたかったものの正体が判ったときは
おかしさがこみ上げてきました。

それにしても、クビ吊りで処刑された人間が、いくら強靭とはいえ
クビを締まらないようにコントロールして、生還するとか、あり得ないです。
そこのところはちょっとやり過ぎだな、と思いました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

哀しい目

投稿日:2015/12/16 レビュアー:こうさま

評価78点(100点満点)
元北朝鮮エリート工作員で脱北して韓国に住み運転代行をしながら同郷で同じく脱北した妻子を殺害した男を探しているチ・ドンチェル、脱北者は北のスパイではないかという疑いがもたれ当局の監視が続けられている。
本作は北との問題を抱えている韓国制作の壮絶なアクションでサスペンス要素もたっぷりの作品、軍の上層部や警察組織が入り乱れて少し登場人物の立ち位置が分かりにくい部分もあるが、ともかく銃撃戦、格闘シーン、カーチェイスが半端でなく凄まじい。
陰謀に巻き込まれ殺人容疑者に仕立てあげられたチ・ドンチェルに逃げ場はない。不正を暴こうとする女性キヤスター、殺害された企業の会長に託された眼鏡の謎、何度も命のやりとりをし宿敵となっている韓国軍のミン・セフン大佐といつしか心を通わせてゆくところなど盛りだくさん。
ラストシーンも余韻があってなかなかよい。
演じるコン・ユの哀しい目が印象的、男の映画である。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

アクションが凄い

投稿日:2015/10/25 レビュアー:ミッキー

ソウルの暮らす元北朝鮮特殊部隊のエリート工作員。
妻子を殺した犯人を追い続けていた。
ドンチョルは親身にしてくれていた会長の殺害現場に遭遇しある物を「埋めてくれ」と託された。
容疑者の濡れ衣を着せられ逃げるドンチョル。

ドンチョルを執拗に追いかけるセフン大佐との格闘とカーアクションが良いですね〜
セフン大佐とその部下が意外に良い味だしていて面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

すごいアクション

投稿日:2015/07/20 レビュアー:おがじぇい

それだけで見る価値あり。重く考えるべき南北問題はさておき、、、
主演のコンユの体、アクション、、、それだけでもすごい!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全13件

サスペクト 哀しき容疑者

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:13件

韓国版ボーン

投稿日

2015/01/12

レビュアー

ミルクチョコ

祖国・北朝鮮から見捨てられた特殊部隊の元エリート工作員チ・ドンチョル(コン・ユ)。愛する妻子を殺害され復讐を心に誓った彼は、現在は韓国で運転代行業をしながら犯人を探す日々を送っています。そんなある日、ドンチョルは親身にしてくれていたパク会長の殺害現場に遭遇。容疑者の濡れ衣を着せられてしまいます。

冒頭のコメントでもありましたが、ボーンを彷彿とさせる生身のアクションシーンをふんだんに投入。圧倒的なスピード感で考える暇を与えず、壮絶なアクションに、複雑な策略が絡み合い、脳と視覚がフル回転するようなサスペンス活劇になっていました。
優しい眼差しが印象的なコン・ユが、今までのイメージを覆す寡黙な男を演じています。感情を殺して生きる彼の目が哀しいです。

祖国のために厳しい訓練に耐え抜き任務を遂行していたにもかかわらず、上層部の方針転換を機に祖国から抹殺されそうになるドンチョル。
絞首台でその時がきても、過酷なサバイバル訓練を耐え抜き、強靭な肉体と精神力で死をも克服してしまいます。これは人間の域を超えています。
また、追う側でありながら上司ソッコ室長の陰謀を知ってしまうセフン大佐も重大な決断を強いられます。政府に対する不信感を根底に、いつの間にか相通じていくドンチョルとセフン大佐の男のサバイバルな友情も見どころでした。
ソウル市内を舞台に繰り広げられる派手なチェイスで、狭い路地や階段を使ったカーアクションは迫力満点でした。

アクションが凄すぎる!

投稿日

2021/02/04

レビュアー

飛べない魔女

コン・ユが見たくての鑑賞です。
1分1秒目が離せないほどのアクションの連続。
いやはや、このアクションシーンは一体どうやって撮ったんだ?というような
激しいシーンがメジロ押しです。
肝心のコン・ユssiは、この役どころのためにかなり体を鍛え絞ったということで
9頭身のスタイルがよりシュッとしてクールでした。

北朝鮮の元工作員のドンチョル。
愛する妻子を殺され、無常にも祖国から切り捨てられた彼は
脱北して静かに韓国で生きていたのです。
心にあるのは復讐心だけ。
その瞳は常に悲し気なドンチョルが、今度は韓国で殺人の容疑者にされてしまいます。
ドンチョルを追うセフン大佐との壮絶なカーチェイスシーンは
アイデア満載、大迫力で見ものです。

そしてここでも悪は権力者たち。
腐っています!
人を殺してまでも彼らが手に入れたかったものの正体が判ったときは
おかしさがこみ上げてきました。

それにしても、クビ吊りで処刑された人間が、いくら強靭とはいえ
クビを締まらないようにコントロールして、生還するとか、あり得ないです。
そこのところはちょっとやり過ぎだな、と思いました。

哀しい目

投稿日

2015/12/16

レビュアー

こうさま

評価78点(100点満点)
元北朝鮮エリート工作員で脱北して韓国に住み運転代行をしながら同郷で同じく脱北した妻子を殺害した男を探しているチ・ドンチェル、脱北者は北のスパイではないかという疑いがもたれ当局の監視が続けられている。
本作は北との問題を抱えている韓国制作の壮絶なアクションでサスペンス要素もたっぷりの作品、軍の上層部や警察組織が入り乱れて少し登場人物の立ち位置が分かりにくい部分もあるが、ともかく銃撃戦、格闘シーン、カーチェイスが半端でなく凄まじい。
陰謀に巻き込まれ殺人容疑者に仕立てあげられたチ・ドンチェルに逃げ場はない。不正を暴こうとする女性キヤスター、殺害された企業の会長に託された眼鏡の謎、何度も命のやりとりをし宿敵となっている韓国軍のミン・セフン大佐といつしか心を通わせてゆくところなど盛りだくさん。
ラストシーンも余韻があってなかなかよい。
演じるコン・ユの哀しい目が印象的、男の映画である。

アクションが凄い

投稿日

2015/10/25

レビュアー

ミッキー

ソウルの暮らす元北朝鮮特殊部隊のエリート工作員。
妻子を殺した犯人を追い続けていた。
ドンチョルは親身にしてくれていた会長の殺害現場に遭遇しある物を「埋めてくれ」と託された。
容疑者の濡れ衣を着せられ逃げるドンチョル。

ドンチョルを執拗に追いかけるセフン大佐との格闘とカーアクションが良いですね〜
セフン大佐とその部下が意外に良い味だしていて面白かったです。

すごいアクション

投稿日

2015/07/20

レビュアー

おがじぇい

それだけで見る価値あり。重く考えるべき南北問題はさておき、、、
主演のコンユの体、アクション、、、それだけでもすごい!

1〜 5件 / 全13件