her/世界でひとつの彼女

her/世界でひとつの彼女の画像・ジャケット写真
her/世界でひとつの彼女 / ホアキン・フェニックス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

39

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「her/世界でひとつの彼女」 の解説・あらすじ・ストーリー

「マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督が「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスを主演に迎えて贈る異色ラブ・ストーリー。コンピュータがさらなる進化を遂げた近未来を舞台に、傷心の作家が女性の人格を有した人工知能(AI)型オペレーティング・システム(OS)と心を通わせ、本気で恋に落ちていく切なくも愛おしい姿を描く。共演はエイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド。そして主人公が恋に落ちるOS“サマンサ”の声でスカーレット・ヨハンソン。そう遠くない未来のロサンゼルス。他人に代わってその相手への想いを手紙に綴る“代筆ライター”のセオドア。仕事は順調だったが、その一方で離婚調停中の妻キャサリンとの思い出を、別れて1年経った今も断ち切れないでいた。そんなある日、最新式のAI型OS“OS1”の広告を目にしたセオドアはさっそく自宅のPCに取り込むことに。すると起動した画面の奥から聞こえたのは、“サマンサ”と名乗る女性の声。それは無機質で事務的なAIとは思えないほどユーモラスかつセクシーで、バイタリティーに満ち溢れる人間のようだった。サマンサをすぐに気に入ったセオドアは携帯端末にも彼女をインストール。こうして常に一緒のふたりは新鮮で刺激的な日々を過ごし、いつしか恋に落ちていく。

「her/世界でひとつの彼女」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: HER
受賞記録: 2013年 アカデミー賞 脚本賞
2013年 ゴールデン・グローブ 脚本賞
2013年 LA批評家協会賞 作品賞

「her/世界でひとつの彼女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

her/世界でひとつの彼女の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日・吹 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 1000530479 2014年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
118枚 5人 3人

【Blu-ray】her/世界でひとつの彼女(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 1000530481 2014年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 3人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全39件

普遍的な人間の心

投稿日:2014/12/03 レビュアー:ミルクチョコ

近未来のロサンゼルスを舞台に、携帯電話の音声アシスタントに恋心を抱いた男を描いたラブストーリー。
他人の代わりに思いを伝える手紙を書く代筆ライターのセオドア(ホアキン・フェニックス)は、長年連れ添った妻と別れ、傷心の日々を送っています。そんな時、コンピューターや携帯電話から発せられる人工知能OS「サマンサ」(スカーレット・ヨハンソン)の個性的で魅力的な声にひかれ、次第に“彼女”と過ごす時間に幸せを感じるようになります。

ちょっと変わった特殊な状況なのに、何故か感情移入してしまいます。
孤独な主人公と、人間ではないコンピューターのOSが絆を育む設定は意表を突かれました。
セオドアとサマンサの恋人のような関係。肉体を持たないサマンサとの疑似メイクラヴは一見、普通の恋愛とは違ったように感じますが、やっぱり、繋がりを描いているところは、同じですね。
OSとの恋愛というトリッキーな設定を使っているけれども、コミュニケーションの不完全さに対して真摯に向き合っているように思いました。

妻との別れで深く傷ついたセオドアが抱える喪失感は、人間的な感性や個性を持った最新の人口知能OS、サマンサを得たことで、画面の奥から日々のさびしさを埋めてくれるかのような声に癒されていきます。
悩める男に、舞い降りた、輝かしい日々。描かれる近未来像は、悲しくもあり、滑稽でもあります。
スカーレット・ヨハンソンは一切顔は出て来ないのに、声だけでその場に存在しているかのようです。セオドアに対する気遣いなど、男性の“理想の恋人像”なんだろうなと思います。
人間とOSの壁をさりげなく描いた、優しい余韻が残る映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「The Moon Song」♪

投稿日:2015/04/17 レビュアー:まみもぉ

少し中性的でハスキーなサマンサの声が、媚びてなくて自然なOSらしかった。
ナマ恐ろしいロマンティックな物語。
痛みのない苦痛・・ 体験したことはないけど、非道な残酷さを感じた。
身体の重みを忘れたい。中身だけならどんなに軽やかで楽だろう、とよく思う。
けど、そうなって始まるだろう痛みを体感できない残酷な苦痛は、想像したことがなかったので、
それを思うとこわくなった。
今とさほど変わらない構築物の風景の中の、今とさほど変わらない格好をして生活するたくさんの人々。
ありえるだろうこんな近未来。
不自然に思えないところにも怖さを感じた。でも、惹かれた。恐ろしいけど平和でロマンティック… 
カレンOさんの歌声がそんな思いに心地よく響きました。
「The Moon Song」歌詞もいい。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大人のメルヘン

投稿日:2015/01/24 レビュアー:飛べない魔女

OSが感情を持ってあなたをサポートしたら
それもスカヨハのセクシーな声でいつでもどこでも話かけてくれ
あなたの僕となって尽くしてくれたら
もうすべての殿方は一日中OSと行動を共にし、この主人公のように
OSが恋人です、なんて人に紹介してしまうようになってしまうのでは?
こんな時代がくるのもそんなに遠くないことなのでしょうね。
今だって、駅のホームや電車の中、見まわしてみればほとんどの人が下を向いて
片手にはスマホを持って、何やらいじくりまわしていますからね。
感情のあるOSが登場したら、いったいどんな光景が見られることやら。
映画の中のように、みんな一人でしゃべってるのかしら。
でもこの恋は永遠に実体化されない疑似恋愛みたいなもの。
それに耐えられるなら、ぜひあなたもどうぞ。

私?
そりゃぁ、もちろん男性にして、「ブラッドリー」と名前をつけてサポートをお願いすることにしましょ!うふふ・・楽しみ♪


このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男の乙女心

投稿日:2014/11/01 レビュアー:パープルローズ

妻と離婚した痛手からなかなか立ち直れないセオドア(ホアキン・フェニックス)は、新製品の人工知能型OSをインストール。
サマンサと名乗る声の主には実態がないことを知っていながら、彼女のとりこになってしまう。

男性の乙女的な部分を、これでもかと見せつけられる映画です。
私だってまだ自分にも「乙女心」はあると思ってるけど、女のそれと男のそれとは違うようです。
確かにとても繊細な心の動きが綴られているとは思うけど、
異性の私にとっては居心地悪く、なんだか恥ずかしかったです。

そして、その「乙女」な部分を見せてるのがホアキン・フェニックスというのがね・・・。
失礼ながら彼のルックスとはギャップがありすぎ。
ホアキンのひとり芝居および顔のアップが多いので、この手の顔が苦手な人には辛いと思うな。

OSサマンサの声はスカーレット・ヨハンソン。
姿見せは一切なかったけど、有名すぎてサマンサが喋り出した瞬間からず〜っと
スカちゃんの顔が思い浮かんでしまったというのは困りもの。

近未来のロサンジェルスの描写はなかなかおもしろいと思いました。
紙でできた本が絶滅寸前だとか、主人公の女友だちエイミー・アダムスが食べてるのが枝豆だったり。
(健康志向のアメリカ人に枝豆は人気らしいです。)
主人公はじめ、多くの男の人がえらくハイウエストのズボンをはいてるのがおしかったんだけど、近未来の流行なのかしら?
主人公がやっているゲームの毒舌キャラクターはかわいかったです。

セオドアのために友人がセットアップしてくれたデートの相手がオリビア・ワイルド。
超美人なのに、あの言動は男にとってはドン引きですね。
そして、セオドアのことをなんでも理解してくれるはずのOSサマンサも、だんだんと面倒くさいことを言い出して・・・。
心の痛手を振り切って、いつかは自立しなければいけないんだよという着地点はよかったと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あるひとつのリアル

投稿日:2015/08/03 レビュアー:ビンス

リアルってなんでしょう。
最早これまで「リアル」という言葉が持っていた意味や
その言葉に対する感覚、イメージ
それら全ては、現代において通用しないような気がします。
リアルはそれぞれに委ねられ
それぞれがリアルと感じたものがリアルで
この世の中、千差万別のリアルがあるんだなぁと思いました。
だから、この作品の主人公の思いもリアルで
恋人との関係もリアルで
そこに肉体は必要ないのかもしれません。
リアルという認識は
現代においてバージョンアップしたのか
それともその意味が薄っぺらいものになったのかはわかりません。
しかし、リアルと感じて幸せなら
そこには確かにリアルが存在するんだなと思いました。
そして、どうしようもなくロマンチックでした。
OSだろうがなんだろうが
気持ちの通っていない人間より
よっぽど肉感的で、触れている感じがしました。
ロマンチック
それは男のためにある言葉かもしれません。
本当は、男のほうがロマンチック
男のほうが女々しくて
男のほうがセンチメンタル
そんな思いを強くした次第です。
途中から主人公とOSの話す内容が入れ替わり
まるでOSが男で
主人公が女のような感覚に陥りました。
特にあの事実を聞いてからは・・
そしてその言い訳にいたっては
最早完全に「男」でした(笑)

この物語で描かれているように
人間のコミュニケーションは
こうう形に「進化」していくのでしょうか?
きっとそうなんでしょうね。
その進化に危機と違和感を感じるべきなんでしょうか?
少なくとも今は感じません。

主人公の過去も良かったです。
せつないです。
そう、この物語は
全編を通してせつないです。
たまらない気分になります。
大好きなものを過去とするのは
とてもせつない行為
そして悲しいぐらい美しい。

ルーニー・マーラ
良かったです。
スカ子
良かったです。
良すぎます。
ドキっとします。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全39件

her/世界でひとつの彼女