ハーメルン

ハーメルンの画像・ジャケット写真

ハーメルン / 倍賞千恵子

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ハーメルン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

美しい山村の風景が残る福島の小さな廃校を舞台に、かつての母校を訪れた主人公が年老いた恩師や元校長と交流する姿を通して、失われゆく場所とそこに暮らす人々の記憶を静かに見つめるヒューマン・ファンタジー。主演は「ストロベリーナイト」の西島秀俊、共演に倍賞千恵子、坂本長利。監督はこれが長編3作目となる新鋭、坪川拓史。とある山奥の小さな村。廃校となった小学校の校舎には元校長が暮らしていた。ある日、博物館職員の野田が、校舎に保管されている遺跡出土品の整理のためにやってくる。彼はこの小学校の卒業生だった。また野田は、かつてこの校庭に埋めた“タイムカプセル”を巡る誰にも言えない秘密を抱えていたのだが…。

「ハーメルン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「ハーメルン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

好きだ、

天国から来た男たち

怪奇大作戦 セカンドファイル ゼウスの銃爪(ひきがね)

鳳城の花嫁

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

映像がきれいでした

投稿日:2015/03/24 レビュアー:スヌーピー

銀杏の木がすごくきれいで紅葉に見とれてしまいました日本なのにどこか海外の田舎のような景色にも見えました。秋と、冬、日本の四季を感じました。ストリーは自分の母校が廃校で取り壊しになることで
遺跡のために訪れた話だけど、担任の先生やその家族、校長などが出てきて懐かしくて良かったです。彼の秘密も分かり良かったです。でも、本当にゆったりとしていて、喜怒哀楽もあまりないから見る人にはつまらなく感じるかもしれません。私も正直少し長く感じました。

西島秀俊さんは最近こういう静かな役あまり見てなかったので久々に見れて良かったです。とにかく映像がすごくきれいでコーヒーが美味しく見えました。あと、私も久しぶりに鶴を折ってみたいなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

淡々とした映画

投稿日:2015/02/01 レビュアー:じゃじゃまる

廃校、取り壊しが決まった小学校に、遺跡などの貴重品の調査に出向いてきた、元卒業生野田。
そこには、校長が住み込んで学校を管理していた。

野田には、ある「秘密」があり、それは野田の心に深く根ざしていた。

美しい季節の移り変わりを淡々と描き、最後に秘密を告白する野田。

両親の別居に心痛めていたリツコ。

学校取り壊しとともに、すべてをゆるしてしまう。

ほんとに淡々と進んでいく映画です。

ちょっと退屈かもしれません。抒情的な映画です

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ハーメルン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

映像がきれいでした

投稿日

2015/03/24

レビュアー

スヌーピー

銀杏の木がすごくきれいで紅葉に見とれてしまいました日本なのにどこか海外の田舎のような景色にも見えました。秋と、冬、日本の四季を感じました。ストリーは自分の母校が廃校で取り壊しになることで
遺跡のために訪れた話だけど、担任の先生やその家族、校長などが出てきて懐かしくて良かったです。彼の秘密も分かり良かったです。でも、本当にゆったりとしていて、喜怒哀楽もあまりないから見る人にはつまらなく感じるかもしれません。私も正直少し長く感じました。

西島秀俊さんは最近こういう静かな役あまり見てなかったので久々に見れて良かったです。とにかく映像がすごくきれいでコーヒーが美味しく見えました。あと、私も久しぶりに鶴を折ってみたいなと思いました。

淡々とした映画

投稿日

2015/02/01

レビュアー

じゃじゃまる

廃校、取り壊しが決まった小学校に、遺跡などの貴重品の調査に出向いてきた、元卒業生野田。
そこには、校長が住み込んで学校を管理していた。

野田には、ある「秘密」があり、それは野田の心に深く根ざしていた。

美しい季節の移り変わりを淡々と描き、最後に秘密を告白する野田。

両親の別居に心痛めていたリツコ。

学校取り壊しとともに、すべてをゆるしてしまう。

ほんとに淡々と進んでいく映画です。

ちょっと退屈かもしれません。抒情的な映画です

1〜 2件 / 全2件