LOOSIES(ルーシーズ)

LOOSIES(ルーシーズ)の画像・ジャケット写真

LOOSIES(ルーシーズ) / ピーター・ファシネリ

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「LOOSIES(ルーシーズ)」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「トワイライト」シリーズのピーター・ファシネリ脚本・主演によるアクションラブロマンス。父を亡くし、多額の借金と母親を残されたボビーは仕方なくスリになる。ある日、3ヵ月前にバーで知り合ったルーシーと再会し…。※販売:リバー 販売協力:EAJ

「LOOSIES(ルーシーズ)」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: LOOSIES

「LOOSIES(ルーシーズ)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

赤ちゃん泥棒

パラサイト 殺人寄生虫

デッド・インパクト 処刑捜査

バーチュオシティ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

これは拾い物!

投稿日:2020/08/14 レビュアー:ポッシュ

脚本のピーター・ファシネリって何者だ?と思ったら、
なんと主演の男の子ではないですか。
往年のアンドリュー・マッカーシーのような甘いイケメンで脚本まで書いてしまうとは!
エドワード・バーンズなんか思い出しちゃいますね。

スリ稼業の男が、1度は諦めた運命の女性との愛に生きようとする・・・ってなロマンスと、
警察に追われ、裏稼業のボスに脅され・・・の崖っぷちからどうやって脱するか?という
クライム・サスペンスが並行して描かれる、実にフィクションらしい映画。
ロベール・ブレッソンの「スリ」(1959)が参照されてんのかな?と期待したけど、
だいぶ違ったかな・・・。(^^;


スーツをビシッと着こなす爽やかイケメンが、街角で、地下鉄で、駅構内で、
スッてスッてスリまくって「俺って出来るヤツだろ?」みたいにニヤけてる最初の方は
オバサンちっとも楽しくなかったんですけどね。まともに生きろや。

女の子が絡んできて、恋愛バナシにシフトし出してからはテンション上がる。
ヒロイン役のジェイミー・アレクサンダーという女優さんがとってもキュート!
ああいうちょっと上向きのツンとした鼻、可愛いよなぁ。

あとは、ヴィンセント・ギャロにマイケル・マドセンですねー!
出オチでご飯3杯いけそうな名脇役ですが、彼らを「裏組織の小ボス」と「叩き上げの暴力刑事」という
コッテコテな役どころに据えているのが、私には、作り手の映画愛に思えてならない。
邦画でやるなら遠藤憲一と竹内力でしょう。(勝手な妄想)

お話もね、どこか古臭いというか。足を洗う前にどうしてもやらなきゃならない
大きなヤマがある・・・なんてね。
主人公の生い立ちや家庭の事情なんかが分かってくると、だんだん、このイケメン君を
応援したくなってきちゃうし。
たまたま不幸な星の下に生まれてきただけで根は善人、ホントは健気でイイ奴じゃん・・・って、
昭和世代がほだされちゃう話法なのですねー。

ウィキ見たらピーター・ファシネリは1973年生まれ、現在46歳でしたね。
「男の子」なんて言って失礼しました。立派なオッサンだった。
この作品の頃は37歳か。もっと若く見える。

88分とコンパクトにまとまってるし、個人的にはオススメしたい作品です。
終盤のスリリングなシークエンスとオチもなかなか楽しかったです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

LOOSIES(ルーシーズ)

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

これは拾い物!

投稿日

2020/08/14

レビュアー

ポッシュ

脚本のピーター・ファシネリって何者だ?と思ったら、
なんと主演の男の子ではないですか。
往年のアンドリュー・マッカーシーのような甘いイケメンで脚本まで書いてしまうとは!
エドワード・バーンズなんか思い出しちゃいますね。

スリ稼業の男が、1度は諦めた運命の女性との愛に生きようとする・・・ってなロマンスと、
警察に追われ、裏稼業のボスに脅され・・・の崖っぷちからどうやって脱するか?という
クライム・サスペンスが並行して描かれる、実にフィクションらしい映画。
ロベール・ブレッソンの「スリ」(1959)が参照されてんのかな?と期待したけど、
だいぶ違ったかな・・・。(^^;


スーツをビシッと着こなす爽やかイケメンが、街角で、地下鉄で、駅構内で、
スッてスッてスリまくって「俺って出来るヤツだろ?」みたいにニヤけてる最初の方は
オバサンちっとも楽しくなかったんですけどね。まともに生きろや。

女の子が絡んできて、恋愛バナシにシフトし出してからはテンション上がる。
ヒロイン役のジェイミー・アレクサンダーという女優さんがとってもキュート!
ああいうちょっと上向きのツンとした鼻、可愛いよなぁ。

あとは、ヴィンセント・ギャロにマイケル・マドセンですねー!
出オチでご飯3杯いけそうな名脇役ですが、彼らを「裏組織の小ボス」と「叩き上げの暴力刑事」という
コッテコテな役どころに据えているのが、私には、作り手の映画愛に思えてならない。
邦画でやるなら遠藤憲一と竹内力でしょう。(勝手な妄想)

お話もね、どこか古臭いというか。足を洗う前にどうしてもやらなきゃならない
大きなヤマがある・・・なんてね。
主人公の生い立ちや家庭の事情なんかが分かってくると、だんだん、このイケメン君を
応援したくなってきちゃうし。
たまたま不幸な星の下に生まれてきただけで根は善人、ホントは健気でイイ奴じゃん・・・って、
昭和世代がほだされちゃう話法なのですねー。

ウィキ見たらピーター・ファシネリは1973年生まれ、現在46歳でしたね。
「男の子」なんて言って失礼しました。立派なオッサンだった。
この作品の頃は37歳か。もっと若く見える。

88分とコンパクトにまとまってるし、個人的にはオススメしたい作品です。
終盤のスリリングなシークエンスとオチもなかなか楽しかったです。

1〜 1件 / 全1件