フルートベール駅で

フルートベール駅での画像・ジャケット写真
フルートベール駅で / マイケル・B・ジョーダン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「フルートベール駅で」 の解説・あらすじ・ストーリー

2009年1月1日未明、カリフォルニア州オークランドの地下鉄フルートヴェイル駅で、黒人青年オスカー・グラントが白人警官によって射殺される事件が発生する。その一部始終は居合わせた地下鉄利用客たちによって動画撮影されていて、オスカー・グラントが完全に無抵抗な状態だったことが明らかとなり、黒人社会のみならず全米中に衝撃をもたらした。本作はこの事件を題材に、理不尽に未来を奪われた22歳の青年オスカー・グラントが図らずも最後の1日となってしまった2008年の大晦日をどのように過ごしたかを、4歳になる幼い娘や愛する恋人、そして誕生日を迎えた母親との関わりの中で静かに見つめていくドラマ。

「フルートベール駅で」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: FRUITVALE STATION
受賞記録: 2013年 NY批評家協会賞 新人監督賞

「フルートベール駅で」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルートベール駅での詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TDV24587R 2014年09月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

名も無き黒人青年の一日

投稿日:2014/08/29 レビュアー:ミルクチョコ

一般市民の青年が警官に銃殺された実在の事件を、27歳の新人監督ライアン・クーグラーが映画化。
2009年の元日、米サンフランシスコのフルートベール駅のホームで、22歳の黒人青年が警官に銃殺された事件が起こります。ごく普通の市民にすぎなかった青年が、なぜそのような悲惨な死を遂げたのか、青年の人生最後の1日を描きます。

最近、ミズーリ州で、また警官が罪なき黒人に発砲したという事件が起きましたね。米国に深く潜む闇がもたらす切ない事件。
本作は、最初に結末を見せて、観客にオスカーの運命を明示します。冒頭から苦しく辛いですね。全ての言動がラストに繋がるので見ていて辛い気分になります。

オスカー(マイケル・B・ジョーダン)は、恋人や愛娘といつものように、仲間たちと新年の花火を見るためサンフランシスコへ行くものの、地下鉄の中で喧嘩を売られて乱闘騒ぎになってしまい、駅のホームに引きずり出されます。丸腰の黒人青年が白人警官に射殺され、社会問題になってしまいます。
そこに居合わせた多くの乗客が携帯で撮影。人種差別によって引き起こされたその事件の映像はネットに流され、大きな波紋となって広がります。

人生をやり直そうとしているオスカーが呆気なく人生の最後を迎えてしまうのは、辛いですね。
根底にあるのは偏見。一人の人間の命があまりにも軽く見られていて、虚しさを感じます。
オスカーが、ガソリンスタンドの前でひき逃げされた犬を抱きしめるシーンが印象的でした。これが後の銃弾に倒れる姿に重ね合わさるのがなんとも言えない皮肉を感じます。
一人の人間の非業の死がもたらす悲しみ、名も無き市民にも、人生と家族がいることを描いていて、命の尊さが切々と伝わって来ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無意味な死

投稿日:2014/08/26 レビュアー:よふかし

誰かが死んだという。新聞で知る事件。
日本では警察官に撃たれるなんてのはほとんどないけれど、誰かの死のニュースは珍しくはない。
そういう死のひとつひとつには物語がある。突然断ち切られた人生がある、ということを改めて知る作品だ。
前科持ちで貧しく、かつ人間的にも地道な生き方が根付いていない黒人青年。子持ち。
彼が死ぬまでの一日を追いかけていく。
何とか今の辛い境遇を抜け出そうともがく。
でも「立ち直ろうとしていたけど、あまりにタイミング悪く……」という映画ではない。
彼の周囲への接し方とか、子どもの扱いとか、また麻薬に手を出してしまいそうなところとか、「ダメじゃん」と思うこともしばしば。
感情を抑えられる時もあるけど、ガマンできない時もある。
僕が思うに、彼は人生の転機にあったわけではなく、立ち直ったかもしれないしまた堕ちて行ったかもしれない。
そんなどっちに転んでもおかしくない、分水嶺を危なっかしく歩いていたところだった。
でもそういうのが人生のリアルなのだが、それがぷつんと暴力で断ち切られてしまった。
恐怖と緊張で追い詰められた若い警官の、うっかりである。
あまりに無意味なその瞬間――。
その無意味さに抗するために、この作品は作られたのだろう。
手持ちカメラや不用意なスローモーションを使った映画はお世辞にも美しいとは言えないが、そのざらざらした安っぽさが、この映画には合っていた。60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

結末は分かってるから・・彼に何があったのかを追っていく!!

投稿日:2014/08/04 レビュアー:け−な

90分もないこの映画ですが・・切ないです(ノД`)・゜・
結末は分かっているのでね・・尚更ですよ!!

映画クロニクルに出ていた友達役の黒人が主人公ですが
中々イケメンだしこれから注目株の新人俳優ですね☆

一般市民の青年が警官に銃殺された実在の事件を映画化です!!
2009年の元日、米サンフランシスコのフルートベール駅のホームで
3歳の娘を持つ22歳の黒人青年コナーが警官に銃殺された事件が起こる。
ごく普通の市民にすぎなかった青年が、なぜ悲惨な死を遂げたのか
人生最後の1日を描いています(*´pq`*)

本当に淡々とその一日を映画いているので
凄い事なんか起こりませんが考えさせられました(;´Д`)

彼は麻薬を売って生計を立てていて刑務所に入り
出所したからこの機会に足を洗いたいのに上手くいかない
不器用な人だけど悪い人では決してないんですよ
きちんと描かれていて感情移入できたので辛いっすヾ(´Д`;●)

もぉ白人警官がマジでムカつく・・・
うるさいから撃ったって感じたんだけど(`Д´)
この場面は実際の動画が流れてリアルです・・・

明日何があるか分からない
自分も明日何があるか分からない
そんな事を考えさせられた映画です!!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無実の黒人青年が、白人警官に射殺された1日。

投稿日:2016/12/14 レビュアー:カマンベール

トランプ次期大統領は、
自分が暗殺される事を、何よりも恐れている。
彼が政治的責任であれ、健康問題であれ、これほど、
4年間の任期をまっとうするか?気になる米国大統領は珍しいだろう。

この映画は、2009年1月1日に罪もない22歳の黒人青年が、
白人警官に射殺された1日を淡々とした日常・・
母親の誕生日。
電車に乗って仲間や恋人と“カウントダウン”に出かけるだけの・・
ありふれた日常が一発の銃弾で、失われてしまう。
その後の抗議デモや、黒人の白人警官への報復殺害事件など、
社会問題になったのですが、

最近アメリカが静かだと思いませんか?
銃の乱射事件が減ったと思いませんか?
人種差別論者の次期大統領は、恫喝と(アメとムチ)を使い分けるのか、まったく未知の世界へと歩み出そうとしている。
正直、殺されたオスカーは、決して褒められた男ではない。
大麻の売人もどきの、定職のない、服役歴のある青年。
だから殺して良い・・・訳がないのは自明です。
人種差別のない国はありません。
日本人だって差別も区別もします。
それにしてもトランプ次期大統領の行動からは、
目が離せないですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今後増えそうな事件。

投稿日:2014/11/24 レビュアー:casey25

どうしても最近のミズリー州の警官による丸腰の黒人銃殺がダブる。弱肉強食の国アメリカでは常に暴力と直面する恐れがある。取り締まる警官側から見ると銃所持が憲法で保証されている米国では何時も撃たれる
可能性がある。彼らも怖いのである。映画では他の警官たちは黄色い銃を向けていた。映画では「ティッカー」とかなんとか呼ばれていた。スタンガンであろうか?唯一人撃った警官のみ本物の銃だった。
だから間違って本物の銃を撃ったという理由で過失を認められ短期の服役で済んだ警官への判決も全く理不尽とも言えない。
問題は銃所持の規制であるが既に数えきれない銃が全国にばらまかれ全米ライフル協会が強力なロビー活動を行っている米国ではせいぜい自動多発連射型の銃を規制するのがせいぜいである。

この映画ではそのような制度的な問題よりむしろ彼の死の重さが描かれる。薬の売人として服役歴もあるが必死で抜け出そうともがく気の良い黒人の死は彼の母、妻、子供、友人たちを悲嘆の淵に追いやった。
前科もある彼にとってまともな職につくのがいかに大変かも描かれる。
警官が捕まえようとする人々には夫々の生活があり十把一絡げには扱えない事が頭をよぎれば武器(銃以外の武器も含め)不所持の人間に対してはもう少しまともな対処ができたかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

フルートベール駅で

月額課金で借りる

都度課金で借りる