ロストデイズ

ロストデイズの画像・ジャケット写真

ロストデイズ / 瀬戸康史

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ロストデイズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

D☆DATEの瀬戸康史主演、10日間の出来事をリアルタイムで追いながら犯人を予想する新感覚恋愛サスペンスドラマ第2巻。篠はスマートフォンに届いた音声ファイルに、梨花とナツが急接近している様子が入っていたことに驚く。第3話と第4話を収録。

「ロストデイズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「ロストデイズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

銭ゲバ

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! ディレクターズカット版

透明なゆりかご

ハッピィ★ボーイズ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

最終回でぶち壊し ネタバレ

投稿日:2014/10/08 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〔登場人物〕

篠祐太(瀬戸 康史)・・・テニスサークル部長
桜田美希(石橋杏奈)・・・副部長
笛木茉奈(小島藤子)・・・美希の幼馴染
佐々木梨花(トリンドル玲奈)
立花五月(三吉彩花)・・・サークルの後輩
高野ナツ(吉沢亮)

桜田 亘(桐山漣)・・・美希の兄


全10話で10日間の出来事。
同じテニスサークル所属の仲良し6人が、スノーボードを兼ねて卒業旅行に出かけます。
主に物語の舞台となるのは、彼らの滞在先となる桜田家所有の別荘です。
その別荘に美希の兄である亘も滞在することになり、せっかくの卒業旅行なのに監視されているという窮屈感。
旅行の初めこそ仲良しが集まって和気藹々のムードでしたが、美希とナツが交際していることが公になってから、メンバーの間に複雑な感情が流れて行きます。
旅行第1夜、酔った五月を梨花とナツが部屋まで運びます。
その時、梨花は衝動的にナツにキスをしてしまいます。
翌日、ナツの誕生日のサプライズパーティーを企画するメンバーたちは、別荘に残ってパーティーの準備をする者と、ナツを外に連れ出す者に分かれます。
亘の運転でスキー場に向かったのは、ナツと梨花、五月。
途中、車にナツと梨花が二人きりになる機会があり、ナツは前夜のキスの話を話題にします。
その時、五月はこっそりと二人の会話を録音したのです。
旅行2日目にして、どんどん怪しい雰囲気に包まれていきます。
その後、五月が録音に使ったスマホが失くなったり、録音の内容が何者かによって篠の携帯に送られてきたり、美希のブレスレットが壊されて見つかったりとメンバーたちは疑心暗鬼に陥ります。
亘は、絶対に自分の部屋には誰も近づけようとせず、篠がドアノブに手をかけただけで「開けるな!」と大声で制止します。
亘の不審な言動と部屋の秘密。
折りしも、別荘周辺では女子大生連続殺人事件が起きていて、ひょっとして亘が犯人なのでは?と思わせぶりです。
次第に参加メンバーたちの秘密や事情が明らかになっていき、特に五月に対してメンバーたちの疑惑や嫌悪の気持ちが強くなっていくのでした。
そして、8日目の夕方。
五月に怒り狂った亘が、五月に殴りかかるという行動を取り、恐怖を感じた五月は別荘を飛び出して行くのですが、頭から血を流して既に死んでいる状態で見つかります。
篠が発見した時、亡くなった五月の傍には放心状態の美希がいました。
犯人は美希なのか?
それとも、五月を追って行った亘なのか?
美希は、五月を探している途中、五月の後ろを歩いている梨花を見たと言います。
ここまではサスペンスらしい展開で、ドロドロと渦巻く疑心暗鬼や、それぞれが抱えるちょっとした秘密など、小出しに披露されていくのが面白かったのです。
登場人物が限られていて、一人一人が個性的で分かりやすく、亘によって仲間の信頼や絆が断ち切られ、人のつながりが如何に脆いものであるのかが思い知らされていく過程も共感を覚える部分がありました。
しかし、最終話にきて、すべてがぶち壊しでした。(とりあえず、9話までは面白かった)
一番がっかりしたのは、五月の日記の内容。
屈折しているにも程がある。
というか、ここで本当の五月の人物像を知らされても・・・という感じ。
最後まで嫌な奴でよかったのにと思います。
篠が優等生過ぎ。
「五月ちゃんの分まで精一杯生きよう」と篠が言って皆で頷くけど、イヤイヤそんな簡単な言葉で〆られても・・・
それに連続殺人犯のニュースが、何と思わせぶりだったことか。
思わせぶりと言えば、篠たちの車に向かってヒッチハイクの合図をしてきた最後のシーン。
手袋の立てた親指のところ、血がついていたよね?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ロストデイズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

最終回でぶち壊し

投稿日

2014/10/08

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〔登場人物〕

篠祐太(瀬戸 康史)・・・テニスサークル部長
桜田美希(石橋杏奈)・・・副部長
笛木茉奈(小島藤子)・・・美希の幼馴染
佐々木梨花(トリンドル玲奈)
立花五月(三吉彩花)・・・サークルの後輩
高野ナツ(吉沢亮)

桜田 亘(桐山漣)・・・美希の兄


全10話で10日間の出来事。
同じテニスサークル所属の仲良し6人が、スノーボードを兼ねて卒業旅行に出かけます。
主に物語の舞台となるのは、彼らの滞在先となる桜田家所有の別荘です。
その別荘に美希の兄である亘も滞在することになり、せっかくの卒業旅行なのに監視されているという窮屈感。
旅行の初めこそ仲良しが集まって和気藹々のムードでしたが、美希とナツが交際していることが公になってから、メンバーの間に複雑な感情が流れて行きます。
旅行第1夜、酔った五月を梨花とナツが部屋まで運びます。
その時、梨花は衝動的にナツにキスをしてしまいます。
翌日、ナツの誕生日のサプライズパーティーを企画するメンバーたちは、別荘に残ってパーティーの準備をする者と、ナツを外に連れ出す者に分かれます。
亘の運転でスキー場に向かったのは、ナツと梨花、五月。
途中、車にナツと梨花が二人きりになる機会があり、ナツは前夜のキスの話を話題にします。
その時、五月はこっそりと二人の会話を録音したのです。
旅行2日目にして、どんどん怪しい雰囲気に包まれていきます。
その後、五月が録音に使ったスマホが失くなったり、録音の内容が何者かによって篠の携帯に送られてきたり、美希のブレスレットが壊されて見つかったりとメンバーたちは疑心暗鬼に陥ります。
亘は、絶対に自分の部屋には誰も近づけようとせず、篠がドアノブに手をかけただけで「開けるな!」と大声で制止します。
亘の不審な言動と部屋の秘密。
折りしも、別荘周辺では女子大生連続殺人事件が起きていて、ひょっとして亘が犯人なのでは?と思わせぶりです。
次第に参加メンバーたちの秘密や事情が明らかになっていき、特に五月に対してメンバーたちの疑惑や嫌悪の気持ちが強くなっていくのでした。
そして、8日目の夕方。
五月に怒り狂った亘が、五月に殴りかかるという行動を取り、恐怖を感じた五月は別荘を飛び出して行くのですが、頭から血を流して既に死んでいる状態で見つかります。
篠が発見した時、亡くなった五月の傍には放心状態の美希がいました。
犯人は美希なのか?
それとも、五月を追って行った亘なのか?
美希は、五月を探している途中、五月の後ろを歩いている梨花を見たと言います。
ここまではサスペンスらしい展開で、ドロドロと渦巻く疑心暗鬼や、それぞれが抱えるちょっとした秘密など、小出しに披露されていくのが面白かったのです。
登場人物が限られていて、一人一人が個性的で分かりやすく、亘によって仲間の信頼や絆が断ち切られ、人のつながりが如何に脆いものであるのかが思い知らされていく過程も共感を覚える部分がありました。
しかし、最終話にきて、すべてがぶち壊しでした。(とりあえず、9話までは面白かった)
一番がっかりしたのは、五月の日記の内容。
屈折しているにも程がある。
というか、ここで本当の五月の人物像を知らされても・・・という感じ。
最後まで嫌な奴でよかったのにと思います。
篠が優等生過ぎ。
「五月ちゃんの分まで精一杯生きよう」と篠が言って皆で頷くけど、イヤイヤそんな簡単な言葉で〆られても・・・
それに連続殺人犯のニュースが、何と思わせぶりだったことか。
思わせぶりと言えば、篠たちの車に向かってヒッチハイクの合図をしてきた最後のシーン。
手袋の立てた親指のところ、血がついていたよね?

1〜 1件 / 全1件