麦子さんと

麦子さんとの画像・ジャケット写真
麦子さんと / 堀北真希
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

19

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「麦子さんと」 の解説・あらすじ・ストーリー

「純喫茶磯辺」「さんかく」の吉田恵輔監督が「ALWAYS 三丁目の夕日」の堀北真希を主演に迎えて贈るハートフル・コメディ。亡き母の故郷で、初めて母の人生と向き合ったヒロインの心の成長を優しく見つめる。共演は松田龍平と余貴美子。声優を夢見るアニオタ女子の小岩麦子。幼い頃に母は家を出てしまい、父の死後は、頼りない兄と2人暮らしの日々。そんなある日、母の彩子が突然舞い戻ってきた。顔も覚えていない母との同居に戸惑い、自分たちを捨てた母に心を開くことができない麦子。そして母は、あまりにも唐突にこの世を去ってしまう。彼女は人知れず末期ガンに冒されていた。やがて兄に押しつけられ、母を亡くした実感もないままに納骨のため母の故郷を訪れる麦子だったが…。

「麦子さんと」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「麦子さんと」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

麦子さんとの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
95分 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED2223 2014年09月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全19件

自分を捨てた母とその過去を知る旅

投稿日:2014/09/02 レビュアー:ミルクチョコ

声優になることが夢のアニメオタク女子・麦子(堀北真希)は、無責任な兄の憲男(松田龍平)と2人暮らし。そんなある日、麦子たちが幼い頃に家を出たまま音信不通だった母親の彩子(余貴美子)が突然現れ、同居することに。自分勝手な母が許せず戸惑う麦子だったが、実は病魔に冒されていた彩子は、ほどなくして他界してしまいます。麦子は納骨のため母の田舎を訪れるが、若かい頃の彩子とそっくりな麦子は町の人々に歓迎され、それまで知らなかった母の一面を知る事に。

ダメ人間を描かせたなら右に出る人はいないくらいの吉田恵輔監督ですが、「さんかく」「純喫茶磯辺」「ばしゃ馬さんとビッグマウス」と比べて監督らしさは薄れていましたが、結構痛いところを突いています。監督自身の母親との関係を反映させたという内容は、これまでとは打って変わって「親子愛」を描いた人情コメディになっています。
親への罪悪の話であり、その赦しの話。
いくらきつい言葉を投げつけても母は聞き流し、揚げたトンカツを無理やり食べようとする母。
一見明るいけれど、どこかに哀愁をたたえ、無償の愛で麦子を包み込む母。

麦子は納骨のために母の故郷の町を訪れます。そこで知ったのは、母が若い頃アイドル歌手を目指していたこと。町の人々は、若いころの母に瓜二つの麦子に並々ならぬ関心を寄せます。そんな彼らと交流するうちに、麦子は母の知られざる一面を知ることになります。
母親が少女だったときと、娘の現在を重ねたことによる、相乗効果は上手い描き方ですね。
親を困った存在と扱いながらその親の愛に気がつく麦子。
母を理解し、母親に対してもっと素直になりたかったと後悔する麦子。
こういうの、結構最近は弱いのですが、親子の絆が描かれ、エンディングの「赤いスイートピー」がさらに追い討ちをかけます。
感じの悪い不機嫌なヒロインを演じる堀北真希も良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

とにかく「堀北真希」がかわいすぎる件

投稿日:2015/02/03 レビュアー:飛べない魔女

堀北真希ちゃんファンのための、真希ちゃんを見る映画と言っても過言ではないでしょう。
それくらい真希ちゃんの魅力が全開。
透明感は文句なし。
もうこれ以上ピュアにはなれんだろ・・ってくらいの透明感を見せてくれます。
だから「真希ちゃん」が成長して「余さん」になるって図がすんなり受け入れがたいものはあるのですが
女の一生は一筋縄ではいかない、透明感も若いうちだけ、
年を重ねれば「人生いろいろ感」が出てくるもの、ってことで納得。
(念のため言っておきますが、余さんはもちろん美人さんですよ。 熟女の魅力で素敵ですもの)

誰にでも母親はいる。
育ててもらわなかったとしても、生んでくれたことに感謝。
そして、その心の中にあった真の愛情を知ることになる麦子。
「ばばぁ」と毛嫌いするようなことを言っていた兄の憲男も、母を失うとやはり悲しみが襲う。
母という存在に戸惑いながらも成長していく二人が微笑ましいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

堀北真希の2役

投稿日:2014/08/17 レビュアー:パープルローズ

声優を目指してアルバイト中の麦子(堀北真希)と兄(松田龍平)が暮らすアパートに、
ふたりを捨てて音信不通だった母(余貴美子)が突然引っ越してくる。
母との生活に戸惑い、ついついきつい言葉を投げかけてしまう麦子だったが、あっけなく母は急死。
納骨のために母の故郷を訪れた麦子が、故郷のアイドル的存在だった母の過去をたどるというストーリーです。

堀北真希が、アニメオタクの現代っ子と若かりし頃の母親の2役を演じていますが、どちらもよかったです。
「まるで生き映しのよう」といわれることに戸惑いつつ、
母の故郷で出会う人たちとの交流を通して、少しずつ母の人となりを理解してゆきます。

劇場公開は2013年12月。
大人気だったドラマ「あまちゃん」が終わって淋しく思っている人がたくさんいた頃です。
母の過去をたどるというストーリー、さらに松田龍平のキャスティングに
あまロスの人たちをターゲットにした映画なのかなとも思いましたが、これはこれでいい映画でした。
ただ、堀北真希が余貴美子になるとはどうしても思えなかったんですけど(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

わかる時が、わかる時期

投稿日:2014/09/18 レビュアー:ビンス

なんかほんわかと心地良い気分にさせてくれる映画でした。
堀北ちゃんの透明感
松田くんのぼや〜っとしながらもかすかに包み込むような存在感
温水のぬくみず感。
裏切りません。
ただ、堀北ちゃんがあまりにも透明感ありすぎて
成長したら余さんになるというのが受け止めきれなかったけど・・・

他の作品のレビューでも書いたような気がしますが、
わからないということは
わからない、という正解なんだと思います。
そのときは「わからない」
そのときは「正解」
わからないことは
わかるとき、わかる時期になれば「わかる」んです。
その時期が「わかる時期」であり
正解の時期であり。
わからないことを攻めるる必要も悔やむ必要もないけど、
実は攻めたり、悔やむことですら
そのときの正解だったりします。
「わかった」答えはそれぞれでしょうが。
受け入れられない事実は
受け入れることができません。
受け入れたくても
受け入れられないことだってあります。
けど、その全てが人生で
経験で
積み重ね
それは誰も辿れないあなたの道。

嫌われるということも
親の役目なんだと思います。
キライだとぶつけてくれることは
実は幸せなことかもしれません。
ぶつけてすらもらえない日々よりは。
無理やりにでも繋がれば
何かは伝う。
そうなんじゃないかなぁ・・・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本音でズバズバ語り、飾らない麦子さんに好感を持つ。

投稿日:2015/11/03 レビュアー:カマンベール

堀北真希と松田龍平の兄妹は、2人を捨てた母親彩子(余貴美子)が、
突然現れ同居を迫って来ます。

兄妹の平穏な生活に突然の闖入者。
2人の生活は兄(松田)が、家を出たので、麦子さんと母親彩子が、
慣れない同居をスタートすることに。
生活は、ギクシャクします。
きっと0年以上、音信不通だったのでしょう?
(母親の家出のいきさつとか、それと父親には殆ど触れてません)

そして母親は、肝臓癌で急死してしまう。
たった2人の葬儀。
そして麦子は、母親の郷里(ロケ地は山梨県の都留市なんですね。)

そこで納骨に訪れた麦子は、母親の彩子が、可愛くて評判の町1番のアイドルだったことを識ることに・・・。

麦子は、ズバズバ本音で話すので、好感は、持てます。
しかし、ストーリーの底が浅いですよね。
ビックリのエピソードは、1つもありません。
1つくらい、お母さんが、隠して来た過去の出来事とか、ありませんかね!

堀北真希が、可愛いい。それ以上のことは何も無いです。

声優を目指す麦子さんの声優のシーンというか声は、吹き替え・・・
だそうです。
アイドル歌手を目指して上京したという母親の彩子。
ラストシーンで、松田聖子の『赤いスイトピー』が、やっとこ
聴けるのてすが、ここでも堀北真希は、歌いません。
あ〜、やっぱり歌も下手なんだろうな〜

とか思ってしまいました。多岐な才能が無ければ、今後、結婚もなさって、イメージ的にも大人の演技と覚悟を堀北真希さんに期待します。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全19件

麦子さんと

月額課金で借りる

都度課金で借りる