秘密と嘘の画像・ジャケット写真

秘密と嘘 / ブレンダ・ブレッシン

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「秘密と嘘」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

96年度のカンヌ、パルムドール大賞を受賞したヒューマン・ドラマ。教養もなくひたすら陽気なだけが取り柄のような中年女シンシア。だがしかし、彼女にはどこか暗い陰りがあった。私生児の娘ロクサンヌと二人暮らしの彼女は、若い時分のふしだらさを年頃の娘に非難されてばかりいたのだ。子供のいない写真館を営む弟のモーリスは姪っこ可愛さに、姉を経済的に援助している。人生の成功者である彼も、浪費家の妻と共にどこか救われない悲しさを抱えている……。

「秘密と嘘」 の作品情報

作品情報

製作年:

1996年

製作国:

イギリス

原題:

SECRETS & LIES

受賞記録:

1996年 カンヌ国際映画祭 パルム・ドール
1996年 ゴールデン・グローブ 女優賞(ドラマ)
1996年 LA批評家協会賞 作品賞

「秘密と嘘」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アンネ・フランク

ピータールー マンチェスターの悲劇

ハッピー・ゴー・ラッキー

英国王のスピーチ

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

「Lies・嘘」は何処?

投稿日:2015/09/08 レビュアー:ne_eko_o

評価が高かったのでリストに入れたのですが、手元に届くまで約4ヶ月かかりました。
1位登録者が202人なのに『在庫数10枚』って…
しかもパルム・ドール、ゴールデン・グローブの冠まで付いているのに…???
理解に苦しみます。


この作品を見て、キャストがほぼアドリブで創り上げた映画だと信じるのは難しい。
監督の秀逸な才能に、深く感動させられます。

だけど映画の内容の感想は…「男性目線の理想郷」
主人公はシンシアという女性ですが、最終的にはシンシアの「弟」の理想が描かれているように感じました。


シンシアはよくいる女性です。
甘ったるく甲高い声で四六時中喋りまくる。
しかも「ダーリン」「スイートハート」という語尾を、誰かれ構わず使い回す。
典型的な女から敬遠される女性として描かれていますが、根本は立派な女性なのでしょう。
母亡きあと、父の世話をしながら弟を育て上げ、自身はシングルマザーとして仕事と娘に尽くしてきた。
なのに娘が二十歳を超えた今、尽くして育てあげた弟とは疎遠になり、娘には疎ましがられている。
よくある日常のヒトコマなのにシンシアは不満で一杯。
娘にはもっと自分との時間を大切にするように迫り、弟が疎遠になったのは義理の妹のせいだと愚痴る。
愛に飢え、不満に溢れ、満たされない生活を人に背負わせたがる中年女性。
本当に、リアルに、そこら中に存在している女性の典型です。
同胞を見つけられればそれも少しは満たされるのでしょうが、シンシアはただただ孤独な女性でした。

そんな耐えられない程の日常に、16歳の時に里子に出した実子から連絡が…


その人物は黒人の女性「ホーテンス」なのですが、とにかく素晴らしい女性です。
勇猛果敢で常識を弁え、全てを赦し、受け入れる覚悟ができている。
養子に出された先の家族が、愛と厳しさを兼ね備えた素晴らしい家庭だった事を彷彿とさせます。
映像で描かれなかった事を残念に感じる程に…。

結果「シンシアの娘」の誕生日パーティーで、隠し続けてきた数多の事実が明かされる事になるのですが…


シンシアの弟「モーリス」が暴露する、自分の嫁「モニカ」が隠し続けて来た真実。
シンシアが吐露できなかったホーテンスの父親の真実。
様々な秘密が暴かれる中、モーリスが放つ言葉は、
自分が愛し大切にしている3人の女性が、
秘密によって疎遠になっている事実に耐えられないという弱音としか捉えられなかった。


この言葉を聞くまでは、何て渾身的で素晴らしい男性なんだろうと感動していたのですが… 興醒めでした。
私自身はモニカの感情に一番揺さ振られ、どんな悪評と引き換えにしたとしても隠し通したかった真実を
一番頼りにし、信じ続けてきた「夫」にアカラサマにされた事は、裏切りとしか捉えられない。
例えその事実が和解に繋がり、失われた家族の絆に結び付くのだとしても、
それは憐れみの上に築いた「空虚な城」でしかない。


私には守り通したい「秘密」がある。
そんな私が、夫と、成人したての二人の子供との、不安定だけど幸せな日常を過ごせているのは
夫と二人の子供が、私の「秘密」を受け入れ、その上で
隠し通してくれているお陰なのだと実感しない日は存在しない。
その秘密が暴かれるくらいなら、一生孤独に終える覚悟も、今すぐ命を絶つ覚悟も出来ている。
それ程までに隠し通したい「秘密」には威力が備わっているのだと、改めて実感させられました。

この映画は一応「ハッピーエンド」になっています。
モニカが全てを受け入れ、救われた世界が描かれています。

だけど…
私と共に、私にとっての「平穏な幸せ」に付き合いきれないのであれば
いつでも「真実」を吐露すればいいと。
「その結果を受け入れる覚悟があるのなら」と思っている女性の覚悟を甘くみるべきでは無い。

女性にとって「自分の世界」が必需なのに対し
男性は「コミュニティー」を求めるという性質は無視できない。
アラフォー以降の男女に是非、見て欲しいと感じる逸品でした。


ちなみに…  「Lies・嘘」は何処に……??

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

これぞ、他人の人生を覗く感動作。

投稿日:2016/12/30 レビュアー:そらへ

何せ俳優さんの演技がスゴイリアル。演出もリアルで人の狡さやみっともないところをいっぱい描かれていると思いました。
そんな中で家族が家族であるために、恥を晒して自分の思いを告げて、家族をまとめていく勇気が素晴らしいと思いました。
この手の映画が見れることがツタヤディスカスの良いところだと思います。
自分の人生に照らしても、いっぱい役に立つシーンが満載で、恥ずかしいから家族一緒では見れないけど、独りで見るなら、自分の人生を豊かにしてくる映画だと思う。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

イギリス映画らしい

投稿日:2020/08/04 レビュアー:Alterego

貧しく、弱くても優しい人々。日常を諦めずに生きていこうと思わせてくれる。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

「家族」の光と影

投稿日:2017/03/12 レビュアー:daichan

面白かったです。
生まれてすぐ里子に出されたホーテンスが、育ての母の死をきっかけに、生みの母を探すことを決心する。しかし生みの母シンシア、その家族にはいろいろな問題が・・・

ロケーションやセリフがリアルで、ロンドンにいる本当の家族を見ているような気になります。
脚本を使わずに役者と即興的に作り上げるという独特な映画作りによるものでしょうか。

「人生は、時々晴れ」(2002)と共通して感じられたのは「夫婦の絆、親子の絆」を信じようとする暖かい視線。
「新米家族」のホーテンスのクールな視線が、お涙頂戴にならないように画面をひきしめていたような。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

秘密と嘘

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

「Lies・嘘」は何処?

投稿日

2015/09/08

レビュアー

ne_eko_o

評価が高かったのでリストに入れたのですが、手元に届くまで約4ヶ月かかりました。
1位登録者が202人なのに『在庫数10枚』って…
しかもパルム・ドール、ゴールデン・グローブの冠まで付いているのに…???
理解に苦しみます。


この作品を見て、キャストがほぼアドリブで創り上げた映画だと信じるのは難しい。
監督の秀逸な才能に、深く感動させられます。

だけど映画の内容の感想は…「男性目線の理想郷」
主人公はシンシアという女性ですが、最終的にはシンシアの「弟」の理想が描かれているように感じました。


シンシアはよくいる女性です。
甘ったるく甲高い声で四六時中喋りまくる。
しかも「ダーリン」「スイートハート」という語尾を、誰かれ構わず使い回す。
典型的な女から敬遠される女性として描かれていますが、根本は立派な女性なのでしょう。
母亡きあと、父の世話をしながら弟を育て上げ、自身はシングルマザーとして仕事と娘に尽くしてきた。
なのに娘が二十歳を超えた今、尽くして育てあげた弟とは疎遠になり、娘には疎ましがられている。
よくある日常のヒトコマなのにシンシアは不満で一杯。
娘にはもっと自分との時間を大切にするように迫り、弟が疎遠になったのは義理の妹のせいだと愚痴る。
愛に飢え、不満に溢れ、満たされない生活を人に背負わせたがる中年女性。
本当に、リアルに、そこら中に存在している女性の典型です。
同胞を見つけられればそれも少しは満たされるのでしょうが、シンシアはただただ孤独な女性でした。

そんな耐えられない程の日常に、16歳の時に里子に出した実子から連絡が…


その人物は黒人の女性「ホーテンス」なのですが、とにかく素晴らしい女性です。
勇猛果敢で常識を弁え、全てを赦し、受け入れる覚悟ができている。
養子に出された先の家族が、愛と厳しさを兼ね備えた素晴らしい家庭だった事を彷彿とさせます。
映像で描かれなかった事を残念に感じる程に…。

結果「シンシアの娘」の誕生日パーティーで、隠し続けてきた数多の事実が明かされる事になるのですが…


シンシアの弟「モーリス」が暴露する、自分の嫁「モニカ」が隠し続けて来た真実。
シンシアが吐露できなかったホーテンスの父親の真実。
様々な秘密が暴かれる中、モーリスが放つ言葉は、
自分が愛し大切にしている3人の女性が、
秘密によって疎遠になっている事実に耐えられないという弱音としか捉えられなかった。


この言葉を聞くまでは、何て渾身的で素晴らしい男性なんだろうと感動していたのですが… 興醒めでした。
私自身はモニカの感情に一番揺さ振られ、どんな悪評と引き換えにしたとしても隠し通したかった真実を
一番頼りにし、信じ続けてきた「夫」にアカラサマにされた事は、裏切りとしか捉えられない。
例えその事実が和解に繋がり、失われた家族の絆に結び付くのだとしても、
それは憐れみの上に築いた「空虚な城」でしかない。


私には守り通したい「秘密」がある。
そんな私が、夫と、成人したての二人の子供との、不安定だけど幸せな日常を過ごせているのは
夫と二人の子供が、私の「秘密」を受け入れ、その上で
隠し通してくれているお陰なのだと実感しない日は存在しない。
その秘密が暴かれるくらいなら、一生孤独に終える覚悟も、今すぐ命を絶つ覚悟も出来ている。
それ程までに隠し通したい「秘密」には威力が備わっているのだと、改めて実感させられました。

この映画は一応「ハッピーエンド」になっています。
モニカが全てを受け入れ、救われた世界が描かれています。

だけど…
私と共に、私にとっての「平穏な幸せ」に付き合いきれないのであれば
いつでも「真実」を吐露すればいいと。
「その結果を受け入れる覚悟があるのなら」と思っている女性の覚悟を甘くみるべきでは無い。

女性にとって「自分の世界」が必需なのに対し
男性は「コミュニティー」を求めるという性質は無視できない。
アラフォー以降の男女に是非、見て欲しいと感じる逸品でした。


ちなみに…  「Lies・嘘」は何処に……??

これぞ、他人の人生を覗く感動作。

投稿日

2016/12/30

レビュアー

そらへ

何せ俳優さんの演技がスゴイリアル。演出もリアルで人の狡さやみっともないところをいっぱい描かれていると思いました。
そんな中で家族が家族であるために、恥を晒して自分の思いを告げて、家族をまとめていく勇気が素晴らしいと思いました。
この手の映画が見れることがツタヤディスカスの良いところだと思います。
自分の人生に照らしても、いっぱい役に立つシーンが満載で、恥ずかしいから家族一緒では見れないけど、独りで見るなら、自分の人生を豊かにしてくる映画だと思う。

イギリス映画らしい

投稿日

2020/08/04

レビュアー

Alterego

貧しく、弱くても優しい人々。日常を諦めずに生きていこうと思わせてくれる。

「家族」の光と影

投稿日

2017/03/12

レビュアー

daichan

面白かったです。
生まれてすぐ里子に出されたホーテンスが、育ての母の死をきっかけに、生みの母を探すことを決心する。しかし生みの母シンシア、その家族にはいろいろな問題が・・・

ロケーションやセリフがリアルで、ロンドンにいる本当の家族を見ているような気になります。
脚本を使わずに役者と即興的に作り上げるという独特な映画作りによるものでしょうか。

「人生は、時々晴れ」(2002)と共通して感じられたのは「夫婦の絆、親子の絆」を信じようとする暖かい視線。
「新米家族」のホーテンスのクールな視線が、お涙頂戴にならないように画面をひきしめていたような。

1〜 4件 / 全4件