ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間の画像・ジャケット写真

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 / 西島秀俊

全体の平均評価点:(5点満点)

29

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

旧作

ジャンル :

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

旧作

解説・ストーリー

司城志朗のベストセラー小説『ゲノムハザード』を「美しき野獣」のキム・ソンス監督が映画化した日韓合作のサスペンス・アクション。何者かに記憶を操作され、恐るべき陰謀に巻き込まれた主人公の決死の戦いの行方をスリリングに描く。主演は「CUT」の西島秀俊、共演に真木よう子、キム・ヒョジン。ある日、帰宅した石神武人は妻の死体を発見し、動揺する。そこへ突然の電話が鳴る。しかし受話器から聞こえてきたのは、目の前で死んでいるはずの妻の声だった。その直後、石神は警察を騙る2人組に掠われかけるが間一髪で逃走し、偶然通りかかった韓国人女性記者のカン・ジウォンに助けられる。2人は協力して事件の解明に乗り出すが、次第に石神の不可解な記憶の混乱が明らかとなっていく。 JAN:4907953053847

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 の作品情報

作品情報

製作年:

2013年

製作国:

韓国/日本

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

平成細雪

銀のエンゼル

ある会社員

好きだ、

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全29件

巻き込まれ型サスペンス

投稿日:2014/06/19 レビュアー:ミルクチョコ

司城志朗の小説「ゲノムハザード」を映画化した日韓合作サスペンス。
ある日、自宅で妻が殺されているのを発見したイラストレーターの石神武人(西島秀俊)は、死んだはずの妻(真木よう子)からの電話を受け、その日を境に警察を名乗る男たちに追われるようになります。真実を求める石神は、正体不明な女記者(キム・ヒョジン)や妻を装う女との出会いを通し、自分の記憶が何者かに上書きされているということに気づきます。

結婚記念日を祝うために、急いで帰宅したら、妻の死体が!そこに妻からの電話。訳が分からなくなります。
警察を騙る2人組。何が起きているのか考える間もなく、走り続けなければなりません。
映画はそんな石神の恐怖と不安、焦りと怒りを一緒に体験し、最後まで謎解きが続いて目が離せません。
急に韓国語を話し出したり、知らないはずの薬品名をスラスラと並べるなど、別人格が顔を覗かせ、自分はいったい?!という彼の自分探しの冒険を体感させてくれます。
マンションの屋上からの脱出劇など、本格的なアクションシーンも極力スタントに頼ることなく、自分の体を張って演じたそうです。西島さんのアクションに目が釘付けでした。
少しずつ明らかにされていく事実はスリルあり、テンポが良く、ラストまで引き付けられました。

このレビューは気に入りましたか? 30人の会員が気に入ったと投稿しています

ffrf

投稿日:2014/06/12 レビュアー:エロエロ大魔神

結局 チョンかい!

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

ゲノムのハザード

投稿日:2014/07/11 レビュアー:まみもぉ

西島秀俊 地味で奥ゆかしい迫力がある俳優さん。
揺らぐひらめく着物の裾から見え隠れする和風なセクシーさが粋。
そんな彼の魅力を出ずっぱりの最初から最後まで楽しめた。
それはストーリーの偶然の多さくどさも無視させてくれた。

救いと恐ろしさのある話しの核心。
でも、救いの可能性の方を高く感じた。
なくさないよういろんな方法で保存しても、保存したその行為を思い出せなければ無きに等しい記憶。
それそのものを回復でなく戻せればいいと思っていた。カードを差し込むように。
記憶と思い出を鶏と卵のように扱っていたから、
だからまるでべつもの、違うものと思うといろいろ救われるし、
記憶力より思い出力がいいんだと言い訳もできる。
そして、出つくした後、思いが残る……

一回りもの年齢差にもかかわらず真木よう子と西島秀俊が姉弟のように見えた。
記憶力のいい思い出の多い女優さんなのかもしれない。




このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

西島秀俊でなければ観なかったかも

投稿日:2014/07/07 レビュアー:kazupon

灯りが消され、色とりどりのロウソクだけが灯された部屋。
結婚記念日の妻の演出だと思う石神(西島秀俊)。
しかし、妻は冷たくなっていた。
そして、突然鳴った電話から聞こえてきたのは、目の前に横たわっている妻の声だった。

中々衝撃的な始まり方でした。
自分の置かれた状況がまったく分からない主人公とともに、私も謎を抱えて120分を彷徨うことになってしまいました。
画面左側の時間表示は一体何を表しているのか?
カウントダウンしているようなので、少しずつ真実に近づいているのだろうとは思いましたが、正直に言ってワケが分からず、話の内容の何割を理解できたのか不明です。
何だか疲れちゃって、再見する気も起こりません。
記憶の上書きというよりは、他人の記憶を混在させられたということだと思います。
西島秀俊のアクションシーンと手持ちの薬品を使って追っ手と闘うシーンは面白く観ました。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

価値なし

投稿日:2014/07/16 レビュアー:bm16

これは韓ドラだ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全29件

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:29件

巻き込まれ型サスペンス

投稿日

2014/06/19

レビュアー

ミルクチョコ

司城志朗の小説「ゲノムハザード」を映画化した日韓合作サスペンス。
ある日、自宅で妻が殺されているのを発見したイラストレーターの石神武人(西島秀俊)は、死んだはずの妻(真木よう子)からの電話を受け、その日を境に警察を名乗る男たちに追われるようになります。真実を求める石神は、正体不明な女記者(キム・ヒョジン)や妻を装う女との出会いを通し、自分の記憶が何者かに上書きされているということに気づきます。

結婚記念日を祝うために、急いで帰宅したら、妻の死体が!そこに妻からの電話。訳が分からなくなります。
警察を騙る2人組。何が起きているのか考える間もなく、走り続けなければなりません。
映画はそんな石神の恐怖と不安、焦りと怒りを一緒に体験し、最後まで謎解きが続いて目が離せません。
急に韓国語を話し出したり、知らないはずの薬品名をスラスラと並べるなど、別人格が顔を覗かせ、自分はいったい?!という彼の自分探しの冒険を体感させてくれます。
マンションの屋上からの脱出劇など、本格的なアクションシーンも極力スタントに頼ることなく、自分の体を張って演じたそうです。西島さんのアクションに目が釘付けでした。
少しずつ明らかにされていく事実はスリルあり、テンポが良く、ラストまで引き付けられました。

ffrf

投稿日

2014/06/12

レビュアー

エロエロ大魔神

結局 チョンかい!

ゲノムのハザード

投稿日

2014/07/11

レビュアー

まみもぉ

西島秀俊 地味で奥ゆかしい迫力がある俳優さん。
揺らぐひらめく着物の裾から見え隠れする和風なセクシーさが粋。
そんな彼の魅力を出ずっぱりの最初から最後まで楽しめた。
それはストーリーの偶然の多さくどさも無視させてくれた。

救いと恐ろしさのある話しの核心。
でも、救いの可能性の方を高く感じた。
なくさないよういろんな方法で保存しても、保存したその行為を思い出せなければ無きに等しい記憶。
それそのものを回復でなく戻せればいいと思っていた。カードを差し込むように。
記憶と思い出を鶏と卵のように扱っていたから、
だからまるでべつもの、違うものと思うといろいろ救われるし、
記憶力より思い出力がいいんだと言い訳もできる。
そして、出つくした後、思いが残る……

一回りもの年齢差にもかかわらず真木よう子と西島秀俊が姉弟のように見えた。
記憶力のいい思い出の多い女優さんなのかもしれない。




西島秀俊でなければ観なかったかも

投稿日

2014/07/07

レビュアー

kazupon

灯りが消され、色とりどりのロウソクだけが灯された部屋。
結婚記念日の妻の演出だと思う石神(西島秀俊)。
しかし、妻は冷たくなっていた。
そして、突然鳴った電話から聞こえてきたのは、目の前に横たわっている妻の声だった。

中々衝撃的な始まり方でした。
自分の置かれた状況がまったく分からない主人公とともに、私も謎を抱えて120分を彷徨うことになってしまいました。
画面左側の時間表示は一体何を表しているのか?
カウントダウンしているようなので、少しずつ真実に近づいているのだろうとは思いましたが、正直に言ってワケが分からず、話の内容の何割を理解できたのか不明です。
何だか疲れちゃって、再見する気も起こりません。
記憶の上書きというよりは、他人の記憶を混在させられたということだと思います。
西島秀俊のアクションシーンと手持ちの薬品を使って追っ手と闘うシーンは面白く観ました。

価値なし

投稿日

2014/07/16

レビュアー

bm16

これは韓ドラだ。

1〜 5件 / 全29件