フィルスの画像・ジャケット写真

フィルス / ジェームズ・マカヴォイ

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「フィルス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

アーヴィン・ウェルシュの小説を映画化したクライムコメディ。頭脳明晰ながら卑劣で悪徳の塊のようなスコットランド警察の刑事、ブルース・ロバートソン。日本人留学生殺人事件の捜査を任された彼は、事件を解決して出世しようと目論むが…。※R15+

「フィルス」 の作品情報

作品情報

製作年:

2013年

製作国:

イギリス

原題:

FILTH

「フィルス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

メアリーの総て

24アワー・パーティ・ピープル

ベオウルフ

ウィンブルドン

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

内容はともかく、J・マカヴォイはヒゲが似合ってる♪

投稿日:2014/06/02 レビュアー:パンケーキレンズ

とにかく、しっちゃかめっちゃかな内容で
殺人事件を捜査する刑事の話なんだけど
その事件自体はそんなに重要なことじゃなくて
この刑事(J・マカヴォイ)のヤバイ日常エトセトラ・・・なんですね

なので、まぁ、マカヴォイ祭りなんですけど
ドラッグ、セックス、幻覚・・・そして最後の金髪姿(←これが見もの!w)

頑張ってます!

ちょっとムリしてる感も、ちらほらwww

でも、意外とヒゲが似合ってるし
ここ数年で格段に魅力的になった俳優さんの一人なので
ますます好きになりました♪

原作はあの『トレインスポッティング』の人なんですわ〜
この刑事になんの共感もできないんで
人によっちゃ苦痛を味わう100分かもですけど
何気にそれぞれのエピソードの接着面が、ええ塩梅に絡んでるんです
そういう面では、よくできた!という印象☆

ヒゲ+金髪+血まみれ・・・デカプリオ(『WofW』)なら笑えたんだろなwww

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

わが道を行くクズ刑事。ラストは思わずほろっとしたわ。

投稿日:2014/04/04 レビュアー:MM3

前評判に違わぬ、クズっぷりで、
セックス、ドラッグ、酒、裏金
と、悪徳刑事定番アイテムすべて揃ってた(笑

マカヴォィはやっぱり今までの出演作品のイメージが付きまとうんじゃないかと思ってましたが、
見事に突き抜けたヤバイ刑事を熱演。

ノリノリで、グダグダで、
とにかく、もう。。。。(笑

コピー機のくだりは下品の極みだけど
笑っちゃいましたわ。

そんな話なんでこのまま突っ走ると思ってたんですが
日本人殺人事件の捜査のあたりから
ちょくちょく「いい奴」の面も見えてくる。

終盤は思わずほろっとしちゃいました。

なんというか、わが道を行くというか。
去り際の美学というか。

自分らしくなくなったら、それは幕を下ろすときなのか。

そんな気がして、潔さを感じながらも
ちょっとうるうる。

マカヴォィの視線の先に見えたものがこれまた・・・・ね・・・・

「えー?」と思いつつも
やっぱ、この映画はこれじゃないとな!と思った次第。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

お暇なら

投稿日:2014/05/27 レビュアー:よふかし

ジェームズ・マカヴォイが悪徳刑事(ダメ刑事)を演じた、確か原作が『トレインスポッティング」と同じ人のコメディ。笑えはしない。
同時期に公開したマカヴォイ主演の『トランス』よりは面白いが、必ずしもエンタメではない。
問題は、ダニー・ボイル風味のちゃかちゃかした演出ではなく、マカヴォイその人。
彼がいくら頑張っても、どうも「悪い奴」「いい加減な奴」を強いて演じている風にしか見えないところがつらい。
マカヴォイはどこまでも「いい奴」なのだ。身体に根差さない下品な振る舞いだから、痛々しく、笑いに転じない。
そのため「トレスポ」が獲得していたポップさにも程遠く、話も面白くないので事件の目撃者を巡る云々とか、衝撃の真相とかなどどうでもよくなってしまう。
ラストもああそうか、というのみ。
目新しいふりをしているが、ちっとも予想の範囲を出てくれない表現も普通。
せめてこれが初期マイケル・ファスベンダーだったらどうだろう? などと考えてしまう。
下品な奴を演じるマカヴォイに関心がある人なら。55点。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

俺の人生にサプライズはない。

投稿日:2018/04/11 レビュアー:ひゅう助

前々から近所のレンタル屋で気になってた本作をレンタル。

そこそこ面白かったです。普通の日常より、エキセントリックな人を描いた映画の方が楽しめる。

あらすじ

一癖も二癖もある刑事の面々の中で一人だけ昇進できる。その中でもとびきりの「フィルス(くず)」のブルース(マカヴォイ)は、あの手この手で候補者の評判を下げようとする。

そんなことがあったり、日本人留学生殺人事件の捜査をしたり、休暇をとったり。

よーするに自堕落な人間の話だ。


マカヴォイって、案外こういうクズの役が似合うかも。それか犯罪者か。

映画は面白いですが、完全にR指定なので子供は見ないでね。

ラストにどんでん返しもあったり、まあまあ面白いよ。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

マカヴォイさんが凄い

投稿日:2014/09/29 レビュアー:ふぃおな

エグイストーリー、内容なので、もう一度観たいと思うかと言ったら、うーんという感じですが、いろいろとセンスの良い映画。

特にジェームズ・マカヴォイの演技はすさまじく、ごく若いころから様々な役柄を演じ、様々な映画に出演してきたマカヴォイさんですが、俳優としての真骨頂を示した、という感じ。

演じがいがあったのではないでしょうか。

ラスト、顔演技、凄い・・・。

陳腐なたとえかもしれませんが、この演技、「オスカーもん」です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

フィルス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

内容はともかく、J・マカヴォイはヒゲが似合ってる♪

投稿日

2014/06/02

レビュアー

パンケーキレンズ

とにかく、しっちゃかめっちゃかな内容で
殺人事件を捜査する刑事の話なんだけど
その事件自体はそんなに重要なことじゃなくて
この刑事(J・マカヴォイ)のヤバイ日常エトセトラ・・・なんですね

なので、まぁ、マカヴォイ祭りなんですけど
ドラッグ、セックス、幻覚・・・そして最後の金髪姿(←これが見もの!w)

頑張ってます!

ちょっとムリしてる感も、ちらほらwww

でも、意外とヒゲが似合ってるし
ここ数年で格段に魅力的になった俳優さんの一人なので
ますます好きになりました♪

原作はあの『トレインスポッティング』の人なんですわ〜
この刑事になんの共感もできないんで
人によっちゃ苦痛を味わう100分かもですけど
何気にそれぞれのエピソードの接着面が、ええ塩梅に絡んでるんです
そういう面では、よくできた!という印象☆

ヒゲ+金髪+血まみれ・・・デカプリオ(『WofW』)なら笑えたんだろなwww

わが道を行くクズ刑事。ラストは思わずほろっとしたわ。

投稿日

2014/04/04

レビュアー

MM3

前評判に違わぬ、クズっぷりで、
セックス、ドラッグ、酒、裏金
と、悪徳刑事定番アイテムすべて揃ってた(笑

マカヴォィはやっぱり今までの出演作品のイメージが付きまとうんじゃないかと思ってましたが、
見事に突き抜けたヤバイ刑事を熱演。

ノリノリで、グダグダで、
とにかく、もう。。。。(笑

コピー機のくだりは下品の極みだけど
笑っちゃいましたわ。

そんな話なんでこのまま突っ走ると思ってたんですが
日本人殺人事件の捜査のあたりから
ちょくちょく「いい奴」の面も見えてくる。

終盤は思わずほろっとしちゃいました。

なんというか、わが道を行くというか。
去り際の美学というか。

自分らしくなくなったら、それは幕を下ろすときなのか。

そんな気がして、潔さを感じながらも
ちょっとうるうる。

マカヴォィの視線の先に見えたものがこれまた・・・・ね・・・・

「えー?」と思いつつも
やっぱ、この映画はこれじゃないとな!と思った次第。

お暇なら

投稿日

2014/05/27

レビュアー

よふかし

ジェームズ・マカヴォイが悪徳刑事(ダメ刑事)を演じた、確か原作が『トレインスポッティング」と同じ人のコメディ。笑えはしない。
同時期に公開したマカヴォイ主演の『トランス』よりは面白いが、必ずしもエンタメではない。
問題は、ダニー・ボイル風味のちゃかちゃかした演出ではなく、マカヴォイその人。
彼がいくら頑張っても、どうも「悪い奴」「いい加減な奴」を強いて演じている風にしか見えないところがつらい。
マカヴォイはどこまでも「いい奴」なのだ。身体に根差さない下品な振る舞いだから、痛々しく、笑いに転じない。
そのため「トレスポ」が獲得していたポップさにも程遠く、話も面白くないので事件の目撃者を巡る云々とか、衝撃の真相とかなどどうでもよくなってしまう。
ラストもああそうか、というのみ。
目新しいふりをしているが、ちっとも予想の範囲を出てくれない表現も普通。
せめてこれが初期マイケル・ファスベンダーだったらどうだろう? などと考えてしまう。
下品な奴を演じるマカヴォイに関心がある人なら。55点。

俺の人生にサプライズはない。

投稿日

2018/04/11

レビュアー

ひゅう助

前々から近所のレンタル屋で気になってた本作をレンタル。

そこそこ面白かったです。普通の日常より、エキセントリックな人を描いた映画の方が楽しめる。

あらすじ

一癖も二癖もある刑事の面々の中で一人だけ昇進できる。その中でもとびきりの「フィルス(くず)」のブルース(マカヴォイ)は、あの手この手で候補者の評判を下げようとする。

そんなことがあったり、日本人留学生殺人事件の捜査をしたり、休暇をとったり。

よーするに自堕落な人間の話だ。


マカヴォイって、案外こういうクズの役が似合うかも。それか犯罪者か。

映画は面白いですが、完全にR指定なので子供は見ないでね。

ラストにどんでん返しもあったり、まあまあ面白いよ。

☆4つ。

マカヴォイさんが凄い

投稿日

2014/09/29

レビュアー

ふぃおな

エグイストーリー、内容なので、もう一度観たいと思うかと言ったら、うーんという感じですが、いろいろとセンスの良い映画。

特にジェームズ・マカヴォイの演技はすさまじく、ごく若いころから様々な役柄を演じ、様々な映画に出演してきたマカヴォイさんですが、俳優としての真骨頂を示した、という感じ。

演じがいがあったのではないでしょうか。

ラスト、顔演技、凄い・・・。

陳腐なたとえかもしれませんが、この演技、「オスカーもん」です。

1〜 5件 / 全7件