ブロークンシティ

ブロークンシティの画像・ジャケット写真
ブロークンシティ / マーク・ウォールバーグ
全体の平均評価点:
(5点満点)

16

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「ブロークンシティ」 の解説・あらすじ・ストーリー

マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウ共演のクライムサスペンス。市長選を控えた現市長・ホステラーから妻の浮気調査を依頼された元刑事の私立探偵・ビリーは、浮気相手がホステラーの対立候補の右腕・アンドリュースであることを突き止めるが…。

「ブロークンシティ」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: BROKEN CITY

「ブロークンシティ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ブロークンシティの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80DRJ20693 2014年06月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 0人 0人

【Blu-ray】ブロークンシティ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80XRJ20045 2014年06月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

あまり印象に残りませんでした。

投稿日:2014/04/10 レビュアー:パープルローズ

7年前発砲事件を起こして警官を辞めたビリー(マーク・ウォールバーグ)は私立探偵をして糊口をしのいでいたが、
ニューヨーク市長ホステラー(ラッセル・クロウ)から依頼された妻の浮気調査をするうちに、大規模開発を巡る汚職事件に巻き込まれてゆく。

他に、キャサリン・ゼタ・ジョーンズやバリー・ペッパーが出演していて、キャストはなかなか豪華です。

後半、汚職事件の詳細が明らかになるくだりは、いろんな名前が飛び交ってちょっとややこしいかな。

女優志望のビリーの恋人のエピソードは何のために入れられたのか理解不能。
単にウォールバーグがいろんな美人女優と共演したかっただけなのか?
彼女の主演映画のラブシーンとか、彼女の両親を訪ねるシーンとか、ストーリーには全く関係ないような。
そして、彼女の映画の共演相手としてジャスティン・チェンバーズが出てて、私はちょっと嬉しかったけど、
ビリーに殴られただけで、殴られ損で終わってしまいました。

マーク・ウォールバーグはいろいろ出てるけど、「これ!!」という代表作にめぐり合えていない気がします。
この映画も悪くはないけど、あまり印象に残りませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

良くも悪くもスッキリ納得の犯罪サスペンス。

投稿日:2014/04/04 レビュアー:みむさん

ラッセルクロウ、マークウォルバーグ
キャサリンゼタジョーンズ共演の
犯罪サスペンス。

ラッセルクロウがNY市長、
ウォルバーグが元刑事の探偵、
これだけで、ラッセルが「悪」って思っちゃう(笑

それにNY市長がどうの・・・っていう作品紹介から
権力者と警察の汚職モノかな
って思っちゃう。

確かにそういう部分もありますが。

それより、
善玉・悪玉、最後の最後まで
どっちがどっちに落ち着くのか分からないのが面白い。

ラッセル演じる市長の貫禄はたっぷり。
討論シーンなんて何言われても跳ね返すふてぶてしさが最高。
それに、あの笑顔がクセモノです。

この手のサスペンスにありがちな
「それで終わりでイイの!?」っていう
不完全燃焼感のない、あの結末はスッキリ。

良くも悪くもキッチリ!出来てた感じがする。
そして、探偵モノのテイストが随所に入ってくるのも好き。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんなに縮みますかっ!?

投稿日:2014/06/16 レビュアー:パンケーキレンズ

『テッド』以降、個人的に評価が下がり続けてるM・ウォールバーグなんですけど
そのウォールバーグでハードルが下がって
逆にラッセル・クロウでハードルが上がって
その結果、まあなんとか無難に飛び越えれるかな!?くらいの
そんな(?)映画でしたwww

まー・・・ほんまにフツーにフツー(爆)

腹黒ラッセルを満喫するための映画なんですけど
序盤の浮気調査云々の、まだ楽しめるハラハラに比べたら
開発事業とか、それに関わる親子の微妙な確執とか
地味すぎて、撮ってる方もこれで楽しいんかな・・・って・・・www
そこに主人公の過去とか
これまた微妙に絡んでくるんですけど
飾り程度で食い込んでこないのが、いまいちパンチに欠ける原因なんでしょうかね〜・・・

もっとグイグイきてほしかったですよ・・・

これがマフィア抗争とかだったら面白そうだけど
NY市長ってのが、ちょっとヒクwww

自分の過去を消すか!?
相手の未来を握り潰すか!?

っていうドラマ要素もあるんですけど、なんせ微妙なんでwww
ちょっとびっくりするくらいの尻すぼみ感で
ラッセルのドヤ顔だけが、残像現象となって残りますw
が、まあ、終わってみれば、その演技もまあまあ良かった♪

M・ウォールバーグはやっぱ、あかんかった・・・ってことw


このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ありがちハードボイルド

投稿日:2014/06/08 レビュアー:QWERTY

かなりありがちな内容のハードボイルドサスペンス
つまんなくはないけど、特に記憶にも残らない感じ。

最初から悪いヤツが分かっているタイプのサスペンスなので
「ワルモノが具体的にどんな悪事をはたらくのか」と
「どうやってそいつをやっつけるのか」がストーリーの肝だけど
両方ともよくある話だった。

割と短めの映画だけど、それでも尺が足りないからか無駄なシーンが多かった。
主人公の彼女が売れない女優で、初の主演映画が○×△□・・で揉めるとか
現職市長の対立候補が実はゲイとか
市長選の討論会のシーンがダラダラ長かったり等々
これらのシーンをカットしたら60分チョイの話かも・・

話の平凡さを補うためにキャスティングだけ豪華にした感じだけど
僕の場合は、有名俳優が出ていることによる面白さのアップはほとんどないのであまり意味が無かった。
ただ、主人公の助手の子は結構カワイかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

印象の薄い作品

投稿日:2014/05/28 レビュアー:よふかし

マーク・ウォールバーグが元警官の私立探偵というのは意外といけそう、と事前の見込み。
そしてラッセル・クロウが市長なら、悪徳でこいつが黒幕(というか犯人だろう)という予想のもとに鑑賞。
あたったかどうかはネタバレになるので書けないが、パープルローズさんが書かれているように、実に印象の薄い作品になった。
出だしは悪くないのだ。私立探偵もの、ハードボイルドもののムードを醸し出そうという作り手の狙いが嬉しい。
ところが、もともと、ウォルバーグがクロウ市長に負い目があって、それで依頼を引き受けるというところがよくない。
ウォールバーグは調査をイヤイヤやっているようなもので、それは私立探偵としてはどうか。
ビジネスとして始まったものがそうでなくなっていくというのが、私立探偵ハードボイルドの醍醐味と思うのだが、この作品のウォルバーグは途中まで受け身の姿勢、やる気のありかがあいまいなのである。
といって、キャサリン・ゼタ・ジョーンズが密会に行くあたり、ウォルバーグ追いかけていくその電車内のシーン、浜辺の家などは、過去作のいくつかを想起させて嬉しくないわけでもない。
しかし、そこまでであった。
殺人が起こり、ゼタ・ジョーンズと話し、というあたりになると、もはや胸を躍らせる要素はかききえてしまう。40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全16件

ブロークンシティ

月額課金で借りる

都度課金で借りる