キリング/26日間

キリング/26日間の画像・ジャケット写真

キリング/26日間 / ミレイユ・イーノス

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

DVD

旧作

「キリング/26日間」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

注目の新進俳優、ジョエル・キナマンとミレイユ・イーノス主演によるサスペンスドラマ第13巻。証拠品の持ち主の目星をつけたリンデンとホールダーは、逮捕を確実なものにするため、ある人物に取引を持ち掛けるが…。第25話と最終第26話を収録。

「キリング/26日間」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

アメリカ

原題:

THE KILLING

「キリング/26日間」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バンディット

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち

オペレーション・ローグ

ザ・フォロイング <ファースト・シーズン>

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

悲しみの群像劇

投稿日:2014/05/18 レビュアー:カマンベール

ハリウッド映画のサスペンス作品が衰えて、ゾンビ物とヴァンパイヤ物
が主流になった原因は、キリングの様な26時間を掛けて、人物像を
掘り下げ、事件の背景、風土を描く事は、二時間前後の映画では
難しい〜と言われている。

シーズン1で真犯人が判明しなかったため視聴者が離れてしまった。
それだけ濃密な緊迫感があり、13話でかなり脱力した。

シーズン2も更に面白いです。
ミレイユ・イーノス演じるサラ・リンデン刑事は入魂の啓二像で
今や彼女はハリウッド映画の売れっ子になったようですね。

ワールド・ウオーZでも妻役をやってます。相棒のジョエル・
キナマンもロボコップの主役と二人とも大ブレイク。

それだけ濃密で深い作品です。
ミレイユ演じるサラに共鳴するか、しないかで決まります。
役者さんが上手い。豪華キャストが入魂の演技うますぎ。

突然、17歳の美少女リンジーを奪われた一家の崩壊は
いたたまれないほどです。

シーズン3はAXNが手を引いてFOXで放映されました。
低予算の安っぽい作りになりましたが、キリング・フリーク
には見逃せない衝撃の結末が待ってます。


















このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

憂うつな天気

投稿日:2015/11/02 レビュアー:ファンファン

面白かったデス。
こういう作品はやはり一気に見たくなりますね。

一人の女子高生が無残にも命を奪われた事から、女性刑事リンデンと相棒ホールダーの執念の捜査が
始まります。次から次へと、怪しい(もしや犯人?と思わせる)人物が登場し、更に市長選が絡むは
親子や家族の問題が絡むはで、見てる側を飽きさせません。作品の世界へ引き込まれました。

お気に入りはオープニング。憂うつな雨と街並みとリンデンが運転する車。背景に流れる音も好きで
そこだけ何度も見たいぐらい(笑)

それにしても、26日間、ホントに雨、雨、雨でした。
絶対憂うつになります。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

オリジナルとリメイクのラスト

投稿日:2014/06/15 レビュアー:四十肩六郎

オリジナルとリメイクどっちを見ようか?と悩まれているなら、僕はリメイク版のこちらをお勧めします。

一人の少女の殺人で始まり、関係者の秘密な部分と選挙活動での裏の闘いなどで盛り上げる前半、
中盤は少しダレてきますが、ラストは、リメイク版の方が、「キリング」のウリの『選挙活動』と『人の秘密』をうまく生かしていると思います。

両方、ラストは悲しいですが、オリジナルは、ある映画のラストのまんまで新鮮味がなく、リメイク版はオリジナル以上に、やるせない、悲しいラストでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

「ザ・キリング」のリメイク作品

投稿日:2014/05/17 レビュアー:さるこ

デンマークで史上最高の視聴率だった人気ドラマ「ザ・キリング」のリメイク。
それを、知らなくて先にこっちのリメイク版から見始めてしまった〜!

湖から17歳の女子高生ロージーの遺体を発見。
で、そこから地元警察官が捜査してくと政治家、教師、元カレ、
もうとにかくいろんな人が怪しいっていう話。

現代版「ツイン・ピークス」なんて言われているらしいけど、
それはオリジナルドラマの方か??
私には、ごく普通の刑事ものに見えるんだが。。

まだ12話までしか見てないが、刑事たちの私生活がちょいちょい
挟まれているの、そのシーン必要なのかなぁ。
なんか、あとあと絡んでくるのか?
というか、刑事の私生活あんま興味ないんで、捜査の進展を!
12話も見てまだ一向にハマってないので、この先もハマらない気がしてきた。。

このリメイクが私に合わないのか、ストーリーが合わないのか。
一応、ここまで見てしまった以上、捜査は気にはなってるんで、
元ドラマの「ザ・キリング」の方を見てみようと思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

誰がロージーを。

投稿日:2016/04/08 レビュアー:kinako

誰がロージーを殺したのか。

見ればみるほど、「ツインピークス」が思い出され、
ロージーがローラに思えてくる。
だが、ここにはエージェントクーパーはおらず、
無愛想なリンデンと元アンダーカバーのホールダー。
リンデンといえば、結婚すると言いながら、婚約者も息子も放置したまま事件にのめり込んでいく。
まわりの迷惑顧みず、息子のジャックはかわいそうだし、まったく共感できない。みているのは辛い。だが、被害者家族をものすごく丁寧に描いていて、彼らの日常が徐々に壊れていく様を丹念に描いている。そこが他の刑事物と一線を画すドラマとなっているのだと思う。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全16件

キリング/26日間

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

悲しみの群像劇

投稿日

2014/05/18

レビュアー

カマンベール

ハリウッド映画のサスペンス作品が衰えて、ゾンビ物とヴァンパイヤ物
が主流になった原因は、キリングの様な26時間を掛けて、人物像を
掘り下げ、事件の背景、風土を描く事は、二時間前後の映画では
難しい〜と言われている。

シーズン1で真犯人が判明しなかったため視聴者が離れてしまった。
それだけ濃密な緊迫感があり、13話でかなり脱力した。

シーズン2も更に面白いです。
ミレイユ・イーノス演じるサラ・リンデン刑事は入魂の啓二像で
今や彼女はハリウッド映画の売れっ子になったようですね。

ワールド・ウオーZでも妻役をやってます。相棒のジョエル・
キナマンもロボコップの主役と二人とも大ブレイク。

それだけ濃密で深い作品です。
ミレイユ演じるサラに共鳴するか、しないかで決まります。
役者さんが上手い。豪華キャストが入魂の演技うますぎ。

突然、17歳の美少女リンジーを奪われた一家の崩壊は
いたたまれないほどです。

シーズン3はAXNが手を引いてFOXで放映されました。
低予算の安っぽい作りになりましたが、キリング・フリーク
には見逃せない衝撃の結末が待ってます。


















憂うつな天気

投稿日

2015/11/02

レビュアー

ファンファン

面白かったデス。
こういう作品はやはり一気に見たくなりますね。

一人の女子高生が無残にも命を奪われた事から、女性刑事リンデンと相棒ホールダーの執念の捜査が
始まります。次から次へと、怪しい(もしや犯人?と思わせる)人物が登場し、更に市長選が絡むは
親子や家族の問題が絡むはで、見てる側を飽きさせません。作品の世界へ引き込まれました。

お気に入りはオープニング。憂うつな雨と街並みとリンデンが運転する車。背景に流れる音も好きで
そこだけ何度も見たいぐらい(笑)

それにしても、26日間、ホントに雨、雨、雨でした。
絶対憂うつになります。

オリジナルとリメイクのラスト

投稿日

2014/06/15

レビュアー

四十肩六郎

オリジナルとリメイクどっちを見ようか?と悩まれているなら、僕はリメイク版のこちらをお勧めします。

一人の少女の殺人で始まり、関係者の秘密な部分と選挙活動での裏の闘いなどで盛り上げる前半、
中盤は少しダレてきますが、ラストは、リメイク版の方が、「キリング」のウリの『選挙活動』と『人の秘密』をうまく生かしていると思います。

両方、ラストは悲しいですが、オリジナルは、ある映画のラストのまんまで新鮮味がなく、リメイク版はオリジナル以上に、やるせない、悲しいラストでした。

「ザ・キリング」のリメイク作品

投稿日

2014/05/17

レビュアー

さるこ

デンマークで史上最高の視聴率だった人気ドラマ「ザ・キリング」のリメイク。
それを、知らなくて先にこっちのリメイク版から見始めてしまった〜!

湖から17歳の女子高生ロージーの遺体を発見。
で、そこから地元警察官が捜査してくと政治家、教師、元カレ、
もうとにかくいろんな人が怪しいっていう話。

現代版「ツイン・ピークス」なんて言われているらしいけど、
それはオリジナルドラマの方か??
私には、ごく普通の刑事ものに見えるんだが。。

まだ12話までしか見てないが、刑事たちの私生活がちょいちょい
挟まれているの、そのシーン必要なのかなぁ。
なんか、あとあと絡んでくるのか?
というか、刑事の私生活あんま興味ないんで、捜査の進展を!
12話も見てまだ一向にハマってないので、この先もハマらない気がしてきた。。

このリメイクが私に合わないのか、ストーリーが合わないのか。
一応、ここまで見てしまった以上、捜査は気にはなってるんで、
元ドラマの「ザ・キリング」の方を見てみようと思います。

誰がロージーを。

投稿日

2016/04/08

レビュアー

kinako

誰がロージーを殺したのか。

見ればみるほど、「ツインピークス」が思い出され、
ロージーがローラに思えてくる。
だが、ここにはエージェントクーパーはおらず、
無愛想なリンデンと元アンダーカバーのホールダー。
リンデンといえば、結婚すると言いながら、婚約者も息子も放置したまま事件にのめり込んでいく。
まわりの迷惑顧みず、息子のジャックはかわいそうだし、まったく共感できない。みているのは辛い。だが、被害者家族をものすごく丁寧に描いていて、彼らの日常が徐々に壊れていく様を丹念に描いている。そこが他の刑事物と一線を画すドラマとなっているのだと思う。

1〜 5件 / 全16件