コールド・ウォー 香港警察 二つの正義

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義の画像・ジャケット写真

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義 / アーロン・クォック

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

2012年の香港映画界No.1ヒットとなったサスペンス・アクション大作。警察官誘拐事件で大混乱となる香港警察を舞台に、捜査方針を巡って激しく対立する警察幹部2人の運命をスリリングに描く。主演はアーロン・クォックとレオン・カーフェイ。監督は、本作がデビューのリョン・ロクマンとサニー・ルク。ある日、香港最大の繁華街モンコックで爆破事件が発生し、その直後に警察官5人が車両ごと誘拐される。海外出張中の長官に代わって捜査の指揮を執るのは、“行動班”を率いる副長官リー。誘拐された警官の中には彼の息子も含まれていた。リーは前代未聞の総動員態勢を敷き、人質救出と犯人逮捕に乗り出す。ところが“保安管理班”のラウ副長官は、リーの捜査方法を公私混同と批判、激しく対立するが…。

「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 香港
原題: 寒戦/COLD WAR

「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

霊幻道士・完結編/最後の霊戦

追龍

カラー・オブ・ペイン 野狼

ファイアー・レスキュー

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

香港警察の面白すぎる内部抗争

投稿日:2018/02/19 レビュアー:なんの因果

(2012年製作・香港)
香港警察の緊急部隊5名が、銃器を積んだ車ごと何者かに拉致された。
そのなかには副長官リー(レオン・カーフェィ)の一人息子のジョー(エディ・ポン)が含まれていた。、
リーが先頭にたって人質救出作戦"コールド・ウォー"を発令。
だが、副長官ラウ(アーロン・クォック)は、リーの公私混同ともいえる強硬策に疑問を抱き、作戦からはずれるよう指示する。
どちらがリーダーかと激しく対立する二人。
しかし、身代金の現金を出荷した金庫長が爆破されるなど、事件は複雑な様相を強めてゆく。
──さすがに香港映画は盛り上げ方がうまい。
現金受け渡しの場面は、緊迫感で息もできなかった、──プハーッ!(息を吸った瞬間の音)
リーダー争いをした二人は実は思いやりのある二人なのですね。
部下の事情や、ICACの捜査も加わって、中間ダレる所がありません。
ラスト20分前の連続爆破シーンは何がどうなったのかただ驚くばかり。
花火と爆薬が同時炎上でもはや何が何だか!!
しかし、終わってみれば、爆発よりすごいのが、男たちの熱き友情。
ジュジュウと温度が上がって、私なんざドライアイになりました・・。
アンディ・ラウやアーリフ・リーの好演もあり、楽しみました!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ダメです

投稿日:2014/04/01 レビュアー:よふかし

なかなか前評判がよかったし、期待して観に行ったんだけどつまらなかった。
PTUみたいな警官グループが行方不明、という発端はいいのに、その具体的顛末がきちんと描かれないのはいかんでしょ。
そんな事件を背景に、キャラも能力もよく分からない二人の警察幹部が対立するさまが延々と描かれるわけですが、ただいがみ合っているだけ。
で、放り込まれる香港映画ならではのアクション、銃撃戦。
で、放り込まれるどんでん返し。
以上三つの要素(シリアスないがみ合い+アクション+どんでん返し)は絡み合うことなく、ただ並べられているだけ。
どんな面白くない話でも、「場面をつくる」ことに長けたジョニー・トーやジョン・ウーを見習ってほしいものです。
『インファナル・アフェア』に比べる向きもあるようですが、少なくとも一作目には遠く及びません。20点。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

これ

投稿日:2019/02/02 レビュアー:塩胡椒

続編あるんですね。
内部抗争めっちゃ面白かった!
続き気になる

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

混沌

投稿日:2014/12/13 レビュアー:払釣込足

これまた何も知らないでDVDジャケットのカッコ良さにつられて借りたものだから、
最初観た時、話の筋や行動班や管理班とか香港警察の実態というか、そういう設定なのかよくわからないうちにもどんどんと進んでいくので、少々置いてけぼりにされたようで消化不良・・・いつもだったらハイ、さよなら忘却の彼方へ・・となってしまうんですけど、最後の最後のあれに「えっ!?」・・・。
104分とそない長い作品ではなかったので、もう一度見直してみると、「おーっ!!これ、めちゃ面白いやん!!」とまでは行かないけど、何気ない冒頭の気象情報にはじまり、テンポよく進む本編にはさらりと伏線を張り巡らせ、これは予断を許さない物語の序章だったのか?(ちょっと大袈裟かも)とそんな気分になりました。
役柄も様々、銃撃戦やカー・スタントアクションも見どころあり、皆さん熱いです。
どうやら、続編が決まっている?みたいで、出来たら見てみたいと思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

新味はないけれど 見応えあり

投稿日:2014/05/05 レビュアー:ウォルター

香港映画は安心してみれます
キャストは良いし
アクションも凄い
特に新しいものは無いけれど
十分楽しめました

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

香港警察の面白すぎる内部抗争

投稿日

2018/02/19

レビュアー

なんの因果

(2012年製作・香港)
香港警察の緊急部隊5名が、銃器を積んだ車ごと何者かに拉致された。
そのなかには副長官リー(レオン・カーフェィ)の一人息子のジョー(エディ・ポン)が含まれていた。、
リーが先頭にたって人質救出作戦"コールド・ウォー"を発令。
だが、副長官ラウ(アーロン・クォック)は、リーの公私混同ともいえる強硬策に疑問を抱き、作戦からはずれるよう指示する。
どちらがリーダーかと激しく対立する二人。
しかし、身代金の現金を出荷した金庫長が爆破されるなど、事件は複雑な様相を強めてゆく。
──さすがに香港映画は盛り上げ方がうまい。
現金受け渡しの場面は、緊迫感で息もできなかった、──プハーッ!(息を吸った瞬間の音)
リーダー争いをした二人は実は思いやりのある二人なのですね。
部下の事情や、ICACの捜査も加わって、中間ダレる所がありません。
ラスト20分前の連続爆破シーンは何がどうなったのかただ驚くばかり。
花火と爆薬が同時炎上でもはや何が何だか!!
しかし、終わってみれば、爆発よりすごいのが、男たちの熱き友情。
ジュジュウと温度が上がって、私なんざドライアイになりました・・。
アンディ・ラウやアーリフ・リーの好演もあり、楽しみました!

ダメです

投稿日

2014/04/01

レビュアー

よふかし

なかなか前評判がよかったし、期待して観に行ったんだけどつまらなかった。
PTUみたいな警官グループが行方不明、という発端はいいのに、その具体的顛末がきちんと描かれないのはいかんでしょ。
そんな事件を背景に、キャラも能力もよく分からない二人の警察幹部が対立するさまが延々と描かれるわけですが、ただいがみ合っているだけ。
で、放り込まれる香港映画ならではのアクション、銃撃戦。
で、放り込まれるどんでん返し。
以上三つの要素(シリアスないがみ合い+アクション+どんでん返し)は絡み合うことなく、ただ並べられているだけ。
どんな面白くない話でも、「場面をつくる」ことに長けたジョニー・トーやジョン・ウーを見習ってほしいものです。
『インファナル・アフェア』に比べる向きもあるようですが、少なくとも一作目には遠く及びません。20点。

これ

投稿日

2019/02/02

レビュアー

塩胡椒

続編あるんですね。
内部抗争めっちゃ面白かった!
続き気になる

混沌

投稿日

2014/12/13

レビュアー

払釣込足

これまた何も知らないでDVDジャケットのカッコ良さにつられて借りたものだから、
最初観た時、話の筋や行動班や管理班とか香港警察の実態というか、そういう設定なのかよくわからないうちにもどんどんと進んでいくので、少々置いてけぼりにされたようで消化不良・・・いつもだったらハイ、さよなら忘却の彼方へ・・となってしまうんですけど、最後の最後のあれに「えっ!?」・・・。
104分とそない長い作品ではなかったので、もう一度見直してみると、「おーっ!!これ、めちゃ面白いやん!!」とまでは行かないけど、何気ない冒頭の気象情報にはじまり、テンポよく進む本編にはさらりと伏線を張り巡らせ、これは予断を許さない物語の序章だったのか?(ちょっと大袈裟かも)とそんな気分になりました。
役柄も様々、銃撃戦やカー・スタントアクションも見どころあり、皆さん熱いです。
どうやら、続編が決まっている?みたいで、出来たら見てみたいと思います。

新味はないけれど 見応えあり

投稿日

2014/05/05

レビュアー

ウォルター

香港映画は安心してみれます
キャストは良いし
アクションも凄い
特に新しいものは無いけれど
十分楽しめました

1〜 5件 / 全7件