ぴんとこな

ぴんとこなの画像・ジャケット写真

ぴんとこな / 玉森裕太

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ぴんとこな」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

嶋木あこのコミック原作、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演によるドラマ第3巻。恭之助は、「あやめちゃんのことがそんなに好きなら、あなたが奪ったらどうです?ただし奪えるものなら、ですが」と一弥に言われ、苛立っていた。第4話と第5話を収録。

「ぴんとこな」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「ぴんとこな」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

蘇りの血

密着!!新垣結衣・中村蒼・川島海荷・アイドリング!!! たちのチャリ旅24時!!〜レプロ・ハピチャリ募金部 ふれあい募金の旅〜

anone

ビブリア古書堂の事件手帖

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

歌舞伎界が舞台のドラマ

投稿日:2019/02/14 レビュアー:kazupon

原作は、コミックだそうです。
タイトルの「ぴんとこな」は歌舞伎用語で、
意味は「男らしく芯のある二枚目」ということです。
主役の木嶋屋の御曹司にして歌舞伎界のプリンス・河村恭之助に玉森裕太。
そのライバル轟屋の弟子・澤山一弥を演じるのは中山優馬。
そして、恭之助と一弥の間で揺れ動く少女・千葉あやめを川島海荷が演じます。
恭之助は、生まれながらの器量と才能があるにも関わらず、父であり師匠でもある河村左衛門(岸谷五郎)に認めてもらえないことから、稽古にも舞台にも情熱が湧きません。
一方、一弥は歌舞伎とは無関係の家の出身ですが、轟屋に弟子として入門。
師匠の澤山咲五郎(榎木孝明)の一人娘と結婚し、轟屋の名跡を継ぐという野心がありました。
ある日、出待ちのファンに囲まれている恭之助に向かって「鏡獅子」の演技の酷さをあやめが罵倒します。(これが二人の出会い。)
一弥とあやめは同じ幼稚園に通っていた幼馴染みで、小さい頃に交わした約束がありました。
恭之助、一弥、あやめの三角関係と、
恭之助の歌舞伎への情熱と父子の関係、
一弥の野心は?
というのが物語の見どころでしょうか。
玉森君は文句なく格好いいのですが、歌舞伎のセリフの抑揚、発声、舞踊の面では、中山君の方が上手だと思いました。
劇中、鏡獅子、娘道成寺、棒しばりなどの演目の一部が披露されました。
歌舞伎界には若手の坊っちゃんたちが沢山いらっしゃるでしょうから、
出来れば、本物の歌舞伎俳優の方が演じてくだされば・・・というのは、虫がよすぎるでしょうか。ゴメンナサイ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

いい作品です

投稿日:2016/10/12 レビュアー:

私は役者の玉森さんが凄く好きで出ている作品は殆どみていますが、ピンとこなはとってもいい作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

おもしろい!

投稿日:2015/03/06 レビュアー:ひなたま

本物の歌舞伎を見てみたくなるおもしろさ!
恋愛模様も描かれ、いつもどきどきの展開。
Kis-My-Ft2の玉森裕太かっこいい!!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ぴんとこな

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

歌舞伎界が舞台のドラマ

投稿日

2019/02/14

レビュアー

kazupon

原作は、コミックだそうです。
タイトルの「ぴんとこな」は歌舞伎用語で、
意味は「男らしく芯のある二枚目」ということです。
主役の木嶋屋の御曹司にして歌舞伎界のプリンス・河村恭之助に玉森裕太。
そのライバル轟屋の弟子・澤山一弥を演じるのは中山優馬。
そして、恭之助と一弥の間で揺れ動く少女・千葉あやめを川島海荷が演じます。
恭之助は、生まれながらの器量と才能があるにも関わらず、父であり師匠でもある河村左衛門(岸谷五郎)に認めてもらえないことから、稽古にも舞台にも情熱が湧きません。
一方、一弥は歌舞伎とは無関係の家の出身ですが、轟屋に弟子として入門。
師匠の澤山咲五郎(榎木孝明)の一人娘と結婚し、轟屋の名跡を継ぐという野心がありました。
ある日、出待ちのファンに囲まれている恭之助に向かって「鏡獅子」の演技の酷さをあやめが罵倒します。(これが二人の出会い。)
一弥とあやめは同じ幼稚園に通っていた幼馴染みで、小さい頃に交わした約束がありました。
恭之助、一弥、あやめの三角関係と、
恭之助の歌舞伎への情熱と父子の関係、
一弥の野心は?
というのが物語の見どころでしょうか。
玉森君は文句なく格好いいのですが、歌舞伎のセリフの抑揚、発声、舞踊の面では、中山君の方が上手だと思いました。
劇中、鏡獅子、娘道成寺、棒しばりなどの演目の一部が披露されました。
歌舞伎界には若手の坊っちゃんたちが沢山いらっしゃるでしょうから、
出来れば、本物の歌舞伎俳優の方が演じてくだされば・・・というのは、虫がよすぎるでしょうか。ゴメンナサイ。

いい作品です

投稿日

2016/10/12

レビュアー

私は役者の玉森さんが凄く好きで出ている作品は殆どみていますが、ピンとこなはとってもいい作品だと思います。

おもしろい!

投稿日

2015/03/06

レビュアー

ひなたま

本物の歌舞伎を見てみたくなるおもしろさ!
恋愛模様も描かれ、いつもどきどきの展開。
Kis-My-Ft2の玉森裕太かっこいい!!

1〜 3件 / 全3件