SHORT PEACE

SHORT PEACEの画像・ジャケット写真

SHORT PEACE / 春名風花

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「SHORT PEACE」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

“日本”をテーマにした四つの短編アニメーションで構成されるオムニバス作品。監督は「AKIRA」の大友克洋をはじめ「FREEDOM」の森田修平、「鉄コン筋クリート」の安藤裕章、「ガンダム」のメカニックデザインで知られるカトキハジメが担当。日本を代表するトップクリエイターたちによる“奇跡の饗宴”がついに実現。<BR> 「火要鎮」――大友克洋監督作。18世紀の江戸を舞台に、商家の娘お若と幼なじみの松吉との、結ばれない愛が引き起こす大惨事を描く。「九十九」――森田修平監督作。18世紀の山中で男が見つけた小さな祠は、捨てられた道具や着物の住む別世界につながっていた。「GAMBO」――安藤裕章監督作。16世紀末の東北地方。寒村に暮らす少女カオと出会った白く巨大な熊が、鬼のような化け物と激闘を繰り広げる。「武器よさらば」――カトキハジメ監督作。近未来の東京を舞台に、パワードスーツで武装した小隊に訪れる危機を描く。

「SHORT PEACE」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「SHORT PEACE」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

コイ☆セント

MIND GAME Remix

FREEDOM

蟲師

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

・・・・・ ネタバレ

投稿日:2013/11/02 レビュアー:Aya

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画を観ての率直な感想です。
友人に前売り券があるからと誘われて観に行きました。前情報一切なしでの鑑賞です。
オープニング映像の後に短編が4本。簡単な感想を。

まずオープニングですが、イマイチ意味が分かりませんでした。
アレはこれから映画の世界に入っていくんだよー的なことを表現してたんですかね…?なくても全然良かったと思います。

◇1本目
4本の中で唯一良かったです。
ぶっちゃけ評価の星はこの作品の分でつけました。
短い中で上手くまとまってたんじゃないかなと思います。
◇2本目
何を伝えたかったのかよく分からず…終わり方も「…え?今ので終わり?なんじゃそら」みたいな感じでした。
◇3本目
コレが私の中で一番インパクトがありました(良い意味ではなく)。
鬼のおぞましさやグロさは正直トラウマもので、しばらくは頭から離れてくれませんでした…。
◇4本目
序盤から中盤あたりはコレ結構好きなやつかも?と思って観てましたが、終盤からの展開にがっかり(-_-)
確か「武器よさらば」ってタイトルだったと思うんですが…てっきりあのロボットみたいなのを倒して危険な武器(兵器)はなくなった、みたいな感じかなと思ってましたが…。終わり方が納得いきませんでした。

そして最後。エンドロールが流れるんですが、その曲が妙に壮大すぎて違和感っていうか本編とのギャップを感じ「ポカン…」でした。

観終わった後どうにもスッキリできず、ひょっとして自分の理解力が足らなかったから?と思い、帰宅後いろんなサイトでレビューや考察を読んでみました。
高評価、低評価いろいろでした。
何人かの高評価の方の感想で、この点が良かったっていうのをいくつか読みましたが、私にはその″良い点″のどこが良いのかがさっぱり理解できなかったので、やはり感じ方は人それぞれということでしょうね。でも一般向けの映画ではないなと思います。
私にとってはこの映画はハズレで、正直前売り券の1300円でも勿体無いと思いました(ー ー;)

私のレビューはあまり参考にならないかもですが、もしこれから借りようと思ってて不安を感じた方は、感想サイトとかである程度下調べした方がいいかと思います。(グロいのがダメって方も当然いらっしゃると思いますので)

私の正直な感想としましては「観なきゃ良かった」です。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

退化したアニメ

投稿日:2014/01/16 レビュアー:88888

やはり大友克洋は気になる作家であるので、期待していた。
オムニバスのメモリーズが面白かったのでアレの進化版かな思っていたのが大間違い。
メモリーズから20年。作画も演出もセンスも完全に退化している。日本のアニメの行く末すら不安にさせる出来だ。
どれだけCG技術が進もうが肝心のセンスが悪けりゃどうにもならないという見本だった。
いかにもオタクくさい、昨今のよくある美少女アニメのオープニングシーンからすでに悪い予感がした。
このオープニングは大友じゃないんだけど、大友作品を期待してみたこちらとしては、イラつく出だしである。
こんなものが観たいんじゃない。エログロだったり軍人だったり貧乏な汚い大学生が観たいのだ。

やはりCG丸出しの作画というのは、見ていて面白くない。ピクサー作品くらい割り切って3Dにするにはもう物理的に無理だろう。
日本アニメの行く道は、セル画の影すらCGで再現するくらいアナログに行くしかない。やはり宮崎駿は正しい。

それでも光るものはあった。大友監督の火事の話は作画も動きも良かった。やはり大友さんが一本作るべきだった。
宮崎や高畑みたいなおじいちゃんが必死で一本作り上げてるのに、これでは情け無い。

最後の無人兵器と戦う話も、死ぬほどダサい時代遅れの演出で虫唾が走った。監督は70歳くらいのジジイだと信じたい。
ダサい音楽とダサいノリの会話。戦闘シーンでのスローモーション。しかも荒い。
セリフも専門用語か知らんが意味不明な上に聞き取りづらく、置いてきぼり感が半端無い。戦う意味が最後までよくわからなかった。
せめて字幕を付けて欲しかった。
キャラの作画も下手くそ。メモリーズでいうと一本目の宇宙ものを意識してしまう作品だからなおさら顔の作画の下手さが目に付く。

あと気になったのは、声優の「セリフが歌ってしまう」ところ。あの独特の抑揚の付け方がわざとらしくて気に障る。
無人兵器と戦っているキャラたちが特にそうだったけど、宮崎駿が声優に素人を使いたがるのは
まさにこういうところなんだというのを思い知った。

大友克洋のアニメといえばセンスも技術も最先端のイメージだった。尖がったものを見せてくれる作家だと思っていた。
本当に残念。
日本のアニメの正しい方向を指し示しているのは70過ぎのおじいちゃんたちであることを再認識した。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

にわかファンとしては◎

投稿日:2014/04/01 レビュアー:まさ

にわかファンとしてはすごく良かったです 大友作品はAKIRAくらいしかみていませんが…プラモ作りもするのでカトキハジメもしってます

話としては難しいと言うか 何故こうなったか?何が目的か?1から10まで細かい説明は無いです 明確な落ちもとくにありません
それだけに私は見る側の想像力がかき立てられるような気がします 全ての話にテーマみたいなものを感じます

一つ目九十九は日本人の自然や物に対する考え方、
二つ目火要鎮は叶わない恋愛、
三つ目GAMBOは不条理、残酷な世界。それを克服する力、祈り。
四つ目武器よさらばは仲間、団結

100人いれば100通りの解釈があるでしょうが私は楽しめました
映像のほうはピカイチじゃないでしょうか? 着物の柄とかすごい綺麗だなあって思いました ミリタリー好きには四つ目の武器よさらばは凄く良いんじゃないでしょうか?(レビューでもありましたけど専門用語多めで詳しくない人は…かもです)

大友ファンは常に高得点、95点や時には110点みたいな作品ばかりみているせいで85点?くらいの作品では辛口評価が多いみたいでしたが私みたいな人間には十分楽しめました!
短編でしたが…逆に短編だからか?行間を読む楽しさ、想像力をふくらまされました。時間があっという間にすぎましたよ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

微妙でした・・・ ネタバレ

投稿日:2020/02/26 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

それなりに面白かったんですけど、4作のオムニバスがバラバラに作られていて、なんか勿体無い感じ。
テーマは日本ですが、あまり日本を感じられなかったかな・・・

それぞれ作品の絵柄やストーリーが異なっており、結局なんだったんだろうっていう印象でした。
大友監督作品が一番日本っぽかった。
絵柄がとてもキレイでしたが、芸術作品を見たかった訳ではないのでなんか残念。
実際にあった江戸の大火をモチーフにしたのだと思いますが、なんかな〜って感じでした。

決してつまらなくはなかったけど、格別の感動も無いそんな作品でした。

日本プラス具体的なテーマが欲しかったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

大人のアニメ

投稿日:2014/02/05 レビュアー:映画好き

このアニメは、子供向けのような華やかさはないですが、
一味ある、大人のアニメですね。
そのため、評価が別れるのでは....。
私は、好感の持てるものでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全11件

SHORT PEACE

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

・・・・・

投稿日

2013/11/02

レビュアー

Aya

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画を観ての率直な感想です。
友人に前売り券があるからと誘われて観に行きました。前情報一切なしでの鑑賞です。
オープニング映像の後に短編が4本。簡単な感想を。

まずオープニングですが、イマイチ意味が分かりませんでした。
アレはこれから映画の世界に入っていくんだよー的なことを表現してたんですかね…?なくても全然良かったと思います。

◇1本目
4本の中で唯一良かったです。
ぶっちゃけ評価の星はこの作品の分でつけました。
短い中で上手くまとまってたんじゃないかなと思います。
◇2本目
何を伝えたかったのかよく分からず…終わり方も「…え?今ので終わり?なんじゃそら」みたいな感じでした。
◇3本目
コレが私の中で一番インパクトがありました(良い意味ではなく)。
鬼のおぞましさやグロさは正直トラウマもので、しばらくは頭から離れてくれませんでした…。
◇4本目
序盤から中盤あたりはコレ結構好きなやつかも?と思って観てましたが、終盤からの展開にがっかり(-_-)
確か「武器よさらば」ってタイトルだったと思うんですが…てっきりあのロボットみたいなのを倒して危険な武器(兵器)はなくなった、みたいな感じかなと思ってましたが…。終わり方が納得いきませんでした。

そして最後。エンドロールが流れるんですが、その曲が妙に壮大すぎて違和感っていうか本編とのギャップを感じ「ポカン…」でした。

観終わった後どうにもスッキリできず、ひょっとして自分の理解力が足らなかったから?と思い、帰宅後いろんなサイトでレビューや考察を読んでみました。
高評価、低評価いろいろでした。
何人かの高評価の方の感想で、この点が良かったっていうのをいくつか読みましたが、私にはその″良い点″のどこが良いのかがさっぱり理解できなかったので、やはり感じ方は人それぞれということでしょうね。でも一般向けの映画ではないなと思います。
私にとってはこの映画はハズレで、正直前売り券の1300円でも勿体無いと思いました(ー ー;)

私のレビューはあまり参考にならないかもですが、もしこれから借りようと思ってて不安を感じた方は、感想サイトとかである程度下調べした方がいいかと思います。(グロいのがダメって方も当然いらっしゃると思いますので)

私の正直な感想としましては「観なきゃ良かった」です。

退化したアニメ

投稿日

2014/01/16

レビュアー

88888

やはり大友克洋は気になる作家であるので、期待していた。
オムニバスのメモリーズが面白かったのでアレの進化版かな思っていたのが大間違い。
メモリーズから20年。作画も演出もセンスも完全に退化している。日本のアニメの行く末すら不安にさせる出来だ。
どれだけCG技術が進もうが肝心のセンスが悪けりゃどうにもならないという見本だった。
いかにもオタクくさい、昨今のよくある美少女アニメのオープニングシーンからすでに悪い予感がした。
このオープニングは大友じゃないんだけど、大友作品を期待してみたこちらとしては、イラつく出だしである。
こんなものが観たいんじゃない。エログロだったり軍人だったり貧乏な汚い大学生が観たいのだ。

やはりCG丸出しの作画というのは、見ていて面白くない。ピクサー作品くらい割り切って3Dにするにはもう物理的に無理だろう。
日本アニメの行く道は、セル画の影すらCGで再現するくらいアナログに行くしかない。やはり宮崎駿は正しい。

それでも光るものはあった。大友監督の火事の話は作画も動きも良かった。やはり大友さんが一本作るべきだった。
宮崎や高畑みたいなおじいちゃんが必死で一本作り上げてるのに、これでは情け無い。

最後の無人兵器と戦う話も、死ぬほどダサい時代遅れの演出で虫唾が走った。監督は70歳くらいのジジイだと信じたい。
ダサい音楽とダサいノリの会話。戦闘シーンでのスローモーション。しかも荒い。
セリフも専門用語か知らんが意味不明な上に聞き取りづらく、置いてきぼり感が半端無い。戦う意味が最後までよくわからなかった。
せめて字幕を付けて欲しかった。
キャラの作画も下手くそ。メモリーズでいうと一本目の宇宙ものを意識してしまう作品だからなおさら顔の作画の下手さが目に付く。

あと気になったのは、声優の「セリフが歌ってしまう」ところ。あの独特の抑揚の付け方がわざとらしくて気に障る。
無人兵器と戦っているキャラたちが特にそうだったけど、宮崎駿が声優に素人を使いたがるのは
まさにこういうところなんだというのを思い知った。

大友克洋のアニメといえばセンスも技術も最先端のイメージだった。尖がったものを見せてくれる作家だと思っていた。
本当に残念。
日本のアニメの正しい方向を指し示しているのは70過ぎのおじいちゃんたちであることを再認識した。

にわかファンとしては◎

投稿日

2014/04/01

レビュアー

まさ

にわかファンとしてはすごく良かったです 大友作品はAKIRAくらいしかみていませんが…プラモ作りもするのでカトキハジメもしってます

話としては難しいと言うか 何故こうなったか?何が目的か?1から10まで細かい説明は無いです 明確な落ちもとくにありません
それだけに私は見る側の想像力がかき立てられるような気がします 全ての話にテーマみたいなものを感じます

一つ目九十九は日本人の自然や物に対する考え方、
二つ目火要鎮は叶わない恋愛、
三つ目GAMBOは不条理、残酷な世界。それを克服する力、祈り。
四つ目武器よさらばは仲間、団結

100人いれば100通りの解釈があるでしょうが私は楽しめました
映像のほうはピカイチじゃないでしょうか? 着物の柄とかすごい綺麗だなあって思いました ミリタリー好きには四つ目の武器よさらばは凄く良いんじゃないでしょうか?(レビューでもありましたけど専門用語多めで詳しくない人は…かもです)

大友ファンは常に高得点、95点や時には110点みたいな作品ばかりみているせいで85点?くらいの作品では辛口評価が多いみたいでしたが私みたいな人間には十分楽しめました!
短編でしたが…逆に短編だからか?行間を読む楽しさ、想像力をふくらまされました。時間があっという間にすぎましたよ。

微妙でした・・・

投稿日

2020/02/26

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

それなりに面白かったんですけど、4作のオムニバスがバラバラに作られていて、なんか勿体無い感じ。
テーマは日本ですが、あまり日本を感じられなかったかな・・・

それぞれ作品の絵柄やストーリーが異なっており、結局なんだったんだろうっていう印象でした。
大友監督作品が一番日本っぽかった。
絵柄がとてもキレイでしたが、芸術作品を見たかった訳ではないのでなんか残念。
実際にあった江戸の大火をモチーフにしたのだと思いますが、なんかな〜って感じでした。

決してつまらなくはなかったけど、格別の感動も無いそんな作品でした。

日本プラス具体的なテーマが欲しかったです。

大人のアニメ

投稿日

2014/02/05

レビュアー

映画好き

このアニメは、子供向けのような華やかさはないですが、
一味ある、大人のアニメですね。
そのため、評価が別れるのでは....。
私は、好感の持てるものでした。

1〜 5件 / 全11件