スクールガール・コンプレックス−放送部篇−

スクールガール・コンプレックス−放送部篇−の画像・ジャケット写真
スクールガール・コンプレックス−放送部篇− / 森川葵
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「スクールガール・コンプレックス−放送部篇−」 の解説・あらすじ・ストーリー

女子高生たちの日常をフェティッシュな少年の視点でとらえた写真集『スクールガール・コンプレックス』を原案とする青春ガールズムービー。監督は小沼雄一、脚本は足立紳。主演は森川葵と門脇麦。希望ヶ丘女子高等学校の学園祭開催が迫る中、放送部部長の新谷マナミは顧問の本西郁美先生から、トラブルでバスケ部を退部になった三塚チユキが放送部に入ると告げられる。チユキは学校を留年した問題児だったが、マナミはやがて彼女の魅力に惹かれるように。だがマナミのそばには幼なじみの森野アイがいた。

「スクールガール・コンプレックス−放送部篇−」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「スクールガール・コンプレックス−放送部篇−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スクールガール・コンプレックス-放送部篇-の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
95分 日本語 1:ドルビーデジタル//日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDPR1074 2013年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

青春って、意地悪。

投稿日:2014/03/30 レビュアー:AZUKI

レビュータイトルは、この映画の副タイトルです。
まさしく、その通り!
ネタバレぎみですが、どの恋もうまくいきません。


甘酸っぱいガールズLOVEのストーリーです。
胸キュンシーンは、いっぱいあるので
さらっと、ご覧下さい(^^)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スクールガール・コンプレックス -放送部篇-ネタバレ

投稿日:2014/10/14 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 女子高の放送部を舞台に文化祭の出し物まで、生徒同士好き好きになる話。

 放送部がモチーフの映画というのをあまり見たことがないのでその新鮮さの面白さと女子高生同士の恋愛を綺麗な映像で包んで見せていく95分で面白く見ることができました。
 主人公の部長は転部してきた生徒のことが気になっているのは観客は見ててわかるけど、本人は気づいていない見せ方。

 「他の男と歩いてたよ」と言われればそれだけでドギマギしたり、他の部員たちが認めなくても主人公だけは認めたり。
 ほいで文化祭での朗読劇。これがなかなかの迫力で役者さんたち素晴らしかったです。ここで今までの気持をぶつけ合うクライマックス。

 けど朗読劇の読む人が3日前まで決まらないというのは映画の嘘としてもムリくりなんじゃないのかなーと思いながら見てました。
 とはいえ少女たちのひと夏の青春ものとして面白く見ることができました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

スクールガール・コンプレックス−放送部篇−

月額課金で借りる

都度課金で借りる