私の娘コンニムの画像・ジャケット写真

私の娘コンニム / チン・セヨン

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「私の娘コンニム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『オー!マイレディ』のパク・ヨンス演出、『大胆な彼女』のパク・イェギョン脚本で贈る韓国TVシリーズ第30巻。スネの体調を心配するミスク。何も知らないコンニムとサンヒョクは新婚生活を楽しんでいたが…。第117話から第120話を収録。

「私の娘コンニム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

韓国

原題:

MY DAUGHTER THE FLOWER

「私の娘コンニム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

運命のように君を愛してる

最高です!スンシンちゃん

ゾンビ探偵

黄金時代

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

ホームドラマはやっぱりハッピーエンドでなきゃあ ネタバレ

投稿日:2013/07/08 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これが無ければ始まらないのが、韓ドラの交通事故に不治の病に出生の秘密ですね。
「またこのネタですか…」などと思いつつ、ベッタベタで予想どおりの展開にやはりこうくるのかと苦笑いしながらも結局は見てしまう、
こういうのを韓ドラ症候群というのでしょうね。本作は、そんなホームドラマの王道を行く佳作でした。

心に深い傷を持ったチャン・スネ(チョ・ミンスssi)が入水自殺をしようとしたところをヤン・スチョル(ソヌ・ジェドクssi=コンニムの実父)に助けられ、
彼の優しさに惹かれて結婚するも、娘のコンニムは亡き母を想って継母を受け入れません。
そんなある日、交通事故でスチョルが急逝し、残された血の繋がらない母娘は、その後一転して心が通じ合い、
実の親子以上の深い絆で結ばれ、苦労しながらもお互いを信頼し支え合って生きていきます。
と、つかみはOKですが、これだけでは131話の長丁場は乗り切れません。
ここにスネの過去と交通事故とコンニムのラブライン、加害者と被害者の関係などを絡めながら、ドラマチックで波乱万丈な人生を描いていきます。
で、最終回に一気にたたみ込むのですが、苦労した主人公達がハッピーエンドを迎えるという流れが好きな私には大満足の展開でした。
主演のヤン・コンニムを演じたチン・セヨンssi、可愛かったです。

このレビューは気に入りましたか? 29人の会員が気に入ったと投稿しています

演技にハマりました

投稿日:2013/11/17 レビュアー:ゆっち

私が韓流ドラマにハマり続けている理由の一つに、
『ノーマークだった俳優さんがドラマの途中から妙に気になって、最後には大好きになってしまう』
というのがありますが、まさにこの作品がこれでした。

サンヒョク役のチェ・ジニョク。
そう言えば、私の大好きな『パスタ』のイケメンシェフのひとりだったっけ?という薄い記憶でしか
なかった彼が、この作品でみせる切ない演技にすっかりハマってしまいました。

コンニム役のチン・セヨンとサンヒョクとのラブストーリーにハマることはもちろん、
コンニムのキラキラした演技、サンヒョクの父、コンニムの母、そしてまわりの俳優さんたちの
迫真の演技にハマった作品です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

期待したけど。

投稿日:2013/11/12 レビュアー:えのちゃん

最初に大きな事件があります。その事件の関係者達が絡み合ってドラマは進んでいきます。
その事件が解明されるのを期待して見続けたのですが、そのことを忘れたようにしてドラマは進んでいきます。
やっとその話になるのは100話になった頃で・・そこからバタバタと判明していきます。
サンヒョク役のジェ・ジュニクがこのドラマでは冴えませんでしたね。ドラマの中でサンヒョクのことを
「無理やり連れて来られた牛みたい」ってセリフがあるのですが、終始そんな重い顔をしてた印象です。
よかったのはチェギョンのお兄さん。頼もしくていい感じで素敵でした。
あと肝心なところでいいことを言うホンダン親子もよかったです。
コンニムとサンヒョク、サンヒョク父とチャン・スネさんにサンヒョクのおばあさん、
このあたりのドロドロで途中かなり間延びした感じですが、つかみと終盤は盛り上がりました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

私の娘コンニム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

ホームドラマはやっぱりハッピーエンドでなきゃあ

投稿日

2013/07/08

レビュアー

サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これが無ければ始まらないのが、韓ドラの交通事故に不治の病に出生の秘密ですね。
「またこのネタですか…」などと思いつつ、ベッタベタで予想どおりの展開にやはりこうくるのかと苦笑いしながらも結局は見てしまう、
こういうのを韓ドラ症候群というのでしょうね。本作は、そんなホームドラマの王道を行く佳作でした。

心に深い傷を持ったチャン・スネ(チョ・ミンスssi)が入水自殺をしようとしたところをヤン・スチョル(ソヌ・ジェドクssi=コンニムの実父)に助けられ、
彼の優しさに惹かれて結婚するも、娘のコンニムは亡き母を想って継母を受け入れません。
そんなある日、交通事故でスチョルが急逝し、残された血の繋がらない母娘は、その後一転して心が通じ合い、
実の親子以上の深い絆で結ばれ、苦労しながらもお互いを信頼し支え合って生きていきます。
と、つかみはOKですが、これだけでは131話の長丁場は乗り切れません。
ここにスネの過去と交通事故とコンニムのラブライン、加害者と被害者の関係などを絡めながら、ドラマチックで波乱万丈な人生を描いていきます。
で、最終回に一気にたたみ込むのですが、苦労した主人公達がハッピーエンドを迎えるという流れが好きな私には大満足の展開でした。
主演のヤン・コンニムを演じたチン・セヨンssi、可愛かったです。

演技にハマりました

投稿日

2013/11/17

レビュアー

ゆっち

私が韓流ドラマにハマり続けている理由の一つに、
『ノーマークだった俳優さんがドラマの途中から妙に気になって、最後には大好きになってしまう』
というのがありますが、まさにこの作品がこれでした。

サンヒョク役のチェ・ジニョク。
そう言えば、私の大好きな『パスタ』のイケメンシェフのひとりだったっけ?という薄い記憶でしか
なかった彼が、この作品でみせる切ない演技にすっかりハマってしまいました。

コンニム役のチン・セヨンとサンヒョクとのラブストーリーにハマることはもちろん、
コンニムのキラキラした演技、サンヒョクの父、コンニムの母、そしてまわりの俳優さんたちの
迫真の演技にハマった作品です。

期待したけど。

投稿日

2013/11/12

レビュアー

えのちゃん

最初に大きな事件があります。その事件の関係者達が絡み合ってドラマは進んでいきます。
その事件が解明されるのを期待して見続けたのですが、そのことを忘れたようにしてドラマは進んでいきます。
やっとその話になるのは100話になった頃で・・そこからバタバタと判明していきます。
サンヒョク役のジェ・ジュニクがこのドラマでは冴えませんでしたね。ドラマの中でサンヒョクのことを
「無理やり連れて来られた牛みたい」ってセリフがあるのですが、終始そんな重い顔をしてた印象です。
よかったのはチェギョンのお兄さん。頼もしくていい感じで素敵でした。
あと肝心なところでいいことを言うホンダン親子もよかったです。
コンニムとサンヒョク、サンヒョク父とチャン・スネさんにサンヒョクのおばあさん、
このあたりのドロドロで途中かなり間延びした感じですが、つかみと終盤は盛り上がりました。

1〜 3件 / 全3件