ザ・エンド

ザ・エンドの画像・ジャケット写真

ザ・エンド / マリベル・ヴェルドゥ

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「ザ・エンド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

エンリケ・ロペス・ラビニュとセルヒオ・G・サンチェスが、極限状態における人々の愛と絆を描く世紀末スリラー。出演はマリベル・ベルドゥ、ダニエル・グラノ。封印したい過去を持つ仲間たちが久々に集い、楽しい時間を過ごしていたが、突如外の世界との繋がりが完全に断たれてしまう。時間を経るうちに、彼らは世界から生き物が次々と消滅している事実に気づく。人類はこのまま滅びてしまうのか。

「ザ・エンド」 の作品情報

作品情報

製作年:

2012年

製作国:

スペイン

原題:

FIN/THE END

「ザ・エンド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スターシップ9

キャロルの初恋

ザ・レイプ 秘密

テトロ 過去を殺した男

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

30点(駄作) ネタバレ

投稿日:2013/12/05 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ぬぁ〜にが極限状態の世紀末スリラじゃ^^

数年ぶりに山に集まった友達。
そこで不思議な現象=人が勝手にいなくなるだけ・・
徒歩や自転車で山を下るだけの能無し話ってつまんないぜ^^

演技力が光る訳でもなく、何のアイデアもない超低予算、見る価値ゼロ。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

単純に

投稿日:2013/11/13 レビュアー:ゴウ

ザ・エンドではなくジ・エンドてしょう。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

敢えて”ザ”である意味

投稿日:2013/12/20 レビュアー:飛べない魔女

ザ・エンドって・・・中学生でもこんな間違いはしないので
これは邦題つけた人の間違いということではなく
敢えて何か深い意味でもあるのではないかしら?と本編を見始めました。

が、しかし!

なんですかー?これは?

”ザ”であることに何か意味を見出せるでもなく
人がいなくなる現象に何か結論が出るのでもなく
かといって人間ドラマに劇的な盛り上がりがあるわけでもなく・・・
何もかもが中途半端。
中途半端だから、題名も中途半端に表現してみたとか?

結局、人類の始まりがアダムとイヴなら、終わりもアダムとイヴ現象ってか?

主役の俳優さんがちょっとイケメンさんだったので、それは良かったのでおまけで★二つにしておこう(^_^.)

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

「ザ」にした理由はなんかあんのか???すいっとストレスフリー映画

投稿日:2014/01/21 レビュアー:MM3

「28週後…」プロデューサーのエンリケ・ロペス・ラビニュ、
「永遠のこどもたち」のセルヒオ・G・サンチェス脚本
ってことで、少し気にはなりましたが
地雷臭もしたので、DVDにて鑑賞。


てか、これ、THE ENDを「ザ・エンド」とした理由は何だ?

そんなことが引っかかりつつも見たわけですが
これが、まー、なんともないっちゃアレですが、
怖くないし、ドキドキもしなければ
極限状態云々ってのもあまり感じられず。

なんだか、すいーーーっと見終わってしまいました(笑

よく言えばストレスフリーな映画ですが、
逆に言えば何も引っかからず印象にはほとんど残らない・・・・(苦笑

数年ぶりに集まった友人達(男女)が
山であーだこーだ過ごそうって時に、
一人ひとり消えていく。

怪奇現象?誘拐?事件?事故?

一体何が起こってるのこれ・・・・

想像力で補完する映画は嫌いじゃないけど
それは途中の描写や展開に見入るのが大前提。

本作も、おそらくすべてを描かずに
観客に想像してもらうような映画にしたかったんだろうけど
想像すらする労力が沸かないですよ(笑

一体何を描きたかったのかしら・・・・


宗教的なもの?

いやー、そんなんも感じなかったな・・・・(笑


結末だって、「え?」って感じで
ポカーン状態だったし。

まだゾンビでも投入してくれたほうがマシだと思う(笑


これは、ハズレだったw

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

スカッとはしません

投稿日:2013/09/24 レビュアー:よふかし

 あまりにもありふれたタイトルがちょっとびっくりの、スペイン産終末サスペンス……で表現いいのかなあ。
 でも映画が始まったらバーンと出る文字が「FIN」だった! あれもう終わり? なんてちょっと思ったけど原題なわけですね。そのまんまです。
 実際には世界で何が起こっているのかよく分からないので、終末なのかもよく分かりません。科学的な現象なのか、宗教的なものなのかも。
 分からないことも多いし、かなり低予算な感じは否めないのです(肝心の現象ははっきり見せてくれないし、空撮もラジコンではないかと想像)。
 が、案外退屈せずに観てしまいました。
 演出はあまりよくないのですが、意外というほどではないにせよ話の転がり方が先を読ませない感じになっているからでしょう。
 え? 戻らないの? とかね(なのであまりストーリーに触れていません)。
 犬絡みのシーンとかは、犬が怖いというより、人間がすっ転びそうで怖かったです。
 映像も緩めではありますが、ヘタに加工しない安さが逆にいい感じです。
 まあ、意味はよく分からないし大したことは起きないので、スカッとするようなタイプの作品ではありません。
 昔の仲間が集まるお話なんですが、ハリウッド作品だと救いようのない馬鹿な人が出てきますが、そういうのがあまりないのも好感でした。
 逆に個性が際立たない面々なんですけど、そこが良かったりして。
 悪評の多かった『フェーズ6』あたりに感じ似てますかね(化け物は出てこないけど)。あれ僕はけっこう好きなんです。55点。
 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全16件

ザ・エンド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

30点(駄作)

投稿日

2013/12/05

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ぬぁ〜にが極限状態の世紀末スリラじゃ^^

数年ぶりに山に集まった友達。
そこで不思議な現象=人が勝手にいなくなるだけ・・
徒歩や自転車で山を下るだけの能無し話ってつまんないぜ^^

演技力が光る訳でもなく、何のアイデアもない超低予算、見る価値ゼロ。

単純に

投稿日

2013/11/13

レビュアー

ゴウ

ザ・エンドではなくジ・エンドてしょう。

敢えて”ザ”である意味

投稿日

2013/12/20

レビュアー

飛べない魔女

ザ・エンドって・・・中学生でもこんな間違いはしないので
これは邦題つけた人の間違いということではなく
敢えて何か深い意味でもあるのではないかしら?と本編を見始めました。

が、しかし!

なんですかー?これは?

”ザ”であることに何か意味を見出せるでもなく
人がいなくなる現象に何か結論が出るのでもなく
かといって人間ドラマに劇的な盛り上がりがあるわけでもなく・・・
何もかもが中途半端。
中途半端だから、題名も中途半端に表現してみたとか?

結局、人類の始まりがアダムとイヴなら、終わりもアダムとイヴ現象ってか?

主役の俳優さんがちょっとイケメンさんだったので、それは良かったのでおまけで★二つにしておこう(^_^.)

「ザ」にした理由はなんかあんのか???すいっとストレスフリー映画

投稿日

2014/01/21

レビュアー

MM3

「28週後…」プロデューサーのエンリケ・ロペス・ラビニュ、
「永遠のこどもたち」のセルヒオ・G・サンチェス脚本
ってことで、少し気にはなりましたが
地雷臭もしたので、DVDにて鑑賞。


てか、これ、THE ENDを「ザ・エンド」とした理由は何だ?

そんなことが引っかかりつつも見たわけですが
これが、まー、なんともないっちゃアレですが、
怖くないし、ドキドキもしなければ
極限状態云々ってのもあまり感じられず。

なんだか、すいーーーっと見終わってしまいました(笑

よく言えばストレスフリーな映画ですが、
逆に言えば何も引っかからず印象にはほとんど残らない・・・・(苦笑

数年ぶりに集まった友人達(男女)が
山であーだこーだ過ごそうって時に、
一人ひとり消えていく。

怪奇現象?誘拐?事件?事故?

一体何が起こってるのこれ・・・・

想像力で補完する映画は嫌いじゃないけど
それは途中の描写や展開に見入るのが大前提。

本作も、おそらくすべてを描かずに
観客に想像してもらうような映画にしたかったんだろうけど
想像すらする労力が沸かないですよ(笑

一体何を描きたかったのかしら・・・・


宗教的なもの?

いやー、そんなんも感じなかったな・・・・(笑


結末だって、「え?」って感じで
ポカーン状態だったし。

まだゾンビでも投入してくれたほうがマシだと思う(笑


これは、ハズレだったw

スカッとはしません

投稿日

2013/09/24

レビュアー

よふかし

 あまりにもありふれたタイトルがちょっとびっくりの、スペイン産終末サスペンス……で表現いいのかなあ。
 でも映画が始まったらバーンと出る文字が「FIN」だった! あれもう終わり? なんてちょっと思ったけど原題なわけですね。そのまんまです。
 実際には世界で何が起こっているのかよく分からないので、終末なのかもよく分かりません。科学的な現象なのか、宗教的なものなのかも。
 分からないことも多いし、かなり低予算な感じは否めないのです(肝心の現象ははっきり見せてくれないし、空撮もラジコンではないかと想像)。
 が、案外退屈せずに観てしまいました。
 演出はあまりよくないのですが、意外というほどではないにせよ話の転がり方が先を読ませない感じになっているからでしょう。
 え? 戻らないの? とかね(なのであまりストーリーに触れていません)。
 犬絡みのシーンとかは、犬が怖いというより、人間がすっ転びそうで怖かったです。
 映像も緩めではありますが、ヘタに加工しない安さが逆にいい感じです。
 まあ、意味はよく分からないし大したことは起きないので、スカッとするようなタイプの作品ではありません。
 昔の仲間が集まるお話なんですが、ハリウッド作品だと救いようのない馬鹿な人が出てきますが、そういうのがあまりないのも好感でした。
 逆に個性が際立たない面々なんですけど、そこが良かったりして。
 悪評の多かった『フェーズ6』あたりに感じ似てますかね(化け物は出てこないけど)。あれ僕はけっこう好きなんです。55点。
 

1〜 5件 / 全16件