劇場版「とある魔術の禁書目録−エンデュミオンの奇蹟−」

劇場版「とある魔術の禁書目録−エンデュミオンの奇蹟−」の画像・ジャケット写真
劇場版「とある魔術の禁書目録−エンデュミオンの奇蹟−」 / 井口裕香
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
ジャンル:

「劇場版「とある魔術の禁書目録−エンデュミオンの奇蹟−」」 の解説・あらすじ・ストーリー

鎌池和馬の人気ライトノベル原作TVアニメの劇場版となる学園ファンタジー・アクション。主人公・上条当麻とインデックスの前に突如現われた一人の少女を巡り、魔術サイドと科学サイドが激しく対立していくさまを、原作者全面協力による完全オリジナル・ストーリーで描き出す。監督はTV版に引き続き「マジック・ツリーハウス」の錦織博。学園都市製宇宙エレベーター“エンデュミオン”の完成が目前に迫ったある日、上条当麻とインデックスは無能力者(レベル0)の少女・鳴護アリサと出会い、仲良くなる。素晴らしい歌声を持つ彼女は、デビューを夢見て路上ライブを続けていた。そんなアリサに、彼女の曲がエンデュミオン開通キャンペーンのイメージソングに大抜擢されたとの知らせが届くが…。

「劇場版「とある魔術の禁書目録−エンデュミオンの奇蹟−」」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「劇場版「とある魔術の禁書目録−エンデュミオンの奇蹟−」」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 錦織博
出演: 井口裕香三澤紗千香日笠陽子

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR8578 2013年11月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

マクロス商法失敗?w

投稿日:2013/11/06 レビュアー:四十肩六郎

「禁書目録」と言えば当麻とインデックスのペアとアクセラレーターとラストオーダーのペアではないのか!!!!!
レールガンの出演陣は絡ませやすいのは当然だが、出番の比率が多すぎる。

歌と奇跡という「マクロス」商法っぽいストーリーの為、とてもチープな感じがしてならなかった。
名物の当麻のよくわからない理屈の説教も、とってもあっさり風味、イマジンブレーカーもほぼ出番がないとなってはねー。
登場人物を総出演させようとしたために、キャラの活躍や物語が中途半端になり、大失敗な気がする。

歌でポップに演出しようとしてるのに、本来の少女でもフルボッコな残虐性も入れてしまい、これ完成した時スタッフはどう思ったのか?

楽しみにしていた分、ショックでしたし、好きな作品でも映画では、こうなるのかと思うと今後、劇場にいく勇気すらなくなりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

89人目は奇蹟の少女ネタバレ

投稿日:2014/01/26 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『とある魔術の禁書目録』の劇場版。

 今回はスケールが大きいというか……。ローマとかヴァチカアンとか、ロシアじゃ物足りないってわけですか。
 地上としては、学園都市だけですけど、宇宙空間まで舞台にしちゃいます。


 鳴護アリサがキーヒロインですが、彼女が可愛いんだよな……。

 魔術サイドからは、聖人クラスと認識され、捕獲されそうになりつつ、当麻がなんとかしようと奮闘。
 当麻は相変わらず巻き込まれていき、不幸な事もありますが、ラッキースケベでもあるんですよね。
 インデックスも大活躍。

 見所は、間違いなく彼女……のライブシーン。
 かなり力が入ってます。
 三澤紗千香さんの歌はいいですね……。シャットアウラとのデュエットが流れる場面は熱い。


 というわけで、人物の見所としては、シャットアウラ=セクウェンツィアですね。アリサがキーヒロインではありますが、彼女の動向が見所です。
 奇蹟を信じない彼女が、なかなかにいい立ち回りをするんですよね。


 黒幕のレディリー=タングルロードは、ロリで幼女でゴスロリ。包帯・ツインテール・車椅子の黒子を遙かに凌駕するインパクト。
 もちろん、ただの幼女じゃありません。1000年以上を生きる、死ねない彼女。
 そんな彼女の願い――死ぬ事。それを叶えるために、宇宙エレベーター・エンデュミオンまで造って、地球まで組み込んだ術式で、死のうとする傍迷惑さ。その術式のコアがアリサ。


 とにかく、劇場版だけあって、かなり豪華メンバーです。
 学園都市メンバーは、ほぼ登場しています。禁書目録に登場する魔術師たちはもちろん書くまでもないですね。
 御坂美琴たち超電磁砲メンバーはもとより、御坂妹、一方通行、打ち止めたちが大活躍。


 そんな中で、圧倒的だな……と感じたのは、神裂でしょ。彼女のスペックは異常。あり得ないって。
 レディリーの死ねないのもたいがいですが、神裂の方が異常じゃないか? っていうか、聖人ってなんでもありなんですか?
 宇宙空間で、普通に生身で戦えてるし、生身で大気圏突入してますよ。本当に聖人ってすごいんですね。


 とにかく、思っていたより見所満載でした。こいつは、見逃せないですよ。超電磁砲派でも、一応見ておきましょう。




 余談ですが、初日に観に行きましたが、初回開始の40分以上前で、初回、2回目は完売。既に3回目上映までほぼ完売。後ろにも長蛇の列。初日はさすがの動員でしたね。3回目上映でやっと観れましたよ……。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待しすぎると残念な結果に

投稿日:2014/07/18 レビュアー:へっぽこkomi

とある魔術の禁書目録シリーズだけでなく、超電磁砲シリーズのキャラも総出演の様相を呈して、豪華に行くのはいいのだがストーリーがおろそかになった感がある。
これまでのこのアニメの世界観があまり感じられず、過度に期待していると残念な結果になるかと。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うーん

投稿日:2014/07/08 レビュアー:とらを

個人的に劇場版はイマイチ。

ねーちんがカッコ良かった!
それだけで★3つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

典型的な失敗例

投稿日:2013/11/17 レビュアー:へろへろこたろ

ストーリーはご都合主義的展開でシラケまくり。
主要な人気キャラをズラーっと登場させて盛り上げようとしたんだろうけど
その分、一人ひとりの存在意義が薄れるわ、話の焦点もボヤけるわの
オールスターキャスト映画の典型的な失敗例。
シリーズファンなら話のネタとして1度は見るべきかもしれないけど
2度見る価値はない。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

劇場版「とある魔術の禁書目録−エンデュミオンの奇蹟−」

月額課金で借りる

都度課金で借りる