ハード・ラッシュ

ハード・ラッシュの画像・ジャケット写真
ハード・ラッシュ / マーク・ウォールバーグ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

15

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
ジャンル:

「ハード・ラッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

マーク・ウォールバーグ主演のサスペンス・アクション。共演はケイト・ベッキンセイル、ベン・フォスター、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。監督はアイスランド出身のバルタザール・コルマウクル。かつて“世界一の運び屋”と称されたクリスも、今では愛する家族のために裏稼業から足を洗い、妻と二人の息子とともに幸せな生活を過ごしている。だが義理の弟アンディがコカインの密輸に失敗し、組織から命を狙われる羽目に陥ってしまう。クリスは弟と自分の家族を守るため、かつての仲間を呼び寄せパナマからの偽札密輸計画を決意。だが彼らは組織からも警察からも追われることになり…。

「ハード・ラッシュ」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: CONTRABAND

「ハード・ラッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハード・ラッシュの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 GNBR3105 2013年10月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 1人 1人

【Blu-ray】ハード・ラッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 GNXR1172 2013年10月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

ハード・ラッシュの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:49:35 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(マルチチャンネル) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2018年05月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

そこそこ面白かった。ポンコツ映画だけど(笑)

投稿日:2013/10/24 レビュアー:QWERTY

「偽札はOKだけど麻薬はダメ」というよく分かんない倫理観を持つ凄腕?の元密輸屋クリス。
ある日、ヨメの弟アンディがヘマをやらかし、麻薬の売人の元締め?ブリッグスに大損させたため
「てめえが損失補てんしないと嫁と子供もろともブッ殺す!!」と脅されてしまう。
仕方なく現役復帰したクリスは、早速偽札の買い付けに行くため、パナマへ向かう船に乗り込むのだが・・・
一応シリアスな話なんだけど、ツッコミどころが多すぎて結果的に笑えるヘボ映画に。

まず義弟のアンディが馬鹿過ぎ。
こいつの後先考えないテキトーな行動にみんな大迷惑。
嫁の弟でも殺っちゃいなよ。マジで。こいつ生かしとくと、この先ロクなことになんないよ。

クリスの仲間も取引相手もポンコツ野郎ばかり。
つい、油を抜きすぎて・・・とか
コンテナの扉もまともに閉められない、とか
頭にダクトテープを巻き付けて覆面代わりにする、とか
コメディ映画みたいなポンコツ野郎が続出。
中盤のスリリングな展開は、こいつらのおかげです(笑)

悪者もおバカさんだらけ。
黒幕はバレバレ。さらに、分かりやす過ぎる失言で正体を見破られる。
ブリッグスもなんで低所得者用のアパートに住んでんの?そんなに儲からないんなら麻薬販売なんか止めればいいのに。

ケイトベッキンも「アンダーワールド」のイメージが強すぎて、簡単に小突き回される姿にすごく違和感。
何でこんな役で出たのかな?

で、何だかんだで結局クライマックスは誰もが予想する通りのオチ。
観ている間はそこそこ面白かったけど、3か月もすれば忘れそうな内容だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いくら「テッド」がヒットしたと言ってもね・・・。

投稿日:2013/10/12 レビュアー:パープルローズ

またまた、意味不明な邦題つけたもんだなと思うけど、原題は「Contraband」ずばり「密輸」。

かつては腕利きの運び屋だったクリス(マーク・ウォールバーグ)も、今はすっかり足を洗い、
平穏な家庭生活を送っていたが、義弟が麻薬の密輸に手をだして失敗。
義弟の借金を返すため、仕方なく再び密輸業に戻る。今度のターゲットはパナマの贋札だった。

徹頭徹尾マーク・ウォールバーグのための映画です。
しかし、いくら「テッド」がヒットしたといっても、俳優としての人気は日本ではまだまだ。公開規模が小さいことに、それが表れていたと思います。

義弟が失敗した密輸の元締めがジョバンニ・リピシ。この人も昔はかわいらしい役もしてたのに、最近は癖のある悪役ばっかり。

主人公がパナマで取引する相手にディエゴ・ルナ。ヒゲもじゃで汚くしてても顔はかわいいので、
そんなに悪そうにはみえないのですが、あんな死に方させなくったって(泣)。そういえば、「エリジウム」も・・・。

とにかく、マーク・ウォールバーグ演じる主人公にとってすべて上手くいくようになってる映画なので、ほかの俳優さんがちょっとかわいそう。
特に、ベン・フォースター。最近この人を応援してるのですが、重要な脇役なのに、マークに全部いいところを持っていかれてしまいました。
最後のポラックの絵画の件は、余計じゃないかな。そこまでマークに花を持たせなくても・・・。

そこそこ楽しめる映画ではありましたが、ものすごく印象に残るというわけではありませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

運びのテクニック

投稿日:2014/05/01 レビュアー:こうさま

評価71点(100点満点)
マーク・ウォールバーグ主演の米クライムアクション作品。
クリスは昔闇社会で名を馳せた国際的な超一流の運び屋ブロだったが、今は妻と二人の子供と暮らす堅気の生活、しかし義弟が麻薬の運びに失敗しギャングからその負債をおしつけられてしまう。この義弟なんとも中途半端な若者で自分の始末もできそうにない。愛する妻のために、家族を守るために再び運び屋の仕事をするために昔の仲間を集め大型貨物船に乗り込む。
パナマで偽札を積み込んで戻るという計画なんだがかなりギリギリの計画、肝心の義弟も仲間もどこか頼りなさそう。パナマでの停船の合間を利用して偽札を仕入に行くが想定外の事態が発生して地元のパナママフィアまで巻き込んでしまう。
ここから先は時間との闘いでハラハラドキドキというシーンの連続、家族に迫るギャングの魔手、この連続危機をどう乗り切るかというアクション作品の定番を充分に見せてくれる、
そこそこ楽しめる作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

泥臭く、カッコ良くもないマーク・ウォールバーグ

投稿日:2017/11/09 レビュアー:カマンベール

ズバリ題名は『密輸』
伝説の運び屋という設定だけど、ぜんぜん切れ者に見えません。
弟はアホで兄貴に尻拭いばかりさせるし、兄嫁(ケイト・ベッキンセール)に手を出して、半死に状態で、捨ててしまうのは、いくらなんでも鬼畜過ぎますぜ!!セメントで生き埋めはないでしょう!
パナマで停泊しているコンテナ船という設定が多少目新しくはあったが、延々と宝探しゲームを見せられたような感じです。
それにしてもラストのご都合主義。
こんなに甘い生活が出来るなら、『密輸』はやめられませんなぁ。
マーク・ウォールバーグさん1人いい思いをするスター映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マークウォルバーグ堪能映画(その2)

投稿日:2013/10/27 レビュアー:みむさん

劇場で鑑賞時には
つまらなかったのか、コンディションが悪かったのか
7割くらい寝てました(笑
(5本ハシゴの4本目という一番寝そうな時間帯)

悔しいのでDVDにて再鑑賞しました。

映画そこそこ見てる人にはけっこうな贅沢キャスト
マーク・ウォルバーグに
ケイト・ベッキンセール、ディエゴ・ルナにジョヴァンニ・リヴィジ
そして、最近ノッてるケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

しかし、これ、たまにしか映画見ない人にとっては
やはり「Ted」のマークウォルバーグの映画なのですね(笑

まあ、それも見たらわかりました。
たしかに、マークウォルバーグ堪能映画といえるかもしれません。

これだけいいキャストを並べながら、
どうにもこうにも、見せ場が少ないというか。
キャストがもったいないです。

足を洗ったかつての運び屋が
家族と幸せに過ごしてるところに、
弟が密輸に失敗して
闇組織から狙われてると。
そこで兄さんまた一肌脱ごうってことになりまして。

お話だけ書くと、前に観たフレンチノワール「そして友よ〜」みたいな話ですが
こちらは、ポップコーンほおばりながら
見てる間はお気楽に、
そこそこのアクションと、
そこそこのハラハラドキドキ、
そこそこのスピード感で
なんとなく、面白かったかな?というくらいの映画。

劇場で寝てしまったのは
もしかして、コンディションの問題ではなく
この抑揚のなさだったのかしら?と思いました。

ヒリヒリしたネタでスリリングなストーリーなはずが、
おバカな登場人物のおかげで
かなりゆるめのクライムアクションになってます。

ケイレブ君がホントオマヌケです。

あと、ケイトベッキンセール。
この女優さん、あまりフツーの女性役見てないココ最近。
そういう意味では本作の役柄はちょっと新鮮でした。

ディエゴルナやジョヴァンニにいたっては
もう無駄遣いレベルの扱い・・・・
もっと見せ場が欲しかったなあ。

・・・ということで、
お時間あればどうぞ、という感じです。

相変わらずヘンな邦題ついちゃってるけど・・・・
どうにかなりませんかね・・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全15件

ハード・ラッシュ

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。